緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年05月  1/1

元気が出る CM

No image

今日は ちよっと のんびりしています最近知った CM 3本 1本目は ここに立ち寄ってくれる スミレココさんに教えて頂いた。東京ガスのお弁当のCMhttp://www.tokyo-gas.co.jp/channel/200ch/flash/kizuna_obento.htmlお母さんが 「お疲れ あたし」と言いたくなる CMです。 2本目は九州新幹線全線開業のCMhttp://www.youtube.com/user/shuku9wave見ていて なんだか感動します 泣きそうになる 「あの日 手を振...

  •  10
  •  closed

お父さんと男の子

今朝 新鮮な空気を 入れるため 西側の窓を開けたら仕事に行く前のお父さんと 男の子が キャッチボールをしていましたお父さんは背広の上着を脱いで Yシャツ姿そう言えば ああ言う時期がありました長男も次男もサッカーをしていたのでうちでは 「ボールでも蹴ってくるか」と お父さん(主人が)声をかけるそんなときはどことなく 子供がうかない顔をしている時サッカーで思うようなプレーができない事を 悩んでいるのか...

  •  6
  •  closed

ふきの下の住人

子供の頃 大きなフキの葉を見かけるといつも 葉の下を 覗き込んだものですフキの葉の下には 「コロポックル」という小人が住んでいるそう教えてもらってからもしかしたら・・・会えるかもしれないそう思うと 葉の下を 覗きこまずにいられない昨日のように フキの葉が雨で濡れていたりするとコロポックルが雨宿りしているような気が ますますしてくるのです。コロポックルとは アイヌ語で 「蕗の葉の下の人」と言う意味だ...

  •  10
  •  closed

今年のエゾハルゼミ

ここに立ち寄ってくれるがーねっとBeeさんの「今年は エゾハルセミはまだですか?」と言う言葉にそうだ 鳴き声は聞こえないけれど きっと もう土の中から出ているはず!そう思うと 居ても立ってもいられず 今朝、見に行ってきました。 数日 森にこなかっただけで 緑はこんなに濃くなり札幌も春から初夏に季節が変わり始めています。そして ・・・・脱皮をしたばかりの うすい緑色をしたエゾハルゼミあちらでも こちら...

  •  14
  •  closed

今年の桜

昨日 テレビで 北海道の桜の名所が出ていました。稚内に近い牧場の中に咲く 一本のエゾヤマザクラ桜の側では 牛が のんびりと草を食べていました。桜を守っているのはこの牧場を 経営している ご夫婦広い広い 牧場に ポツンと立っている 桜四国 九州 から 始まった 桜前線は2か月とちょっとの時間をかけて稚内に たどり着きます。その間 北の住人は もうすぐ もうすぐと、桜を心待ちにしています。遮るもののな...

  •  12
  •  closed

デリカシー

先日 次男が聞きいてきました。 あのさ~~~ おれさ~~ クラスの女子に 「デリカシーのない男だ」って言われたんだけどさ どう思う?? デリカシーってさ なに?わたし・・・ デリカシーのある男の人って そうだね・・・細かい 気使いができる人かな~~? テレビに出てる人で言えば・・・ デリカシーがありそうな人は  谷原 章介?? デリカシーがなさそうな人は・・・出川哲郎?? このたとえで 次男はます...

  •  10
  •  closed

海の男

今日は 2週間 練習船にのって 北太平洋西部を航海していた長男が 函館に戻ってくる日です。 船にのっている間 ほとんど いい天気がなかったけれどどんな具合だったんだろうか雨が降ると風が吹くと海は 荒れているのだろうか?と思いました。四方 山に囲まれたところで 生まれ育った私が浜の母さんの気持ちになった 2週間長男は たくましくも 優しい海の男になって帰って来たのでしょうか?ちょっと 見て見たい気もし...

  •  8
  •  closed

負けず嫌い?

もしかして ・・・ももんがさんは負けず嫌い?・・・と、聞かれて。私は 二ヤリ実は そうです 負けず嫌いなんです。・・・・と、きっぱりと答えました。たとえば歩いていて 追い越される時 ぶつかったのに 何も言わずに行ってしまう人老若男女かかわらず 抜き返す  競歩選手の様に 自転車にのって 横断歩道で 青信号になるのを待つ密かに スタートは 誰よりも先に!! と狙っている。競輪選手の様に 頼まれたこと...

  •  12
  •  closed

送迎デッキ

昨日は 大阪の姉の家に遊びに行く 両親を送って千歳空港へ行きました。送迎デッキで 飛行機を眺めている人は一人で 静かに 飛び立つ 飛行機を見つめている人が多いそう言う人を 眺めているのも好きです。両親が 55年間暮した 住み慣れた土地を離れ札幌の私の近くに越してきてもうすぐ 季節が一巡します 早いね もう1年なんて野菜を作り たくさんの花を育てていた暮しから土を触らない生活になって 寂しいだろうと...

  •  8
  •  closed

卵サンドを作ったよ

今朝 自分のブログを開いたら嬉しくて懐かしくて「元気にしているかな?」と 思っていた方からメッセージが届いていました。コメントありがとう。わたしの ふわふわにならなかった 卵サンドを見てそれでも「美味しそうだから作ってみましたよ」と言ってくれたあ・あ・・・うれしい。元気そうで・・・うれしい。友達に薦められて ブログを始めてブログの月別アーカイブが ずいぶん長くなったな・・・そんなことを ついこの間...

  •  9
  •  closed

新芽

JRの階段で 80代ぐらいの 年配の女性が杖をつきながら 階段を上ろうとしていました。少し危なげに ゆっくり ゆっくり思わず 「あっ」と手を差し伸べようとした時階段を登りきった所に立っていた 50代後半の男性が「いいんです  一人で やらせてください。 これも リハビリなんです」と 言いました。男性は 息子さんなんですね。「すみません」と言ったもののあ・あ・・・・・やってしまった おせっかい。どう...

  •  10
  •  closed

鍵一個分の 重み。

先月 6年半ほど続けていた仕事を辞めて鍵の束から仕事先の鍵が減りました家に入る時 かばんから 鍵を取り出すたびに「あ・・・軽い。」と 思う。そして 少し 嬉しくなる。鍵 一個分 心が 軽い。「あ・・・・軽い。」と 思わなくなった頃 次の 仕事を探そうと思います。それまでは 少し ゆっくり。せめて 5月は ゆっくりしようと思います。いいですか? いいよね・・・。銭亀の平次と U2の 甲羅干しを見てい...

  •  6
  •  closed

ふわふわ卵のサンドイッチ

毎日のお弁当 どうしても 色合い 中味が 同じようになってしまうそれで やんわりと 曜日を決めてローテーションしています。月・火・・・は、普通のお弁当水曜日は、海苔弁木曜日は おにぎり弁当金曜日は サンドイッチかハンバーガーだいたいこんな感じで作っていますここに いつも立ち寄ってくれる パン屋さんの寧楽さん以前 ブログに写っていた ふわふわ卵焼きのサンドイッチがすごく美味しそうだったのでいつか チ...

  •  16
  •  closed

ふと読みたくなった本 2冊

No image

 ようやく 「本が読みたい」 そう言う気持ちになって ずいぶん前の様に 週に1度図書館に行っています。(・・・と、言っても 3週ほどですが・・)ジャンルを問わずふと 読みたくなった本を借りてきています。一冊目はよしもとばななさんの TUGUMIこの本を10代後半ぐらいに読むと影響を受けたのではないかと思います。自分のモヤモヤした気持ちの 置いておく場所はどこなのか?そんなことを 考えたような気がし...

  •  8
  •  closed

今年の桜

     人生の扉                          作詞  竹内まりや                   作曲  竹内まりや  春がまた来るたび ひとつ年を重ね  目に映る景色も 少しずつ変わるよ  陽気に はしゃいでた 幼い日は遠く  気がつけば五十路を 越えた私がいる   信じられない速さで 時は過ぎ去ると  知ってしまったら どんな小さなことも  覚えていたいと 心が言っ...

  •  10
  •  closed

グーグル アース

グーグルアース と言う 検索サイトを知っていますか?地球上のどでも 自分の行きたいところに すぐに飛んでいけるしかも3Dで見ることができるサイトです。昨日の夜 わたしは エジプトのピラミッドとスフィンクスを見たあとナスカの地上絵を見てその後 ニューヨークへ飛んで 自由の女神を見ました。そうしたら 今朝がた 不思議な夢を見ました。まだ 一度もあったことがない友人を訪ねて ニューヨークへ・・・友人はセ...

  •  8
  •  closed

新しいメニュー

新しいメニューに挑戦する!と、思いながら  「新しいこと」を少し遠ざけていました。昨日 魚屋さんで新鮮な魚のアジを見て新しい事 してみようか・・・と 久しぶりに思いました。アジは5月から7月が旬だそうです昨日の夕食で作ったのは あじと玉ねぎの甘酢炒め (写真が いまいちの写真ですが・・・) 鯵・・・・・・・一匹 使いました (三枚下ろし) 新玉ねぎ・・・・一個半 しょうが・・・・一片 調味料 醤油...

  •  8
  •  closed

春の森

いま 森では 足元に 小さな花たちが 一斉に咲き始めていますその種類の多さに驚きます。そして その小さな山野草のひとつひとつにちゃんと 誰かが 名前をつけてくれています先日 図書館から 森の花の図鑑を3冊借りてきて背中のリュックに入れて歩いています。スナフキンのように・・・。「なんでも自分のものにして、もって帰ろうとすると、 むずかしいものなんだよ。 ぼくは、見るだけにしてるんだ。 そして、たちさ...

  •  6
  •  closed

化粧品のサンプルは・・・

最近 めったにもらうことがなくなった化粧品のサンプル昔は デパートの化粧品売り場の前を通るだけでもらえた・・・(もらった後 しっかりした強いNOと言える 意志が必要でしたが )そんな 貴重品になった 化粧品のサンプル友人がくれた物を含め 大事にとっています「大切な日」や「ここぞ!!という日」の前日につけるために・・・でも この歳になると「大切な日」や「ここぞ!!という日」がなかなかないんですここ数...

  •  14
  •  closed

母の詩

明日は 母の日主人の母わたしの母わたし自身が 2人の息子の母という訳で 母の詩母という字を書いてごらんなさい             サトウ ハチロー母という字を 書いてごらんなさいやさしいように見えてむづかしい字ですかっこうのとれない字ですやせすぎたり 太りすぎたり ゆがんだり泣きくづれたり・・・・・・・・・      笑ってしまったりお母さんには ないしょですがほんとうですおにぎり ころりん ...

  •  8
  •  closed

「あらよっ」のとき

少し前 brownbear さんに教えてもらったのはらうた を 読んでいます版画 のはらうた(1992/10)工藤 直子、保手浜 孝 他商品詳細を見る「あらよっ」のとき              こりすすみえはずかしがりの わたしですがときどき だいたんですえだからえだへとびうつるときですしっぽひろげて「あらよっ」といいますそのあとまたはずかしがりのわたしですえぞももんがの私もときどき大胆にならなければなりません木から...

  •  14
  •  closed

一個のケーキ

明日 函館に帰る長男が「母の日には 少し早いけど どーぞ」とケーキを 買ってきてくれました。「金がないから みんなの分は 無し」という訳で ケーキは一個 私の分のみ エッ !! 私だけ 食べるんかい? 前に 「一杯のかけそば」という 一杯のかけそばを わけあって食べるという 心温まる お話があったけれどわたしは 家族の熱い視線を浴びる中遠慮なく 一人で 美味しく頂きましたごちそうさん 長男 ありが...

  •  12
  •  closed

北国の春

No image

主人の実家は小さな港町にありますそこで 義母は ひとり暮らしをしています。昨日は 少し早目の 母の日に 港町に帰りました。先月 帰った時義母さんは 被災地を写すテレビの映像を見て涙を流していましただただた 涙を流して 「どうしてこんなことに・・・」と、呟いていた。いつも 強気で 涙を流さない母がテレビを見たり 新聞を読むと「涙がこぼれてしょうがないんだよ」と言う。海からの恵みを頂いて生活を営んでき...

  •  8
  •  closed

ここぞの言葉

長男は函館から帰省中です。 (よく帰ってくる・・・まあ いいか。)「寮から大学まで遠いから スーパーカブを買った」・・というので「危ないんじゃないの 心配だ・・」と言ったら「じゃあ 並走して 付いて歩け」と 主人が言います 並走って・・・・・・・・・・・「今月は2週間ほど船の上で生活」と聞いたので「二週間は長いね~ 心配だ」と 思ったけれど「じゃあ 一緒に 船に乗せてもらえ」と 主人が言いかねない...

  •  10
  •  closed

春の進みかた

いつも 歩いている 野幌森林公園の新緑も これくらい進んできました山では桜より早くキタコブシが 咲き始めますまるで 蝶が舞っているように見えます花言葉は「友愛」「友情」ふきのとうには 雄花と雌花があると 知りました雄株では花がすき間無く並びキレイな球形をして雌株は花の間にすき間があるので雄花に比べいびつ左が雌株で 右が雄株でしょうか?わが家では 銭亀たちが 行動開始こういう具合に 一日中 上腕二頭...

  •  8
  •  closed