緑の森

CATEGORY PAGE

category: 与勇輝  1/1

与 勇輝さんの 人形展

創作人形作家 勇輝 (あたえ ゆうき)さんという方がいます。おもに 昭和の時代の 子供たちの人形を多く作られていて幼いその姿の中に 強い意志と 力を感じます。古い木綿を素材にしてボタンや草履などの小物もすべて ご自身の手作業で丹念に仕上げられています。札幌の大丸デパート7階で開かれている 昭和・メモリアル 与勇輝展 を昭和生まれの両親と私で 見てきました。「昭和」という響きがだんだん遠のいていきま...

  •  7
  •  -

与勇輝・人形芸術の世界

与勇輝さんの人形を見てきました時代背景は昭和初期でしょうかつぎのあてられた着物と裸足に草履の子供たち「お兄ちゃん」というタイトルのお人形がありました11歳ぐらいの男の子背中に赤ちゃんをおんぶして、3人の妹を連れている目はギッと前を睨みつけ仁王立ち友達に「男のくせにこもりか?」とからかわれているのだろうか・・「子守のどこが悪い!」と言い返しているように見えましたどの子も生活することに一生懸命胸の奥が...

  •  2
  •  -