緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年02月  1/1

雪解けです

今週は 拍手を送りたくなるほど 雪解けが進みました 今日を入れて あと2日ありますが まだ2月なのにグングン 雪が少なくなっていますそこそこに 春が たとえば・・・日の出の時刻が 本当に早くなってきました今朝の札幌の日の出時刻 AM 6時13分   たとえば ・・・少し 気の早い 植物の芽が 出てきました クロッカス?たとえば・・・冬の間 ほとんど 押し入れで過ごしていた銭亀の平次とU2が お水を飲み...

  •  16
  •  closed

江別ご飯

いつも おじゃましているフツーの主婦のフツーの生活 の akemiさんが江別ごはんを募集していたのでとなり町ですが限りなく 江別に近い所に住んでいて週に2・3度は江別に行っているので私の 「江別ご飯」 です江別駅の近くのJAで販売している このお豆腐 好きですこのお豆腐でよくチャンプル~を作りますこれは 小松菜チャンプル~ ① ごま油 大さじ1(小さじ2???)で豚こま切れ100グラムほど炒めます② お肉の...

  •  14
  •  closed

赤いランドセル

No image

テレビのCMで色とりどりのランドセルを見ましたピンクに水色・オレンジ・・・ それは  クレヨンを箱からパラパラと広げたようです私の子供の頃ランドセルは赤と黒男の子は 黒いランドセル女の子は 赤いランドセル先生は怒ると すごく怖い机と椅子は 木製体育館は冬 すごく寒い給食の コッペパンは 飲み込みにくい・・・・・だいたい こんな風に決まっていた誰も 「なぜ?」と思っていなかった・・・・と、思います。...

  •  10
  •  closed

お詫びと訂正

平成22年2月22日22222と2並びの 昨日 「良い夫婦の日」 (11月22日) だと思って 主人が桜餅を買ってきてくれました。で、皆さんの コメントからもヨレヨレは 優しさの表れ・・・言葉の選び間違い・・悪気なし・・・思いやり・・・密かなおのろけ・・精一杯の優しさ・感謝の言葉・・・まあまあ そこそこの気持ち・・・などなど  たくさんのキーワードーをいただき前言撤回させていただきたく思います  ヨ...

  •  15
  •  closed

それって・・・・

No image

夕食の後片付けも終わって明日の朝の お米も研いで今日の 仕事は終了~ その後はだいたいは お茶を片手にパソコンの前に来たり読みたい本を広げたりしますでもいつも 1日の疲れが・・・ドドド・・・ と押し寄せてコックン コックン  そんな私を見て 主人が「すまんな・・・・昔は 元気はつらつだったのに・・・ こんな ヨレヨレになって・・・苦労かけるな・・・」と言う時があります  (たま~にです  )ヨレヨ...

  •  20
  •  closed

懐かしい本

No image

毎週 日曜日の午前10時 作家の小川洋子さんがとっておきの本を 音楽とともに 1冊紹介してくれるラジオ番組 パナソニック メロディアス ライブラリーお休みの午前中身も心も すっかり だらだらしながらこの番組を聞くのが 好きです先週紹介していたのがドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))(2000/06)ヒュー・ロフティング商品詳細を見る小学生の頃 確かにワクワクして読んだ 記憶があるのですが内容は だい...

  •  12
  •  closed

朝一番早いのは

朝1番にすることは窓を開けて 深呼吸3回でも 冬場は窓が凍っていて 開かなかったのですが今朝は 久しぶりに すんなり開きましたこんなところにも 春を感じます深呼吸をしながら外を眺めていたらパン屋さんの軽トラックが 走って行きましたもう 働いている人がいる子供の頃 よく歌った童謡を思い出しましたあさいちばんはやいのは     阪田寛夫作詞・越部信義作曲あさ いちばんはやいのはパンやのおじさんあせかいて...

  •  12
  •  closed

思いを馳せる

地理は苦手で日本地図を広げて「ここは なに県?」と聞かれても たぶんほとんど間違えるそんな私がブログをはじめてここに 立ち寄ってくれる方や私が 勝手におじゃまさせてもらっている方の住んでいそうな所に思いを馳せる・・・このあたりに住んでいるのかな?会ったことのない方顔も知らないすれ違っても 気づかないでも  私の頭の中ではしっかりとした 存在になっている 昨日も会えたような気になる風邪は治ったかな?...

  •  10
  •  closed

今朝の朝刊

毎日新聞の 朝刊の1面モーグルの上村愛子さんの言葉目にした人も多いと思います「なんで、一段一段なんだろ・・・」この言葉に 胸がいっぱいになりましたそうだねなんで 一段一段なんだろうでも 生きるということはそういうことですね時には 止まったり 後退することもあるでも 良い事も きっと待ってる上村愛子さん オリンピックを見ながらお雛様 飾りましたもうすぐ 春です 作  実家の母どちらも 高さ5cmほどの...

  •  19
  •  closed

バレンタインディー

多摩川のそばから 北海道に戻ってきてもう12年になります今でも欠かさず 毎年バレンタインディーのチョコを息子たちに送ってくれる友たちありがとう一緒に ドタバタしながら子育てしたのが昨日の事のようです熱すぎる夏も多すぎるセミも狭かった 我が家もそして もちろんそこで 知り合えた 人たち全部 好きでした                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう              ...

  •  4
  •  closed

深呼吸

No image

今日の仕事の帰り道はとても 冷えていましたこんな時は鼻から 冷たい空気を思いっきり 吸い込んで口から 吐き出すそんなことを繰り返しながら帰ってきます白い息が たくさん出てどうしょうもない胸のもやもやが出て行ってくれたような気がして体が軽くなった頃家に着きます      あ・あ・・よかった・・・・・...

  •  13
  •  closed

スキーは苦手でした

バンクーバーオリンピックが 始まりましたねオリンピック 大好きです でも 雪国に住んでいながらスキーが苦手でした。あれは小学5年生の今頃スキー授業で はじめての回転の練習スタートを渋る私に先生が「ももんが! 行け !!」    旗門を一か所も 通過することなく気持ちとは裏腹に急斜面を まっすぐに 滑走 スピード アップ    止まる技術がなく 転倒  骨折・・・・・・・・・・・・・でも スキー大会...

  •  16
  •  closed

冬道 用心 !!

前からこんなに ツルツルだったかな?札幌の 道は 冬場 ツルツルスケートリンクみたいです老若男女問わず 今の季節 怖々 歩いていますで、 曲者なのが横断歩道の 白いラインなぜだか ここが 滑ります黒いアスファルトのところは 滑らないだから   滑る  滑らない  滑る  滑らない転んでしまうのは 恥ずかしいけれど滑ったけれど 転ぶ寸前で どうにか踏みとどまるのもつらい バランスを崩した時「おそ松く...

  •  10
  •  closed

無人島

No image

昨日のニュースで広島県呉市音戸町沖の「三ツ子島」という無人島が1億1万円で落札された・・・と報道されていました入札に参加していた1人の男性が残念そうに「名前も決めていたんです “ひょっこり ひょうたん島”・・・・」と言っていました。その無人島本当に“ひょっこり ひょうたん島”そっくり・・・で、今日1日 私の頭の中で 流れていた曲「ひょっこりひょうたん島」井上ひさしほか作詞・宇野誠一郎作曲波を ちゃぷちゃぷ...

  •  14
  •  closed

ちょっとしたコト

使っていたフライパンが古くなってとうとう どんな料理をしても毎回 こびりつくようになったので昨日 新しいフライパンを買いましたいつも窓辺に置いている 鉢植えが寒そうなので 位置を変えました「あ! ここにいたのだったね  」ふくろう・・・・作  実家の母こんな チヨットしたことが新鮮だったりやる気がでたりそんな日々です                     今日も ここに来てくれて ありがとう  ...

  •  12
  •  closed

日曜日のコラムより

毎日新聞の日曜版 「日曜くらぶ」に毎週 海原 純子さんが コラムを書いています昨日(2月7日)の文の中にこんな 言葉がありました。抜粋ですが・・・・・人はあらゆる人生を生きることはできない。一つの人生を選び、それ以外の人生を捨てて生きていく。どんなに、これで良し、と自分で選び進んできた道でも年をとるとこれでよかったのかしら、 という気持ちが浮かぶ人が多いのではないか、と思う。そんな時は、自分が捨てて...

  •  8
  •  closed

祖母の教科書

以前 実家に帰った時借りてきた 祖母(実家の父の母)の女学校時代の教科書礼儀作法の教科書です今でいえば 家庭科ですね きっと 大正一二年六月五日 印刷  となっています読んでいると面白いと同時に「私には・・・・無理・・・無理・・・無理・・・。」 たとえば○ 人を起こす様 身だしなみ終わりたら その他の者を起こすにも 暴々しく(あらあらしく)起こすべからず 静かに詞(ことば)やさしく起こすべし。 さ...

  •  16
  •  closed

ニョロニョロに会いに

今月号の「暮しの手帖」 “すてきなあなたに”の項にニョロニョロに会いに」という文が載っていました以前北海道に住んでいた時、一番寒い頃に森の中の洞窟に「ニョロニョロ」ができるという話を聞きました。「ニョロニョロ」とは、フィンランドの作家トーべ・ヤンソンの童話「ムーミンシリーズ」の中に出てくる、白くて地表からゆらゆらと生得たような奇妙な生き物です。この文章を読んで北海道のどこなのだろうか?ここからは遠い...

  •  17
  •  closed

冬の風景

外は 2月らしい きっぱりとした寒さです札幌の今日の予想最高気温は ー5℃寒いけれど 晴天なのでやっぱり ウォーキングです大きく深呼吸したらミントののど飴をなめた時みたいにすーーーーっと 冷たい空気が肺の中に入ってきましたいつもの百年記念塔は下が寒そうな白い空気に囲まれて少し 幻想的でしたここは 赤毛のアンの「恋人たちの小道」に見えますか?…見えない 汗;今日は 時間がないので追跡できません・・・・...

  •  19
  •  closed

こんど かおうね !!

長男が小さい頃4歳くらいの頃でしょうかデパートのおもちゃ売り場に行くと自分の 欲しいおもちゃや 気に入ったおもちゃを見ては「これ こんど かおうね」「これも こんど かおうね」と1つ1つ指をさして 歩きましたダダをこねないその姿に「偉いね」と言ってもらうこともあり親としては 嬉しい気持ちになりましたでも それは 息子に負担だったのかもしれないたまには 大好きなものを買ってもらうためにおお泣して デ...

  •  16
  •  closed