緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

クリスマスに なに歌う?

電車に乗っていたら

3人組の男子大学生が乗って来た
「あ~~クリスマスか~~。
そろそろ カラオケでクリスマスの曲
練習しなくちゃな~ 

「なに歌う?」
「稲垣潤一の “クリスマスキャロルの頃には”」・・・・・・・・・え!! 若者なのに  古っ!! (わたし)

「ミーシャの “Everything” あとは・・・・なにある? 
 きよしこの夜  とか?」と言って きよしこの夜を 歌い出した 大学生。



わたは 耳をダンボ  にして この話を聞いていました。
そして 心の中で 突っ込みを入れる

え~~~まだまだ あるやろ (なぜか 関西弁)

稲垣潤一が出て なぜに 山下達郎の「クリスマス・イブ」が出ない!
クリスマス・イブクリスマス・イブ
(2003/11/12)
山下達郎

商品詳細を見る

ミーシャが出るなら ユーミンの「恋人がサンタクロ―ス」もう歌うだろ?
SURF&SNOWSURF&SNOW
(1999/02/24)
松任谷由実

商品詳細を見る


桑田さんの 「白い恋人達」だって よく聞くし・・・
白い恋人達白い恋人達
(2001/10/24)
桑田佳祐、古賀紅太(桑田佳祐)&His Friends 他

商品詳細を見る




B'zはあまり知らないけれど 「いつかのメリークリスマス」は よくラジオで流れてる・・・
FRIENDSFRIENDS
(1992/12/09)
B’z

商品詳細を見る

大学生なら英語で ジョン・レノンやら
Happy XmasHappy Xmas
(2003/11/17)
John Lennon

商品詳細を見る


ワム やら 歌えるやろ!! 
ラスト・クリスマスラスト・クリスマス
(2004/11/17)
ワム!

商品詳細を見る
 




・・・・と、きよしこの夜 しか歌えない おばさんは 思いました。
大学生、楽しいクリスマス お過ごしください !!


最近好きな クリスマスの曲は
クリス・レアのドライヴィング・ホーム・フォー・ クリスマス

ヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レアヴェリー・ベスト・オブ・クリス・レア
(2001/11/28)
クリス・レア

商品詳細を見る


クリスマスの日に 車で家路に向かう
「早く家に 帰ろう」そう歌った 歌だそうです。
検索して 聞いてみてください。
優しいメロディ―の曲です。


P1130379.jpg
札幌は雪です。







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村







     



              

冬の晴天


先日 雪が降った時

「こちらでは きっぱりと 冬がきます」と 豪語したんですが・・・

実は 暖かい日が続いて
いま 札幌には ひとかけらの雪もありません

昨日は 日差しもあって 日中 自転車にも乗れてしまいました。


ふと窓の外に 目をやると
空を 悠々と散歩している人がいました

P1130387.jpg
モーターグライダーのようです。
陽ざしがあっても 11月下旬の 空の上は
寒くないのかな

でも きっと 想像できないほど 気持がいいのだろうな
ふわふわ飛んでいる モーターグライダーを 眺めていたら
私も 散歩に行きたくなりました

空は飛べないけれど
いつもの森へ

P1130392.jpg
サイモン&ガーファンクルの 「冬の散歩道」が似合いそうです

 



見あげると
P1130390.jpg
こちらも 気持よさそうな 飛行機雲



一人悠々と空を飛ぶモーターグライダーの人
飛行機雲
眺めていると ほぼ日刊イトイ新聞 の 糸井重里さんの 今日の言葉を思い出しました。


 「Only is not Lonely」

「Only」な「ひとり」は、「Lonely」でない
 

いろんな事を ふわふわと 考えた 昨日でした。










             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                  にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

12月の事を ちょっと考えて・・・。

今日は 午前中 ラジオをかけながら ゆっくり 掃除をしました。

今週はもう とうとう12月になりますね

年末の大掃除は 換気扇と 照明器具の掃除 カーテンを洗うぐらいにしょうと
そう思っています

なので いつもの掃除の時に
ハンドタイプのモップで ドア枠や内装ドアを拭いたり

玄関のたたきは できるだけ 水ぶきしたり

ゴミ箱が 汚れないうちに 洗ったりと
ほんの少しだけ 工夫をしています


いつもより 少し丁寧に 掃除をしたので
ついでに 玄関の飾りも 少しだけ 変えよう 

玄関には 干支の飾りを 付けています


P1130396.jpgP1130397.jpg   
P1130398.jpg 卯 P1130399.jpg


ここに 以前 母に作ってもらった 来年の干支の辰を加えて・・・
と、思ったら どこを探しても 見当たりません あれ? 可笑しいな・・・・
まだ クリスマスも来てないのに 早いということだろうか?


と言うわけで 辰は とうとう 出てきてくれません
もう少し このままで 

P1130404.jpg
作   実家の母

でも・・・・どこへ行ったんだろう。




子供の頃 12支は その年の干支から数え始めるものだと思っていました。
だから 今年だったら 卯から 「卯・辰・巳・午・未・・・・」
毎年変わって めちゃ めちゃ むずかしいな・・・そう 思っていました


なんだかな・・・・の 子供でした。










                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                             ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


     


暮し手帖より


新しい 「暮しの手帖」を買ってきました。

今月の 暮しのヒント集 に 載っていた言葉

今あると嬉しいものは何ですか?
そんなものを紙に書いてみましょう。
そして、なぜあると嬉しいのかを考えてみましょう。
暮らしと向き合う方法のひとつです。



今あると嬉しいもの・・・・なんだろうか?

ティファール(T-fal)の圧力なべ・・・・・・いま使っている圧力なべは2980円で買った まがいもん  
                        時折  ティファール(T-fal)の圧力なべだったら
                        どんなに便利だろうか・・と思うんです


冬の靴・・・・・靴底がちょっと 減ってきました。                     


う~~~~ん  でも 本当は もっと違うもののような気がする。
「ような気がする」ではなくて ちゃんと分かっている。
今あると嬉しいものは 目では見えないもの

「安心」だったり 「自信」だったり  「余裕」だったり
そうなると とっても むずかしい事になるので



やっぱり 

今 あったら嬉しいものは 
ティファール(T-fal)の圧力なべと 冬の靴。


「今あると嬉しいもの」は 何ですか?



暮しの手帖 2011年 12月号 [雑誌]暮しの手帖 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/11/25)
不明

商品詳細を見る






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓               
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


トンチンカン

今週は 自分でも どうして??と言うほど トンチンカンな一週間でした。


あちらでも こちらでも 忘れ物をしてくる。
まるで 自分の足跡を残すように 物を置いて来てしまい・・・
「忘れ物 確認してね」と言われるほど。
1週間に3個の忘れもの。


仕事帰りの電車で 居眠りをして  降りる駅を乗り越してしまい
折り返しの電車で また居眠りをして 乗り越して・・・
永遠に 家に 帰れないかもしれない・・・と、焦りました 


スーパーで 会計を済ませ さっさと立ち去ると
大声で 「お客さ~~ん お釣り忘れてますよ~~」と 呼び止められた。




若い頃なら なんてついていないんだろうと、思うところですが
「まあ こんな週も あるもんだ」そう思っている 自分ののんびりさ加減が
嫌いじゃないのです。


そう安心できるもの

ここのところ ずっと続いていた 頑固な頭痛
知らないうちに 鼻血も出て・・・家族にすすめられて 今日 脳神経外科に行ってきました。
MRIとCT で 自分の脳と血管を見せてもらって

「異常全然ありませんよ。 キレイな脳です。」と言われたこともあります。


トンチンカンナことをすると 脳を心配される 歳になったんだなあ・・・・




待っている間 読んでいた本は
前に 読んで確かに 「面白かった」と思ったのに
内容が全然思い出せなかった
キッチン (角川文庫)キッチン (角川文庫)
(1998/06)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


夢のキッチン。
私はいくつもいくつもそれをもつだろう。
心の中で、あるいは実際に。
あるいは旅先で。
ひとりで、大ぜいで、ふたりきりで、私の生きるすべての場所で、
きっとたくさんもつだろう。








                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

クリスマスの本

クリスマスの絵本を 一冊読みました。


クリスマスの思い出クリスマスの思い出
(1990/11/25)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る



登場人物は
7歳の少年と
いえでは みんなにやっかい者扱いされている
こどものような60歳の 少年のいとこ(?)
少年と彼女は無二の親友です
そして犬のクイ―ニ―

少し哀しい 
でも クリスマスまでの時間を
ゆっくり過ごす 2人と一匹が 少し羨ましい お話です。

山本容子さんの 銅版画の挿絵が
美術館で 絵を眺めている気がする 一冊でした。


書き出しはこんな感じです


十一月も終わりに近い朝を思い浮かべてほしい。
今から二十年以上昔の、冬の到来を告げる朝のことだ。
台所のことを考えてみてほしい。黒々とした大きな料理用ストーブが
まず目につく。大きな丸いテーブルと、暖炉の姿も見える。
暖炉の前には、揺り椅子がふたつ並んでいる。暖炉はまさに今日から、
この季節お馴染みの轟音を勢いよく轟かせ始めたばかりだ。





11月のある朝になると
「ねえ、ごらんよ、フルーツケーキの季節が来たよ!」と彼女が叫んで
2人は 何個も ケーキを焼き いろんな人に送る。
それが終わると もみの木を探しに森へ行き
何日もかけて 飾りを作る。

お金を持ちあわせていない 2人が お互いのクリスマスプレゼントを
用意する。

心待ちにしている日までの時間の過ごし方
大切な人への プレゼントの贈り方 
プレゼントの受け取り方
この2人から 切なく教えてもらいました



図書館から借りてきた この本の 最後のページには
懐かしい 貸し出しカードが はさまっていました
P1130383.jpg
借りた人の 足跡です。







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

家電の進化

昭和30年代生まれです。

ちょうどその頃 家電製品も どんどん 誕生し
同じように成長してきた感じです。

子供の頃  初めてわが家に やって来た 家電製品がたくさんあります

カラーテレビ 、 今より ずっと 色も悪かったのに
憧れのアイドル歌手の着ている衣装を
をホレボレ 眺めました。

冷蔵庫が来た時 
「今度から アイスを買ってきても あわてて食べなくてもいいんだ。
 それに 小さな冷凍室に もしかしたら 雪印のカップアイスが
 入っていることもあるかも知れない   」そう思うと 踊り出したくなりました。

テープレコーダーは
自分の 録音された声を 初めて聞いた時のショック
「こんなはずない・・・こんな変な声じゃない・・・・キャ~~~止めて」と思いました。
ガッカリです。

それから ビデオに 電子レンジ・・・パソコン どんどん便利になっていって


今では テレビで録画もできて
カメラで動画も録れて
冷蔵庫は 掃除の時期を 声で教えてくれます


なぜこんなことを 思ったかと言うと・・・・
一眼レフのデジカメで撮ってもらった 高画質の動画を
昨日 見たのデス ・・・ジブンノスガタ 

 愕然となる・・・
高画質だから 顔も現実のまま
顔だけでなく こんなにも姿勢が悪いのか・・・
自分の姿が動くたびに ショックを受けました。

あ・あ・・・
カメラは カメラのままで
動画機能はいらない・・・

冷蔵庫も しつこく 「掃除の時期です」と 言わなくていい

お願い もっと シンプルな 家電製品でいてください。



高画質だと サメ肌も
毛穴も見えそうです 
P1130300.jpg







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

結婚記念日でした。

今日は 24回目の結婚記念日でした。


11月22日は 「いい夫婦の日」と言うそうなので
11月20日は 「いいふー」ぐらいなんですね
ウンウン ウチらしいな・・・と、変に納得です。

いつもと違うコースを
いつもより少し長めに  夫婦で ウォーキングをしました。



近くにある 酪農大学まで 歩きました
P1130365.jpg




この大学は 自然に囲まれ 本当に いい環境の中にあるな~と いつも思います
P1130376.jpg




 
牛に 「餌をくれる人」に間違われ
P1130372.jpg
 





ここで 学生生活を送っている 学生さんの気分を ほんの少し 分けてもらいました。
P1130375.jpg
 




明日から また 雪マークが 並ぶ 札幌です。
P1130373.jpg

一時間半 とりとめのない話を しながら歩き


不二家で ショートケーキを 家族分かって


夕食は コロッケを作りました。


先のことを 考えると それはそれは 不安もたくさんあるのですが
そんなことを考えても しょうがない
いま こうして 生活していられることに まず 感謝した 結婚記念日でした。



P1130364.jpg

夫・・・・「一時間半歩くと マタズレしないか?」
妻・・・・「わたしは しない」








               

                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



   


 

海に落ちた涙


今朝の 朝刊の コラムにこんなことが載っていました。


水の都ベニスを一人で旅した女性が、イタリア人男性と許されぬ恋におちた。

傷心を抱いて日本に戻った彼女の元に、ある日、彼から手紙が届く。
「あなたを思って夕日に染まった海を見ていたら、 一粒の涙が海に落ちた。
 この海はあなたの国につながっている。
 この涙が、わたしの思いを伝える使者になることを 祈りします」

ベニスはイタリア半島東側のアドリア海に面している。
さすが恋の手管を知るカサノバの母国と感心してしまうが、
さて、ここで問題。
アドリア海に落ちた涙は、どのくらいの時間をかけて東京湾に達するでしょ?



気象学者 木村龍治さんという方が書いた「自然をつかむ7話」という本にある
設問だそうです。

一粒の涙を直径 0.1センチの球と仮定した場合、
含まれる水分の数は 1.4×10の20乗個。
蒸発せず海流で運ばれる水分子の予想される速度と
経緯から、到達までの所要時間を推測する・・・・・。


ここまで 新聞を声を出して読んでいたら
次男 曰く・・・・・「あ・・・・それは 涙が東京湾に着く前に 次の恋が始まってるな」


私は・・・・・「あ・・・・その涙は 蒸発したな」

日本海と太平洋に面している 日本人の考えでした。





こんな景色を見て 一粒の涙の旅が 始まったのかな?
P1130338.jpg






新聞のコラムは こう締めくくられています。



気象庁気象研究所の推測によると福島第一原発事故で大気中に放出された放射能物質は、
約10日で地球を一周したそうだ。
放射性セシウムの8割は海に落ちたらしい。
この星を「核の涙」で汚すのは、もう最後にしたい。



胸を焦がす 恋物語でも
笑い話でもない 現実の話なのです。







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




    

雪が積もりました。


今朝 カーテンを開けると
雪景色に一変していました。

夜遅くから 降り始めて
札幌は 今、積雪10センチだそうです。

毎年 冬の始まりは
朝カーテンを開けた時 景色が変わっていて
「今日から冬」と宣言されるような気がします。


春も 夏も 秋も
少しずつ 季節が変わって行くのですが

冬は きっぱり 来ます。
徐々に冬になるよりも
こちらも 「そうか」と納得します。

まだ 根雪にはならないのでしょうが
これから 半年 ヨロシク 雪。


P1130357.jpg




暖かく お過ごしください。
P1130358.jpg
見えにくいのですが
新雪の上、猫の足跡がついていました。
外で過ごす 猫達も たくさんいます。








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

主人の嫌いな 料理


主人は 嫌いな物が 結構あって


一つは
鶏肉・・・・・むかし 食べた時 お肉に毛が一本付いていたため

ジンギスカン・・・・北海道民なのに

その他もろもろ・・・

でも 他のみんなは 好きだったりするので
そう言ったものは
主人の出張中か 
夕食のいらない時に食べることにしています


・・・・と、言うことで
今日は 「生たらこの こんにゃく炒め」

主人の実家は「たらこ」を作っていたので
「生のたらこを なぜ炒める! 邪道だ」・・・・・そうです。


でも、わたしは 炒めます  
P1130350.jpg

寒くなると 魚のコーナーに 生のたらこが並びます
それを使って 簡単炒めのもです

材料
生たらこ・・・・150gくらい
つきこんにゃく・・・一袋
出汁・・・・・・50から100CC
酒・・・・・・・大さじ1
みりん・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・大さじ2.5


つきこんにゃくをさっと湯がき
少量の油で炒めます

適当に切った生たらこを加えさらに炒めます

酒・砂糖・みりん・醤油を加えて馴染んできたら
出汁を入れて 水分がなくなるまで 焦げ付かないように 煮詰めます

お好みで 砂糖、醤油で 味を調える。
 炒めていると たらこの皮が はがれるので
取り除きます

冷めると 味が 沁み込んで 美味しくなります


もっと簡単にしたい時は 調味料の代わりに めんつゆを使って
       仕上げに お砂糖、みりんで 味を調えても 


あ!!! でも 生たらこが 店頭に並ぶのは もしかして
北海道だけですか?






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



  

懐かしい 童謡

朝食の時に バナナを 半分食べます

ごはんと お味噌汁の時も
パンとスープの時も

プレーン・ヨーグルトとバナナは いつも 食べています。
本当は バナナが好きなのですが
今は 次男と 二分の一本ずつ わけあって食べています


なんだか 子供の頃 歌った 童謡みたいです



さっちゃん

 
      阪田寛夫/作詞 大中恩/作曲

 
さっちゃんはね 
さちこっていうんだ ほんとはね 
だけど ちっちゃいから 
自分のこと さっちゃん ってよぶんだよ 
おかしいな さっちゃん

 

さっちゃんはね
バナナが大好き ほんとだよ 
だけど ちっちゃいから 
バナナを半分しか食べられないの 
かわいそうね さっちゃん


 
さっちゃんがね 
遠くへ行っちゃうって ほんとかな? 
だけど ちっちゃいから 
僕のこと 忘れてしまうだろう 
さびしいな さっちゃん



ももんがはね バナナが大好きホントはね
だけど 果糖が気になるから バナナを半分しか
食べられないよ
残念ね おばさんは・・・・



今は とても 美味しいバナナが売っていて 困ります

それにしても 子供の頃の童謡は なんとも優しいものが多いですね。







小さな 小さな シャンデリアのようです
P1130343.jpg
ツリバナ・・・・・花言葉  片思い








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


雨の中でも・・・。

休みの日に 録画しておいた番組を見る

それが 晩秋の日曜日の夕方だったりすると
少し寂しげで・・・でも やっぱり のんびりできる時間です。


たいてい ベニシアさんの番組 猫のしっぽカエルの手 を見ることが多いです。


ベニシアさんは 京都の大原に住む前は 岡山県に住んでいたそうです。
今回は 以前住んでいた 懐かしい土地を訪ねた回でした。





ベニシアさんのエッセイより

“ 再出発 ” 


歩いていると秋風の神秘的な
音が聞こえてきました
私は若くして母となり
ほとんどお金もないなか
家庭を築きました
近所の人たちはとても親切で
私たち一家を温かく迎え入れ
助けてくれました
布団やお餅 漬物の作り方を
教えてくれたり
私たちの生活が少しでも
快適になるように
野菜やいろいろなものを
持って来てくれました

まるで踏み石の上を渡っていくように
私は国から国 町から町へ移動し続け
ゼロからの再出発を繰り返してきました

長い年月を経て 私はこの世のすべては
季節と同じく移り変わっていくのだと
実感しました
嵐が過ぎ去るのを待つのではなく
雨の中でも踊ることが人生なのです






嵐が過ぎ去るのを待つのではなく
雨の中でも踊ることが人生・・・・

テレビを見る限り きゃしゃな体に 軟らかな表情のベニシアさんですが
自分が納得できない事は 曲げないとも聞きました。
雨の中でも踊ることが人生・・・・という ベニシアさん。
そうだな・・と思います。

曇りや 雨 風の強い日  雪・・・そんな日の方が多い。
それが 過ぎていくのを 待ってばかりもいられない。

ベニシアさんがいうように
雨の中でも踊る。 そんな強さを 持っていたいです。





本当なら 暖かい季節に 咲くはずだった
シロツメクサ 
それでも 健気に咲いている
P1130342.jpg








                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





 

クリスマスケーキの思い出

新聞の折り込みチラシに
クリスマスケーキの早割の広告が入っていました。

「クリスマスケーキは やめておこうか・・。」
今年は 静かに 過ごそうかな・・・そう言う風に 思っていたので。

「どうして?」と、言ったのは主人。


主人の実家は 小さな港町にあります。
生前 義父は義母と二人三脚で 小さな加工所を営んでいました。
作っていたのは 「たらこ」

「たらこ」の加工の仕事は 特に冬場が忙しくなります。
夜遅くまで 両親が加工場で仕事をしているので
主人とお姉さんは 夜のご飯は 自分たちで工夫しながら作ることも
多かったと話します。

寒さの厳しい仕事場で
冷たい水を扱って 一日仕事をしている両親を見ている
経済的にも 余裕があるわけではないことも
子供ながらに 分かっていたそうです

だから 欲しいものがあっても 「買ってほしい」と口にした事はなかった。

ただ クリスマスの日だけは
義母が 特別大きなクリスマスケーキを買ってくれたそうです。
私たちが子供のころは バタークリームのクリスマスケーキが主流でした。
そして その頃 人気だった アイスクリームのクリスマスケーキ

2つのケーキを 思う存分食べたというのです。

義母が いろんな思いを込めて 買った クリスマスケーキなのだな・・・と 思います。

だから 子供たちが大きくなって
クリスマスを心待ちにしなくなった 今でも わが家では
大きなクリスマスケーキを買っています。


「なんで?買わないの?」と 主人が言うので
やっぱり 今年も 「どのケーキにする?」と、選ぶことにしました。
そして 静かに クリスマスを過ごします。



P1130339.jpg


今はもう 加工所はやっていません。
義母の口癖は
「自分のできることをわきまえて 足元を見て暮す。
 見栄をはってはいけないよ。ぼろは着てても心は錦」


  ハイ。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



  

霜月

今月は 霜月
文字で表した通り

霜が降る月の意味だそうです。

いつもの時間に起きて コーヒーを入れて
パソコンに向かっていると 指先がジーンと
冷たくなってくる。
そんな季節になりました。



いつも おじゃましている ばーさんがじーさんに作る食卓  のブログで cinco さんが
「霜月の十三夜」という 話をしていました。

知らなかったので 検索していくと
なんとも 切ない話も出てきたりしました。




ラジオでは 天気予報士さんが
「空気の質が 変わってきましたね」と 言っています。
確かに ここ数日で 空気がピーンと引き締まったようで
小学生の頃 習った 詩

「きっぱりと 冬が来た」   を、思い出します。

初雪の少し前には
「雪の匂いがする」と 言いますが 
私も 毎年 「あれ?」と 上を見上げると
その年 初めての雪が チラついていることが 多いので 不思議です。 


今日は 満月。
ベランダで 満月を眺めるためには
厚手のジャンバーを 着なくちゃだめだな・・・・




名残の 銀杏。
P1130253.jpg

皆さんのところも だんだんと 涼しいから 寒く・・・になってきましたか?
風邪に気をつけて ください 








                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


私の台所

図書館に予約していた本が
次から次と やって来て

まだ読み終えていないのに
返却日が きてしまい 焦っています。


今 慌ただしく 読んでいるのは
私の台所私の台所
(2010/06/29)
沢村 貞子

商品詳細を見る


できれば この本は ゆっくり読みたい・・・
なので もう一度 予約しようと思います。


少し前に 小川洋子さんのラジオ番組 Panasonic Melodious Library でも 紹介されていた
一節が 読みたくて 借りた本です。


・・・・・・お正月の値打ち より 抜粋ですが・・・・・

さて   いまの私にとって、お正月とはどんなときかしら。
どうやらそれは、とめどなく流れてゆく私の暮しの中で、
年に一度の折り目切れ目になっている。
次から次へ、いろんな出来ごとに追い立てられ、
夢中で歩きつづける私は、そこでやっと止まり、ホッと一息して、
ゆっくりうしろを振り返る。楽しいことも辛いことも沢山あった。
やりそこなったり、恥しい思いをしたこともいくつかある。
でも、とにかく、この一年も一生懸命やってきたのだから  堪忍して下さいね。
(さあ、また新しい年がやってきた。過ぎたことは振り捨てて、
シャンと背を伸し前を向いて歩いてゆきましょう。今年はどんな年になるかしら・・・)
お正月は、老女にも小さい夢と勇気を贈ってくれる。
だから私にとって、お正月の値打ちは  とても大きい。




・・・・・お正月の しきたりが書かかれている 文中より 抜粋ですが・・・・


私はそんなしきたりが好きだった。そこには、いつも何やかや苦労を背負いながら、
それにも負けず、今年こそは・・・と新しい年にのぞみをかける人たちの、
切ない願いがこめられているような気がしたからである。



読んでいると テレビて見た 少し厳しそうな しゃんとした
沢村貞子さんの 姿が浮かんできます。


今年も そろそろ クリスマス お正月・・・という文字がちらつく季節になってきました。
いろんな事が ありすぎた 一年。
いつもより ゆっくり ゆっくり
「あと いくつ寝ると・・・」ではなく
「さて 今日は・・・」で 過ごして行きたいと思います。


来週には 札幌も 雪がちらつきそうです。



函館で見た 五稜郭は
雪の結晶に 見えなくもないな・・・と思いました。
P1130308.jpg

 






                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                              ↓
                           にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村                          

プチ 旅行。


いつも聞いている ラジオ番組で
手紙の募集があり それに 便りを出しました。

そうしたら 1泊2日の登別温泉 宿泊券を
プレゼントしていただき 日曜、月曜日の2日間 主人と小さな旅行をして来ました。


せっかくなので 朝早く出て
函館で 寮生活をしている 長男の様子も見てこよう!ということになり
少しハードな 旅。



大学祭が行われていた 長男の通う大学

小さな講堂でライブイベント 
P1130305.jpg
長男は 東京スカパラダイスのコピーバンドのボーカルをしていました。

歌っていたのは
銀河と迷路 (CCCD)銀河と迷路 (CCCD)
(2003/02/05)
東京スカパラダイスオーケストラ

商品詳細を見る


こんな風に 楽しんでいるのだな・・・。


長男には「じゃあね」と合図を送って別れ 寮へ・・・。
初めて 見た寮は 小ざっぱりしていて
生活感もたっぷりあり 「あ・あ・・ここで 暮しているのだね」



管理人さんに 「よろしくお願いします」と頭を下げてきました。


函館で人気のラッキーピエロという
ハンバーガー屋さんの一番人気の商品を注文
P1130293.jpg
そうか・・・このハンバーガーにお世話になっているのだな ・・・・。


ひとつ ひとつ 長男の生活を 確認している 夫婦。


札幌で あれや これや気をもんでいたことが
すーーっと 引いていく気がしました。

後は 登別温泉の 赤おにに 「こちらですよ」と 案内されて
P1130319.jpg
揚げ膳据えぜんの時間
乳白色の お湯に癒され

「いいもの見せてもらった」と 同じ言葉を オウムのように繰り返し 
帰ってきました。


子供を育てるということは
10のうち8の 苦悩があっても
2の嬉しいことがあれば 満足させてくれるものだね・・・そんなことも 語り合いました。



さあ また 今日から いつもの生活 頑張れます。
思いがけない 楽しい時間を ありがとう 





               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村   
 


 

冬支度

11月は 冬の準備期間です。

気がつけば 森の木の葉は すっかり 落ちてしまい
とても 見晴らしがよくなりました
野鳥の姿を見やすくなりました。


この季節  雪の地域ならではの 行事がいくつか あります

タイヤ交換
夏仕様のタイヤから 雪道でも滑りにくい タイヤに溝がついている
スタットレスタイヤに 雪が降る前に 取り替えます。


冬囲い(ふゆがこい)
庭木が 雪の重みで折れてしまわないように
そして 寒さから、守るため 
昔なら 「むしろ」、今は冬囲いネットで 庭木を一本ずつ囲みます。

今の時期 庭で作業をしている方を たくさん見かけます



グランド納め
息子たちの 小学校の少年団や 中学校の部活動で
サッカーや野球など グランドを使っていた種目では
夏場の半年間 たくさん練習や 試合を 無事にできたことを
グランドに感謝しながら 一日 プレーする
「グランド納め」という 日がありました。

この日が過ぎると 雪が ちらちら グランドに 降ってきます。
そして 半年間 グランドは 冬眠です。 

 






歩いていると 庭先で・・・ マンションのベランダで・・・
お漬物にする 大根を干しているお宅を見かけます。

これも 秋の風物詩ですね。



この 「サイロ」は 私が生まれた年 と同じ年に
創刊された 十勝の子供たちの詩が載っている児童詩誌です。
P1130291.jpg
1960年創刊。
六花亭製菓の創業者で名誉会長の小田豊四郎さん(故人)が
十勝の子供たちに豊かな詩心をはぐくむ場をつくろうと、
次男の担任教師に持ち掛けたのが始まり。・・・・だそうです。


月に一度、出るこの詩集が好きで
月の初めに 近所の六花亭に通う 私です。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村   

 






年代ものの 「暮しの手帖」

てんぷらが・・・・まだ下手です  

皆さんの アドバイスを参考にさせてもらい
暮しの手帖 の「てんぷら入門」を 熟読し
P1130286.jpg



週に1度 家族に食してもらう

「自由に感想を述べよ」と言ったものの


ベチャ ベチャ している
中まで火が通ってない感じ
揚げたてなのに 時間がたってる感じ

と、言われると だんだん 腹が立ってくる 

・・・・・でも 頑張ります。



大切にしている1965年代の 暮しの手帖が1冊あります
読んでいると 今も昔も 主婦は 同じような悩みを抱え
同じように 生活の工夫をしている事に しみじみ・・・。


1965年 エプロンメモ より
≪香水石けん≫
においはよいのだけれど、洗顔用やお風呂用に使うのには、
香りが強すぎる、というような石けんを、洗いたての下着の間に
1,2コ入れておきます。
オーデコロンのように蒸発してしまわないのがよい点で、
肌につけたとき移り香が爽快です。



P1130287.jpg


今年 10-11月号の エプロンメモより
≪タワシに変身≫
フルーツをくるんでいる、キズ防止用の発泡スチロール製ネットは、
簡易タワシとして再利用できます。作り方は、ネットを縦に
二つ折りにして、中心に輪ゴムを巻きつけるだけ。
流しのちょっとした汚れを落としたりするのに重宝します。




紙の黄ばみが 過ぎてきた 時間を感じさせるけれど
毎日の 暮しの考えは そんなに 変わっていないのかもしれない。







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



  

銀杏並木 Ⅱ


昨年 初めて北大構内の 銀杏並木を見て以来
今年も また 見たくなり 仕事の合間を見て
2度も 足を運んでいます

少し時間に余裕があったので
小春日和のポカポカした中 
ゆっくり いろんなところに
足を運んでみました


後ろからは 教授と学生さんが むずかしい話をしているのが聞こえてきて
P1130247.jpg




前を歩いている人は どこか アジアの言葉を話している
P1130273.jpg




小学生の時、感動してみた
ポプラ並木は 平成16年に北海道に上陸した台風で
大きな被害を受け ずいぶん 変わってしまっていました
P1130268.jpg





学食を覗いて 誘惑に駆られましたが
P1130264.jpg





持ってきたお弁当を・・・・
(おにぎり 鮭のしっぽ 卵焼きの切れ端 たらこの佃煮 鶏照り焼きの残り)
P1130246.jpg





鴨がのんびり泳ぐ 池の前で 食べました
P1130263.jpg





もう少しで 目的の 銀杏並木を見ることを
忘れそうになり あわてて走る 
P1130258.jpg







たくさんの 人々が のんびり 残り少ない秋を 味わっていました
P1130252.jpg





傍から見れば 学生さんは 限りなく のんびりしているように見えて
・・・そんなことを言ったら 叱られそうです 
P1130276.jpg
もうすぐ この場所も 真っ白になるのだな・・・
そう思って 仕事へ・・・・



晩秋を しっかり 満喫しました。







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村