緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年10月  1/1

頑張れ 嫁!

久しぶりにエッ!!   と言うような毒のある 言葉を聞きました。「恥さらし」・・・・・・・。息子が選んで 結婚した相手が自分の 思い描いている レベルに達していない。お姑さんが 言った言葉。ドラマのセリフでも 小説の1文でもなく「恥さらしな嫁」と言い切る。学歴 家柄 教養・・・そう言うものが 不満らしい。このお嫁さんの 為に言っておきたいのですが社会的に認められた仕事をしっかりして大らかで 可愛ら...

  •  14
  •  closed

暮しの手帖 より

この人は 何とすごい人だろう・・・今月号の 「暮しの手帖」の中に“ 雨もまたよし、順教さん ”というページがあります。大石順教さんと言う方の お話です。舞子さんだった 順教さんは 18の時 養父の乱心によって両腕を切り落とされました。その後 どのような人生を送り家族から見た順教さんは どんな方だったか・・・が書かれています。松浦弥太郎さんが 編集の手帖の中で こう書いています。・・・・抜粋ですが・・・...

  •  8
  •  closed

案山子を歌う

うちの 兄ちゃん(長男)が おかずを冷凍して送ってほしいというのでしゃあないな ~~  と思いながらもたくさん作ってしまいました 作りながら 口ずさんだ 曲は案山子~HOME SWEET SONGS(2003/03/19)さだまさし商品詳細を見る 案山子 (かかし)                  作詞 さだまさし   ・・・一部 替え歌 えぞももんが                   作曲 さだまさし            ...

  •  19
  •  closed

クリスマスです

静かな朝で 寝坊してしまいました。この静けさに もしや・・・・と そ~~~っとカーテンを開けてるとやっぱり 雪 積もっています。きゃ~~~~と 呟いてこの冬 初のストーブのスイッチを点けました。 クリスマスです!!                冬が来てしまった              寒いい朝も ここに立ち寄ってくれて ありがとう                       ↓        ...

  •  10
  •  closed

読み継がれる 絵本

No image

日曜日の 午前10時楽しみにしてる ラジオ番組 パナソニック メロディアス ライブラリー作家の小川洋子さんが 未来に残したい「文学遺産」と考えられる作品の中から毎週一冊の本を 紹介しています。今週 紹介された本は 中川李枝子さんの「ぐりとぐら」でしたぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)(1967/01/20)なかがわ りえこ商品詳細を見る小川洋子さんも 息子さんに読んだというこの絵本久しぶりに 開...

  •  16
  •  closed

笑顔の写真

昨日の日曜日この季節に一度 行ってみたかったイチョウ並木を見に北海道大学の構内に両親と行ってきました。もう 言葉にできないほどの 鮮やかな黄色いま この瞬間の美しさに何時までも ここで眺めていたい気持ちでした。木には鈴なりに 銀杏がなっていたのですが地面に落ちるには 2,3日早かったようで残念・・・・・。写真嫌いだった両親が 最近 「笑顔の写真を撮ってほしい」と言います。老いの準備の一環であると 察...

  •  16
  •  closed

決まり文句

大人になって随分たちますがこれくらいの歳なるとなかなか 人から 褒めていただくことは少なくなりました。でも たま~~~に 褒めてもらった時決まって「そんなことない」と言ってしまう。私の決まり文句ですそれで 一人になって 思い返した時なんで 「そんなことない」と言ってしまうのか少し 後悔します。自分でも 頑張ったこと上手くいったことを認めてもらえた時私なりに ぴったりする言葉は なんだろうな・・・・...

  •  12
  •  closed

きのこの季節

今年は 北海道も暑い夏でした。そのせいか 森の紅葉もいつもより少し 色がさえないような気がします。鮮やかな 赤や黄色に色づく木々その中で なんとも優しいレモンイエローになる木があります。私は この木の色が 好きです今年も 優しい色になりました。カラマツの木の下には たぶん これは落葉きのこ(この お味噌汁が大好きです  )たぶん・・・落葉きのこ・・・だと思うけど・・・食べて 笑いが止まらなくなるの...

  •  10
  •  closed

意外な一面

意外な一面を発見する・・・と言うことは家族でも 結構あるものです。わが家で 何かと 文句 注文が多いのはお父さん(主人)です たとえば このほうれん草のおひたし間違って 根元が入っていたりしたら嫌なんだろうな~~~と、思っていたんですが「ほうれん草は この根元ぎりぎりんとこが 美味いんだよな~ 」お!  そうなんだ・・・・・意外次男が 修学旅行で 自分のために買ってきたもの「セサミストリート」のエ...

  •  10
  •  closed

飛行場にて

「遠い地平線が消えて、 深々とした夜の闇に心を休めるとき、 はるか雲海上を 音もなく流れ去る気流は たゆみない宇宙の営みを告げています。」「ミスター・ロンリー」の曲をバックに深夜 0時に始まる 城達也さんの 語り 昔 聞いていた ラジオ番組 「ジェット ストリーム」静かな語り口調に「今日も 1日が 無事に終わった」というホットした気持ちと行ったことのない 海外への憧れと最終便を連想ささせる 寂しさが...

  •  10
  •  closed

思い出の土地

もう1度 行ってみたいところはありますか?息子たちが まだまだほんの赤ちゃんだった頃8年ほど 神奈川で生活していました。多摩川のすぐそばで小田急線の電車の音を聞きながら暮していました。ソメイヨシノの美しさに見とれた 春「これでもか!」と何時までも続く夏の暑さ入道雲の威勢の良さとアブラゼミの多さと 初めて見たカマキリに子供たち以上に 感動しましたトイレの芳香剤でしか知らなかった金木犀こんなに 可愛い...

  •  18
  •  closed

ダラダラしょう~~っと

次男が昨日から 4泊5日で京都・大阪方面に 修学旅行に行っています。夫婦2人は なんと22年ぶり 驚きです2人分だと 洗濯物も少ないし食事の後片付けの お茶碗洗いもすぐに終わってしまうそう 「終わって・し・ま・う」と感じることに ビックリです。しかも 「おかあさん 今日の晩飯 なに~~」の言葉がないことにグッときてしまったりしている忙しければ 忙しいで イライラし少し 手が空くと 物足りなく感じる...

  •  9
  •  closed

今日 聞いた 曲は・・・・。

No image

今日 ラジオから流れてきた曲 山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」この人の 歌い方・・声は 秋に聞くとジ~~~~んとくるな シミジミ思いました。おじさんも おばさんも 若いお姉さんも お兄さんもきっと 秋は 年齢に関係なく センチメンタルになっても良いと思うのでこの曲を 聞きながら センチメンタルになってみました 是非 是非・・・You Tube で 聞いてみてく...

  •  2
  •  closed

予定は未定で決定ではない

昨日は 朝から仕事の日。こういう日は家事や仕事の手順を大まかに 頭の中で整理して1つ1つ こなしていくようにしています(できる限りですが・・・・)そうすると夕食の準備も 負担が少なく 少し楽になります。それが 昨日は朝から 夕方まで 予定がくるって よるには クタクタ 1時間早く 就寝して今朝は1時間遅く 起きました・・・・寝坊です  今日の名言・・・・・・・予算と ふんどし 前からはずれる  よく ...

  •  8
  •  closed

暮しの手帖 

No image

図書館から借りている本が一段落したら 最新号の暮しの手帖を買おうと思っていて昨日 借りていた本を図書館に返しに行ったその足で本屋さんに直行しました。暮しの手帖 2010年 10月号 [雑誌](2010/09/25)不明商品詳細を見るまずは パラパラっとページをめくりあとは 日にちをかけて じっくり読みます。どうやら天ぷらが食べたくなってできないけれど 刺繍糸を買ってしまいそうな・・・そんな感じです。今月の 私の 「暮ら...

  •  10
  •  closed

秋の報告

こちらの秋は3日ほど前とうとう 今年も 雪虫を見てしまいました。雪虫を見て 2週間ほどで初雪・・・そう言われています。朝起きて 外を見ると 遠くのこの山が 真っ白そろそろ そういう時期になりましたまだ紅葉は 薄らと黄色「開拓の村」の入り口のどうだんつつじもうすぐ 真っ赤に紅葉します森は もう 甘い香りがしています昨年 cherryさんに教えてもらた!この甘い香りは 「桂の木」落葉すると 甘いお菓子屋さんの...

  •  8
  •  closed

読書の秋

No image

読書の秋の この時期 必ず思い出すことがあります。以前住んでいた 神奈川で近くの空き地に 突然 仮設の図書館ができました。小さな子供の足で歩いても10分ほどで着く距離週に1度 息子たちと通い続けました。家族全員の図書カードを作って一人5冊まで借りられるので毎回20冊すべて 絵本や児童書ある日 いつものように絵本を抱えて貸し出しカウンターに並んでいたら私の後ろに 並んでいた70歳くらいの男の人に声をかけられ...

  •  8
  •  closed

手紙 2

少し前の ほぼ日刊イトイ新聞 の 「今日のダーリン」で糸井重里さんが手紙について 書いていました。≪一部ですが・・・・≫郵便の 持っているやむにやまれぬ時差ってかわいらしいような気がします。「いま出したら いま届く」のでなく「いま出したら やがて届く」わけですからその「やがて」の時間に なにかが変わりますそこには 「待つ」があり「熟成」があり「気変わり」もあり「手触り」があります昔のほうがよかったと...

  •  10
  •  closed

手紙 1

No image

高校時代憧れと 尊敬の気持ちを持って 接していたクラスメートがいました。彼女に ビートルズを教えてもらった。英語が大好きで 得意な彼女は「もっと 広い世界を たくさんみてみたい。そんな仕事がしたい」と、よく言っていてその話を わたしは 夢見心地で聞いていた。「モモンガは もっと自分に自信を持たないとダメ」とよく 叱咤激励されたな~~~有言実行の彼女は中国やいろいろな国を飛び回って 仕事をこなし季節...

  •  10
  •  closed

全力少年

No image

自分に元気を出させるための応援歌そう言う歌は 2種類ありますね優しく ホットする 曲調の歌「あの頃 よく聞いたな~」という 懐かしい曲が多い・・・。もう1つは「なに弱音はいてるんだ!!」と ハッパをかける歌今日は こちらです。自分に そして 函館方面に向けて全力少年(2005/04/20)スキマスイッチ商品詳細を見る全力少年   躓いて、転んでたら置いてかれんだ泥水の中を今日もよろめきながら進む汚れちまった僕の...

  •  11
  •  closed

栃の実

昨日の 日曜日両親と 北大植物園 に行ってきました。札幌の木々も すこしづつ 色づき始めました。肌にあたる風が冷たくてあの 暑かった夏が ずいぶん前のことのようでそして 両親が札幌に引越してきてもう何年もたっているような気さえします。両親と待ち合わせて 植物園にこられる距離にいる不思議な感覚です。園内に トチの実がたくさん落ちていておみやげにポケットいっぱい 持って帰りました。≪テッシュペーパーで...

  •  14
  •  closed

黄金のさかな

No image

詩人の 谷川俊太郎さんの 詩の一部を読んでどうしても詩 全体が 知りたくなって図書館から 借りてきました黄金の魚おおきなさかなはおおきなくちでちゅうくらいのさかなをたべちゅうくらいのさかなはちいさなさかなをたべちいさなさかなはもっとちいさなさかなをたべいのちはいのちをいけにえとしてひかりかがやくしあわせはふしあわせをやしないとしてはなひらくどんなよろこびのふかいうみにもひとつぶのなみだがとけていな...

  •  12
  •  closed

長男の出発

2日前 早朝に 長男は函館に出発しました。「駅まで送る」という 私たちの言葉に「やめてくれ  」と 一蹴しじゃ行ってくると 玄関のドアを閉めました。私たち夫婦は その瞬間 顔を見合わせ「やっぱり行こう!!」と ダッシュで 身支度をして車で  違う道を通って 駅につき長男を待つ あきれ顔の 長男でしたがそれでも「じゃ」と 小さく手をあげてホームに向かっていきました。めちゃめちゃ 子離れが下手そうに見...

  •  18
  •  closed