緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年12月  1/1

高木いさおさんの詩集

No image

クリスマスイブの日にコメントをくれた高木いさお さんの詩 を 米国テキサス州でアメリカ人高校生に詩の暗唱を指導した先生、高木いさおさんと 連絡がとれたようです。よかった!来年 6月 嬉しい 出会いがあると良いですね。北海道から 応援しています。愛することと優しさについて(2005/08/06)高木 いさお商品詳細を見る    詩集のお問い合わせ先     子ども出版  電話・FAX 072-848-2341        ...

  •  4
  •  closed

今年も たくさん ありがとう。

No image

大晦日の朝です。いつもの時間に目が覚めてカーテンを開けると 明けの明星と 優しい姿の三日月が並んで光っていました。人々が クリスマスだ 大晦日だ お正月がやってくるとざわざわしていても空の 星や 月は いつも静かにそこにいます。今年も まいにちありがとう新しい年も どうぞ そこで 見守っていてください。ここに 立ち寄ってくださる みなさん今年 1年 ありがとうコメントの1つ1つに 支えられました。知...

  •  8
  •  closed

2011年を 占う。   by えぞももんが

今日は えぞももんが が  占い師でもないのに勝手に 2011年 12支 占いホントに 勝手な占いです 子年 生まれのあなた来年は その 本来持つ 素早い身のこなしが発揮されトラブルや 問題を スルッ スルッ ササッとかわすことができるでしょう。お金持ちとまでは いきませんが 日常生活を安心して暮らせるほどに生活も安定するでしょう。よかったですね 子さん。作  実家の母丑年 生まれのあなたいつも どんな...

  •  18
  •  closed

両親の結婚記念日

12月26日は 両親の結婚記念日でした。ずいぶん 年末押し迫った頃に 結婚したのだな・・・よく そう思ったものです。父が24歳 母は20歳で 結婚その年を聞いただけで幾多の 苦労があっただろうとこの 年になって ようやく 理解できます昨日は 両親と私たち家族で札幌で1番古い ビアホールで 乾杯してきました。両親は それぞれ この冬 新調したシャレたハンチング帽と 大きなリボンのついた 帽子をかぶりその格好...

  •  14
  •  closed

クリスマスが 過ぎていきます

もう あと1時間ほどで 今年のクリスマスも 行ってしまいます。早いものです。主婦 になってから 毎年 つくづく そう思います。今年の クリスマスは ターシャ・テューダーさんと「猫のしっぽ カエルの手」のべ二シアさんからゆったりした時間と たくさんの言葉を もらいました。今年のクリスマスが行ってしまう前にターシャさんの言葉を 「お祈りはしません。昔から“ 天は自ら助くるものを助く ”と言います。 努力...

  •  15
  •  closed

クリスマスイブの日に

クリスマスイブの日にまるで 奇蹟のような コメントが届きました。今年の5月に このブログに書かせてもらった 高木いさおさんの詩集 「3月6日に米国テキサス州のライス大学にて開催された、『第21回テキサス州日本語スピーチコンテスト』の中級暗唱朗読詩の課題詩として、木いさおさんの「誠実について」が選ばれました。」と言うのは その時 教えていただいたのですがリード真澄さんと言う方からこんなコメントが寄せられ...

  •  17
  •  closed

飯島奈美さんのクリスマスチキン

今年のクリスマスは長男は函館で、 年末の帰省は もう少し先。次男は 友達とカラオケでクリスマスだそうです。家も 意外と早く クリスマスは 夫婦だけと言う時期になりました。そうなると クリスマスのメニューも 純和風でお刺身と 和えものと 煮物・・・血圧も気になる年頃だから中年夫婦には こういうクリスマスメニューが良いでしょうか?長男には クリスマスのご飯を 少し 送ります。  飯島奈美さんの クリス...

  •  16
  •  closed

ぼくの村のクリスマス

絵本には 挿絵の隅々まで 目を凝らしてよーく見て見逃しのないようにしたくなる本があります。此処に 立ち寄ってくれる brownbearさんが 教えてくれた絵本「ぼくの村のクリスマス」文・絵=ソフィー・クニフキー  訳=波木居慈子たとえば おばあちゃんの家の前のひろばにはクリスマスのかざりをうっているおみせが、たくさんならんでいる。お店で売っている クリスマスの小物達 クッキー ケーキ 目を凝らしてみる村の...

  •  14
  •  closed

神様っているんだべか?

毎週 木曜日に  まんまる新聞 という タウン情報誌が ポストに入っています。「散歩道」というコラムも 書いている方が同年代のせいか共感できる部分が多い。2週間に1度 、おもに 高齢者医療を手がけている 病院の会長さんが書いている コラムが載っています。読むと 心に静かに沁み込んでくる。今週のコラムより・・・・抜粋です医療病棟に入院されているF子おばあちゃんが「家でひとり留守番をしているじいちゃんが...

  •  10
  •  closed

着信履歴

昨日 仕事から帰って 自宅の電話の着信履歴を 確認したら独身のころの 同僚からの 着信履歴がありました。一緒に 泣いたり 笑ったりしながらともに仕事をしてきた。同じ年に 職場を離れ同じころ 結婚をして同じ年頃の 子どもを持ち職場を離れてからは「今年こそ 今年こそ 会おう」と言いながら いつも 時間が作れず 電話で 話すだけ。彼女が電話をかけてくるときは元気な彼女が 少し元気をなくしている時・・・、...

  •  22
  •  closed

あとがき 2

今日も あとがきのこと「暮しの手帖」のあとがきは 「編集の手帖」という項目になっています。松浦弥太郎さんの書く文章の リズムというか、流れというかそう言うものが好きでついつい 「編集の手帖」から 読んでしまいます。(松浦弥太郎さんの本は まだ 読んだことがないのですが・・・ )今月号の 「編集の手帖」より 抜粋ですが今年最後の号になりました。みなさまお元気でしょうか。ふと一年を振り返りますと、世の...

  •  12
  •  closed

あとがき

No image

絵本や小説や「暮しの手帖」、本の中身もそうですがあとがきを読むのも楽しみです。どんな気持ちで この本を書いたのか著者がどんな人なのか ちょこっと 見えてきます。久しぶりに 読み返した 「あまんきみこ」さんの 童話のあとがきです。子どものころ、私の家は、父母と、祖父母と、おばふたりに、ひとりっ子のわたしと7人家族でした。ねるとき、わたしは、みんなに「お話」をしてもらいました。おかしなことですが話の分...

  •  14
  •  closed

街中のクリスマス

わが家は 札幌の中心部から30分ほどです。たかが30分・・・されど 30分で今までは 何か用事がない限り めったに行かなかったのです。札幌に 両親が引越ししてきてから実家に行くのに 札幌の駅前や 大通りを歩くことが多くなりました。勤めていた頃 毎日 歩いた 道。今は 街ごとクリスマス 一色ですがあのころとは 少し違う25年ほど前バブル景気で みんなが強気だった土地の値段は下がるはずないと思われブラ...

  •  10
  •  closed

幸せになる鈴の口

No image

「暮しの手帖」冬の号 を買いました。「すてきなあなたに」のところにまさに すてきな 文が 載っていました。学生時代 下宿していた先での管理人のおばさんとのお話です。抜粋ですが・・・・・・・・・・・・「鈴の口をしているから、幸せになるよ」その言葉は、私の口角が自然に上がっているのを見て、言ってくれたものでした。鈴の開いている部分を斜めから見ると、本当に人がほほ笑んでいる口元に見えることに気が付いたの...

  •  13
  •  closed

栄養ドリンク

両親が札幌に引越してきて 早いもので もうすぐ半年になります。それでも まだ 街で 両親と待ち合わせをしたり30分ほどで 両親の家に着くことがなんとなく 不思議な気がします。それまでは 実家に行くのに JRとバスを乗り継いで半日近くかかっていたので・・・・。街で 両親と待ち合わせをすると毎回 母は挨拶もそこそこにバックから ごそごそとあるもをとりだし「さ! 飲みなさい!!」と私にすすめます。それは ...

  •  14
  •  closed

クリスマスリース

玄関に飾るクリスマスリースは 毎年おなじものです実家の(今は 引越したんですが)裏山でとれたコクワの木のツル松ぼっくり家の庭の花を ドライフラワーにしたものそれを ホットボンドで付けて 私が作った少し 不格好な クリスマスリース今年は このリースを見ると生まれ育った土地の 夏の風景を 思い浮かべますコクワの木が 青々とした葉をつけていた頃キュウイフルーツのような甘い味だった実庭の花たちクリスマスに...

  •  19
  •  closed

ユニクロのCM

No image

最近 テレビで見かける ユニクロのCM黒木メイサさんと松田龍平さんが朗読している 詩・・・冬だ、冬だ、何処もかも冬だ見わたすかぎり冬だ再び僕に会ひに来た硬骨な冬冬よ、冬よ躍れ、叫べ、僕の手を握れこんな詩を 子どもの頃 聞いた気がする誰の詩だろうね?・・ということになった。宮沢賢治・・とも少し違う ような気がする。で、次男が  で 検索・検索・・・。 次男・・・高村光太郎の「冬の歌」だって。 私・・...

  •  18
  •  closed

私のブーツ

足のサイズは 23cmです。友人が 「色とデザインとが凄く気にいって ボーナスで買ったブーツ。     残念ながら 合うサイズがなくて     でも あきらめきれず 買った 1センチ小さいサイズのブーツ。     やっぱり 履けずにとってあった。     ほとんど 履いていない・・・よかったら・・・嫌でなければ・・・。     年代ものだけれど」と 譲ってくれた。わたし、すごく嬉しくて。なにが嬉し...

  •  22
  •  closed

返信メール

今日から 12月ですね。最近 めっきり メールも電話もしてこなくなった 長男。昨日の夜 メールをしました。元気ですか?風邪ひいていないかい? ご飯は食べていますか?ボチボチ 楽しいかい?12時を過ぎた頃 長男から返信メールが届きました。ご飯はコツコツ作っている。寒いね。道 悪いし。月末には帰れるかな?楽しい。 まぁしんどい。以上。もうねまーす。おやすみ。どうか長男の まぁしんどい の 「しんどい」...

  •  12
  •  closed