緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

清々しく

両親の住まいの近くに
北海道神宮の頓宮があります。

帰り道に お参りをして帰ります。

最高気温が28℃近くになった 昨日の札幌
境内で 黙々と作業をしている方がいました。
P1140165.jpg
(写真撮ってもいいですか?と尋ねたら 「どうぞ どうぞ~」と言ってくれた おじさん)


6月30日は 夏越の大祓 (なつこしのおおはらえ)・・・・・まえに
友達に教えてもらった!!
夏のおおはらえは 茅の輪潜り(ちのわくぐり)と言って
茅で作られた輪をくぐる
P1140166.jpg
ちょうど 茅の輪を作っているところでした。



看板には こんな説明書きがありました

大祓 (おおはらえ)

人間は生まれて来る時は純粋無垢ですが
成長するに従い知らず知らずのうちに
罪 けがれを犯しています。
その罪、けがれをお祓いし、夏の暑さを
のりきって清々しく、一年の後半を
迎える古来からの大切な神事です。 


「一年の後半を 清々しく迎える」  いい言葉だな。




P1140169.jpg
北海道神宮の頓宮には二対の狛犬があります。

知らなかったのですが
新しい方は 縁むすびの狛犬。
古い方は 子宝に恵まれる狛犬で
札幌では最古の狛犬だそうです。



皆さんの近くの神社さんにも 茅の輪がたっているかも知れませんね。






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



                                               





 

叶えたい夢の話。

子どもの頃 

「大人になって 自分でお給料をもらうようになったら やってみたい事」がいくつかありました。

その中の一つが 思う存分 サクランボを食べること。
めったに食べることができなかった サクランボ
いただき物のサクランボをごちそうになる時は
大事に 大事に 口の中でコロコロ ころがして
味が良くわからなかった

いつか 口いっぱいにサクランボを詰め込んで
種をプププ===ッと 飛ばしてみたい
そう思っていました。

夢をかなえることができたのは
社会人になって 初めてボーナスを頂いた日
夏のボーナスは 7月の第一金曜日と決まっていました。


その頃 通勤に市電を使っていて
市電の停車場に一番近い デパートの食品売り場
そこで サクランボの量り売りをしていることを知っていました。

仕事を終えて 売り場に直行!!
サクランボを両手いっぱい買って帰りました。



一人暮らしの部屋 小さな白いテーブルに
サクランボのお皿を真ん中に置いて
「いただきます」と声に出して一礼
正座をして 食べたのを 今でも思い出します。
種飛ばしも プププ===ッと やってみました。

自力で獲得した 味!!

やってることは めちゃくちゃ子供じみているのですが
「あ~~~大人になったな~~」そう 思った7月初めの金曜日 


brownbearさん  のブログで きれいに並んだ 立派なサクランボを眺めていたら
若かりし頃の あの日のサクランボ 思い出しました。




そうして もう一つの夢は
飛行機に乗って 知らない国に旅行すること
P1140147.jpg
今朝 日の出前に見た 飛行機雲の
行き先は どこだったのだろうか・・・。




ここ最近の 身近な夢は
ニセアカシアの花の天ぷら
仕事に行く途中に 見かけるニセアカシアの木は今が 満開。
でも 手が届きません
P1140145.jpg
天ぷら・・・天ぷら・・・。







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



 
 

駐車場のねこ

マンションの駐車場に 猫が住んでいます。
メス猫だけれど このあたりの ボス。
濃い茶色地に ところどころに 黒い模様があって
のっし のっしと歩く。

人が側を通っても
あわてて逃げて行く様子もなく
餌をねだって すり寄っても来ない


なんとなく 風貌が 狸を思わせるので
私は 彼女のことを 「ぽん」と呼んでいます。

気になることは
一年に2回 お腹が大きくなると言うこと。
見かけた時は いつも お腹に赤ちゃんがいる。

人ごと・・・猫ごとながら
もう骨がボロボロじゃないかと 心配になります。
骨密度 どれくらいだろうか?
歳もずいぶん高齢だと思うけれど・・・。

きっと ポンは
「そんなこと 大きなお世話だ」って言いそうです。


先日見かけたら やっぱり 
お腹を大きくして のっし のっし歩くポン 
久しぶりに 読み返したくなった 本は


ルドルフとイッパイアッテナルドルフとイッパイアッテナ
(1987/05/20)
斉藤 洋

商品詳細を見る



トラックに間違えて乗って東京まで来てしまたルドルフ
「オレの名前はいっぱいあってな~」と言った猫 イッパイアッテナと
 深い友情を結ぶことになり 住んでいた岐阜を目指すお話です。
ここに出てくる 猫や犬や人 みんな 魅力があります。

図書館に 予約しょうかな。


今日は 朝から 快晴です。
布団干しには もってこいの日らしいです。







             今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






折り返し地点の 日曜日

ラジオから
「もう夏至が過ぎてしまったんですね。
 これから 日が少しずつ短くなると思うと もう寂しく感じているのは私だけでしょうか?」と、聞こえてきました 


梅雨がない 北海道ですが やっぱり天気がぐずつくことも多い6月
“蝦夷梅雨”と言われることもあります

今日も 曇り空で 少し肌寒い 日曜日
今週で 6月も終わってしまうのに・・・
夏らしくなるのはいつだろう
ついつい 愚痴りたくなるのを グッとこらえて
家の中の小物を 少し 夏に変えてみる

なんと言っても 暑さは これからが本番
肌寒いと言っても 雪が降るわけじゃない


玄関は 魚を泳がせて 水族館風に
P1140135.jpg
作   実家の母
もとは 水色の台紙の上に 張り付けてあった 魚たち
台紙が色あせてきたので 思い切って 壁に泳がせて見ました


隅っこに 貝がらも ちょこっと 
P1140136.jpg




居間の壁にも 一匹、泳がせて
こちらは 金運効果がありそうな
黄色いフグ
P1140139.jpg

 

トウキビ人形も 出しました
P1140138.jpg
作   実家の母


ごそごそ作業をしていると
「あ・・・なんだか 久しぶりに ゆっくり過ごせている気がする」と
予備校生の次男が 休憩にやってきました。

 「そうかもしれないね」と しみじみ返事をして
 「お昼は 冷やし中華と焼きうどん どっちがいい?」と聞き
冷やし中華に決定されました。



朝に行った 森では


2本の花穂が出て咲くことから名前が付いた
フタリシズカ
・・・・なのに 3本咲いていて かしましい。
P1140131.jpg
花言葉   いつまでも一緒に
(この花の名前の由来・・・調べてみてください
 少し 怖いんです・・・。)



家に帰ってきて そのあと 
久しぶりに 「手作りなめたけ」を作りました

P1140128.jpg

これは 以前 cherish さんのところで 知ったレシピです。

≪作り方≫

  えのきだけ2房 さっと湯がきます

  醤油・みりん・お酒(各大さじ6)、砂糖小さじ1
  の中にえのきだけを入れて
  一度沸騰させ、そのあと弱火で5分グツグツグツ・・・
  酢・小さじ1入れて 出来上がり 
  



こんな風に ゆるり ゆるり と過ごしていたら
少し 日がさしてきました。
さあ そろそろ 冷やし中華 作ろうか
とりとめのないこと 書きましたが・・・


6月最後の日曜日
皆さんも 少し のんびりしてください。
P1140133.jpg
おまけ・・・・今朝見つけた 四葉のクローバー。







              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                    にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



じかきむしのぶん


森を歩いていると 
これは なんだろうな・・?と
思っていた 葉っぱがあります
いろんな木に見られるのですが

すこ~し ぶつぶつで 気持ちが悪くて

ニキビができた葉っぱの様な・・・・ 

こんな感じ
P1140129.jpg
ひぇ~~~やっぱり 気持ち悪い 


これは 「虫コブ」と言って ダニやアブラムシなどいろいろな虫が
植物に寄生してできるそうです。



やっぱり 虫だったか・・・
葉に産みつけた 虫の卵で 思い出す絵本は




じかきむしの ぶん (こどものとも絵本)じかきむしの ぶん (こどものとも絵本)
(2008/04/30)
松竹 いね子

商品詳細を見る



おひさま いっぱいの なつ
もりの こみちは いいにおい

おはなが いっぱい
はっぱも いっぱい

「ここが いいわ」
とんできたのは じかきむしの
おかあさん。
おいしい はっぱのなかに
たまごを ぷちんと うみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



やがて 卵から出てきたのは じかき虫のぶん
葉っぱをさくさくたべて ウンチもぽとぽとして
食べた葉の部分が まるで文字のように見えてくる 
それで・・・・じかき虫のぶん



この絵本は 夏が来るたびに 息子たちに
繰り返し読んだ本です


夏草の匂い
ジリジリと照りつける 太陽
市民プールで食べたアイス
息子たちの 汗の匂い

そんな夏の もろもろを 思い出す一冊です。


まだ少し 肌寒い日が続いている北海道

今年の夏は 暑いかな?






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





 

6月の森の木々

6月の中旬の森は 春の花が終わり 夏の花たちが咲く 一歩手前

花よりも 木々の葉の色が新鮮に映ります



秋になって 葉が落ちると 綿菓子の様な香りがする
カツラの木
P1140114.jpg
今の季節も 通りすぎると ほんのり甘い香りがします




春に花が咲く ハルニレの木  
英国では エルムの木というそうです
P1140116.jpg




葉の大きな ホウノキ
P1140117.jpg






こちらは 栗の木 
このあたりにある 栗の木は 北限付近の栗だそうです
P1140118.jpg






ドングリがなる ミズナラの木
P1140119.jpg





それでも こっそり 花たちも咲いていて

可愛い黄色い花は 帰ってきて調べてみると
「キツネノボタン」という ぴったりの名前がついていました
P1140113.jpg
つぼみが 小さなキツネの洋服のボタンの様です


ランの一種だと思うのですが 名前はわかりません
P1140122.jpg




瑞穂の池で リユックに入れて行った
ターシャ・デューダーの本を読みました。
友人に貸して 帰ってきた本
読み進めると ところどころに 可愛いシ―ルが貼ってある 
「これ!」と思った 言葉に目印をしてくれている

その中から 2つ



家事も仕事も完璧になんて、いくわけがありません。
そもそも、わたしには、完璧にこなしているものなんて、
ひとつもないわ。
ただ、問題が起きたらそれを克服しようとベストを尽くし、
仕事では絵の腕を上げようと努力しているだけ。
だいたい、世の中に、完璧なものなんて、まずないでしょう
完璧なのは、開花したばかりの花や、
生まれたばかりの赤ん坊くらいじゃない?



生きていれば、落ち込もこともあります。
状況を好転できると思ったら、ぜひ努力すべきです。
でも、変えられないなら、
それを受け入れて歩み続けるしかありません。
何があっても「生きていることを楽しもう」という気持ちを忘れないで。




本を読みながら 少し ウトウトして その後 あわてて帰ってきました 
のんびりできました 



おまけ・・・・・ハートの形に くりぬかれた 虫食いの葉
P1140107.jpg








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村  

佐々木 十美 さん

昨日の新聞に 「北海道」の名付け親
松浦武四郎さんのことが 載っていました。

アイヌの人々が自分たちを「カイ」と呼んでいたことから
当時の蝦夷地を「北加伊道」 (ほっかいどう)・・・“北のアイヌの人たちの大地”の意
と呼ぶよう提案。そのため 「北海道の命名者」と知られているそうです。

北海道の地名は アイヌ語から由来しているものが多く
読み方が 難しいものがたくさんあります。


たとえば、稚内に近い 音威子府村 は “オトイネップ”と呼びます
ここは 松浦武四郎さんが 「北海道」と命名した場所。


倶知安町 は “クッチャン” 
近くに ニセコアンヌプリや羊蹄山があります


弟子屈町 は “テシカガ ” アイヌ語の「テシカ・カ」(岩盤の上)が由来だそうです

北見市に近いところに 人口3、300人程の小さな町があります。
名前は 置戸 “オケト” 町
面積の80%が森林で 木を使った 「オケクラフト」と呼ばれる工芸品 食器 お弁当箱が
有名です。
この小さな町の給食センターに 40年間管理栄養士として 働いていた 佐々木 十美(とみ)さん
と言う方がいます。
40年の間 同じ献立を出したことがなく
子どもたちの健康 味覚 のために 信念を持って 給食を作っているうちに
NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀に出演するほどまでに
有名になったのです。


先日 講演会を聞いてきました。
きゃしゃで小柄な体格でしたが 力強い!
人からは たまに 「鬼」と言われる事もあるそうで 

出汁のとり方
添加物の話
味覚の話

どれも 興味深く 聞きましたが
やっぱり 一番は 「信念を持って 続けていると いつか実を結ぶ」
それが 伝わってきたことです。
どんなに小さな町に居ても
夢は 叶うと言うことなんですね。
凄いです。




おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63
(2010/05)
佐々木 十美、 他

商品詳細を見る







北海道・・・今年も 野菜が 育っています
P1120522.jpg
ちょうど1年前の 美瑛の丘 より










                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村











時知らず

時知らず・・・・

ちょっと ロマンチックな響きですが
鮭のことです。
本当なら 鮭の旬は秋なのですが
春から夏にかけてとれる鮭、 「時を知らずに上ってきた」ので
時知らず とか 時鮭 とか呼ばれています。

お腹に 白子やイクラを抱えていないので
実は 身に脂がのっていて 秋のものより美味しいのです。

馴染みの魚屋さんで 「今日は 時にするかい?」と勧められ
今日は 時知らず。

 

タニタの社員食堂のレシピを何個か ドッキングして
時知らずの パン粉焼きにしました。
P1140098.jpg

① 鮭の水分を拭き取り 塩胡椒
② トマトは細かく切って レタスは千切り
③ パン粉を細かく砕く
④ ①にうすーく マヨネーズを塗り パン粉をつけて
⑤ フライパンにスライスしたニンニクを数枚入れ オリーブオイルで鮭を焼きます


今日は市販の 和風ドレッシングをかけてみました。


時知らずと言う名ですが 本当は ちゃんと季節を知ってやって来たから
こんなに脂がのっているんだろうな~~
レタス・トマトも 美味しい季節になりました。



コウリンタンポポも 今が満開
P1140102.jpg
花言葉 ・・・・・ 眼力!!(なんでだろう??)







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



 


 

初夏の動物園

初夏と秋の初めの 年に2回
両親と 動物園に行きます。

一回では 回りきれないので 2回に分けて 園内をゆっくり歩きます。


昨年 お母さんにぺったりくっついていた
ボルネオオランウータンのハヤトくんは2才になって
一人で コロコロと遊んでいました 
P1140086.jpg




先入観とは恐ろしいもので
こんな ニッコリ顔なのに みんな 彼を見ると
「あ・・・ハイエナだ。何か たくらんでるねきっと」と言われてしまう
P1140092.jpg





ポニーがこちらを見ている 喫茶コーナーで
一休みしました。 
P1140096.jpg




帰りのタクシーで 運転手さんが 教えてくれたこと

「アカシアの花 咲いていますね。
 あんまり知られていないんですけど
 アカシアの花を天ぷらにすると 美味しいんですよ。
 あの花は けっこうきつい匂いがするけど 天ぷらにすると
 さっぱりしていますよ
 見かけたら 試しに天ぷらにしてみてください」

・・・・と言う具合に アカシアの天ぷらを とっても勧められました 
 北海道で咲いている アカシアは本当は 「ニセアカシア」と言われているものだそうです。


アカシアの花と言えば・・・・ 

西田佐知子さんが歌っていた

 アカシアの雨にうたれて
 このまま 死んでしまいたい  の
 少し切ない 大人の恋のイメージ


そうか・・・天ぷらにすると 美味しいのか!!
すっかり 見る目が変わりました


ハイエナも みんなから 見る目を変えてもらると いいのにね


札幌は ライラックから アカシアの花の季節です。
ルピナスも よく目にするようになりました。


明日から 北海道神宮祭です。
P1140097.jpg
初夏から 夏になりつつあります。







                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村







           
                

数字

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びた
メモが留められていた・・・・記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。
博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。
数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない
日々は驚きと歓びに満ちたものにかわった。あまりに悲しく暖かい、
奇跡の愛の物語。

博士の愛した数式    小川洋子
新潮文庫 裏表紙より  

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る




この小説は 売り返し読みたくなる本の1冊です


数学は苦手で 高校の時、 数Ⅲは とるレベルに無く
高校3年に数Ⅰにもう1度 戻る・・・そんな具合でした




博士が 「きみの靴のサイズをいくつかね」と尋ね
「24です」と答えると
「ほお、実に潔い数字だ。4の階乗だ」博士は答える。


「君の電話番号は何番かね」と尋ね
「576の1455です」と答えると
「576の1455だって?素晴らしいじゃないか。
 一億までの間に存在する素数の個数に等しいとは」
 いかにも感心したふうに、博士はうなずいた。


「君の誕生日は二月二十日。220、実にチャーミングな数字だ。」

この本を読んでから ふと目にした数字の中から 潔い数字を見つけたり
素数を探したり チャーミングな数字を考えたりするのが 癖になりました。


整形外科で 「中敷きの外せる靴を探してください」と言われた母
母の靴のサイズは 21・5・・・・このチャーミングすぎる靴のサイズ
なかなか売っていません・・・探すのに 苦戦しています。


私の誕生日は 5月10日。
自分では けっこう 潔い 数字じゃないかと思っているんですが

博士なら なんて言うだろうか?



 P1140045.jpg






                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


雨の日。

今日は 久しぶりに 雨でした。
雨の日が多いと ついつい文句も出てしまうのですが

晴れの日が続いた その後に 今日の様な静かな雨の日があると
少しホッとするような
落ち着くような
そんな気持ちになります。

6月に入って モリモリ 本が読みたくなって
図書館に 本の予約を入れています

今読んでいるのは

はじめての文学 宮本輝はじめての文学 宮本輝
(2007/02)
宮本 輝

商品詳細を見る


以前読んだ 宮本輝さんの「三十光年の星たち」は 読んだ後 清々しくて
元気が出る 小説でした。

この本に収録されている 物語は
切ないものが多いです

星々の悲しみ
トマトの話

こころに ドスンと沁み込む感じで
今日の様な 雨の日に 読むのが ぴったりかもしれないなと思いました。



雨の日は ピアノが弾けたら 久しぶりに 一曲 弾いてみたり
ミシンで 何か サササッと 手仕事をしたり
そう言う過ごし方も あこがれますが

残念ながら ピアノは弾けない・・・ ミシンも苦手・・・
なので また 本の続きを読んでいます。
ミシンの練習・・・・いつかしょう・・・。





私がもらうことになっている シンガーのミシン。
P1140071.jpg
私と 同い年 ぐらいかもしれません


ここに 羽のついた スフィンクスがついています 
P1140072.jpg
 





               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



勝ち飯

オリンピック・・  サッカーのワールドカップ・・
そう言った 類のものが大好きで

今から もう来月に迫っている ロンドンオリンピックが楽しみです!!

子どもの頃 オリンピックは “ たくましいお兄さん お姉さんが出るもの ”
そう思っていたのですが

いつの間にか 選手たちの年齢は 息子たちの歳頃になってしまいました。
なので 我が子を応援するモードで 力が入ります

“ ガンバレ!! ”

味の素のCM がんばれ!ニッポン!の、カラダ で、使われている曲は


人にやさしく/ハンマー人にやさしく/ハンマー
(2002/02/06)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る



   人にやさしく      作詞・作曲   甲元 ヒロト



気が狂いそう やさしい歌が好きで
ああ あなたにも聞かせたい
このまま僕は 汗をかいて生きよう
ああ いつまでもこのままさ
僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中から
ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!

人は誰でも くじけそうになるもの
ああ 僕だって今だって
叫ばなければ やり切れない思いを
ああ 大切に捨てないで
人にやさしく してもらえないんだね
僕が言ってやる でっかい声で言ってやる
ガンバレって言ってやる
聞こえるかい ガンバレ

やさしさだけじゃ 人は愛せないから
ああ なぐさめてあげられない
期待はずれの 言葉を言う時に
心の中では ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!


CMで流れている箇所
 「このまま僕は 汗をかいて生きよう
   ああ いつまでもこのままさ」のところが 好きです  


このコマーシャルでは アスリートが食べる ごはんが出てきます。
「何を食べるか」ではなく、「何のために食べるか」を考えながら、美味しく食べて
カラダづくりを行う食事、それが 「勝ち飯」だそうです。


「勝ち飯」までは行けないけれど  今日の 「力弁当」 

P1140063.jpg

メインは アスパラの豚肉まき


アスパラをさっと湯がき
豚こま肉を 巻きつけます (最後にギュッと握ると落ち着きます)
小麦粉をまぶして フライパンで焼きます
味付けは つゆの素、 ポン酢、 焼き肉のたれ、シンプルに塩コショウ・・・お好みでどうぞ

 大根おろしを添えて 夕食の一品にもなります
        アスパラが 美味しい季節です。







               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



6月 最初の日曜日。

いい天気が 続いています。

風は少し冷たくて強めで 帽子が飛ばされて
あわてて 追いかけて行かねばならないのが 玉にきずですが・・・

緑が少しずつ 濃くなってきて
新緑の部分と 相まって その濃淡がきれいです。


日曜日は いつもより多めに  森の中を歩きます

タンポポは 花から 綿毛へ
P1140057.jpg
背の高いセイヨウタンポポが綿毛になったら 友人に
種を送る約束をしているので 楽しみなのですが
西洋タンポポは もう少し先の 開花 



どんぐりの木に成長する ミズナラの赤ちゃん?
どんどん大きくなって
今年は どんぐりが たくさんなりますように!
P1140059.jpg
昨年の秋は どんぐりの “ふなり年”で 熊や小動物が
食べ物に苦労した年でした。







今日も 嬉しい事に  森でフクロウに会う 
P1140060 - コピー







忘れな草は 布地の柄にしたくなる花です    
P1140061.jpg


先日見た ベニシアさんの「猫のしっぽカエルの手」に出てきた
詩を 思い出しました。

イギリスの 詩人ウィリアム・ブレイクの 詩の一節

一粒の砂にも世界が
一輪の野の花にも天国がある
きみの手のひらには無限があり
ひとときのうちに永遠がある






                 

                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



ツツジの香り

札幌は ツツジがきれいに咲いています。

自転車に乗っていると フ~ッと、どこからか甘いツツジの花の香りがしてきます。
少し きついぐらいに甘いこの香りですが
私はいつも この香りをかぐと 
深呼吸したくなるくらい懐かしくなるのは

実家の庭にも エゾヤマツツジがあって 
子どもの頃 花をそっととっては 蜜を吸っていたことを
思い出すからなんだろう・・・と、思います。


両親が、長年住んでいた 道北の街を離れ
札幌の私の家の近くに 引越しをして
この6月で 丸2年になります。

両親と同じように 住み慣れた土地を離れ
子どもの側へ 引越したものの
結局 もとのところへ 帰って行く・・・そんな話を たびたび聞きます。

両親も たぶん 庭が懐かしく ご近所さんが恋しく そんな日も多いと思うのです
でも 口にはしない
娘としては たまに 言ってくれてもいいとだけれど

「行きたいところへ行って 食べたいものを食べて 着たいものを着て
 畑仕事も 飽きるほどしたから じゅうぶんだね」 と言うけれど

たまには  愚痴を言ってもいいよ、と思います。

どうすることが 一番幸せだったか?と、過去形で考えず
どういう風に していこうか?と、みんなで その都度 考えていく。
そう 思っています。
 



両親と 温泉に行ってきました。
P1140050.jpg
私は 子どもの頃と 同じように 3回お風呂に入って
揚げ膳据えぜんを満喫しました。


昔話や 日ごろの話 いろいろしました。

父は5人きょうだいの長男
母は9人きょうだいの末っ子

共に親が 戦争時中 今よりもっともっと 農作物の弱かった頃の農業で
子育てをしている姿を見ているので
自分たちの苦労など 苦労ではなかったと言います

私は 兼業農家をして 子育てをしてくれた 両親を見ているので
今の自分は まだまだだな・・・と思います 

私たち夫婦の暮し向きは どんな風に 息子たちに
伝わっているか ・・・・。

そう 考えると 同じ方の手と足が出る 行進のようになってしまいそうなので
考えないことにして  

今日から 6月。
水無月。
さあ がんばろう。


窓から 遠くのエゾヤマツツジのオレンジ色がきれいに見えます。
P1140053.jpg







                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村