プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2011/01/30 15:13 えぞももんが

寒い朝

日曜日の 朝のウォーキングは いつもより少し長めです



今朝は 冷え込みました
川から蒸気が上がっていて
これが 広がっていると けあらし になるのかな??
P1120007.jpg
(けあらし(気嵐)はシバレタ朝、凍結しない海面や川面に白く立ち上る霧のことです。)





たびたびすれ違う おじさんに
「今日は しばれたね~~~」の挨拶
おじさんは いつも ボールをくわえたゴールデン・レトリバーと一緒です。
P1120012.jpg






緑の季節より
すべての時間が静かにゆっくり過ぎているのだろうと
つららを見て思いました 
P1120009.jpg






雪が 朝日を浴びて キラキラ キラキラ 
見えますか???
P1120010.jpg





雪うさぎは ここで トイレタイム だったようです
P1120014.jpg
動物達は 何処で どうやって 過ごしているのか?
足跡を見ながら 想像します


雪が多い 寒い寒い と言いながらも もうすぐ節分です。
この寒さを 越えると 生活に何かしら自信が持てる

昔の暮しとは比べ物にならないほど 楽になっている 冬の生活
文句ばかり 言っていられません







              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                  にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



      


2011/01/29 13:30 えぞももんが

月に願いを


満月の日に お財布の中身を空っぽにして
月に向かって
「今月も 臨時収入ありがとうございます」と言いながらお財布を
フリフリすると お金が入ってくる 
そう 教えてもらって 実行したら・・・・・

お給料明細で 仕事の 勤務日数が 間違いで3日多くなっていた!
「今月 3日多く なってましたよ」と連絡したところ
「あ~~ほんとだ! でも もう処理しちゃったから そのままで いいですよ 」と言ってもらいました 

素晴らしいです 臨時収入です 

この話を 母にしたら
「三日月に 願い事をしたら 叶うって言う話は 聞いたことあるけどね」とのこと。

「願い事は 新月にするといい」と言う話も 前に聞いたことがある。


満月も 半月も 三日月も 新月も
人は ずっと ずっと 昔から
夜空の月を見ると どの形でも
ついつい 「お月さま どうか宜しくおねがいします」と
お願い事をしてきたのかもしてません。


確かに 仕事帰りに 眺めるお月さまは
話しかけたくなります。


昨日は 三日月でした。
P1110999.jpg




追伸・・・・・今度の 満月は 2月18日だそうです。
       ためしに お財布 フリフリ してみませんか?






           今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                   ↓
                にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

2011/01/27 22:45 えぞももんが

お守り


わが家の最寄りの駅の窓口に
「ご自由に お取り下さい」と
手作りの 合格祈願のお守りが置かれています


P1110995.jpg


小さな袋の中身は 「砂」
P1110996.jpg

この砂は 冬場 列車の車輪が滑らないように
レールにまくものだそうです。

受験生は 今が正念場。

結果によっては
進む道が 真っすぐの人 右であったり 左であったり 
少しの間 同じ場所にとどまる人もいる。

人生の 1つのターニングポイントになるけれど

どの道を進んでも 「正解だよ」と・・・思います。

大事な経験ではあるけれど すべてではない。

来年は 次男が 大学受験の年です。
こんな風に 悠長に言っていられるかどうかわからないけれど
出来るだけ 口は出さずに 口は出さずに・・・
今から 呪文のように 自分に言っています。


人生 ども場面でも 「これがすべて」と言うものは
無いと思います。

大切なことは 自分にできることを
納得しながら 進んでいくこと。


受験生がいないけれど
もらってきた 手作りのお守りを見ながら
今日は そんなこと思いました。





              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






 
2011/01/27 00:12 えぞももんが

今月の 「暮しのヒント集」




今日 暮しの手帖の 最新号を買ってきました。

1番に読みたい気持ちをぐっと我慢して
いつも 最後に読む 「暮らしのヒント集」ですが

今日は 真っ先に 開いて読みました。

その中から 私の今月の 「ああそうだった」


  会えなくても、大好きな人のことを忘れてはいけません。
       その人はいつも心の中であなたをはげましてくれる人なのです。



  運を良くするにはコツがあります。それは人だけでなく
       どんなものにも笑顔で接することです。


  暮らしで大切にしたいことを書き出してみましょう。
       目に見えるようにすると忘れません。




表紙は すっかり 春です

暮しの手帖 2011年 02月号 [雑誌]暮しの手帖 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/25)
不明

商品詳細を見る

今日もていねいに。






               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




2011/01/26 00:35 えぞももんが

えぞももんが 「差別化」に挑む。

先週の カンブリア宮殿 で とてもインパクトのある 社長さんが出ていました。

岐阜の片田舎で劇団員たった4人で創業して45年。
現在では 電設資材メーカーとして成長を続け、
売上高 255億円(2010年3月期、連結)
従業員 775名(2010年3月現在)
の会社になっている。


その社長さんが 何度も口にしていた言葉 「差別化」。
大手の会社があるなか 自分達の製品を売るためには
他と違った 工夫が必要だった。
使う側の立場に立って どう言ったものが欲しいのか 徹底的に 考える…そういうことを言っていました。


そうか 私も「差別化」だ!!

仕事中 いつも同じ作業をするのではなくて
もうひと手間かけよう。

でも 「わたし 頑張ってます」という素振りを見せず
サラサラとこなそう。

そうだ そうしよう 

もしかしたら 「ももんがさん 痒い所に 手が届く働きっぷり」と言われて
時給が上がるかもしれない 

「あの いい働きっぷりの おばさんは 何者だ??」って言うことになって
ヘットハンティング されるかもしれない・・・・・・・無いか 


仕事の「差別化」を始めて 数日・・・・
あ・あ・・頑張り過ぎた・・・・「差別化」って けっこう疲れます。


チクショ~~====頑張るぞ!!



             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                  にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



   

2011/01/24 06:15 えぞももんが

四季劇場

結婚する前まで
自分の時間 すべては 自分のために
自由気ままに使っていました。

仕事はそれ自体も楽しかったけれど
自由に何かをするための手段でもありました。


少しお金が貯まると旅に行き
季節が変わると 新しい洋服を買い
仕事で疲れた日は 心を許せる友と 食事をしたり・・・
コンサートやミュージカルもよく見に行きました。



両親が住む すぐそばに
劇団四季の 劇場ができ
それをきっかけに 懐かしさもあって 会員になりました。
昨日は 会員の招待講演。
私に届いた 招待券は「赤毛のアン」

「赤毛のアン」は まるで 友達のように 大人になっても繰り返し読む本です。

ミュージカルなので 本の中の「この言葉はどうしても入れてほしい」と言うものたちが
使われていなかったりはしましたが・・・・。
それは わたしの勝手な要求なので良しとして


劇団四季が もう1度 北海道に来てくれたことや
懐かしい 自分の愛しい時間や
「赤毛のアン」のアンやダイアナ、マシューとマリラとギルバート・ブライス 
そして 「アン」を思う時 必ず 思い出す友のこと


暗がりの 劇場のなかで 泣けました
ふと 横を見ると 隣の女性も泣いていた・・・




SN3L0094.jpg
とても 大切な時間でした


   
       

             

                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


   
              
2011/01/22 13:43 えぞももんが

バス停

実家の目の前は バス停でした。

バスが走っている 公道から
家の玄関まで 緩やかな 傾斜になっていて
バスから降りて その坂を駆け下りて 
その勢いで 「ただいま~~~」と玄関ドアを開ける
かかる時間は 20秒程です

小学校から高校まで
バスで 学校に通っていました。 


小学校1年生くらいの冬
バス停でバスを待ちながら
足元の雪を 長靴で こすっているうちに
スケートリンクのように ツルツルに 
ツルツル具合が 嬉しくて 真剣になっていたら
自分の作ったスケートリンクに 足を滑らせ
顔から転倒・・・・・鼻血がたくさん出て
泣きながら 家に戻った思い出があります 


 
高校時代は 夜遅くまで深夜放送  を聞いていたので
朝はいつも時間がなく ドタバタ 
窓の外を見ながら ご飯をかきこみ 
遠くにバスの姿を確認して
慌てて 箸を置き 家を出る  そんな生活をしていました。

ドタバタは 今も変わらず 続いているな~~。 

早朝ウォーキング中
雪に埋まったバス停を見て
バス通をしていた あのころを 思い出しました。
P1110972.jpg
 






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
2011/01/20 23:06 えぞももんが

今日のコラムより


毎日新聞に月に一度 作家 小川洋子さんのコラムが載ります。

今日のコラム から 抜粋ですが・・・・・・

父は晩年、痴呆が進み、わたしが娘であることも分からなくなった。
看護師さんに「この人誰だかわかる?」と聞かれ、
父は恥ずかしそうに「妹です」と答えた。
何の用事で二階へ上がったか忘れ、
小指の爪は変形し、顔は白い粉をふいている娘なのだから、
その父親が痴呆になってもしょうがないじゃないか。
すべては順番どおりだ。
自分のことより、常に子や孫の心配ばかりしてきた父が、
ここでようやくその心配から解放されたのだ。
これは喜ばしいことなのだ。弟はたくさんいるけれど、
妹はひとりもいないから、一度妹というものをもってみたかったのかもしれない。
それならば、私が妹になろう。お安い御用だ。そう、自分に言い聞かせた。
丁度その時、私は出版されたばかりの新しい本を持っていた。
「・・・を・・・いて・・・・と・・・ぐ」
父は本を手に取り、タイトルの平仮名だけを読み上げ、
それからパラパラとページをめくった。
「この本、私が書いたのよ」と言うと、父はびっくりして顔を上げた。
「これ、全部?」
「うん、そう」
「えっ・・・・・」
しばらく絶句したあと、本を握ったまま父はぽつんと言った
「こんなに書いたら、死んでしまう」
娘のことは忘れたのに、娘を心配する心だけは忘れていなかったらしい。
やはり生きているかぎり、心配のない国へ行くのは難しいのだろう。
「大丈夫よ」私は父の背中を撫でた。


・・・・・・・・・・


コラムを読み進めているうちに胸がいっぱいになってしまった。
娘のことは忘れてしまったのに
心配する 心は 忘れない。
人と言うのは 切ないな・・・。
でも こうして心配してくれる 人がいたから
進んで来れるのかもしれない。
そう思いました。



今日は満月
P1110967.jpg
心配性のわたしは 満月に 
いろんなお願いをしました 

 
 


             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
                  
                    
2011/01/18 00:02 えぞももんが

いるんですね~!!

今日 仕事がお休みだったので
両親のところに行ってきました。

その帰り道 地下鉄の 通路を歩いていたら
ベンチに インスタントコーヒーがポツンと 置かれていて
SN3L00930001.jpg



あれ? メモが 貼ってある・・・なんだろう?


見えますか? 「伊達 直人」 
SN3L00920002.jpg



いるんだ~!! こんなところにも 「伊達直人」
でも 誰にあげたかったんだろう このコーヒー。
え!! わたしかい??




1月の15日辺りを 「伊達直人の日」にして
こういう サプライズが
今年だけの事に終わってしまわないようになると良いですね 



            今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                    ↓
                にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
2011/01/16 21:34 えぞももんが

ふぶきのあした

本当に よく降りました・・・・雪。 
吹雪の日も多く
JRの電車が不通になったり
時間が大幅に遅れたり

道路の道幅がせまくなって車が渋滞したり
そんな日々の中
思い出した 絵本は


ふぶきのあした あらしのよるに (6) ちいさな絵童話 りとるふぶきのあした あらしのよるに (6) ちいさな絵童話 りとる
(2002/02/27)
木村 裕一

商品詳細を見る



この絵本の 挿絵は あべ弘士さん
旭山動物園で25年間 飼育係をしていました。

「ふぶきのあした」は「あらしのよるに」シリーズの中の1冊です。

あらしの夜に 風雨を避けるため 山小屋に
1匹のおおかみと ヤギが それぞれ 避難してきました。
真っ暗な山小屋、オオカミは風邪気味で鼻がきかない
お互い 相手が 誰だかわからず
話しているうちに 意気投合・・・・。

オオカミにとって ヤギは・・・
ごちそうなのに友達で、
なかよしなのにおいしそう 

シリーズ1作目を読んだとき 面白くて 面白くて
それが 2作 3作・・・と読み進めるうちに
これは もしかして 絵本と言うより 恋愛小説??
そう思った お母さん達 多かったんじゃないでしょうか?

今日 久しぶりに読み返してみて やっぱりそう思いました。
もし まだ読んでいなければ 是非 一読あれです。

わたしは・・・実は この絵本 1作目で終わってほしかった。


表紙の裏側に書かれた
作者 木村裕一さんの 言葉が とっても優しい 




    どくしゃのみなさんへ

きみはこれから、いのちをかけてもいいとおもえる
くらいのひとや、やりたいことにであえるかな?
もしであえたら、それだけでじゅうぶんしあわせだと、
ぼくはおもうんだ。

                   木村裕一






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2011/01/15 15:19 えぞももんが

どうでもいい質問

あんまり 腹が立たない方なんですが
と言うのも わたしが カチン  と来た頃には
物事は すでに動いていて タイミングがずれていることの方が多い 


でも テレビ  に向かって 「アホか!!」と、言う時があります 
それは 「生まれ変わっても 今のご主人と 結婚したいですか?」と聞いている
レポーターの質問・・・。

生まれ変わってもって、
今度は 人間じゃなくて ゾウリムシかもしれない
ミトコンドリアかもしれない
「ミジンコになっても わたしを見つけてね」なんて 言えんだろ 

先日 菅首相の伸子夫人が外信記者との昼食懇談会で 同じ質問をされていた。
「同じ人生を生きるのはつまらない。別の人生を生きてみたい」ときっぱり 答えていた。
清々しかったな~~~~。
そうだよね、全力投球で 今の人生を過ごしてきたのだから
もし また 人間になれるとしたら
また 違った 人生を送りたい。 
結婚した相手が 好きとか 嫌いとか そう言うことじゃない。


来世も 来来世も 一緒に・・・・と言う話 どこかで
聞いたことあるけど
聞かなかったことにしてあげるからね 
ゴキブリだったら?ハエだったら?? 困るっしょ 





きゃ~~~わたしの 婚約指輪!!
P1110952.jpg






             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

               
                 
                                     
2011/01/13 14:04 えぞももんが

花芽

外は 雪が降り続いているのですが
家の中は 暖房で 暖かいので
蘭の花芽が 上がってきました。

P1110948.jpg



花芽は 少し伸びてきたところで
そっと 添え木をします

P1110946.jpg



力を入れ過ぎると
ポキッと 折れてしまいます


P1110944.jpg


上に向かって咲くように ほんの少し
導いてあげると
あとは 自分で 上に上にと 伸びていきます。

力を貸してあげる時期と
蘭が自力で伸びていくように 手をかけ過ぎないこと

グングン伸びる 蘭の花芽
私の 伸びしろも まだあるさ!!





             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2011/01/12 22:16 えぞももんが

ジャンパースカート

昨年 (もう 昨年なんですね)の12月
デパートで 見つけた ジャンパースカート

「欲しい・・・どうしょうかな・・・・?」
「やっぱり 止めとくか  」

一度は あきらめた のですが

そうだ! 母に作ってもらおうか 

50歳にして お菓子作りと 洋裁はしたことがないと言う
不届き者は 私です  


デパートに母と行って
私が試着。 そして 店員さんの目を盗んで 母が手を使って 採寸 


出来た ジャンパースカートが
こちらです
前のV字の開きは少し 小さくしてもらいました。
P1110941.jpg

やっぱり 洋裁の一つも出来ないのって
なんだかな~~~ 
思い返せば 高校の時も 家庭科の宿題は
母に作ってもらったな 
クリープを入れないコーヒーみたいな主婦だな
(古すぎ  )

ありがとう 母。





               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
2011/01/11 21:48 えぞももんが

トレーニング中

soraさんのブログに 佐藤初女さんの 「苦しみを感じきる」と言う言葉が 紹介されていて

佐藤初女さんの本を 読みたくなり 図書館で借りてきました。


いまを生きることば「森のイスキア」より (講談社+α文庫)いまを生きることば「森のイスキア」より (講談社+α文庫)
(2007/01/23)
佐藤 初女

商品詳細を見る



たくさんの 大切にしたい言葉。
どれも 忘れたくなくて 2度 読み返しました。



 正しい判断をして
       勇気をもって 一歩越えていく。
       越えていってまた進んでいくと、
       また同じようなことが必ず出てきます。
       これが人生のトレーニング。

 そのひとつひとつは微々たるものであったとしても、
 それが長い年月の間に大きな差になって、
 人間の成長につながっていくのではないかと、
 わたしはそう思っています。


 こういう一文がありました。

 いま 私は 人生のトレーニング中。そうなんだな・・・きっと。






               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



2011/01/10 21:00 えぞももんが

成人の日に思ったこと

今日 長男が 函館に帰って行きました。

12月25日の夜遅く 「明日から こっちで バイトあるから」と
予告なしに帰ってきた。  

朝早くから 夜遅くまで バイトをして
大晦日には 友達と 宗谷岬に初日の出を見に行き
主人と お酒を飲みながら いろんな話をして
帰って行った。

いろんな事を 辛抱させていると思う

以前は 文句を言っていた長男

今回は 一言も言わなかった。

函館で 寮生活を始めて3か月

「もう何か月もたった気がするね」と言ったら
「俺は もう何年もたったような気がする」と言っていた。

成人の日 昨年、成人式だった長男を 「少し大人になった」と 思って見送りました。
私も ガンバロウ。


ドンド焼きに行った 神社さんの 境内の木
大きいな~~と 見上げました。
P1110934.jpg








                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




2011/01/09 13:47 えぞももんが

冬の風物詩

冬の風物詩と言えば

雪まつりの雪像をつくるための雪を運ぶ 自衛隊のトラック
P1110926.jpg
 




雪を勢いよく飛ばす 除雪車
P1110928.jpg




朝なのに ココア色の景色
P1110932.jpg



雪がしんしんと降り続いています。
ついこの前まで 雪の少なさに驚いていたけれど
みんな 思っていました
「きっと そのうち ドカっと降るよ」
そうでした。3日間降り続いています。
いつも やっぱり 帳尻を合わせたように 同じくらい雪は降ります。

P1110933.jpg

外は 静かです 






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



                       
2011/01/07 09:44 えぞももんが

あの頃の 冬

私が育ったところは 北海道のまんなか少し北なんです。

冬の寒さは 厳しくて
朝の気温が-20℃以下だと
学校が2時間遅れで始まる連絡網が、まわって来ます

小学校の暖房は 石炭ストーブで
日直が石炭をくべる係

ストーブの近くの席になると
暑くて 暑くて ほっぺたが真っ赤になり
一番遠い 廊下側の席だと
寒くて 身を縮めながら 授業を受けます。

ストーブの上には 真ちゅうの蒸発皿がのっていて
牛乳を温めて 給食のとき飲みました。


子供たちは 手や足に しもやけが必ずと言っていいほどあって
痛かゆくて しかたがない

帽子も靴下もセーターも手袋も
それぞれみんな おかあさんが編んだ手作りを身につけていた
今は昔の あの頃のこと

「寒の入り」の昨日 吹雪の中
思いだしたことでした。
SN3L0092.jpg
やっぱり 冬は こうでなくちゃ!!
かかってこい! 冬。・・・・でも 手加減 お願いします 





           
              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2011/01/05 23:05 えぞももんが

冬限定

冬の夜景を見ていると
なぜだか 少し 寂しくなります

遠くの山の スキー場のナイターの灯り
宮の森ジャンプ台の灯り

札幌中心部のたくさんの街灯りと
ロウソクのような 札幌のテレビ塔のあかり


息子たちの 部屋の窓から そういう夜景を
部屋の照明を点けず
ひとり ぼんやり眺めていることがあります


「どうした?」と 家族にきかれますが
どうしたわけでもなく
なんとなく ぼんやり眺めて 少し 寂しくなるのです。

冬限定の 気持ちです。



家のデジカメでは これが限界なんです 
P1110920.jpg
左の そこが ジャンプ台で
真ん中の チョコンとなっているのが テレビ塔・・・・分からないですね・・・スミマセン 





             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


                   
 
2011/01/04 11:18 えぞももんが

雪中ウォーキング

確実に お正月で 2キロは太ったので
いろんな事を スルリ スルリとくぐり抜けるためにも
身軽にしておかなければ 

雪中 早朝ウォーキングを 再開しました。


手袋 落とした 女の子は お母さんに叱られたかな?
P1110897.jpg




手袋落とした オジサンは 奥さんに叱られたかな?
P1110900.jpg



それとも 彼らの 手袋だったのかな?
P1110912.jpg





久しぶりの ウォーキング あ~~やっぱり いいもんだ 
頭に中に 新鮮な空気が入って来て
脳みそが入れ替わったかも
賢くなったかも・・デス
P1110910.jpg







             今日も ここに 立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



  
2011/01/03 18:36 えぞももんが

お正月

あけまして おめでとうございます

主人の母は 小さな港町で 一人暮らしをしています。
お正月は 主人の実家で 年越し。

わたしたちが着いた頃には もう 煮しめのいい香りがしており
急いで エプロンをして
茶碗蒸し作りを手伝います

紅鮭を焼いて
刺身を作り

元旦の お雑煮の準備をしたら

みんなで 年越しの ごちそうを頂きます。

「ごちそうを作るのは 何時間もかかるけど 食べてしまうのは あっという間だね」これが
義母とわたしの 食事の片付けの時の 決まり文句です。


紅白を見ながら みんながそれぞれ ウトウトしたり
曲をきいたり 本を読んだり

「昔は いつでも 歌が 暮らしの支えだった」と 義母が言います。
 
365歩のマーチ
  幸せは歩いてこない だから歩いてゆくんだね
         一日一歩三日で三歩   三歩進んで二歩さがる


「3歩進んだと思ったら2歩下がってしまう
 またかと思う
 人生は いつも こういうものだよ 」

義父が生きていた頃 2人で たらこの加工場をしていた。
真冬が一番忙しいこの仕事。

義母の話を静かにきく。
いつものお正月を 過ごしてきました。
しっかり 言葉を 受け止めました。




今年もよろしくお願いします
P1110899.jpg










                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村