緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

野幌森林公園の秋

この秋 藻岩山にも親子の熊が目撃されたので
さすがに
いつもの プチ登山を残念ながらあきらめて

先日 野幌森林公園の中にある “瑞穂の池” まで行って
のほほん としてきました。


以前 見かけた 凧あげのおじさんに会い
P1130035.jpg






森の中に入ると 秋に見かける 朱色の実
P1130037.jpg
名前を知らなかったので
帰ってから 検索してみると
マムシグサの実・・・だそうです。
蝮草(マムシグサ)・・・・花言葉は 「壮大」 花言葉がちゃんとありました!






小学生の頃 理科の教科書に載っていたような 紫の小菊がたくさん咲いていて
山口百恵ちゃんの 「野菊の墓」を 思い出しながら 歩きました
P1130040.jpg






今年はやっぱり どんぐりが少ないな・・・・と、大木を見上げ
P1130041.jpg








瑞穂の池は  少し色あせた 緑色 
P1130043.jpg







リユックから コーヒーと 美味しいパンと
本を取り出して
小一時間 読書

「赤毛のアン」を翻訳した 村岡花子さんの 恋文に
 少し ドキドキ
P1130045.jpg
夏の名残りの蚊に 一か所 血を吸わせてあげて 帰ってきました。





帰り道
凧あげのおじさんはもう帰ったようで
P1130049.jpg
近くの 高校生が 夕焼けの中を ランニング
「エッサ エッサ ホィサッサ」という 掛け声が妙に 気に入った おばさんでした 









                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村










鳥のあたま

きのう 賢いカラスに会いました。


歩道に たくさん転がっている クルミ
P1130029.jpg

そのクルミを くわえて 電線の上にとまり
そこから 落として クルミを割って
中味を食べている


まえに テレビで同じような光景を見たことがありますが
ほんとうに いるんだな~~~
カラスは 賢いな~~と思いました。

「三歩で忘れる 鳥頭」なんて 言うと 頭を突かれそうです。

カラスは 賢いけれど
鳥頭が 2人・・・・わが家に 出現


一人は 「お弁当 持った??」と聞いたにもかかわらず
忘れて行った
P1130031.jpg
・・・・・・次男 




もう一人は・・・・
マンションの掲示板に 
「鍵の落としもの 管理人室に届いています。」の貼り紙
あ!!!!!! 
P1130033.jpg

私・・・・「すみません 私です  」
管理人さん・・・・「良かったね~。奥さん 2度目だよね~~。
          鍵入れの中に 名前書いておいた方がいいよ」

・・・・・・・ハイ・・・そうします 

鳥のことも 次男も事も 言えない。
でも、管理人さん  声が大きいです 







              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

ふる里の秋

日曜日から 一泊二日で
両親と故郷へ お墓参りに行ってきました。

北海道は 今年 お米が豊作と言うことで
言葉どうり
黄金色に輝く稲穂が ぎっしりと詰まった頭を
重たそうに 下げていました。

私が子供の頃の 北海道米は
味が良くないと言うことで 
お米を作っているみんなが 頭を悩ませていたのですが

最近は 味もよくなり
気候の変化も少なからずあるのでしょうが
農家の人たちの 努力も多いのだろうと思います。


「今はもう実家がない 故郷を訪ねる」
でも へんに感傷的になりたくはない・・・・そう思いながらの旅です。


小さな町なので 会う人ごとに
「やあ 久しぶりです 札幌の暮しには 慣れましたか?」と、尋ねられている
両親を眺めながら

そう言えば 私も 帰ってくるたび 「〇〇さんちの娘さん」と言われて
その事が 煩わしく思えた時期があったことを 今では
懐かしく 有り難く思い出します。 

親戚を数軒回り
特別養護老人ホームに入所している 叔母2人を訪ね
皆 それぞれ 高齢になり これからの暮しに
たくさんの不安を 抱えながらの生活を見てきました。
そして そこには 私と同じ
娘や息子たちの思いも 見え隠れしています。



秋晴れの ふる里は
そこに 実家があろうとなかろうと
やっぱり 元気をもらえる場所でした。


また 行こうね!!


車窓より
P1130025.jpg
稲刈り 真っ最中の 田んぼです。




追伸・・・・・
「月曜日は お弁当を買ってね」と 次男に渡しておいた1000円
「豪華なコンビニ弁当を買うぞ!!とやたら テンションが上がった」と言う。
 チッツ ・・・・・・そんなもんだよな 
 そう思う 母でした。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





長男の夏。

大学生の夏休みは長く 明日 函館に帰る 長男です。

この夏休みに 長男がしたこと

北海道小樽の石狩湾新港樽川埠頭で開催の
ライジング・サンという
オールナイトロック・フェスティバルに
テントを持って 2泊3日で参加。

JRの 青春18きっぷ を使って 普通電車で24時間かけて
東京へひとり旅
朝早く着いてしまったので
以前住んでいた 神奈川の登戸へ
多摩川の河川敷でうたたねをして
自分が通っていた 小学校に立ち寄る


寮の友達の住んでいる 韓国へ
韓国のご両親、友達に
ほんとうに良くしてもらったと感謝し
コチュジャンをたくさんお土産に 買って 帰って来てくれました。


そして 今日 長男は 頭を丸刈りにし 明日 函館に。


頭を丸刈りにしたのは・・・

「オレ 円形脱毛症になったんだ」  そう言って 突然報告に来たのは
 6月のことだったでしょうか。
私は 母なので いろんな責任を感じました。
でも ダイジョウブ。 

範囲は広いものの ちゃんとはえてきているし。

彼は言います
「気にするより 坊主にして さっぱりするよ」

主人と2人で バリカンで久しぶりに 息子の床屋さんをしました。
幼いころを思い出し 「懐かしいな」と話しながら

人生 ちゃんと帳尻が合うようになっている
これから きっと 良いことがある 間違いなしだ

そんな話をしながら


私は 心の中で  「息子たちに 佳き人生を」 そう思っていました。




今日も いい夕焼けでした
P1130020.jpg









            今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                     ↓
                 にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



読書の秋  Ⅱ

読書の秋・・・・
芸術の秋・・・
食欲の秋・・・

ほんとうに 秋になると 本が読みたくなって

特に 芸術を好んでいるタイプでもないのですが
美術館にも行きたくなって

サンマ おでん モンブランのケーキ 
そう言うものが やたらに食べたくなります


と言うことで 図書館から借りてきた本は

92歳で この世を去った ターシャの最後の一年半の日々と 言葉
最期のときを見つめて (ターシャ・テューダーの言葉 最終章)最期のときを見つめて (ターシャ・テューダーの言葉 最終章)
(2010/11/17)
ターシャ・テューダー

商品詳細を見る


いつまで生きるかは、
運命で決まっているのね。
それなら賢くいきるしかないわ。

考えるのは庭の事ばかりよ。
草を取ったり、花殻を摘んだりしてやらなければ、って。
それから、キッチンへ行って十文字パンを作れたらって。
でも、不満はないわ。今は今で幸せだから。


いつも いつも 前向きでいることは 難しい
ターシャは 強い女性だなと思いながら 読みました。



そして 今読んでいるのが
アンのゆりかご 村岡花子の生涯アンのゆりかご 村岡花子の生涯
(2008/06/05)
村岡 恵理

商品詳細を見る

戦争中、「赤毛のアン」を命がけで 翻訳した
村岡花子さんの お話です。
まだ ほんの数ページしか読んでいないのですが

「これは!! いい本に出会った!!」そんな気がしています。
図書館で ふと目にとまった 一冊です

以前 「この本いいよ 」と 言ったいた方が いたような気がします 




余談ですが・・・・・・・

先日 主人に 「毎日の暮しの中で 何を信じて 生活している?」と聞かれ
「自分の直感」と答えた私。

いかにも 私らしいと言われたけれど・・・・なんで あんな質問されたんだろう??









             
              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村








どんぐりかいぎ



毎年 この季節になると
以前 住んでいた 神奈川の登戸の友人が
多摩川の梨を 送ってくれます。

今年も いつもの夏と同じように 梨が届いて 
しみじみ うれしくなりました。


いつもなら おむすびとこの梨をリュックに詰めて
「晴れた日に 藻岩山に登って 山頂で本を読みながらごちそうになる」
 これが とっても楽しみなのですが

P1130012.jpg



今年は 7月に続いて つい先日も
札幌中心部にある 藻岩山登山道でも 親子のヒグマの
目撃情報がありました。
P1120797.jpg
(こちらは 7月の張り紙)

と言うことで ・・・・さすがに・・・・今回は・・・・断念。

今年 札幌でも多くの熊の目撃情報があります。
熊の餌である ミズナラの実 、ドングリが不作だからだそうです。




どんぐりにも 豊作 不作の 年回りがある・・・
息子たちに読んだ 絵本を 思い出します

どんぐり かいぎ (かがくのとも傑作集)どんぐり かいぎ (かがくのとも傑作集)
(1995/09/01)
こうや すすむ

商品詳細を見る
 

どんぐりかいぎ  まえがき より



どんぐりが たくさん おちているところを
みたことが ありますか

きたの くにの どんぐりんの もりの なかでは、
どんぐりが たくさん なる としと、
すこししか ならない としが
1 ねんおきに あります。
たくさん なる としを 「なりどし」、
すこししか ならない としを 「ふなりどし」
といいます。


どうして 「なりどし」と「ふなりどし」が
あるのでしょうか。
この おはなしは わたしが かんがえた その
わけです。

  
                      こうや すすむ      




今年 北の山のどんぐりは 「ふなりどし」の年
動物たちは それぞれ 工夫を強いられているようです。
人も・・・・そうかもしれません。




と言うことで いつもの 森で我慢です。




きのうは  言葉にできないほど 圧倒的な オレンジの夕焼けでした。 
P1130010.jpg











                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



まないた手帖

ここのところ どこに行くにも かばんの中に入れて
駅で 電車の中で 開く本がありました。

この本を読むと 毎日のご飯作りのヒントがもらえ
「ヨシ」と思える本

まないた手帖まないた手帖
(2011/08/12)
山本 ふみこ

商品詳細を見る


毎日新聞の火曜日のコラム 「山本さんちの台所」を まとめた本です。
読み進めていると
その時の自分の生活を思い出すと同時に
あ・あ・・そうだったと新鮮な気持ちにもなります。

中ほどに 「思いこみ」と言う項目があります
わたしも よく この「思いこみ」に縛られて
空回りしてしまう。

毎日しなければ・・・・
今しなければ・・・
私がしなければ・・・

そんな思い込み

山本ふみこさんのご主人の
「それ、あなたがしないとだめなの?」この言葉に ハッとします。



本の “おわりに”に 「ごはんどころ」という 短いお話が載っています

晩ご飯を「ごはんどころ」で食べたい人は
朝の十時までにポストに「ごはん食べます」の紙を入れておくと
晩ご飯の時間 6時に ここにご飯を食べに行ってもよい
そんな場所の話です。

あ・あ・・・いいな・・・この感じ 
いつか私も こんな風に喜んでもらえる 
ごはんが作れるように 腕を磨きたい  






乾物の料理ノートが付いていて
思わず スーパーで乾物を買う日々です。 
P1120996.jpg
 







今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


  

秋ですね

ナナカマドの実が
ここまで 赤くなってきました
見とれてしまいます
P1120987.jpg


そして ついつい月にも 見とれます 


中秋の名月には 残念ながら お月見ができなかったのですが

今日は とても奇麗な 月が出ていて



居待月でしょうか?
立って待つには長すぎるので「座って月の出を待つ月」だそうです。

P1120993.jpg

写真では 見えないのですが
月の近くには 木星も見えています


今夜は 月に木星が接近する日だとか


ひとつひとつに 秋を感じます


日中は 汗ばむほどに 気温が上がったのですが
日曜日には グッと気温が下がって
大雪の山には 初雪が降るかもしれないと・・・・天気予報で言っていました。



やっぱり 少し 寂しいです。
・・・・と、少し 弱気になってしまったら
この絵本 

リスとお月さまリスとお月さま
(2007/03)
ゼバスティアン メッシェンモーザー

商品詳細を見る


空からお月さまが降ってきた
慌てふためく リスの話です
想像力豊かなリスの姿が 笑えます。



ゆっくり ゆっくり 秋になってください。








                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村







巴旦杏(ハダンキョウ)の木

生まれ育ったのは 道北の小さな町です。

家の裏の畑には
巴旦杏(ハタンキョウ・・・ハダンキョウ)
という プラムの様な実をつける スモモの一品種の木がありました。

毎年 重たいほど実をつけてくれて
私はこの ハダンキョウが大好きでした。

結婚してからも 両親が送ってくれて
いつも この季節 思う存分食べたものです。


父と母が札幌に越して来て1年と3カ月
あの木は 今年も 枝もたわわに実っているだろうか・・・
ついつい そんなことを 思い浮かべていたら


先日 クラス会に参加した母が
故郷の家の様子を聞いてきました。

家には住んでくれている人がいること
庭の芝生は すっかり枯れてしまったこと
裏の畑の ハダンキョウの木も・・・・残念ながら 枯れてしまったこと


でも それは それで いいのです
私たち家族が住んでいたあの時間
たしかに 芝生も ハダンキョウの木も 花たちも 野菜たちも
青々として 元気に 育っていた
それだけは 間違いなかったことなので それでいいのです



思い出す 家はいつもこんな感じ
P1100443.jpg



P1100444.jpg



今月 末に 両親とお墓参りに行ってこようと思っています
その時は・・・・・「家を見に行かないでおこうか」
そだね ・・・









                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

セプテンバーバレンタイン

9月14日
今日は セプテンバー・バレンタイン

3月14日のホワイトデーから半年たって
今度は女性から 別れ話を切り出してもいい
そんな 酷な日だそうです。


でも 私が この日に 必ず思い出すのは
北海道出身の佐々木幸雄さんという方が歌っている
セプテンバーバレンタイン

もしかして 知っている人は 少ないかもしれないと思うのですが  
かすれた声が このに季節に ぴったりはまって
胸がキュンとなります




   セプテンバーバレンタイン

                作詞 斎藤敦子
                作曲 安部恭弘
                唄 佐々木幸男




ひとり歩きに 何もいらない
夢だけ食べても 生きていけると
精一杯の強がり言って
そんなに悲しい瞳を 誰に向けるつもり

愛しているから さよなら言うの
見つめることだけが 愛じゃないわと
笑っていないよ 君の瞳が
そんなに悲しい言葉を どこに捨てるつもり

セプテンバーバレンタイン
嫌いさ こんなさよならは
Unhappy Valentine
もう後ろは 振り返らないよ

セプテンバーバレンタイン
嫌いさ こんなさよならは
Unhappy Valentine
もう後ろは 振り返らないよ

愛しているから さよなら言うの
見つめることだけが 愛じゃないわと
笑っていないよ 君の瞳が
そんなに悲い言葉を どこに捨てるつもり



ONE ON ONE(紙ジャケット仕様)ONE ON ONE(紙ジャケット仕様)
(2008/09/24)
佐々木幸男

商品詳細を見る




さっき  から流れてきて
DJさんが 
「この季節 この曲を聞いて 無くしてしまった恋を
思い出してみるのも良いかもしれませんね」と言っていました。


化石化した 恋を発掘調査・・・というほど 時が過ぎてしまいました。









                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


忘れ物



実は 小田和正さんの「どーも どーも」のコンサートで
札幌ドームに カーディガンを忘れました 


ドームに入るなり 興奮と熱気で
友人と 「暑いね 」「熱いね 」を連発
席について 上着を脱いだところまでは
意識がしっかりしていたのですが
コンサートが始まり 記憶がすっ飛んでいました 
・・・・で、忘れてきたのを思い出したのが 次の日・・・・


わが家から 札幌ドームまでは バスと地下鉄と徒歩で・・・約1時間
車の免許を取得していないもんで・・・
頼みの綱は・・・・・ちょっと 辛口の主人
なかなか言い出せず・・・・7日間が過ぎ・・・・日曜日が来て

「あの・・・・・実は・・・・カクカクシカジカで 
札幌ドームへ 連れて行って もらえますでしょうか????


そこで 救世主登場
横で 聞いていた息子
主人が 辛口コメントを言うまえに

「黙って 連れてってやればいいじゃん」

お・お・お・・・・!!!
なんと言うことでしょう!!!


感動です 






ということで お小言なしで
戻ってきた カーディガン
P1120984.jpg
どーってことない話で すみません  





                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


秋の七草



紫の花を あちらこちらに見かけるようになり
秋だな・・・と・・・しみじみ思います

萩 (ハギ)  尾花 (ススキ ) 葛 (クズ)    撫子 (ナデシコ)
 女郎花 (オミナエシ) 藤袴 (フジバカマ )  桔梗 (キキョウ)





春の七草は 食べられる 七草ですが
秋は 目で楽しむ 花なのですね

明日は中秋の名月   (あらら・・・もう 今日です

テレビやラジオ 映画 ・・・・
今のように 楽しい情報が他から入ってくるとが なかった時代に
季節の中から 生活の楽しみを見つけようと工夫したことが
七草であったり
お月見であったりするのかもしれない

今は ゆっくり お月さまを眺める時間がなかったり
街の灯りが 明る過ぎて
昔ほど 月明かりがきれいに見えなかったり

他の刺激のある事に気を取られて
満月を見逃してしまうのも
これまた 少し 寂しいことかもしれない

そう思う 年頃になってきました



ウォーキング中に見かけた 
エゾヤマハギを眺めながら そんなことを思いました。

P1120976.jpg
花言葉・・・・・ 思案  物思い








             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                     ↓
                  にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村









重陽の節句


今日は9月9日 重陽(ちょうよう)の節句


中国から伝わった節句で、菊の節句、栗の節句ともいわれるそうです。
収穫祭の意味を持ち 昔はさかんだったこの節句が、
現代に引き継がれていないのは
旧暦の9月9日というと現在では10月にあたり
新暦になって作物の収穫時期とかけ離れてしまったからだそうです。

3月11日以来 田畑で 作物を作ることができない方もたくさんいる
風評被害でたいへんな農家さんも


先日の台風で もうすぐ収穫だったはずの玉ねぎ畑が
水浸しになっている映像を見ました

それでも 八百屋さんには 今年採れた ジャガイモが並び始めました
もうすぐ 新米も出始めますね   


今年は いつもより いっそう
秋の収穫が 有り難いと思います






こちらは 重陽の節句の飾り
P1120964.jpg
作    実家の母



この毬に乗っている 子供たち
P1120959.jpg



この子も
P1120961.jpg




この子も
P1120963.jpg





このねこも みんな 笑っています。
P1120960.jpg






みんなが 心から笑える 収穫の秋
そんな日が 来るように  来ますように  そう思います。 




追伸・・・・・・中国ではこの日、茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を袋に入れて丘や山に登ったり
        したそうです。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



     

親というものは・・・・

毎週木曜日に ポストに入っている 地域情報誌 まんまる新聞
散歩道という コラム が好きで 毎週たのしみにしています。

今日の散歩道より 抜粋ですが

・・・・・



義姉が倒れて入院した時、70を過ぎた母親を連れて病院に見舞ったことがある。
その見舞いの帰り、母親が看護師、病院関係者、しまいには玄関の守衛の
おじさんまでもつかまえて、「よろしくお願いします」と
いちいち頭を下げるのだった。
その姿に懐かしいものを見た気がして、有り難いものだな・・・と、
ほのぼのとした気持で受け止めることができたのも、
もはや50を過ぎようとしていた散歩人の年齢のなせる技だったのかもしれない



・・・・・




今朝 目が覚める直前まで たくさんの夢を見ていて
目が覚めても その続きを見ているようで ぼーーっとしていました。

長男の生活する寮に行き
物陰から 様子を見ているわたし。

 そうか こんな風に 生活しているんだ。
 笑ってる けっこう楽しそうだ
 そうか・・・・こんな先輩や 同級生がいるんだな

その後 バイト先に行って これまた 物陰から様子を見ている

 頑張っているんだな・・・・
 大変そうだな・・・・

その後 居酒屋で飲んでいる様子まで見に行っている 夢の中のわたし
具合が悪くなった 息子を案じている

 そんなところで 目が覚めた


そう言えば 長男が函館で生活するようになって もうすぐ1年になるんだな・・と思いだす
昨年の今頃は 新しい生活の 準備をしていた


朝起きて ボ―――としながら
こんな夢を見るなんて  私もすっかり 親になったんだな
そう思うと なんだか  泣きそうになった。


不器用なところばかり 似てしまった 息子たちよ ごめんね。






今日 仕事帰りに見かけた
巨大 ケリーバック
P1120952.jpg
私は やっぱり ムーミンママのバックの方が 好きだな~







                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



驚いたこと!!

昨日 ここに写真を載せた 見事なまでに真っ赤なきのこ


冬山枯木さんが コメントをくれました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

真っ赤なキノコ・・ 蝦夷地のキノコは 見たことが無いので・・絶対!とは・・言えませんが
関東にはその手の色の キノコは?一つしか有りません タマゴダケ(食用です)

北関東の 山間地でも ソロソロ出だす頃です 自分は取りませんが
ソレ専門にキノコ狩りをしている人も居ます・・理由を聞いたら・・絶対間違えないから!
だ・・そうです・・(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・


驚きました!!
あの どう見ても 「食べてはいけないよ」光線を発している 赤いきのこが 食べられる!!
早速 検索してみました。

タマゴダケ・・・・・タマゴタケ はハラタケ目テングタケ科テングタケ属テングタケ亜属タマゴタケ節のキノコ。

夏から秋、針葉樹・広葉樹林の地上に発生する中から大型のキノコ。菌根菌。傘は赤〜橙赤色で周辺部に条線がある。ひだは黄色。柄は中空で、黄色と橙色のダンダラ模様をあらわし、上部に橙色のつば、基部に白色のつぼがある。
テングタケ科のキノコは大半が毒キノコであるが、タマゴタケは食用になり、味が良い。
類似種にセイヨウタマゴタケ、黄色のキタマゴタケ、茶色のチャタマゴタケがある。


味が良い!!味が良い!!
そこに 載っていた写真は私が見たものと そっくりでした!
白い卵の様なものから 殻を破ったように真っ赤なきのこが顔を出す。
だから タマゴダケだそうです。

そして この 赤いきのこが
P1120945.jpg
      ↓
      ↓
      ↓
このきのこになる!!
P1120943.jpg
別の種類だと思っていたのは 成長過程だったんですね
たくさん生えてたよ~~。


でも でもです どうしても食べる気になりません 
冬山枯木さん 同感です

赤いきのこを 一口かじり ケケケケ・・・・と笑いが止まらなくなった
自分の姿を 想像してしまいます 

私のような人は たくさんいるようで このタマゴダケの
不幸なところは あまりにもきれいな色なので
毒があると思われて 一般の人には踏みつけられてしまう所だそうです

まだまだ 知らないことが たくさんある
驚きました 冬山枯木さん 感謝です。
これから 森へ行くたび タマゴダケを探し回りそうです 




余談ですが・・・・・もう一つ 驚き。
タマゴダケで検索したら 一番最初に 「卵だけでご飯を食べる」レシピが出てきました    







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                     ↓
                  にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



今日の天気



台風12号から変わった熱帯低気圧と、もう一つの台風13号に 挟まれて
北海道は 大雨になっています


今朝は 雨が降っているのに
東の空が 明るくなって
少し 息をのむような 光景でした  

P1120948.jpg





きのう 雨になる前に 森へウォーキングに行ってきました
ここのところ よく雨が降るので
きのこが そこ ここに 顔を出していました

P1120943.jpg




すんごく きれいな 真っ赤なきのこ
少しも美味しそうに 見えないのは
きれいなきのこほど毒がある・・・と知っているからか 無意識にそう思うのか?

口に入れるには 不自然な色だと 思うからなんだろうか?

なんて・・・どうでもいいことを 思いながら 歩きました。

P1120945.jpg



台風が来る前の 森は 静かでした。

P1120942.jpg






今日から 次男の高校は4日間の定期テストです。

昨日 学校からずぶ濡れになって帰ってくるなり
「明日の朝の雨の降り方で 臨時休校になるかもしれない。ヤッタ~~
 朝6時に先生が判断して 連絡網が回ってくるって!!!」・・・と言っていた

今朝 連絡網は 回ってこず・・・・「学校 あるのか・・・」と ブツブツブツブツブツブツブツブツ・・・・

私・・・「いいかげん あきらめて とっとと 学校行かんかい!!」 









                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
 

旬の味

昨日 野菜の直売所に行ったら
もう わたしの好きないんげん豆は姿を消し

トウキビとかぼちゃが 山積みになっていました

春は山菜
夏はレタスと胡瓜 トマト いんげん ミョウガ・・・
冬は 白菜 根菜

そして 秋は 煮物が食べたくなります

若い頃 果物と言えば「メロン」と 思い込み
お世話になったお宅に 冬に手土産に持って行ったことがありました。 
冬のメロンはどんなに頑張っても 夏のメロンにはかなわない
今、思い出しても 恥ずかしくなります


季節の旬の味は 値段では決められないですね

 
小ぶりの 扱いやすいかぼちゃ・・・・「坊っちゃんかぼちゃ」が100円で
売っていたので 買ってきました
ホクホクで 甘い 秋の味です

P1120947.jpg




夏に作った お弁当達を並べると
主人は 新しい仕事先での お弁当
夏休み 次男は図書館に通うためのお弁当




「暑い」「暑い」と過ごし 保冷剤が活躍した 日々。
まだ つい最近のことなのに
もうすでに 懐かしく思い出していることが 不思議。


さあ 秋も頑張ります。

P1120821.jpg    P1120828.jpg   P1120830.jpg   P1120858.jpg   P1120860.jpg   P1120863.jpg   P1120871.jpg   P1120885.jpg   P1120893.jpg   P1120914.jpg   P1120917.jpg   P1120918.jpg   P1120927.jpg   P1120939.jpg










                    今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                             ↓
                          にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


            

日曜日の過ごし方




ベニシアさんの番組 猫のしっぽカエルの手 、放送の曜日が変わってついつい見逃してしまうのと
特別番組のためのお休みが続いて
なかなか見られなかったのですが 
やっと 久しぶりに 見ることができました。


ベニシアさんの エッセイより


地球に恩返し


「小なるものは美しい」と若い農家の男性が

ウラで畑のマルチングをしながらつぶやきました

「地球にお返しをしなくちゃね」と彼は笑いました

害虫よけのために植えられたハーブの上を

チョウやミツバチが飛んでいます

地球を汚したり傷めたりするものは使わない

彼の姿を見て私はうれしくなりました

「ちょっと意識するだけで省エネができる 自分たちの行為ひとつひとつが

持続可能性の実現につながるんだ」と彼は言います

小さくゆるやかな解決方法を使って自然が正常なバランスを

取り戻すよう私たちもお手伝いできるのです




私の土とのかかわりは
ベランダのほんの数鉢の 寄せ植え・・・。
それでも 98円で買った コリウスは 3か月で こんなに立派になって
自慢の娘に成長しました。

あと1ヶ月は 楽しめそうです 

台風の影響で 北海道もここ数日 激しい雨が降り続いていましたが
いま ようやく 雲の切れ間から日が差し込み
風もそよそよと吹き始め 湿度が少し解消されてきました

さっき 直売所で買ってきた かぼちゃをこれから煮ようと思います

函館の長男からは
「和風カレーの作り方を教えてくれと」と電話が入りました。

久しぶりに こんな風に ゆるゆるとした 日曜日を過ごしています





P1120933.jpg
 






               
                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



ドジョウだったね

野田新首相が演説に


相田みつをさんの詩を引用して話題になって
相田みつをさんの詩集が売れ
相田みつを美術館の来場者数が増え
ドジョウ屋さんのお客さんが増えた・・・
とニュースで言っていました。


「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」

この言葉です。



知ったかぶりの B 型 の私は
聞きかじったニュースを しっかり確認もせず
家族に 得意げに話す
こういうのが 大好きです 

「知ってる? 野田さんがね (まるで 知り合いのように)相田みつをさんの詩を
使って 演説したら その詩集が すごい人気なんだって!!

“めだかが うなぎのまねをする ひつようはないんだよ”・・・って 
こんな感じの 詩。」


たまたま その時 ニュースでその話題に触れていて

次男・・・・・「一つも あってない」・・・・と呟く。
主人・・・・・「いつものことだ。」・・・と呟く。


失礼しました・・・・・・





今は比較的 野田首相を持ちあげているメディアだけれど
今度は いままでのように 面白おかしく 批判を始めるのはやめてほしいな

今もなお 派閥に縛られて 新しい内閣に すでに批判し始めている政治家は(与党も野党も)
日本をどうしょうと思っているのだろう

今度こそ 力を合わせてほしい
ドジョウ主婦 は そう思いました 
野田新首相も 私と同じ おうし座のB型・・・・。






キツリフネ
花言葉 ・・・・私にさわらないで   
P1120926.jpg
この花の種は ホウセンカの果実のように 指でそっと触るだけで
弾けて種を遠くに飛ばします

だから・・・・「私にさわらないで!!」なんですね







               

              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




 

読書の秋 第一弾


図書館に予約した本
第一弾を 昨日 取りに行って来ました。




こちらは スミレココ さんが 探していた 絵本。

のにっき―野日記のにっき―野日記
(1998/06)
近藤 薫美子

商品詳細を見る


晩秋、小動物が死んだ。
大地に横たえた体に、どこからともなくハエがとんできて、ツマグロヨコバイが
ひなたぼっこを始め、クモがけにもぐりこみ・・・・。
あっ、という間の出来事でした。小動物の形が崩れていく様を不思議な感動と
静かなおそれを抱きながら、観察し続けた日々でした。
やがて花に埋め尽くされ、跡形もなくなった時、小動物の死は、私の中で思い出に変わったのでした。


・・・・・絵本の裏表紙より・・・・・・・


いたちの親子を通して 森の生態系を教えてくれる 絵本。
難しいテーマですが たくさんの昆虫 小動物 植物が描かれていて
きっと この本を見た 子供たちは 「恐ろしい」と 感じずに
いろんな事を 知ることができると思います。


この絵本と共に こちらの絵本も読んでほしいと思いました。

くまとやまねこくまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


こちらは 大切な存在をなくした時の 
自分の気持と どう向き合うのか・・・そんなことを 教えてくれる本です。





もう一冊は 先日 tomoさん が教えてくれた本です。

おなかがすいたらごはんたべるんだ―韓国の賢者による「短いお話、長い考え」おなかがすいたらごはんたべるんだ―韓国の賢者による「短いお話、長い考え」
(2004/09)
イ ギュギョン

商品詳細を見る



本の帯に 韓国流 日々の哲学。 「あたりまえのこと」がわかるまでに、人はけっこう
まわり道をするんだね。と書かれていました。

いつも かばんに 忍ばせておきたい本です。

短いお話が たくさん載っていて
「そうか・・・」とか 「そうだね・・・」と 思いながら 一気に読みました。

「ハンカチのような人」この文が好きでした。


次に 届く本は、何かな??
楽しみです。







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村