緑の森

CATEGORY PAGE

category: 好きな物  1/64

旅をする木

いつか読みたいと思っていた星野道夫さんの エッセーを読んでいます。まだまだ 読み始めですが文章全体が 優しくて星野道夫さんの人柄が そのまま ここに表現されているのだろうと思いながらページをめくっています  旅をする木「新しい旅」より人間の気持ちとは可笑しいものですね。どうしょうもなく些細な日常に左右されている一方で、風の感触や初夏の気配で、こんなにも豊かになれるのですから。人の心は、深くて、そし...

  •  4
  •  -

昔 おやつ

向田邦子さんのエッセーの中に「昔カレー」という項目があります子どものころ食べたもので 何が一番おいしかったか、という話になったとき〝コマ切れの入った、うどん粉で固めたような” 母親が作ったカレー が思い浮かぶ・・・でも、あの時のライスカレーは、本当においしかったのだろうか・・・というような内容に「 思い出はあまりムキになって確かめないほうがいい。何十年もかかって、懐かしさと期待で大きくふくらませた...

  •  10
  •  -

今年の銀杏並木

週間天気予報では金曜日 土曜日は雨日曜日から 3日間 雪のマークが並んでいますそうなると・・・・今日 見ておいたほうがいいかもしれないエイッと 勢いをつけて今年も 北海道大学構内の銀杏並木を見てきましたまだ 少し 緑がかった葉も ありましたがワ~~っと 思わず 言ってしまうほどの鮮やかさ風も冷たく 曇りがちの天気だったのですが終りに近い 紅葉の季節を 惜しむ人々が たくさん初めて この銀杏並木を見...

  •  5
  •  -

栃の実

よく利用する図書館の向かいに小さな交番がありますその隣に 栃の木が一本(正式には セイヨウトチノキだそうです)秋になると 薄茶色の硬い殻に包まれた栗のような実を付けそれを拾うのが 楽しみです栃の木の幹をぐるっと囲むように円形の 木のベンチになっていて風が拭くと 栃の実が 落ちてきてベンチに コツンと当たりその拍子に殻がパンとはじけて中からつやつやの茶色の実が出てくる跳ね返った実はコロコロコロと 歩...

  •  2
  •  -

秋の小さな旅

札幌の ほぼ ほぼ 真ん中に標高531mの藻岩山があります。程よく整備された 登山道道沿いに たたずむ 33体のお地蔵さま街のすぐそばにもかかわらずたくさんの野花 野鳥 昆虫 小さな動物たち無性に登りたくなる時がありますフィリフョンカさんが 昨日 置いてくれたコメントに「秋ならではの楽しみを思い浮かべる。」と、ありました その中に 「小さな旅!  千円札もってぶらぶら歩きもいいし、バスに乗って知らない町...

  •  4
  •  -