緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Archive [2010年06月 ] 記事一覧

引越しのこと   (庭の花たち)

実家の引越しの 話を もう少し引っ越し荷物を出して掃除を終え電車の時刻がくるまでぽっかり 空いた時間がありました母が毎年 手入れをしていた庭を ゆっくり 眺めていたら父も 家からでてきて 2人で庭を歩きました。少し伸びた芝を見て「芝を 刈らんといかんな・・・。」いつもの夏と同じように咲く花たちに「見納めだな・・・。」「今年は りんご 何個なるのかな・・・」「ブドウは 誰か 食べてくれるだろうかな?...

引越しのこと  (窓辺より)

両親の 引越しの 手伝いをしに実家に帰っていました荷物を出し終えて掃除機をかけ 拭き掃除をしてふと2階の自分の部屋だった 窓から外を眺めました高校時代 深夜放送を聞きながら試験勉強を(少しだけ)真剣にしたあの頃・・・・未来に どんなことがあるのかどんなこともできそうでワクワクした日々田舎育ちの 私がこの窓から 外をぼんやり眺めながら思い描いていたこれからの事これからだって 新しいことは始められるそ...

ふるさと

北海道の真ん中 少し上あたりの小さな町に 実家があります農業と羊(サフォークという種類の羊です)のまち実家の台所の窓は 大きくて田んぼや畑や 山を眺めながらの台所仕事になります。夏になると「今朝は 何を食べようか」とか「もう 一品 ほしいね」と 台所から畑を眺め「焼ナスでもしょうか」となると畑から取ってきて すぐ 調理「青じそを薬味にしょうか」と畑に走るなっている 野菜たちを見てから献立を決めるそ...

ミョウガ

ミョウガの美味しい季節になりました。切る時の シャリ シャリ の音が気持ちいいです。ミョウガを見るとこの映画に出てくるミョウガと枝豆のお寿司を決まって 思い出し同時に 樹木希林さんを 思い出します歩いても 歩いても [DVD](2009/01/23)阿部 寛夏川結衣商品詳細を見るこういう風に 年を重ねて行きたいな・・と、思う人がいますその中の一人が 樹木希林さんドンと 腹を据えて 人生を受けとめているそんな感じが伝わ...

野に咲く花のように

先日 サイハイランだろうか?と思って見ていたこの花咲く様子を  確かめてみたくて次の日 仕事の前にウォーキングと言うよりは ジョギング並みの早さで 見に行く・・・わたし 下の方だけ 開きはじめいていましたまた 次の日も どうしても 見に行きたくてお~~~~見事な 采配ぶりでしたピンク色のワンピースを着てクルクル 回っているような そんな 華やかさ こんな風に森の中の 見逃してしまいそうな小さな花...

どこ???

スーパーで 以前住んでいたときの ご近所さんにとても 久しぶりに ばったりと 会いました  あら~~~久しぶり お元気??  はい。おかげさまで   ぼくちゃん達も大きくなったんでしょ?        お兄ちゃんはどこの大学に入ったの?        学部はどこ??        弟さんは どこの高校???  どこ・・・・・・ どこ・・・・・・・ どこ・・・・・・・           はぁ・・・...

「子ども出版」さん からのおしらせです

詩人の 高木いさおさんの 詩集を出版されている「子ども出版」さんからこんなコメントを いただきましたはじめまして。子ども出版の営業担当です。高木いさおさんの詩集は現在6作品が出版されており、すべて子ども出版から出ております。出版順に、『愛することと優しさについて』1050円、『こどものためにあいうえお』1260円、『雲のある風景』1260円、『愛することと優しさについて その2』1050円、『子ども大好き!! 四つ...

夏の緑

山滴る(やましたたる)これは 夏の季語だそうです今は あまり使われなくなったようですが「夏山が青葉でみずみずしい様子」滴るほどの 夏の色が  この言葉でちゃんと 想像できるすごいですねこちらも 「山笑う」の新緑から木々の色が  いつの間にか 力強い 緑色に変わっていました。2日ほど前の夏日だった時の 写真ですがこの葉をそっとかき分けると小トトロがいるかも・・・・大きな蕗の葉を見るとコロポックルがい...

お祭り

14日から16日まで札幌は 北海道神宮例祭(札幌まつり)です。中島公園には500ほどの 露店が並びひとり暮らしをしていた頃近くに 住んでいたので何度か 足を運んだことがあります。お祭りと言っても今では 露店に行くこともないのですがなぜだか 「札幌祭りだな」と それだけで嬉しくなります子供たちがあべっく カップルがきっと 楽しげに 露店を 覗いてるんだろうな カラフルに色がついた ひよ子が欲しかったチョコ...

男のロマン

 NHKの「ゲゲゲの女房」を見たあと そのままテレビをつけていたら   「あさイチ」という V6の「いのっち」が出ている生活情報番組で 男性キャスターが 熱く「はやぶさ」について語っていました。「はやぶさ」は小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機。 広い宇宙で 通信が途絶えて行方不明になったり エンジンの故障があったりと 幾多のトラブルを 乗り越え 7年の月日を経て 満身創痍で地球に帰ってきたそう...

絵本コーナー

鈴木周作 さんの水彩色鉛筆作品展を見に 紀伊國屋書店に行った時同じフロアーに 絵本のコーナーがありました。息子たちが 大きくなってからはすっかり 足を運ばなくなってしまった 絵本のコーナー久しぶりに覗いてみたら・・・懐かしい絵本や新作の絵本で時間を忘れそうになりましたそこで 気になった絵本を3冊今日 図書館から借りてきましたこちらの本は 立読みしていて思わず 泣きそうになったい1冊おこだでませんよ...

そら豆

学生の頃 テストの前日 一夜漬けの夜などにあ~~~~猫になりたい  と思ったことはよくありました  今も 気忙しく バタバタの日や心の中に 少し気がかりなことがある時はネコはいいな・・・・  ネコは・・・・と日なったぼっこ中の猫を あこがれの目で 見ていたりします 厳しい寒さの 冬を 外で乗り越えてきた野良猫などにとっては「じゃ~~代わってみろよ!!」という話ですが・・・・・。野菜は?と言えば 「...

水彩色の世界

昨年 偶然に見たテレビ番組で札幌在住の 水彩色鉛筆画家 すずきしゅうさく さん を知りました。札幌や北海道の風景を 丁寧な 優しいタッチで描かれていて風の香りまでしてきそうな絵です。JR札幌駅前の紀伊国屋書店で作品展【鈴木周作の色鉛筆日記×木工房 湯ノ里デスク】 が開催されているということを知り週に1度通っている肩のリハビリの帰り道 行ってみましたそこで 絵葉書を3枚 選んで・・・なんと 鈴木周作さ...

レタスときゅうりとトマト

北海道も 野菜がおいしい季節になってきましたレタスと トマトと 胡瓜の味が 力強くなってきましたとうとう 夏が近づいてきたな と感じます店に並ぶレタスの 葉の元気なことと瑞々しさと言ったら買わずいいられませんトマトは 「元気になるにきまってる」と言うぐらい濃い甘い味になってきました胡瓜は サラダの中に入れるだけではもったいない「俺だって ビタミンCあるんだぞ」と言われているようでパキンとした歯ごた...

長男のカレー

朝起きて カーテンを開けて遠くの山や木々を見るとみずみずしい新緑の緑色から力強い 緑色に 変わりつつあります季節は 早くも 夏に近づいているようです9月から 長男は自炊生活が始まります。すこしつづ 食事作りを 伝授しています。何よりも「食べることから始まる」という思いと「余計な心配は 辞めよう」という 私の思いで、教えています。自炊の心得は①  難しいものは 作らない②  無理しない昨日のお昼に 長...

花言葉

いろんなところで見かけた草花は 帰ってきて パソコンで名前を確認することが多いんですが花の名前の横に 花言葉も添えられていることがよくあります先日 登った 藻岩山で 見かけた草花 ワスレナグサ・・・・・私を忘れないで 真実の恋、真実の愛 ヒトリシズカ・・・・・・静謐 隠された美 シラネアオイ・・・・・・優美 完全な美フデリンドウ (ピンボケです)・・・・・・「本当の愛」「正義」「誠実」「高貴」 こち...

せかいいち美しいぼくの村

ここに たち寄ってくれる のんさんが最後の2行で 涙ぐんでしまうという 本とても気になって図書館から 借りて 読みましたせかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)(1995/12)小林 豊商品詳細を見るぼくの村にサーカスがきた (えほんはともだち)(1996/11)小林 豊商品詳細を見るせかいいちうつくしい村へかえる (えほんはともだち)(2003/08)小林 豊商品詳細を見るこの絵本に出てくる村は アジアのまんなかにある国 ア...

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

時間を忘れ 新緑を眺めていたい 季節です。
紅葉の時期と同じく
緑にも 濃淡があり きれいです。
桜の次は ライラック。
季節は 春から 初夏に。 

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター