緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年09月  1/1

野幌森林公園の秋

この秋 藻岩山にも親子の熊が目撃されたのでさすがにいつもの プチ登山を残念ながらあきらめて先日 野幌森林公園の中にある “瑞穂の池” まで行ってのほほん としてきました。以前 見かけた 凧あげのおじさんに会い森の中に入ると 秋に見かける 朱色の実名前を知らなかったので帰ってから 検索してみるとマムシグサの実・・・だそうです。蝮草(マムシグサ)・・・・花言葉は 「壮大」 花言葉がちゃんとありました!小...

  •  12
  •  closed

鳥のあたま

きのう 賢いカラスに会いました。歩道に たくさん転がっている クルミそのクルミを くわえて 電線の上にとまりそこから 落として クルミを割って中味を食べているまえに テレビで同じような光景を見たことがありますがほんとうに いるんだな~~~カラスは 賢いな~~と思いました。「三歩で忘れる 鳥頭」なんて 言うと 頭を突かれそうです。カラスは 賢いけれど鳥頭が 2人・・・・わが家に 出現一人は 「お弁当...

  •  12
  •  closed

ふる里の秋

日曜日から 一泊二日で両親と故郷へ お墓参りに行ってきました。北海道は 今年 お米が豊作と言うことで言葉どうり黄金色に輝く稲穂が ぎっしりと詰まった頭を重たそうに 下げていました。私が子供の頃の 北海道米は味が良くないと言うことで お米を作っているみんなが 頭を悩ませていたのですが最近は 味もよくなり気候の変化も少なからずあるのでしょうが農家の人たちの 努力も多いのだろうと思います。「今はもう実家...

  •  15
  •  closed

長男の夏。

大学生の夏休みは長く 明日 函館に帰る 長男です。この夏休みに 長男がしたこと北海道小樽の石狩湾新港樽川埠頭で開催のライジング・サンというオールナイトロック・フェスティバルにテントを持って 2泊3日で参加。JRの 青春18きっぷ を使って 普通電車で24時間かけて東京へひとり旅朝早く着いてしまったので以前住んでいた 神奈川の登戸へ多摩川の河川敷でうたたねをして自分が通っていた 小学校に立ち寄る寮の友達...

  •  16
  •  closed

読書の秋  Ⅱ

No image

読書の秋・・・・芸術の秋・・・食欲の秋・・・ほんとうに 秋になると 本が読みたくなって特に 芸術を好んでいるタイプでもないのですが美術館にも行きたくなってサンマ おでん モンブランのケーキ そう言うものが やたらに食べたくなりますと言うことで 図書館から借りてきた本は92歳で この世を去った ターシャの最後の一年半の日々と 言葉最期のときを見つめて (ターシャ・テューダーの言葉 最終章)(2010/11/17)...

  •  19
  •  closed

どんぐりかいぎ

毎年 この季節になると以前 住んでいた 神奈川の登戸の友人が多摩川の梨を 送ってくれます。今年も いつもの夏と同じように 梨が届いて しみじみ うれしくなりました。いつもなら おむすびとこの梨をリュックに詰めて「晴れた日に 藻岩山に登って 山頂で本を読みながらごちそうになる」 これが とっても楽しみなのですが今年は 7月に続いて つい先日も札幌中心部にある 藻岩山登山道でも 親子のヒグマの目撃情報...

  •  20
  •  closed

まないた手帖

ここのところ どこに行くにも かばんの中に入れて駅で 電車の中で 開く本がありました。この本を読むと 毎日のご飯作りのヒントがもらえ「ヨシ」と思える本まないた手帖(2011/08/12)山本 ふみこ商品詳細を見る毎日新聞の火曜日のコラム 「山本さんちの台所」を まとめた本です。読み進めているとその時の自分の生活を思い出すと同時にあ・あ・・そうだったと新鮮な気持ちにもなります。中ほどに 「思いこみ」と言う項目が...

  •  10
  •  closed

秋ですね

ナナカマドの実がここまで 赤くなってきました見とれてしまいますそして ついつい月にも 見とれます 中秋の名月には 残念ながら お月見ができなかったのですが今日は とても奇麗な 月が出ていて居待月でしょうか?立って待つには長すぎるので「座って月の出を待つ月」だそうです。写真では 見えないのですが月の近くには 木星も見えています今夜は 月に木星が接近する日だとかひとつひとつに 秋を感じます日中は 汗ば...

  •  10
  •  closed

巴旦杏(ハダンキョウ)の木

生まれ育ったのは 道北の小さな町です。家の裏の畑には巴旦杏(ハタンキョウ・・・ハダンキョウ)という プラムの様な実をつける スモモの一品種の木がありました。毎年 重たいほど実をつけてくれて私はこの ハダンキョウが大好きでした。結婚してからも 両親が送ってくれていつも この季節 思う存分食べたものです。父と母が札幌に越して来て1年と3カ月あの木は 今年も 枝もたわわに実っているだろうか・・・ついつい...

  •  4
  •  closed

セプテンバーバレンタイン

No image

9月14日今日は セプテンバー・バレンタイン3月14日のホワイトデーから半年たって今度は女性から 別れ話を切り出してもいいそんな 酷な日だそうです。でも 私が この日に 必ず思い出すのは北海道出身の佐々木幸雄さんという方が歌っているセプテンバーバレンタインもしかして 知っている人は 少ないかもしれないと思うのですが  かすれた声が このに季節に ぴったりはまって胸がキュンとなります   セプテンバ...

  •  4
  •  closed

忘れ物

実は 小田和正さんの「どーも どーも」のコンサートで札幌ドームに カーディガンを忘れました ドームに入るなり 興奮と熱気で友人と 「暑いね 」「熱いね 」を連発席について 上着を脱いだところまでは意識がしっかりしていたのですがコンサートが始まり 記憶がすっ飛んでいました ・・・・で、忘れてきたのを思い出したのが 次の日・・・・わが家から 札幌ドームまでは バスと地下鉄と徒歩で・・・約1時間車の免許...

  •  13
  •  closed

秋の七草

紫の花を あちらこちらに見かけるようになり秋だな・・・と・・・しみじみ思います 萩 (ハギ)  尾花 (ススキ ) 葛 (クズ)    撫子 (ナデシコ) 女郎花 (オミナエシ) 藤袴 (フジバカマ )  桔梗 (キキョウ)春の七草は 食べられる 七草ですが秋は 目で楽しむ 花なのですね明日は中秋の名月   (あらら・・・もう 今日です)テレビやラジオ 映画 ・・・・今のように 楽しい情報が他から入ってくる...

  •  6
  •  closed

重陽の節句

今日は9月9日 重陽(ちょうよう)の節句中国から伝わった節句で、菊の節句、栗の節句ともいわれるそうです。収穫祭の意味を持ち 昔はさかんだったこの節句が、現代に引き継がれていないのは旧暦の9月9日というと現在では10月にあたり新暦になって作物の収穫時期とかけ離れてしまったからだそうです。3月11日以来 田畑で 作物を作ることができない方もたくさんいる風評被害でたいへんな農家さんも先日の台風で もうすぐ収...

  •  10
  •  closed

親というものは・・・・

毎週木曜日に ポストに入っている 地域情報誌 まんまる新聞。散歩道という コラム が好きで 毎週たのしみにしています。今日の散歩道より 抜粋ですが・・・・・義姉が倒れて入院した時、70を過ぎた母親を連れて病院に見舞ったことがある。その見舞いの帰り、母親が看護師、病院関係者、しまいには玄関の守衛のおじさんまでもつかまえて、「よろしくお願いします」といちいち頭を下げるのだった。その姿に懐かしいものを見た...

  •  6
  •  closed

驚いたこと!!

昨日 ここに写真を載せた 見事なまでに真っ赤なきのこ冬山枯木さんが コメントをくれました!!・・・・・・・・・・・・・・・・真っ赤なキノコ・・ 蝦夷地のキノコは 見たことが無いので・・絶対!とは・・言えませんが 関東にはその手の色の キノコは?一つしか有りません タマゴダケ(食用です) 北関東の 山間地でも ソロソロ出だす頃です 自分は取りませんが ソレ専門にキノコ狩りをしている人も居ます・・理由を...

  •  14
  •  closed

今日の天気

台風12号から変わった熱帯低気圧と、もう一つの台風13号に 挟まれて北海道は 大雨になっています今朝は 雨が降っているのに東の空が 明るくなって少し 息をのむような 光景でした  きのう 雨になる前に 森へウォーキングに行ってきましたここのところ よく雨が降るのできのこが そこ ここに 顔を出していましたすんごく きれいな 真っ赤なきのこ少しも美味しそうに 見えないのはきれいなきのこほど毒がある・...

  •  8
  •  closed

旬の味

昨日 野菜の直売所に行ったらもう わたしの好きないんげん豆は姿を消しトウキビとかぼちゃが 山積みになっていました春は山菜夏はレタスと胡瓜 トマト いんげん ミョウガ・・・冬は 白菜 根菜そして 秋は 煮物が食べたくなります若い頃 果物と言えば「メロン」と 思い込みお世話になったお宅に 冬に手土産に持って行ったことがありました。 冬のメロンはどんなに頑張っても 夏のメロンにはかなわない今、思い出して...

  •  12
  •  closed

日曜日の過ごし方

ベニシアさんの番組 猫のしっぽカエルの手 、放送の曜日が変わってついつい見逃してしまうのと特別番組のためのお休みが続いてなかなか見られなかったのですが やっと 久しぶりに 見ることができました。ベニシアさんの エッセイより地球に恩返し「小なるものは美しい」と若い農家の男性がウラで畑のマルチングをしながらつぶやきました「地球にお返しをしなくちゃね」と彼は笑いました害虫よけのために植えられたハーブの上...

  •  6
  •  closed

つぶやかせてください

行ってきます。う・う・う・・・嬉しい...

  •  14
  •  closed

ドジョウだったね

野田新首相が演説に相田みつをさんの詩を引用して話題になって相田みつをさんの詩集が売れ相田みつを美術館の来場者数が増えドジョウ屋さんのお客さんが増えた・・・とニュースで言っていました。「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」この言葉です。知ったかぶりの B 型 の私は聞きかじったニュースを しっかり確認もせず家族に 得意げに話すこういうのが 大好きです 「知ってる? 野田さんがね (まるで 知...

  •  12
  •  closed

読書の秋 第一弾

No image

図書館に予約した本第一弾を 昨日 取りに行って来ました。こちらは スミレココ さんが 探していた 絵本。のにっき―野日記(1998/06)近藤 薫美子商品詳細を見る晩秋、小動物が死んだ。大地に横たえた体に、どこからともなくハエがとんできて、ツマグロヨコバイがひなたぼっこを始め、クモがけにもぐりこみ・・・・。あっ、という間の出来事でした。小動物の形が崩れていく様を不思議な感動と静かなおそれを抱きながら、観察し...

  •  6
  •  closed