プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/01/31 14:46 えぞももんが

かえりみる

高校3年の次男が 午後の1時半ごろ 学校から帰ってきて
朝 持って行った お弁当を食べながら
「今日で 高校の授業は 終了だって。後の講習は自由参加らしい」
と言いました。

「そうか・・・・そうなんだ。
 3年間、無事 通うことができて おめでとう。
 ご苦労さん」と 言葉をかけました。



子供を育てているうちは
自分の育児をかえりみる余裕などなかったのですが

最近読んだ 2冊の本で
少し そんな気持ちにもなりました
 



一冊は 長谷川摂子さんの本
昔 読み聞かせた本も たくさん載っていたのですが
「小さい頃に読んであげるとよかった・・・」と思った絵本が 次から次と出てきました。

絵本が目をさますとき絵本が目をさますとき
(2010/03/25)
長谷川摂子

商品詳細を見る







そして もう一冊は
最新号の 暮しの手帖
「育児・しつけ100のコツ」が載っていました。

暮しの手帖 2012年 02月号 [雑誌]暮しの手帖 2012年 02月号 [雑誌]
(2012/01/25)
不明

商品詳細を見る


「ごめんね」よりも「ありがとう」をたくさん伝えてあげましょう。
たとえば、子どもを待たせてしまったとき、「待たせて、
ごめんね」ではなくて「待ってくれて、ありがとう」と褒めてあげてください。
子どももその気持ちでうれしくなります。そして親の心も、きっと楽になるでしょう。



そうか・・・・「ごめんね」より「ありがとう」か・・・
「ごめんね」の回数の方が 随分 多かった気がします。





一方で いくつになっても 親に心配をかける
わたし自身。
手の骨にひびが入った娘(わたし)に
母がくれた スキムミルク 
P1130615.jpg




追伸・・・・・長谷川摂子さんの「絵本が目をさますとき」の中に載っていた
       「とんことり」。林明子さんが描く 女の子の表情は 本当に
       「こんな顔をするときがあるよね!!」と 見とれるほどです。

とん ことり (こどものとも傑作集)とん ことり (こどものとも傑作集)
(1989/02/10)
筒井 頼子

商品詳細を見る






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村










2012/01/29 14:33 えぞももんが

読書の冬

以前 作家小川洋子さんのラジオ番組 パナソニック メロディアス ライブラリィ で
紹介されていた 柳田国男 『日本の昔話 ~ 笠地蔵』を読んでいます。

日本の昔話 (新潮文庫)日本の昔話 (新潮文庫)
(1983/06)
柳田 国男

商品詳細を見る
 

番組の中で紹介されていた はしがきの言葉がとても印象的でした。

抜粋ですが・・・・


この昔話の大部分は、今でも日本のどこかの隅で、どこかの家の小さな人たちが、
聴いている話であります。けれども皆さんが一人で知っておいでになる話は、
そうたくさんはないだろうと思います。それはお話をする人が忙しくなって、
もうそうはゆっくりと色々の話をしていられないからであります。
だからもしこの本にある話の三分の一、四分の一だけでも、
一人で知っている児童があったとすれば、それは其子の家に、
よっぽど話の好きな又上手な、そうして物覚えのよいおばあさんか
おじいさん、又はお母さんお姉さん叔母さんなどの、
子供の心持のよく解る人があった為で、そういうお家は
昔からそうたくさんにはありません。
もう一度思いだしてよくお礼をいう方がいいのです。


「この本に出ているお話を知っている子がいたら それはあなたの周りの家族の
 おかげだから ちゃんと お礼を言った方がいいよ」
と話す 柳田国男さんの人柄が とても親しみやすく 「どんな方だったのだろうか?」と
思いを巡らします。
この “はしがき” が書かれたのは なんと昭和5年2月となっていました。
もうすでに 人々は忙しく 子供に昔話をする家も 珍しくなっていたのだということに
驚きました。



そして こちらのフクロウの本
フクロウ ─ その歴史・文化・生態フクロウ ─ その歴史・文化・生態
(2011/11/25)
デズモンド モリス

商品詳細を見る

今朝の朝刊で 帯広畜産大学の教授 柳川 久さんが
紹介していた本です。
その中で 興味深い お話がありました。

アイヌの人々の言い伝えによると、フクロウ類の中には善人と悪人を見分ける能力を
持つものがいると言うこと。その鳥を捕まえてみると、善人をみるときは眼を開けていて
悪人をみるときはほとんど眼を閉じてちらりとしか見ない。



フクロウ探しをしている 私ですが
もし 森でフクロウに会うことができて
しっかり眼を閉じていて ちらりとも こちらを見なかったら・・・
けっこう凹むかもしれません 








                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

 

2012/01/27 15:21 えぞももんが

特技撤回。

特技は ツルツルの路面で滑ってバランスを崩して
どんな 醜いかっこうに なろうとも
転ばない!・・・・・・・・・はずでした。


今週の火曜日 仕事の帰り道
この特技を撤回しなければならないほど
ひどく転びました 

右手をついて しまったようで
みるみる腫れあがり 夜間当番病院の整形外科へ・・・・

レントゲン技師さん「それでは レントゲンを撮りますから 服を全部脱いで これに着替えてください」

私        「あの・・・手首なんですけど・・・・」

レントゲン技士さん 「とりあえず 着替えて」

私        「あの・・・手首ででもですか・・・?」

レントゲン技士さん 「ハイ そう言う指示です」


何せ 右手首が ひどく痛いので 服を脱いだり着たりするのに恐ろしく時間がかかりました 

で、おしりのレントゲンを2枚
手首のレントゲンを3枚とって

その写真を見て先生が 
「大丈夫!折れてもいないし ずれてもいません。痛み止めと湿布を出します
 3日ほどしたら 近くの整形外科に行ってください」

その言葉に ほっとして 3日を過ごしたんですが どんどん腫れてきて ・・・おかしいな・・・。


今日 近くの整形外科に行ったところ
「ひびが入っていますね。 これは けっこう痛いでしょ。3日もたってるんだね」に
少々 ショックを受けました。



病は気からと言いますが 本当ですね
前の先生に「大丈夫!!」と 自信を持って言われた後 さほど痛くなかったんです
でも 今日 「あ~~~ひびが入ってるね 痛いでしょ」と 念を押されると
痛い気がしてきた・・・単純です。

しかも おしりのしっぽが生えていたあたりも痛いような気がする・・・。

とは言っても これぐらいで凹んでいるわけにはいかないな。




お父さん(主人)と 次男と 左手に活躍してもらって 3週間過ごします。

P1130608.jpg
ギブスしました。




心をかたく持って 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません
本業をよくまもって静かにときの来るのをまちなさい
開運うたがいありません


春風の  吹けばおのずと
山かげの
梅も桜も 花はさくなり



年の初めに引いた 大吉の おみくじ。
信じてるよ~~~~~~~~~~!!!





余談ですが・・・・・・トイレで お尻を拭く時が 一番大変  失礼しました 



               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村  
2012/01/25 12:36 えぞももんが

平蔵さんの言葉

HNK朝の連続テレビ小説は いつも ハマってしまいます。

今は カーネーション 。
数日前の 繊維商業組合の組合長・三浦平蔵さん役の近藤正臣さんの言葉が とってもよかった。



はずれても 踏みとどまっても人の道や
人の道ちゅうのはな はずれんためにあるもんや
けど これ外して 苦しむためにもあるんや

なんぼでも苦しんだらええ
あがえたらええ
悩んだらええ

命はな 燃やすためのあるんやぞ

外れても
踏みとどまっても
人の道


お?お~~五・七・五になっとるな


近藤正臣さんは
「コンド~~です」と よくモノマネされていたけれど
最近の近藤さんは 龍馬伝もよかった、 演技に見入ってしまうなと思いました。

昨日は ずいぶん雪が降って
JRがまた 運休になり バスで仕事先に向かいました。
P1130607.jpg

激しく降る雪の中 バスを待っている若者の後ろ姿を見て
高校時代の長男を思い出しました。
こんな風に 雪が降り続く中
仕事に向かう私と 学校から帰ってくる長男とすれ違うことがよくありました。

高校を辞めるかどうか迷っていた頃
学校を抜け出し ふらっと帰ってくることもたびたびあった。

雪の中 長男の姿を見つけると
自信なげで
葛藤しているようで

温めてあげたい気持ちで いっぱいになりました。

外れても
踏みとどまっても
人の道
P1130606.jpg


自分で 燃やして行くしかない 見守った日々を 思い出していました。








                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/01/22 06:33 えぞももんが

風邪ひきました

昨日の朝 少し 喉と頭が痛くて
これは ちょっと 風邪気味だな・・・と 思いました。

午前中に 家の事を済ませた後
午後は 風邪薬を飲んで 甘酒を作り
側に 読みかけの本を置いて
ちょっと 横になりました。


ちよっとのつもりが・・・・
甘酒で体が温まったせいか
風邪薬のせいか

ぐっすり 2時間も眠ってしまいました。
それほど 気にしてはいなかったのですが
次男のセンター試験、風邪をひかせてはいけないと
気がはっていたのかもしれません
こんなことぐらいで 風邪をひいてしまうとは 
まだまだ 修行が足りんな・・・と 反省です。


こどもの頃 熱が出たら 母が林檎をすってくれた あれがとっても好きでした  
桃の缶詰も なぜか定番で
卵の入った 雑炊はいまでも たまに食べたくなります。


息子たちが まだまだ小さかった頃
熱が出て 「お母さん 熱があるから 30分だけ寝かせて・・・」とすがるように言ったら
長男が  「お母さん おれ達は 大丈夫だから ずっと寝てていいよ」と言ってくれた。
でも それは いつもなら30分しか見てはいけない事になっている
戦隊ヒーローもののビデオを、思う存分 エンドレスで見られるからだった・・・
そんなことを 思い出しました。



昨日は 一日 ふわふわと 雲の上を歩いているような 感じ・・・
(雲の上を 歩いたことは ありませんが 

大寒を過ぎたから
後は 春に向かうばかり!!と行きたいところですが
寒さはこれからが 本番。

風邪をひかないように 暖かくして
お過ごしください。




胡蝶蘭が 咲いてくれました。
P1130594.jpg
梅も桜も 花はさく なり







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
2012/01/19 16:58 えぞももんが

幸せについて・・ちょこっと。

昨日 ラジオを聞いていたら
子育て中のリスナーの方のメールが読まれていました。
内容は 

「つい先日は こどもが初めて寝がえりができるようになって 
その姿を見ていると 涙が出るほど嬉しくって幸せを感じたのに
今日は 気分がふさいで・・・・」

こういう内容でした。

DJさんが

「幸せの形はだいたい決まっているけれど
 不幸せの形は さまざまであると言いますね。

 どんな大変な状況でも いつも “ 私は とっても シアワセ ” と言っていた友達がいました。
 そんな彼女が いつの頃からか “ 幸せだ ” と言わなくなったんです。

 「そう言えば あなた 最近 “ 幸せだ ”って言わなくなったわね」と言ったら
 彼女は 不思議そうな顔をして “ そうかもしれない・・・” と 答えたんです。

 その姿を見て 私は彼女が今、本当に幸せなんだな・・・と思いました。」

 そんな 話をされていました。


いつも “私は 幸せだ”と思っていたから 幸せになったのか

“絶対に 幸せになってみせる!!”という 気持から
自分を少し解放して 肩の力が抜けたから
いつの間にか 幸せに近づけたのか・・それは 人それぞれで わかりませんが

“ ワタシは 今 幸せだ ”と言わなくなった時 初めて
実は 幸せな状況になっていたというのは とても頷けました。



昨日 また 森へフクロウを探しに行ってみました。
P1130596.jpg
不在・・・。



でも 森で フクロウの事を とても詳しく知っているおじさんに出会い
いろいろ教えてもらいました。
 一週間に4日はいること
 この木に止まっている時は 朝から夕方までいること
 5月頃には 子育ての姿も まじかで見られること


P1130597.jpg
赤いジャンパーの
フクロウおじさん 感謝します 

ほかにも フクロウがいる場所を
雪の上に 地図にして描いてくれたのですが
何せ・・・B型。 地図は苦手 
でも 申し訳ないので めいっぱい理解できたふりをして
「ホホホ  」と フクロウのように 頷きました 











                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村   

2012/01/17 05:48 えぞももんが

ホッとミルク

少し ホッとしたい時 なにを飲もうかな・・・・と迷います。

お茶 紅茶 コーヒー

コーヒーをいつもより少し丁寧に入れだけでも
味がずいぶん 軟らかくなる気がします。

でも たまに もっと優しい そして 随分懐かしい 
ホットミルクを飲みたくなる時があります。
ほんの少し お砂糖も入れます。

札幌から車で30分ほどのところに岩見沢市という街があります。
昔は ばんえい競馬が行なわれていたので 駅のプラットホームには
そりを挽くばん馬の像が置かれている。

この街は 北海道の中でも 屈指の豪雪地帯で
特に今年は 集中的に 降っています。
今朝の新聞では もうすでに積雪が194センチとのこと
「雪が止まない」と街の人は 困惑しています。

岩見沢方面から来るJRの電車も 運休が相次いで
昨日 仕事から やっと帰ってきました。

そんな時 家に帰って 飲みたくなったのが ホットミルクです。
体に沁み込むように ゆっくり飲んで 一時 休憩。
飲み終わったら また 気を取り直して 動き始めます。





P1130584.jpg
カステラか ロールケーキが 一切れあると 
こどもの頃の おやつの時間。





こちらは 帰り道で 見つけた
誰かさんが 雪に書いた ネコさん
P1130583.jpg





ゆっくり ホットミルクを飲みながら
中島みゆきの 曲も思いだす・・・。


ミルク32   作詞・作曲 中島みゆき

ねえ ミルク またふられたわ
忙しそうね そのまま聞いて
ゆらゆら 重ね上げた
お皿と カップの かげから

ねえ ミルク またふられたわ
ちょっと,飛ばさないでよ この服高いんだから
うまくは いかないわね
今度はと 思ったんだけどな・・・・・




さあ 重い腰を 上げて 休憩終了。






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



   

2012/01/14 16:41 えぞももんが

寅さん

私 、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯をつかり、姓はくるま、名は寅次郎。
人 呼んで風天の寅と発します



先日の新聞に 「男はつらいよ」の主人公「寅さん」が30代を中心とする女性に注目されている。
と言う記事がありました。

東京では出勤前の会社員を対象にした「丸の内朝大学」
タイトルは「『今、幸せかい。』寅さんに学ぶ、幸せな生き方」という講座もあるそうです。

記事は、「寅さんは、家族や子ども、仕事がどうであろうと関係なく『今、幸せかい』と聞いてくれる。
これはグッとくる言葉。社会にも誰にも守ってもらえなくなった女性たちは寅さんを、
自分を気にしてくれる身近な人のように見ているのではないでしょうか」と 結ばれていました。


「男はつらいよ」の寅さんはもちろん魅力満載ですが
寅さんが ふらっと 旅に出て ふらっと帰ってきても
いつもと変わらず 昨日もいたように 迎えてくれる
さくらや おいちゃん おばちゃん タコ社長 ・・・
そういう人たちが 好きです。
フウテンな寅さんと、 日々 汗水流して働いて 明るい
柴又の人々。

寅さんと同じくらい お人好しなところが 安心する。


次男が 初めて 「男はつらいよ」を見たとき
かなり 感動していました。
「おかあさん フウテン・・・ってなに?」と しつこく聞かれ

「寅さんで言えば、気が向いたときに ふらっと旅に出て
 好きな時に 家に帰ってきて
 仕事も 気が向いたときに する・・・そんな感じかな」と 答えると

遠い目をして しきりに「フウテンって 良いな・・・・・」と言っていたのを思い出します。


そして 寅さんの口上
けっこう毛だらけ、猫灰だらけ。尻のまわりは  だらけ。
これを いたく気に入っていました。


そんな次男のセンター試験は
私が作った お弁当のほかに

チョコレートを3種類持ち 栄養ドリンクを2種類持ち
カロリーメイトを持ち

「オイオイ 遠足じゃないんだから!!」と ついつい 言ってしまいました。


柴又に行って 寅さんの 面影を探したい・・・。
いつか かなえたい事のひとつです。



P1130575.jpg
今日のお弁当 






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村  

2012/01/12 14:49 えぞももんが

故郷の家

昨日 両親のところへ行った時
一枚の年賀状を見せてもらいました。

差出人は 両親が札幌へ来るにあたって
住んでいた家と 畑を引き継いでくれた
ふるさとの 知人から。


「今回 田んぼを 大型化するにあたって
 家を 解体させて頂きました」
年賀状には そう書かれていました。

日本のTPP参加で 農業を大規模化していく・・・
その影響が うちにも 小波となってきたようです。  

母が 「もう 家はないんだって。かえって 良かったね」そう言いました。
私も 心のどこかで ホッとした気がしました。

北海道は 街の中心部を離れると もう住む人のいなくなった
廃屋が あちらこちらで 目にとまります。
かつては そこで 家族みんなが暮し
毎日 ちゃんと家族が帰って来た家。
生活していたその場所や庭が 
荒れていく姿を見るのは 耐えがたい気がします。


2階の私の部屋の窓からは 防風林と田んぼと 夕日が見えました。
台所からは 裏山が見えて 
雪解け頃には 頂上にエゾシカが 十数頭並ぶ姿も見られました。

こうして 今でも ちゃんと 思い出せる
赤い屋根の家
この姿だけで じゅうぶん 幸せです。

そう言えば 秋の終わり頃
なぜかしら 故郷の家のことを思いだす日が 数日ありました。
大切な人を 案じるように 「元気だろうか?」と 思っていた。
もしかすると あのころ 家は解体されていたのかもしれません。
私に 教えてくれていたのかもしれません。

ありがとうと 思います。
そして この場所で しっかり 暮して行こう
それが あの家への 恩返し。
そんな 小さな決意をした 昨日でした。 



P1030325.jpg




昨日、今日 札幌は鼻毛も凍る寒さ。
全面凍ったガラス越しに見た 朝日がなんともキレイでした。
P1130571.jpg
道北の寒さは もっと もっと 厳しかったな~。
皆さんも 風邪に気をつけて 暖かくして お過ごしください。
もうすぐ 大寒(1月21日)です。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



 
                      
                     
2012/01/10 10:04 えぞももんが

蕎麦、食いに行くか?

昨年の年末ころから 休日になると主人が 「蕎麦、食いに行くか?」と言う。

「お父さん、お蕎麦そんなに好きだった?」と聞くと

「いや そうでもない」と言います。

もともと 家でゆっくり ごはんを食べるのが好きな主人なので
めったに 外食はしないのですが・・・。


昨日 2人でお蕎麦屋さんに行きました。
札幌では 老舗のお蕎麦屋さんで 人気があるというお店。
初めて入りました。
席に座るなり 「天せいろを頼むといい」と言います。

「なんでだろう」と 思いながらも 運ばれてきた
「天せいろ」を食べて 分かりました。

そうか・・・天ぷら。
カラッとして サックサクで 美味しい。

ここのところ ずっと 苦戦中の てんぷら。
テレビの 「ためしてガッテン」の てんぷらの極意を見ても だめだった
私の てんぷらの 腕前。 



主人は ここの天ぷらを食べたら 分かりそうだと 思ってくれたようです。



P1130563.jpg

主人は 私の 食事にけっこうダメ出しをする ・・・・。

機嫌が悪くなると だんまりになる・・・・。

年々 頑固にもなってきた・・・・・。

でも こうやって これからも 何気なく支え合いながら
時には 険悪にもなりながら
暮して行くんだろうな。






こちらは
「おい 窓に ウサギがいるぞ」
P1130559.jpg
凍っていた 窓ガラス、 ウサギの形に とけ始めていました。











               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  


 
 


 
2012/01/08 14:43 えぞももんが

フクロウの住処

「森に 梟(フクロウ)が住んでいる」と聞いていたのですが
見たことがありません。


いつか 会いに行ってみたいと思いながら
そっとしておいてあげるべきかもしれない
そういう気持ちもありました。


でも とうとう そ~~~っと そ~~~っと見に行こう
そう思い、主人と2人で
行ってきました
P1130549.jpg





スノーシュー(かんじき)が必要かとも思ったのですが
まずは 買わずに
足元を ひもでキュッとで結んで ザクザクと 雪の中を歩く。
P1130552.jpg



歩いていると 身体がホカホカして汗ばむほどです
小学校や中学のスキー授業の時
汗をかくので 背中に洗顔タオルほどの大きさのタオルを
全員 入れていました
授業が終わったら そのタオルを 首元から
す===っと 抜き取るのですが
その瞬間が とっても 気持ちが良い 

そんなことを 思い出しました。  



そして 雪の森を歩いていると
こどもの頃 好きだった童話 
「わがままな女王の命令で 雪割り草を探しに行く女の子の話」
森は生きている (岩波少年文庫)森は生きている (岩波少年文庫)
(2000/11/17)
サムイル マルシャーク

商品詳細を見る


この本を 必ず 思い浮かべます。 





ここです 正面に見える 少し雪のかかった
この木の洞です。 (静かに・・・・・・静かに・・・・・)
あ・あ・・残念ながら、いません・・・・。

P1130550.jpg
(昨日の写真)





そして、実は 今日も 行ってみました。
やっぱりいません。
P1130561.jpg
(今日の写真)


今度の休みの日に 私はまた ここに来ていそうです
梟の 迷惑にならないように 静かに 静かに・・・・。









               

               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





2012/01/06 05:48 えぞももんが

流氷

流氷を見たことは 一度

網走で保育士をしている幼馴染を訪ねた時なので
もう27,8年も前になってしまいました。

海から吹く風は強くて冷たくて
流氷が 肉眼で見えるくらいまで近づいて来ていました。

友達が 
「夜になると 流氷の音が聞こえるんだよ」と言います

流氷同士がぶつかって鳴る音
動物の鳴き声にも
鳥の鳴き声にも
聞き方によっては聞こえるから
「流氷鳴き」と言うことも 教えてもらったのを思い出します。

最近は 地球温暖化のせいなのか
この「流氷鳴き」が聞こえなくなった・・・と、以前テレビで 言っていました。


流氷がオホーツク沿岸に姿を見せるのは 1月中旬から下旬
その後 1月下旬から2月になると接岸する
寒さが 最も厳しいころです

流氷に乗って
オジロワシやアザラシもやってくる


1月のカレンダーの写真を眺めていたら
寒いもの見たさ・・・怖いもの見たさで
ギギギーーーときしむ 流氷の音を聞きたくなりました
P1130544.jpg

 と、のんびり思っていたのは 昨日のこと
さあ 今日から仕事です。
次男のセンター試験もいよいよ迫ってきた。

しっかり防寒して
流氷の上で アザラシとたそがれる・・・・完全に現実逃避かも 







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






2012/01/04 23:12 えぞももんが

グリコのおまけ

こどもの頃住んでいた家の神棚に
小さな置物が 飾れていました。
P1130540(1).jpg
1センチ5ミリほどの大きさで


キャラメルのおまけが あまりにもおめでたくて
可愛らしかったので ひいおばあちゃん(曽祖母)が
神棚においたらしいのです。

裏を見てみると グリコの文字
そうか  これは グリコのキャラメルのおまけ

検索してみたら どうやら昭和10年から17年の間に作られたもののようです。

このおまけは 
父の子供時代 ・・・・両親が結婚し 姉と私の子供時代
そして いまに至るまで ずっと 静かに 神棚から
いろんなものを 見つめていたのだな・・・。


両親が札幌に越して来た時
私は3つのものを もらいました。

HNKの朝の連続テレビ小説 「カーネーション」に出てくる
ものと同じ型の シンガーのミシン 

古い桐の箪笥

そして このグリコのおまけ

まだ ミシンと箪笥は 両親の新しい住まいに
置かせてもらっているのですが

3つの ノスタルジーに囲まれて 
お茶を飲むのが 今から楽しみです。







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

 





2012/01/02 12:53 えぞももんが

迎春 

春風の 吹けば
おのずと 山かげの
梅も桜も 花はさく なり


心をかたくもって 一時の不運にあわて騒ぎ思いまようてはいけません
本業をよくまもって静かに時の来るのをまちなさい
開運うたがいありません


吉大


元旦に引いたおみくじに 気分を良くして
何度も お財布から取り出して 眺める
そんな のんびりしたお正月を過ごしています

私の 「本業」ってなんだろう・・・。

札幌は 今のところ雪も降らず 穏やかな新年となりました。

今年は 主人が 一人暮らす 義母さんのところで年越しだったので

テレビで ゆく年くる年が始まり 除夜の鐘がなって
年が明けた時

「あけまして おめでとう。
 今年もよろしく お願いします。
 それぞれ 自力で 佳い年にしてください」と
 私が息子たちに 新年の挨拶をし、家長代行の任務を果たしました。

息子たちは
 「ハイ そうするよう 頑張ります」。・・・といいつつ  ガキの使い「笑ってはいけない」を見る。



元旦の朝 近くの小さな神社さんに初詣
P1130532.jpg


帰り道 歩きながら
今年は どんな目標にしょうか・・・

「根にもたない」。 これにしょう。
新年早々の打ち明け話ですが 昨年の後半は 何かと人に言われたことを気にし過ぎた・・・。
人間なので胃はひとつしかないのに
牛のように 言われたことを 思い出しては 幾度となく反芻することが多かった。

これはいけません

今年は 新雪の上を歩くように
何のこだわりもなくサラッとした気持ちで 進んで行きたい
そう 心がけたい そう思った 元旦でした。


P1130539.jpg
作   実家の母

皆さんにも

春風の 吹けば
おのずと 山かげの
梅も桜も 花はさく なり








              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村