緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

引越しのこと   (庭の花たち)

実家の引越しの 話を もう少し


引っ越し荷物を出して
掃除を終え
電車の時刻がくるまで

ぽっかり 空いた時間がありました


母が毎年 手入れをしていた庭を ゆっくり 眺めていたら
父も 家からでてきて 2人で庭を歩きました。




P1100443.jpg
少し伸びた芝を見て
「芝を 刈らんといかんな・・・。」






いつもの夏と同じように咲く花たちに
「見納めだな・・・。」
P1100440.jpg





「今年は りんご 何個なるのかな・・・」
P1100441.jpg





「ブドウは 誰か 食べてくれるだろうかな?」
P1100442.jpg







「もう ここには 帰らんな・・・。」
P1100445.jpg




そんな 父の ひとりごとのような
つぶやきを 聞きながら


「また いつでも 来ようよ」
そう 言うのが 精一杯でした。

今度は 旅先として 来れるから・・・ね!








             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


引越しのこと  (窓辺より)

両親の 引越しの 手伝いをしに
実家に帰っていました

荷物を出し終えて
掃除機をかけ 拭き掃除をして

ふと
2階の自分の部屋だった 
窓から
外を眺めました

高校時代 深夜放送を聞きながら
試験勉強を(少しだけ)真剣にした
あの頃・・・・

未来に どんなことがあるのか
どんなこともできそうで
ワクワクした日々



田舎育ちの 私が
この窓から 外をぼんやり眺めながら
思い描いていた
これからの事
P1100461.jpg



これからだって 新しいことは
始められる
そう 思いました







今日は これから 両親の新しい家に
荷物の搬入の手伝い 行って来ます 





                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




ふるさと

北海道の真ん中 少し上あたりの
小さな町に 実家があります

農業と羊(サフォークという種類の羊です)のまち

実家の台所の窓は 大きくて
田んぼや畑や 山を眺めながらの
台所仕事になります。


夏になると
「今朝は 何を食べようか」とか
「もう 一品 ほしいね」と 台所から畑を眺め

「焼ナスでもしょうか」となると
畑から取ってきて すぐ 調理


「青じそを薬味にしょうか」と畑に走る

なっている 野菜たちを見てから
献立を決める
そう言った 暮し向きをしていました。


なんとも贅沢な 生活ですが
野菜が 実をつけるまでの作業は
地道なもので 体力も使います


高齢になってきた 両親も
「もうそろそろ 畑仕事は 辞めようか」の
区切りをつけることになりました。
今週 私たちの住む札幌に 越してきます。


この町で 私たち姉妹を育ててくれた こと、感謝しています。
私は 近くに来てくれて 安心です。
ありがとう


P1030325.jpg








                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


 

ミョウガ

ミョウガの美味しい季節になりました。
切る時の シャリ シャリ の音が気持ちいいです。


ミョウガを見ると
この映画に出てくる
ミョウガと枝豆のお寿司を
決まって 思い出し

同時に 樹木希林さんを 思い出します
歩いても 歩いても [DVD]歩いても 歩いても [DVD]
(2009/01/23)
阿部 寛夏川結衣

商品詳細を見る


こういう風に 年を重ねて行きたいな・・と、
思う人がいます

その中の一人が 樹木希林さん
ドンと 腹を据えて 人生を受けとめている
そんな感じが伝わってきます。

想像できないほどの 苦労もあるようですが

さばさばと生活しているように見えます。

これは よっぽどでなければ できません。

強いけれど 顔に強さが出ていない
「ハイ 少々 苦労は しましたよ」そいうい感じ
いつかなれるでしょうか??






今日は 蒸し暑かったので
胡瓜とミョウガの 酢の物でもしょうかと思います。


注: 私 だけ が好きなメニュー
   作ったもん勝ち だな!!


100621_1438~0001





                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


野に咲く花のように

先日 サイハイランだろうか?と思って
見ていたこの花
咲く様子を  確かめてみたくて

100615_1250~0001




次の日 仕事の前に
ウォーキングと言うよりは ジョギング並みの早さで 見に行く・・・わたし 
下の方だけ 開きはじめいていました
100617_1225~0001




また 次の日も どうしても 見に行きたくて

お~~~~見事な 采配ぶりでした

ピンク色のワンピースを着て
クルクル 回っているような そんな 華やかさ
100618_1223~0001 100618_1223~0002




こんな風に
森の中の 見逃してしまいそうな
小さな花が 人の心を ひきつける

ずいぶん前に ダ・カーポが
歌っていた 歌を 思い出しました。


野に咲く花のように  歌 ダ・カーポ
           作詞 杉山 政美   作曲 小林 亜星




野に咲く花のように 風に吹かれて
野に咲く花のように 人をさわやかにして
そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には暗い人生も
トンネル抜ければ夏の海
そんな時こそ野の花の
けなげな心を知るのです



野に咲く花のように 雨に打たれて
野に咲く花のように 人を和(ナゴ)やかにして
そんな風に僕たちも 生きてゆけたら素晴らしい

時には辛い人生も
雨のち曇りでまた晴れる
そんな時こそ野の花の
けなげな心を知るのです





今日の 日曜日 どんな風に 過ごしていますか?
ほっとする 時間が ありますように 







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





どこ???


スーパーで 以前住んでいたときの ご近所さんに
とても 久しぶりに ばったりと 会いました


  あら~~~久しぶり お元気??

  はい。おかげさまで 

  ぼくちゃん達も大きくなったんでしょ?
        お兄ちゃんはどこの大学に入ったの?
        学部はどこ??
        弟さんは どこの高校???

  どこ・・・・・・ どこ・・・・・・・ どこ・・・・・・・
        
   はぁ・・・・へへへ・・・・・。






きっと 学歴社会の 荒波を ザブン  ザブン  乗り越えてきた世代・・・
まず そこか・・・そうなんですね・・・・。




へへへ・・・・・じゃなくて 「ばか田大学 幸せ研究部です」と言えば 良かった。

私はやっぱり
季節にそって 丁寧に生活する。それが 1番大切

それで いいのだ 


天才バカボン幸福論。夜のつぎは朝なのだ。天才バカボン幸福論。夜のつぎは朝なのだ。
(2010/02/13)
バカ田大学しあわせ研究部

商品詳細を見る












               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



         

「子ども出版」さん からのおしらせです


詩人の 高木いさおさんの 詩集を出版されている
「子ども出版」さんから
こんなコメントを いただきました



はじめまして。子ども出版の営業担当です。高木いさおさんの詩集は現在6作品が出版されており、すべて子ども出版から出ております。出版順に、『愛することと優しさについて』1050円、『こどものためにあいうえお』1260円、『雲のある風景』1260円、『愛することと優しさについて その2』1050円、『子ども大好き!! 四つの力を育てよう』ハードカバーなので2100円、『らぶそんぐ』1050円、です。ネットでもお近くの書店でもお求め可能ですが、子ども出版へのお電話でのご注文をお勧めしています。送料無料で一冊(できましたら、二冊以上が助かるのでご検討を)から、当日または翌日発送させていただいています。電話番号は、072-848-2341で、朝10時から夜8時まで、土日も可能で対応しております。ただ、少人数対応のため不在の折は留守電で対応させていただいています。なお、今年の夏は新しい詩集は出ませんが、来年の夏には『愛することと優しさについて その3』が出ます。ご期待ください。今後とも“愛と優しさの詩人”高木いさおさんをご支援くださるようお願いいたします。



これから 図書館に行って 購入希望を出してきます





玄関先を ちょっこし 夏に模様替え
布で作った美瑛の丘 と とうきび人形
P1100349.jpg

作    実家の母

夏の緑



山滴る(やましたたる)
これは 夏の季語だそうです
今は あまり使われなくなったようですが

「夏山が青葉でみずみずしい様子」
滴るほどの 夏の色が  この言葉で
ちゃんと 想像できる
すごいですね


こちらも 「山笑う」の新緑から
木々の色が  いつの間にか 力強い 緑色に
変わっていました。




2日ほど前の夏日だった時の 写真ですが
P1100338.jpg





この葉をそっとかき分けると
小トトロがいるかも・・・・
P1100341.jpg







大きな蕗の葉を見ると
コロポックルがいそうな気がします
P1100339.jpg
コロポックルは
アイヌの伝承に登場する小人です
「蕗の葉の下の人」という意味があるそうなんです









いつかの 「きりかぶの赤ちゃん」は
きりかぶの 少年になっていました
P1100336.jpg








もう ハマナスが咲いていて
ビックリ
そんなに 急いで 夏にならないで~~~
100615_1247~0001




こちらは 「サイハイラン」だと思うのですが・・・自信がありません
咲いているところを 今日あたり
どうしても 確認しに行きたいです
100615_1250~0001
花のようすが
武将が戦で指揮をとるのに使う「采配」に似ているので サイハイランと言うそうです




昨日と 今日は 雨模様です
ここのところ お天気が続いていたので
人にも 緑にも
ホッとする 恵みの 雨です





                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


    

お祭り



14日から16日まで
札幌は 北海道神宮例祭(札幌まつり)です。

中島公園には500ほどの 露店が並び
ひとり暮らしをしていた頃
近くに 住んでいたので
何度か 足を運んだことがあります。


お祭りと言っても
今では 露店に行くこともないのですが

なぜだか 「札幌祭りだな」と 
それだけで嬉しくなります

子供たちが
あべっく カップルが
きっと 楽しげに 露店を 覗いてるんだろうな 

カラフルに色がついた ひよ子が欲しかった
チョコレートのかかった バナナが食べたかった
ひみつのアッコちゃんの お面、嬉しかった
わた飴は 振り回してるうちに
袋の中で 小さくなっちゃった

買ってもらった 浮かぶ風船は
次の朝 目が覚めたときには
床に転がっていた



こんな 懐かしい思い出たちが
今も 「お祭り」と聞くと ワクワクさせるのだろうね。 



昨日 高2 の次男が
お祭りで 買ってきた りんご飴

100614_2053~0001
大きすぎだって!!




次男・・・あ===もう無理・・。
100614_2100~0001

母・・・やっぱりね・・・・







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

男のロマン


 NHKの「ゲゲゲの女房」を見たあと
 そのままテレビをつけていたら
  
 「あさイチ」という V6の「いのっち」が出ている生活情報番組で
 男性キャスターが 熱く「はやぶさ」について語っていました。


「はやぶさ」は小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機。
 広い宇宙で 通信が途絶えて行方不明になったり
 エンジンの故障があったりと 幾多のトラブルを
 乗り越え 7年の月日を経て
 満身創痍で地球に帰ってきたそうです。

 データーの入っているカプセルを切り離し
 最後の任務として
 「はやぶさに もう1度 帰ってきた 地球を見せてあげたい」
 との思いで カメラの方向を変え 地球の画像を撮影
 
 その後 ハヤブサは 大気圏で 燃え尽きた。




 「あさイチ」の男性キャスターさんが 目を潤ませながら
  こんなことを言っていました 

 ぼくたちは 「はやぶさ」の事を 「はやぶさ君」と呼んでいます
 はやぶさから 送られてきた 地球の映像が
 ぼやけている・・・きっと 涙で かすんでいたんだろう
  

 
 今朝の 毎日新聞を見たら 神秘的に輝く「はやぶさ」の最後の姿と
 確かに かすんで見える 送られてきた 地球の写真



 きっと この男性キャスターは 「はやぶさ」から
大いなるロマンをたくさんもらったんだろうな・・・・
 


 ロマンと言えば
 タレントの 堀ちえみさんが 離婚会見で

 「大きなロマンを持っている彼をサポートしてあげられなかった」と言って 涙ぐんでいました。

 ロマンて・・・難しい・・・・。




男のロマン・・と言えば 海??
こちらは 母が作った 海の仲間たち
P1100350.jpg
作  実家の母






              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


 

絵本コーナー


鈴木周作 さんの水彩色鉛筆作品展を見に 紀伊國屋書店に行った時
同じフロアーに 絵本のコーナーがありました。

息子たちが 大きくなってからは
すっかり 足を運ばなくなってしまった 絵本のコーナー

久しぶりに覗いてみたら・・・

懐かしい絵本や
新作の絵本で
時間を忘れそうになりました

そこで 気になった絵本を3冊
今日 図書館から借りてきました



こちらの本は 立読みしていて
思わず 泣きそうになったい1冊

おこだでませんようにおこだでませんように
(2008/06)
くすのき しげのり

商品詳細を見る


ぼくは いつも おこられる。
いえでも がっこうでも・・・・・。


きのうも おこられたし、
きょうも おこられてる。

きっと あしたも おこられるやろ・・・・。

ぼくは どないしたら おこられへんのやろ。
ぼくは どないしたら ほめてもらえるのやろ。
ぼくは・・・・「わるいこ」なんやろうか・・・・。

ぼくは、しょうがっこうに にゅうがくしてから
おしえてもらった ひらがなで、
たなばたさまに おねがいを かいた。
ひらがな ひとつずつ、こころを こめて・・・・。

おこだで ませんように




この本の 作者 くすのき しげきさんは 小学校の先生だそうです

・・・・・・あとがき・・・・・ 

「おこだでませんように」
そう書かれた小さな短冊を見たとき、私は涙が出そうになりました。
書いた男の子は、いつも怒られているのでしょう

・・・・中略・・・・・


子供たちひとりひとりに、その時々でゆれうごく心があります。
そして、どの子の心の中にも、このお話の「ぼく」のような思いがあるのです。
どうか、私たち大人こそが、とらわれない素直なまなざしをもち、
子どもたちの心の中にある祈りのような思いに気づくこと
ができますように。




自分の気持ちのムラで 怒ったことも多々あった
子育ての 日々
なんだか思い出して ぐっときた 「おこだでませんように」の言葉でした。








              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村                    
 



そら豆

学生の頃 テストの前日 一夜漬けの夜などに
あ~~~~猫になりたい  と思ったことは
よくありました  

今も 気忙しく バタバタの日や
心の中に 少し気がかりなことがある時は
ネコはいいな・・・・  ネコは・・・・
日なったぼっこ中の猫を 
あこがれの目で 見ていたりします 

厳しい寒さの 冬を 外で乗り越えてきた
野良猫などにとっては
「じゃ~~代わってみろよ!!」という話ですが・・・・・。



野菜は?と言えば 「あ~~~いいな~~」と思う なりたい野菜はなかった。


胡瓜も なすも オクラも・・・
美味しく頂く側で 良いな・・と、思います

ところが!!
初めて ソラマメのさやを開けた時
(実は ずいぶん大人になってからでした) 

あの ふかふかの 白いクッション
「あ~~こんなところで お昼寝したい」
本当に 羨ましい!と、思いました



今年も 八百屋さんに ソラマメを見かけるようになりました
初夏になったんだな・・・と思います

P1100280.jpg








そう言えば
こんな 絵本もありましたね 
そらまめくんのベッド(こどものとも絵本)そらまめくんのベッド(こどものとも絵本)
(1999/09/30)
なかや みわ

商品詳細を見る






追伸・・・・・そら豆は さやが 空に向かって付くから『空豆』と言うそうです。
       
       (そら)豆知識 







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓                     
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村










水彩色の世界


昨年 偶然に見たテレビ番組で
札幌在住の 水彩色鉛筆画家 すずきしゅうさく さん を知りました。
札幌や北海道の風景を 丁寧な 優しいタッチで描かれていて
風の香りまでしてきそうな絵です。




JR札幌駅前の紀伊国屋書店で
作品展【鈴木周作の色鉛筆日記×木工房 湯ノ里デスク】 
が開催されているということを知り

週に1度通っている肩のリハビリの帰り道 行ってみました

そこで 絵葉書を3枚 選んで・・・
なんと 鈴木周作さん 本人から 手渡ししていただけて
もう 舞い上がってしまいました

「今は無理なのですが いつか 水彩色鉛筆画を習いに行きたいと思っています」
それだけ言うのが 精一杯でした。

鈴木さんは 描かれている絵そのものの方でした。




自分の好きなことを 仕事にする ための地道な努力
たとえば スポーツ選手 芸術家 物作りをする職人の方 役者さん 先生・・・ 

秀でた才能を持ち合わせず
才能を身につける努力をしてこなかった私は

簡単に 羨ましく思うのでした 




100607_2148~0001
1枚は遠くに住む友人に 
もう1枚は 姪っ子のような 娘さんに
もう1枚は 私の分









                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


                       

レタスときゅうりとトマト


北海道も 野菜がおいしい季節になってきました

レタスと トマトと 胡瓜の味が 力強くなってきました
とうとう 夏が近づいてきたな と感じます

店に並ぶレタスの 葉の元気なことと
瑞々しさと言ったら
買わずいいられません


トマトは 「元気になるにきまってる」と言うぐらい
濃い甘い味になってきました


胡瓜は サラダの中に入れるだけではもったいない
「俺だって ビタミンCあるんだぞ」と言われているようで
パキンとした歯ごたえも 嬉しいです



私は やっぱり 覚悟のいらない
この季節 初夏から夏にかけてが 好きです



野菜は どんな風に食べますか?
旬の者たち
ありがたく頂きます 
 

100606_1458~0001








                   今日も ここに来てくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

長男のカレー

朝起きて カーテンを開けて
遠くの山や木々を見ると

みずみずしい新緑の緑色から
力強い 緑色に 変わりつつあります

季節は 早くも 夏に近づいているようです


9月から 長男は自炊生活が始まります。
すこしつづ 食事作りを 伝授しています。

何よりも
「食べることから始まる」という思いと
「余計な心配は 辞めよう」という 私の思いで、教えています。

自炊の心得は
①  難しいものは 作らない
②  無理しない


昨日のお昼に 長男が作ったカレー
100603_1238~0001
ジャガイモ・人参・玉ねぎ・豚肉の
カレーの ルーのパッケージに書かれている通りの作り方で
作ったカレーは
以外にも「昭和の香り」のする 懐かしい味になりました。





               


               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



花言葉

いろんなところで
見かけた草花は 
帰ってきて パソコンで名前を確認することが多いんですが
花の名前の横に 花言葉も添えられていることがよくあります

先日 登った 藻岩山で 見かけた草花 


ワスレナグサ・・・・・私を忘れないで 真実の恋、真実の愛
100530_0907~0002

 




ヒトリシズカ・・・・・・静謐 隠された美
100530_1031~0001






シラネアオイ・・・・・・優美 完全な美
100530_0824~0001






フデリンドウ (ピンボケです)・・・・・・「本当の愛」「正義」「誠実」「高貴」 
100530_0847~0001





こちらは家の近くで いま 咲いている花たち


ライラック・・・・・愛の芽生え 思い出 初恋
100603_1128~0001






スズラン・・・・・・幸福 純潔 純愛 清らかな愛 繊細
100603_1120~0002







ヤマツツジ・・・・・・燃える思い・どっちつかず
100603_1121~0001








こちらは、うちのサボテン 小さいですが もう10年ほどになります
1年ほど前から ドンドン 子供が増えて・・・

私がつけた 花言葉
≪ 見かけによらず 子だくさん≫

P1100272.jpg


花言葉は 誰がつけているんでしょうか?
つけるのに 資格がいるのでしょうか?
好きな花の 花言葉を調べてみるのも 面白いです







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

 
 

せかいいち美しいぼくの村

ここに たち寄ってくれる のんさんが
最後の2行で 涙ぐんでしまうという 本

とても気になって
図書館から 借りて 読みました



せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)
(1995/12)
小林 豊

商品詳細を見る





ぼくの村にサーカスがきた (えほんはともだち)ぼくの村にサーカスがきた (えほんはともだち)
(1996/11)
小林 豊

商品詳細を見る





せかいいちうつくしい村へかえる (えほんはともだち)せかいいちうつくしい村へかえる (えほんはともだち)
(2003/08)
小林 豊

商品詳細を見る




この絵本に出てくる村は アジアのまんなかにある国 アフガニスタン
そこにある村をモデルにしているそうです。

アフガニスタンと言えば
詳しいことは  わからないけれど
「内戦が続く国」というのが 頭に浮かびます。

この絵本に出てくる 子供たちは 働いている子供たち
父さんが 兄さんが 戦争に行っている
でも たくましく 健気に 描かれている 子供たち

世界のどこに住んでいても

「ぼくたちの 村は せかいいちだ!」と思い
「せかいいいち うつくしい」と思う

読み終わり 「アフガニスタン」の現状を調べてみました。
気が遠くなる 年数の戦い あまり大きすぎる代償
「どうか 1日も早く安心した生活ができる日が来ますように」
お気楽に そんな言葉さえ 言えないような気がしました。









                今日も ここに立ち寄ってくれ ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村