緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年02月  1/1

茨木のり子さんの 詩

No image

今日の、 作家 小川洋子さんのラジオ番組 パナソニック メロディアス ライブラリー で 詩人 茨木のり子さんの 「おんなのことば」が 紹介されていました。番組の中で 紹介されていた 詩が あまりに力強くて家事がひと段落して 早々 図書館に借りに行ってきました。おんなのことば (童話屋の詩文庫)(1994/08)茨木 のり子商品詳細を見るその中から・・・・・・   自分の感受性くらいぱさぱさに乾いてゆく心をひと...

  •  16
  •  closed

雪解けの条件

「雪解けの進む条件は なんだと思いますか?」 今朝 テレビの  天気予報の お姉さんが 言いました。ポカポカした いい天気 普通なら そう思うのですが  雨が降ること  気温が高いこと  風が強いこと・・・・そうかぁ・・・・ポカポカ 暖かいだけでは 雪は解けてくれない。春はやってこない人の 生活に 似ているのだなぁ優しいだけでも 楽しいだけでも いけない今日は 風が強く これから 雨が降りそうです...

  •  10
  •  closed

日々の ちょっとした事・・・。

だんだんと 日の出の時間が早くなってきました。でも まだ 起きた頃は 真っ暗です。お弁当を作り終わってほっと一息窓の外を 眺めるとマンションの窓の灯りや一戸建ての家の灯りがポツン ポツンと 点いているこの灯りを眺めるのが好きですあそこでも 同じように お弁当を作っている お母さんがいるのだろうな・・・そう言えば 息子達に 2時間おきの 授乳をしていた頃もこうして まだ暗い窓の外を眺めそこに点いてい...

  •  14
  •  closed

雪解け

今日は 仕事がお休みです今週は3月中旬から下旬の いい天気が 続くと言うことで雪解けが進んでくれそうですゆっくり 掃除をして常備菜を2品作ってからラジオを聞きながらいろんな方の ブログに こっそりおじゃましました「猫のしっぽ カエルの手」のベニシアさんのブログで・・・・・去年、友人から届いたカードにとても感動しました。皆さんにもお見せしましょう。・・・・と 紹介されていた言葉です。愛があるところに...

  •  6
  •  closed

塩バターラーメン

HNKのドラマ10 四十九日のレシピ を見てから ずっと気になっていた塩バターラーメン 昨日 作って見ました 録画していた DVDをラーメンの場面で 一時停止にしトッピングも 観察できるだけ 似たものにして見ました レシピのレシピおだしは昆布で(何箇所か切れ込みを入れてね)つぎに入れるのは 鰹節。 トロトロ ゆっくり。きれいな黄金色になったら スープは完成。めんは細麺、お塩を入れて (入れ過ぎ注意...

  •  4
  •  closed

野菜スープ

土曜日と日曜日の朝はだいたい 野菜スープを作りますキャベツ・玉ねぎ・人参・じゃがいも・トマト・・・・野菜室にある その時の季節の野菜あれこれを同じくらいの大きさに刻んで野菜の甘みは優しい味だな・・・と 思いながら作りますそして パンと ヨーグルトいつ頃からか土曜日と日曜日の朝の定番になりましたこの・・・「定番」と言う言葉時間を積み重ねないと 作れない言葉少し 嬉しい 響きですこの定番・・・ワンパタ...

  •  12
  •  closed

焼きそば弁当 たらこ味

アレルギーの先生にお世話になってから添加物のことを いろいろ教えてもらいインスタント食品や添加物の含まれるものはできるだけ 取らないようにしていますいまの時代添加物を まったく摂らないと言う生活は無理鰹節と昆布や煮干しで 出汁を取っても鰹節や煮干し に 添加物が 含まれているそんなことを考えるとド壺にはまるので「できるだけ」と言う気持でご飯を 作っていますそして たまに インスタントのものが ムシ...

  •  10
  •  closed

月めくりの カレンダー

2月も 中旬を過ぎると降ってくる雪の質が 変わってきますいままでのサラサラ雪から水分を多く含んだ 重たい雪降っても 早く融ける雪ですこの頃になるとカレンダーの 雪景色が どうにも もどかしく感じて次の月に 早く 変えたくなって何度も カレンダーをめくってみたりします次の月は すっかり 春模様です和室にあるカレンダーをめくってみると「花は 早いとも 遅いとも言わず ただ咲く」・・・の言葉。そうでした...

  •  4
  •  closed

とりあえず ご飯食べよう

No image

昨日から始まった 全4回の HNK ドラマ四十九日のレシピ を見ました。面白かった。美味しそうだった。静かに見れた。最近の HNKのドラマは 美味しいご飯が たくさん出てきて 嬉しいです朝の連続テレビ小説 「てっぱん」も ばあちゃんが作る ご飯は本当に 美味しそうこの「四十九日のレシピ」にも 美味しそうなご飯が たくさん出てきそうです。原作者 伊吹有喜さんの言葉 よりこの物語は 小さな町の片隅で精...

  •  9
  •  closed

春は近い??

昨日 札幌の大通り公園の横を 通ったら13日で終了した 雪まつりの 大雪像の解体作業が行われていました大きな ショベルカーで 潔く壊されていく雪像遠巻きに 何人もの人が その様子を 見つめていました少し 寂しいような もったいないような・・・・でも 雪まつりが終わると春も 少しずつ 近づいてきます帰りの電車の中では私立高校受験の下見の 学生達に遭遇やっぱり 春は 近いですね昨日は 新しいメニューに...

  •  2
  •  closed

心のサプリ

毎日新聞の 日曜版に海原純子さんの 「心のサプリ」というコラムがあります。昨日の 「心のサプリ」より 抜粋ですが・・・・・・・・・・・・・・・・仕事帰り、久しぶりにスポーツクラブに寄った後、家までタクシーに乗った。50代はじめとおぼしき女性ドライバーは、一年半前からこの仕事をしているという。「ちょうど景気が悪くなってからだから、大変」と言いながらも、彼女はすこぶる明るい。「景気が悪いって、言い訳か...

  •  12
  •  closed

お雛様

今日 わが家でも お雛様を飾りました家の お雛様は「作 実家の母」の 吊り雛作 実家の母雛の吊るし飾りの由来は いろいろあるようですが伊豆稲取地区で 江戸時代 お雛様を購入できるような裕福な家庭がまれでせめてお雛様、雛人形の代わりに、愛する子供や孫のために手作りの雛飾りで初節句を祝おうという切ない親心から生まれたものが、雛のつるし飾り(つるし雛)の由来だそうです。               吊るさ...

  •  14
  •  closed

飛梅

No image

今朝  朝食を 食べながら主人と 話したこといつか 出雲大社 や 太宰府天満宮に 行ってみたいね行ってみたいところが たくさんあるそれは 楽しいことでもありますね何時とは言えないけれどいつか 行ってみたい太宰府天満宮の 飛梅は もう咲いているのでしょうか?菅原道真が、太宰府に流される時に愛していた梅の木に 歌を詠んだその梅は、一夜にして海を越えて太宰府の主のもとにまで飛んで来た。飛梅伝説東風ふかば...

  •  6
  •  closed

新しい メニュー

ここのところ超 ワンパターンの料理に 我ながら ガッカリしこれでは いかんと 思い立ち家族には 大迷惑かも知れないのですが新しい メニューに挑戦することにしました家族の 反応 食べ具合を 観察し満足そうであればレシピを ファイル!昨日までの 自分へ 差別化 パート2そして 昨日の 新メニューは こちら   頂きましたにんじん炊き込みご飯のピラフ米 ・・・・・・・3カップA  酒・・・・大さじ2  ...

  •  9
  •  closed

次男の机の上

No image

次男の部屋に 掃除機をかけていて机の上を見ると脱ぎ捨てた くつしたの片方だけ山積みになった 教科書やノート図書室から借りてきた 本あと・・・・個人調査票の紙個人調査票は 自分で 今の目標や 自分の性格などを書いて先生に提出するようですその中に 特技・・・という項目があって次男が自分で書いた事特技・・・嫌いな人を作らない事そっか、 次男は そうかもしれない。次男の口から 人の 悪口を 聞いたことがな...

  •  12
  •  closed

今朝方の夢

明け方見た 夢のことを 思い出しながらクスッと 笑って お弁当を 作りました幾度となく 見る同じ夢小学校の木造の教室でみんなで 遊んでいるクラスのみんなは あの頃のまま 小学生で私だけ 今の “おばさん” の姿・・・・でも 誰も 「あんた だれ???」とか      「あんた いったい いくつ?」とか 不思議がらず同じように 遊んでくれて チャンずけで私のことを呼ぶありがたい・・・・・。現実逃避の気...

  •  7
  •  closed

雪まつり

昨日は 仕事がお休みだったので両親と 札幌大通り公園の 雪まつりを見てきました。札幌に住んでいながらも なかなか 雪まつりを見る機会が少なくて気がつけば 14年ぶりです「ミスさっぽろ」の娘さん達の年齢は 長男の年と 同じ こんなところで 自分の歳を 再確認 大通り公園の8丁目あたりから ゆっくりと テレビ塔に向かって進んでたくさんの 外国の方の 言葉を 耳にし会場内に設置された巨大ジャンプ台で次々...

  •  8
  •  closed

佐藤初女さんの 言葉

昨日 佐藤初女さんの 講演会に行ってきました。佐藤初女さんは 青森県の岩木山の麓に「森のイスキア」という場所を開き心をこめた手作りの料理でもてなしながら全国各地から訪れる人を迎えている 方です。小柄な 一見物静かそうな 優しい 女性でした。講演のお話の中で「あと 10歳若ければ・・・ あと 5歳若ければ なんでもできたのに・・と  おっしゃる方が いるけれど 私は そう思わないんですよ 今だから出...

  •  10
  •  closed

長男と二男

今朝 ウォーキングに出かけようと外に出たら 節分の名残の落花生が1粒北海道では 節分の豆まきに落花生を使う家が 多いのです。きっと どこかの家の 子供たちが 怖い鬼が 家に入ってこないように思いっきり 「鬼は外~~!!」と叫んでここまで飛ばしたんだろうな 息子たちが 必死に豆まきをしてくれてそんな頃を 思い出しました長男は 頑張屋さんな子供でした。頑張りすぎて 融通がきかない・・・。今は 力を抜く...

  •  12
  •  closed

あおおにの手紙

今日は 節分ですね。日曜日の午前10:00 作家 小川洋子さんのラジオ番組 で次世代に伝えたい文学作品を 1冊 紹介する パナソニック メロディアス ライブラリーとうい番組があります。先日は 「ないたあかおに」でした。小川洋子さんが 言っていたことは・・・「人間の魂が持つ究極の善意が描かれている」なぜ 青おには ここまで 赤おにのために 自分を犠牲にできるのか?自分だったらそこまでできるだろうか?たぶ...

  •  10
  •  closed

スキーのこと

No image

今日は いい天気です。子供のころ冬晴れの日は よく スキー遊びをしました。小さい頃は父が 家の前に 雪を高く積み重ね作ったくれた 雪山で よく滑りました。少し大きくなってからは「スキーに行ってくるね」と言ってスキーを担いで 裏山へ行きセッセ セッセ と スキーで 雪を踏み固めながら登り頂上に着くと 滑って降りてくるそれを 黙々と 繰り返しますそうしているうちに暑いぐらいになって喉が渇くと新雪をパク...

  •  8
  •  closed

七円の唄

No image

ついつい 「また借りてしまった」そう思いながら図書館で借りる本があります。今回で 何度目だろう?この本を借りる時は 決まって心を落ち着かせたい時元気を出したい時七円の唄 誰かとどこかで(1997/06)永 六輔、 他商品詳細を見るこの本は 永六輔さんが 放送している ラジオ番組 「誰かとどこかで」の「七円の唄」と言う コーナーで 読まれた 手紙を 1冊に整理したものです。ラジオの向こう側にいる 人たちの 生活...

  •  7
  •  closed