プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/03/31 16:27 えぞももんが

春の味噌汁と 春の絵本

葉もの野菜 根菜
どちらも 少し高めです


ついつい もやし → きのこ → もやし → きのこ
に手が伸びますが


それでも 南の方から来た新じゃがや
柔らかい 春キャベツ
苦みの少ない 新玉ねぎを見かけて
ニヤリとします。


コマーシャル で小栗旬くんが作っていた
“ 肉巻きはるさめ絶品汁 ” が美味しそうで
真似して作ってみました。

P1130793.jpg
CMでは ほうれん草と人参、そして豚こまを片栗粉で丸めたものだったのですが

はんぺんと長ねぎのみじん切りを入れた肉団子
野菜は 春キャベツ。


小栗旬くんの「美味い味噌汁に ルールなんてない!!」の 言葉に
そうだな~~
もっと 頭を柔らかくすると
毎日の献立も 幅が広がるかも知れない。






今日は3月31日。 外は強い風と共に雪がちらついていましたが
図書館で借りてきた本で柔らかい春です。 


コドモノクニ 春 Vol.2コドモノクニ 春 Vol.2
(2011/03/10)
アシェット婦人画報社 編

商品詳細を見る


「コドモノクニ」は大正11年から 昭和19年まで創刊された
子どものための絵雑誌だそうです。
童謡 お話 優しい色合いの絵

主要作家の名前を見ると
内田百 北原白秋 西條八十 サトウハチロー 野口雨情 
村岡花子 竹久夢二・・・・そうそうたるメンバーに驚きました。

すべて その頃の子どもたちのために
よい児童雑誌を作ろうと
この方たちが 作品を考えられたものであると思うと
大変な時代背景があったにもかかわらず
よく作ってくれたと 思います。

この春号は 各年の3月号から5月号に掲載された
作品が載っています。


ものみな芽吹き、新生の春。

この春 図書館で探してみてください。
心休まる本です。


図書館のインターネット貸し出し予約で検索してみると
借りやすそうです 




                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/03/29 15:47 えぞももんが

自転車出しました。

今日の札幌の最高気温は プラスの10℃。
マイナスではなく プラスの10℃。

引くじゃなくて 足すって いいな~~と しみじみ思います。

ホットカーペットのカバーを洗濯してベランダに干したり




自転車を出したりしました。
P1130798.jpg


線路わきで ふきのとうを見かけたので
もしかして もうそろそろ 森の小川でも
ふきのとうや水芭蕉や座禅草、黄色い花の ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)が
顔を出しているかも知れない

そう思うと どうしても 確かめたくなって

午前中 大急ぎで 用事を済ませ
自転車に持って
森の小川に行ってみました。



まだ こんなにも雪があって・・・・
ことしの春は やってくるのに時間がかかりそうです。
P1130797.jpg



まだ何も 芽を出していません。
P1130795.jpg




冬に出会った フクロウに詳しいおじさんが言っていた
フクロウのツガイが子育てするこの木
P1130794.jpg
あと一か月もすると 見ることができる。


周りはまだ雪が多く残っているのですが
野鳥の声は のびのびと 騒がしいほどでした。

来週には いろんなものが芽を出しているかも知れません。
また来ます。








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


 
2012/03/27 05:40 えぞももんが

3月もそろそろ 終わり。

春休み中の長男が こまぎれに帰省しています。

長男は 1浪しているので
高校の同級生はこの春に社会人になる友が多く
入社前の 気楽な飲み会が続いています。

初めは戸惑いの多かった 寮生活も
今では リズムもすっかりできて
居心地のいい場所になっているようです。
社会人になる 寮の先輩を送りだして
「寂しいものだな・・・」と つぶやいています。


見送る側と
旅立つ側と


旅立つ側の人々は
新しい世界への 期待と 不安と 緊張で
お名残り惜しい気持ちや 寂しい気持ちばかりに 浸ってられない

見送るものは
ただただ 彼らの 新しい出発が少し眩しくて
もう 戻らない 今までの関係を 切なく思い
取り残された気持に少しなりつつも

どうか 頑張ってほしいと 思う


秋入学の大学も これから出てきそうですが
桜が咲く季節に 卒業 入学 入社。
そう言ったものが始まるほうが
やっぱりいな・・・・と、おばさんは だた それだけのことですが
そう思うのです。






お弁当も 少し 春色にしてみました。
P1130788.jpg

 




                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/03/24 16:44 えぞももんが

暮しの手帖に元気をもらう

昨日見た テレビのことが 忘れられません。

夕食の後片づけを終えて
お風呂に入って
ホッとして

ついているテレビを何気なく 見ました
HNK プレミアム
「沢田研二 ライブ ザ・タイガースを歌う」

少し太り気味の ジュリー
今は 俳優として すっかり 有名になったサリー
なんだか 歳をとった方が 素敵な気がする タロー
タイガースが解散してから 大学に入学して 教員免許を取って
高校の教師をしていたという ピー

それぞれの 生き方が あったのだなと 思いました。

そして
コンサートの中ごろに
兄のサリーに支えられながら ステージにたった
岸辺シロ―。


2歳上のサリーより ずっと ずっと 歳をとった シロ―を
メンバーのみんなが 優しい目で 見つめていました。


最近 テレビ番組でよく 昔 活躍し姿を消してしまった芸能人を
「あの人は 今・・・」と 探しだす企画が多い・・・。
その時 必ず「波乱万丈」と 言う言葉が出てくる。
波乱のない 人生を 送っている人は いるのだろうか?

優しく 笑顔でいる人も
いい時期もあれば 苦しい時期もある

芸能人でない 普通の暮しの中でも
大きな波や小さな波が 寄せては返す  

シロ―の 弱々しく とぎれとぎれの 歌声を 聞きながら
それでも きれいな声だね・・・と 声をかけたくなりました。




外は 雪が降っています
春の湿った雪です
少々 気が滅入ってしまいそうな日に 本屋さんで 「暮しの手帖」を探したら
一日早く 手に入りました。
嬉しい。


暮しの手帖 2012年 04月号 [雑誌]暮しの手帖 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/24)
不明

商品詳細を見る


暮しのヒント集 より

やりたいことだけではなく、
自分は決してやらないと決めていることはなんでしょう。
それも大切なことのひとつです。








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


     
2012/03/21 05:39 えぞももんが

オールナイトニッポン

1年前の夏だったか 2年前の夏だったか
携帯ラジオを持って 早朝のウォーキングに行ったとき

ラジオの周波数をコロコロ変えていたら
懐かしい声が聞こえてきました

番組は くり万太郎のオールナイトニッポン

えーーーまだ 続いていたんだ!!と思うと
かなり嬉しくなって
深夜放送を聞きながら勉強したり 推理小説を読んだり
マンガを読んだりしていた 10代の頃に 飛んでいきました。

あの頃は セイヤングとオールナイトニッポンをはしごしながら聞いていたな~~~。

落合恵子、谷村新司、あのねのね
さだまさしさんがグレープだった頃・・ちよっと下ネタのある 笑福亭鶴光さん

今となっては 誰がセイヤングで 誰がオールナイトニッポンの
パーソナリティだったのかも 忘れてしまったのですが

マンガの くらもちふさこさんの 男の子がかっこよかった事や
陸奥A子さんの 男の子に憧れていたことや
部屋のストーブの暖かさや
アガサ・クリスティの真犯人のこと
白々と明けてくる東の空の明るさ

ラジオを聞きながらの
そう言うもろもろの事 覚えています

くり万太郎さんのオールナイトニッポンは
今月で終わってしまうそうです。
あと6回の放送。
冬は どうしても 少し寝坊だったのが
この放送を知ってから 寒くても4時半に起きられたのに・・・・・残念。


春は いろんな事が 終わったり始まったりの 季節ですね。


オールナイトニッポンのテーマ曲
チャチャチャッ
チャッ チャ チャ チャ
チャッ チャ チャ チャ  

bittersweet samba~ニッポンの夜明け前~bittersweet samba~ニッポンの夜明け前~
(2002/03/13)
Re:Japan

商品詳細を見る

Bittersweet Samba   ビタースウィート・サンバ
懐かし~~~



                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



 


                  





2012/03/18 22:53 えぞももんが

木の根開く

“ 木の根開く ”


一番先に 雪が解け始めるのは 木の周りからなのです。

いつも 木の周りが まるく雪が溶け始めるのは なぜなのだろうか?
と思っていたのですが

先日 新聞にその理由が載っていて 長年の疑問は晴れました。


・・・・3月に入ると日差しがぐんと強まり、幹からの反射によって周りの雪が解ける
    根開けが始まりました。目には見えませんが、根はどんどん吸水を始め、
    樹液の流動が活発になっています。
    木々が芽吹く準備が既に始まっているのです。・・・・



木はどんな時も 静かにそこに立っているのですが
春の日差しをいち早く感じとって
芽吹くために 水を吸い上げている
そう思うと 力強さを感じます。



P1130784.jpg


この時期 カレンダーの日付と 窓からのポカポカの陽ざしに心を許して
軽装で外に出て 風の冷たさに 裏切られることが度々あります
今日も 最高気温は 3℃
まだ 春とは言えない 寒さでした。
それでも 気持は軽く これからやってくる季節に 嬉しくなります。

幾つになっても 何か新しい事を始めたくなったり
パステルカラーの服を買いたくなったり
新色の口紅をつけてみたくなったり
そんな季節になりました。




“ 木の根開く ”
春の季語だそうです。




P1130783.jpg
どことなく フクロウを思わせる 木の模様







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

 



2012/03/16 22:30 えぞももんが

武勇伝

右手が治って 仕事に戻ると周りの人が
「無理しないでね」と 気を使ってくれて
こちらの方が 恐縮しています

そして けっこう骨折経験者がたくさんいることにビックリです

身近では
義理の母

お義母さんは 義父と共に たらこの加工所を営んでいました。
作業中に 手の甲を骨折
「あの時は 本当に痛くて どうやって仕事をしていたか 覚えていないよ」

・・・・・お義母さん そうだったか・・・・


そして 実家の母も 
父と兼業農家をしている時 秋、稲刈りを終えた稲を脱穀している時
手を 脱穀機に挟まれて 骨折
「骨が折れたとすぐ分かったけれど 作業が遅れると みんなに迷惑がかかるから
痛いのを隠して 作業したんだよ」

・・・・・・おかあさん そうだったか・・・・・


2人とも 十分 武勇伝に なります 


昭和の母達は さすがだな・・・すごいな・・・
見習わなくちゃな





こちらは 昨日 網走の出張から帰ってきた主人のお土産
P1130779.jpg
脱獄犯 五寸釘寅吉 豆せんべい


五寸釘寅吉
日本において過去に脱獄を最も多く行った人物。
五寸釘の刺さった板を足で踏んだのだけれど
そのまま捕まるまで十数キロ逃げたという伝説があるそうです。

五寸は・・・・15センチ・・・・凄すぎです。 


いろんな 武勇伝が  あるものです・・・・。
せんべいを食べながら 思いました。


私は 今のところ 語れるような 武勇伝はないけれど
もう少し 腹を据えて頑張ろう!!  と思う きょうこの頃です。





            

                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                             ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





  


2012/03/14 23:40 えぞももんが

グリーンカレー

テレビで 最近グリーンカレーが人気と言っていました。

ココナッツミルク
アジアンなカレー
行ったことのない タイ王国

遠い目になって
無性に グリーンカレーが食べてみたくなりました

で、お昼に 作ってみたのが こちらの
ハウスの「フライパンで10分のグリーンカレー」
P1130777.jpg


本当は 鶏もも肉なのですが ヘルシーに鶏むね肉を使い
    パプリカなのですが 1個198円もするのでチンゲン菜を使い
    茄子なのですが   1本150円もするのでシメジを使って


それでも 結構美味しくアジアンでした 
P1130775.jpg
次男はずいぶん気にいった様です





そして 夕食は 今日 出張中の主人が嫌いな ロールキャベツ
P1130776.jpg
主人の苦手な食べ物は 鶏肉 ロールキャベツ 複雑な味の料理・・・


ロールキャベツは けっこう得意なのだけれど
「お父さん、食べず嫌いなんじゃないの~~?」
と、言いたいところだけれど 言わない方が 平和 平和。


そう言えば 昔 言われたことがあったっけ・・・・

「ももんがさんは 平和主義者」

これは・・・・いいことか? 悪いことか?
まぁ   いいかぁ。 
 







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/03/12 05:45 えぞももんが

千年ごはん

わたしたちは、現在の時間を維持し、少し未来のためのエネルギーを
蓄えるために、食物を摂取する。食べている時間は、少し未来のための
判断停止時間、ひとときの滞空時間、ともいえる。
永遠ではない時間の中の、永遠の一瞬として食卓の時間が存在する。
生きとしいけるものが、食べる食べ物。百年前も、千年前も、万年前も、
もしかすると地球が生まれる以前にも、地球以外のどこかの場所で、
食べ物を食べる生き物がいたかもしれない。

「千年ごはん」 文庫版 あとがきより  ・・・・・抜粋ですが・・・・


千年ごはん (-)千年ごはん (-)
(2011/09/22)
東 直子

商品詳細を見る




春休み中の長男が一週間ほど 函館から帰省していました。


何を食べても 「うまい」と言うようになった。
これは 寮での自炊生活の おかげです。

「料理のレパートリーがもっと増えたらな・・・・」
「野菜を たくさん摂りたいんだけど なかなか大変なんだ・・・」

こういう話を聞くと 母はセッセと 簡単料理レシピをかき集め
クリアファイルに入れて 渡す。



「かわいい子には旅をさせよ」と言うけれど

「作った料理に文句を言わず “美味い”という男にするには 自炊をさせよ!!」
  だな・・・と つくづく思います。 


夕飯は 長男は 何を食べるのかな?






昨日の朝日です
P1130770.jpg


電気料金
水道料金
ガス料金
食費

一年前の 同じ月よりも金額が下回るように生活するのが目標ですが
なかなか 難しい。でも 頑張ります。


「忘れてはいけない日」を 胸に刻んでおくためにしている ほんの小さなことです。







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村




2012/03/09 05:44 えぞももんが

自分にかける ハッパ

1月の末に ツルツル路面で転んで 右手を骨折して
1ヶ月半ほど 仕事を休んでいました。

ギブスの手は 少し不便で
無理をした日は 眠ってから 右手が痛みましたが

この休みの時間は
本当に のんびりできました

いつもなら 朝の時間にしておく夕食の準備も
夕方になってから 夕飯の支度にとりかかることができる
気持の余裕が嬉しかった

好きなラジオをかけながら たまにリクエストしたり
懸賞に応募したり
新聞に投稿したり
図書館にどんどん本を予約したり 

いつもは私の都合に合わせてもらっているけれど
友の都合に合わせて お茶をしたり

両親と雪まつりにも行けた

昨日は 休みの〆として 懸賞で当たった券で 映画を見てきました。


予想外の出来事は 私にたくさんの時間をくれました
・・・・・でも もう 予想外の怪我は いやでして・・・。 


さあ 今日から 仕事 再開です。
夏休み明けの 小学生のように 少しだけ 休みの日々に未練を残し
気持を少しだけ 重くして・・・・
仕事頑張ってきます。
「1日 スタートしてしまえば 後は踏ん切りがつく!!」
・・・そんなことを 心の中で 言い聞かせてる自分が なんだかおかしい  




今、読んでいる本に ハッパかけてもらっています。


下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

     
2012/03/07 15:13 えぞももんが

予想通りと予想外 



  雨が降ること
  気温が高いこと
  風が強いこと


昨年 雪解けの条件を知りました。
暖かい太陽の光りが 燦々と 降り注ぐのではなく
曇っているくらいの方が 雪が溶けやすい・・・。


とても寒く 雪も多かった この冬
春はやってくるのだろうかと・・・・思ったのですが
心配ご無用 ここ数日で 雪解けが進んだような気がします
雪が降っても 真冬とは雪質が違って 湿り気が多く
降った分 すぐ解けてもくれます


1月のセンター試験が終わって 点数がとれなかった次男が
「もう1年 頑張ってみたいんだけど・・・」と言いだしたとき

「えッ!!」と驚き そして 頭の中で考えたこと

2月3月・・・頑張って 仕事をして トラの子のお金を足せば
なんとか 予備校代にはなりそうだ・・・
そんな 皮算用をしていたら1月の末に 右手を骨折して 仕事を休む・・・という予想外の結果に。 


2次試験試験が終わって
「もしかして 合格」だったら嬉しいな・・・・」 などと チラッと 思ったのですが
こちらは 予想通りの結果に。 


う~~~ん  こういうものだな・・・・・。

それでも 右手はもう大丈夫。
今週中には なんとか 仕事頑張れそうです。







                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 



胡蝶蘭も
P1130764.jpg






ラナンキュラスも     (右手を痛めたのをかわいそうに思ったのか 長男が買ってくれました)
P1130766.jpg





花は咲くなり
P1130765.jpg



2012/03/05 16:50 えぞももんが

True Colors

毎週土曜の 午後11時 NHK Eテレで
アンジェラ・アキさんの 語学番組   songbook が放送されています。


この番組は 一度は聞いたことがある洋楽を
アンジェラ・アキさんと一緒に 和訳していき
そして 自分なりの「日本語カバー」を作っていきます。

先週は シンディ・ローパーの「True Colors」

私が知っている シンディ・ローパーさんは
ちょっと・・・いや かなりインパクトがあって 親日家。
その程度だったのですが
この曲の 和訳を聞いて すっかりファンになりました。




そして 私も 和訳に挑戦  


       True Colors


悲しそうな目をしているのね
そんなに 落ち込まないで
私は わかってる・・・・・
あなたを勇気づけることが むずかしい事を


世界はこんなに人であふれかえっているけれど
あなたは その事を 見失っているのね

あなたの内側にある闇が
自分を小さな存在に 感じさせてしまっているのかもしれない


でも 私はあなたの 本当の色を知っているから
その 本当の色で キラキラ輝けることを わかっているから

そして そんなところを 愛しているから

自分の色を出すことを恐れないで
あなたの色は とてもきれい
それは まるで 七色の虹の色のようなのだから

( 和訳  えぞももんが)

True ColorsTrue Colors
(1988/06/15)
Cyndi Lauper

商品詳細を見る
 



アンジェラ・アキさんは どうしょうもなく落ち込んだ時
いつも この曲を聞き 力をもらったそうです。
聞いているうちに 「大丈夫よ」「みんな違っていて いいの」と言われて
抱きしめられているような気がする
アンジェラ・アキさんにとっての ハグソングだそうです。

私の ハグソング・・・・何かな?
この曲も その一曲になりそうです。

それにしても・・・・あ・あ・・・・・もっと 英語を根気よく勉強しておけばよかった。
あの スピード○〇○○○でも やってみようか?
石川遼君 どうでしょうか!!







                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





  

2012/03/02 15:30 えぞももんが

卒業アルバム

3月1日。

昨日は次男の高校の卒業式でした。

卒業式は とても あっさりと終わって
拍子抜けかな・・・と思いつつ

夜 主人と卒業アルバムを見ながら
なぜか 少し無口になりました

たくさんの生徒の中から 宝探しのように
次男の姿をさがし
「あ、いい顔している」と思いホッとする。


高校生活は 次男にとって どんな時間だったのだろうか。

幼稚園 小学校 中学校
学校行事や 少年団 役員の仕事で 
父母の出番はけっこう多くあって よく学校に行きました。

そこで 息子たちの様子を見ながら
学校での様子をだいたい 把握できました。

高校ともなると ほとんど学校に行く機会もなく
本人もめったに 口にしない

ただ たまに耳にした ひとりごとや
少なくない タメイキの数

天びんばかりに
楽しい事と  辛いこと 重さを計ってみる必要もなく
楽しい事ばかりではなかったと察しがつきます

これからますます
親の力は借りられない年になる

でも まずは 卒業おめでとう。



今日は 久しぶりに 「かもめ食堂」を見ました。


サチエさんとミドリさんの会話

「・・・でも ずっと同じではいられないものですよね。
  人は皆 変わって行くものですから」


「いい感じに変わって行くと良いですね」


「大丈夫。 たぶん」





              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


明日は 3月3日 桃の節句

母の作った 吊るし雛
今日で 全員集合です
P1130743.jpg
作   実家の母



食べるものに苦労せず
P1130740.jpg   P1130754.jpg   P1130745.jpg   P1130748.jpg
作    実家の母   



お花のように ほほ笑んで
P1130747.jpg   P1130744.jpg    P1130742.jpg
作    実家の母



いつも 気持を まあるく 毬のように   暮せると いいですね 
P1130749.jpg   P1130750.jpg    P1130751.jpg   P1130752.jpg    P1130753.jpg
作     実家の母