緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年06月  1/1

清々しく

両親の住まいの近くに北海道神宮の頓宮があります。帰り道に お参りをして帰ります。最高気温が28℃近くになった 昨日の札幌境内で 黙々と作業をしている方がいました。(写真撮ってもいいですか?と尋ねたら 「どうぞ どうぞ~」と言ってくれた おじさん)6月30日は 夏越の大祓 (なつこしのおおはらえ)・・・・・まえに友達に教えてもらった!!夏のおおはらえは 茅の輪潜り(ちのわくぐり)と言って茅で作られた...

  •  11
  •  closed

叶えたい夢の話。

子どもの頃 「大人になって 自分でお給料をもらうようになったら やってみたい事」がいくつかありました。その中の一つが 思う存分 サクランボを食べること。めったに食べることができなかった サクランボいただき物のサクランボをごちそうになる時は大事に 大事に 口の中でコロコロ ころがして味が良くわからなかったいつか 口いっぱいにサクランボを詰め込んで種をプププ===ッと 飛ばしてみたいそう思っていました...

  •  8
  •  closed

駐車場のねこ

No image

マンションの駐車場に 猫が住んでいます。メス猫だけれど このあたりの ボス。濃い茶色地に ところどころに 黒い模様があってのっし のっしと歩く。人が側を通ってもあわてて逃げて行く様子もなく餌をねだって すり寄っても来ないなんとなく 風貌が 狸を思わせるので私は 彼女のことを 「ぽん」と呼んでいます。気になることは一年に2回 お腹が大きくなると言うこと。見かけた時は いつも お腹に赤ちゃんがいる。人...

  •  14
  •  closed

折り返し地点の 日曜日

ラジオから「もう夏至が過ぎてしまったんですね。 これから 日が少しずつ短くなると思うと もう寂しく感じているのは私だけでしょうか?」と、聞こえてきました 梅雨がない 北海道ですが やっぱり天気がぐずつくことも多い6月“蝦夷梅雨”と言われることもあります今日も 曇り空で 少し肌寒い 日曜日今週で 6月も終わってしまうのに・・・夏らしくなるのはいつだろうついつい 愚痴りたくなるのを グッとこらえて家の中...

  •  10
  •  closed

じかきむしのぶん

森を歩いていると これは なんだろうな・・?と思っていた 葉っぱがありますいろんな木に見られるのですがすこ~し ぶつぶつで 気持ちが悪くてニキビができた葉っぱの様な・・・・ こんな感じひぇ~~~やっぱり 気持ち悪い これは 「虫コブ」と言って ダニやアブラムシなどいろいろな虫が植物に寄生してできるそうです。やっぱり 虫だったか・・・葉に産みつけた 虫の卵で 思い出す絵本はじかきむしの ぶん (こども...

  •  4
  •  closed

6月の森の木々

6月の中旬の森は 春の花が終わり 夏の花たちが咲く 一歩手前花よりも 木々の葉の色が新鮮に映ります秋になって 葉が落ちると 綿菓子の様な香りがするカツラの木今の季節も 通りすぎると ほんのり甘い香りがします春に花が咲く ハルニレの木  英国では エルムの木というそうです葉の大きな ホウノキこちらは 栗の木 このあたりにある 栗の木は 北限付近の栗だそうですドングリがなる ミズナラの木それでも こっ...

  •  16
  •  closed

佐々木 十美 さん

昨日の新聞に 「北海道」の名付け親松浦武四郎さんのことが 載っていました。アイヌの人々が自分たちを「カイ」と呼んでいたことから当時の蝦夷地を「北加伊道」 (ほっかいどう)・・・“北のアイヌの人たちの大地”の意と呼ぶよう提案。そのため 「北海道の命名者」と知られているそうです。北海道の地名は アイヌ語から由来しているものが多く読み方が 難しいものがたくさんあります。たとえば、稚内に近い 音威子府村 は...

  •  10
  •  closed

時知らず

時知らず・・・・ちょっと ロマンチックな響きですが鮭のことです。本当なら 鮭の旬は秋なのですが春から夏にかけてとれる鮭、 「時を知らずに上ってきた」ので時知らず とか 時鮭 とか呼ばれています。お腹に 白子やイクラを抱えていないので実は 身に脂がのっていて 秋のものより美味しいのです。馴染みの魚屋さんで 「今日は 時にするかい?」と勧められ今日は 時知らず。 タニタの社員食堂のレシピを何個か ドッ...

  •  8
  •  closed

初夏の動物園

初夏と秋の初めの 年に2回両親と 動物園に行きます。一回では 回りきれないので 2回に分けて 園内をゆっくり歩きます。昨年 お母さんにぺったりくっついていたボルネオオランウータンのハヤトくんは2才になって一人で コロコロと遊んでいました 先入観とは恐ろしいものでこんな ニッコリ顔なのに みんな 彼を見ると「あ・・・ハイエナだ。何か たくらんでるねきっと」と言われてしまうポニーがこちらを見ている 喫...

  •  10
  •  closed

数字

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた・・・・記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものにかわった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。博士の愛した数式    小川洋子新潮文庫 裏表紙より  博...

  •  12
  •  closed

雨の日。

今日は 久しぶりに 雨でした。雨の日が多いと ついつい文句も出てしまうのですが晴れの日が続いた その後に 今日の様な静かな雨の日があると少しホッとするような落ち着くようなそんな気持ちになります。6月に入って モリモリ 本が読みたくなって図書館に 本の予約を入れています今読んでいるのははじめての文学 宮本輝(2007/02)宮本 輝商品詳細を見る以前読んだ 宮本輝さんの「三十光年の星たち」は 読んだ後 清々し...

  •  14
  •  closed

勝ち飯

オリンピック・・  サッカーのワールドカップ・・そう言った 類のものが大好きで今から もう来月に迫っている ロンドンオリンピックが楽しみです!!子どもの頃 オリンピックは “ たくましいお兄さん お姉さんが出るもの ”そう思っていたのですがいつの間にか 選手たちの年齢は 息子たちの歳頃になってしまいました。なので 我が子を応援するモードで 力が入ります“ ガンバレ!! ”味の素のCM がんばれ!ニッポン...

  •  16
  •  closed

6月 最初の日曜日。

いい天気が 続いています。風は少し冷たくて強めで 帽子が飛ばされてあわてて 追いかけて行かねばならないのが 玉にきずですが・・・緑が少しずつ 濃くなってきて新緑の部分と 相まって その濃淡がきれいです。日曜日は いつもより多めに  森の中を歩きますタンポポは 花から 綿毛へ背の高いセイヨウタンポポが綿毛になったら 友人に種を送る約束をしているので 楽しみなのですが西洋タンポポは もう少し先の 開花...

  •  8
  •  closed

ツツジの香り

札幌は ツツジがきれいに咲いています。自転車に乗っていると フ~ッと、どこからか甘いツツジの花の香りがしてきます。少し きついぐらいに甘いこの香りですが私はいつも この香りをかぐと 深呼吸したくなるくらい懐かしくなるのは実家の庭にも エゾヤマツツジがあって 子どもの頃 花をそっととっては 蜜を吸っていたことを思い出すからなんだろう・・・と、思います。両親が、長年住んでいた 道北の街を離れ札幌の私の...

  •  14
  •  closed