プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/12/31 16:13 えぞももんが

どんな年にしょうか?

思い返せば 年の初めに引いたおみくじ

大吉

春風の 吹けば
おのずと 山かげの
梅も桜も 花はさく なり



心をかたくもって 一時の不運にあわて騒ぎ思いまようてはいけません
本業をよくまもって静かに時の来るのをまちなさい
開運うたがいありません



私は このおみくじに ずいぶん励まされました。
北こぶしの花が咲き  梅の花と桜の花が咲く頃も

きっといつか 花が咲く・・・。


「なかなか 花が咲かないじゃないか!!と
少し やけになった頃 友が代わりにひいてくれた おみくじ


小吉

晴れ渡る 月の光にうれしくも
行手(ゆくて)の道の さやか なりけり

暗くて見えない道も月がさし初め 明るくなる如く幸福次第に加わる運ですから
あせらずさわがず静かに身を守って進むべき時に進んで何事も成就すべし

そして このおみくじにも 励まされたのです
暑い夏が来て 涼しい秋風が吹く頃も たまにこのおみくじを開いては
読み返しました。

ほんのちょっとしたことで 元気になれる

今年 花が咲いたかどうか? 目に見えないほどの 花が咲いたかもしれないし
咲かなかったかもしれない 。

新しい年は どんな年にしようか?

どんな年になるか・・・?と不安がるのではなく
どんな年にしょうか!!で 行こう!!

遠くから そんな声が聞こえてきました。

そうしょうね!!
P1000255.jpg
作   実家の母


今年も ここに立ち寄ってくださって 本当にありがとう
たくさんの コメントもありがとうございました。
元気を頂きました。


新しい年 佳い年にしましょう 


P1000253.jpg




                 今年も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


 
2012/12/29 15:41 えぞももんが

教科書にした2冊。

主人の仕事納めが昨日
次男は 冬期講習に入り 午後からの予備校通いなので
今年の お弁当作りも 昨日が作り納めでした。

昨年 一昨年と 秋に体調を崩した主人は
体重を落とすため ずいぶん小さい お弁当になりました。

食事面でサポートした事は
タニタ社員食堂の本を2冊買い求め

作る予定のレシピに付箋をし
作った後に印をつけて 
家族の反応を 一行 書き込む

全レシピ制覇が目標でしたが
75% ・・・・ほどの達成。
P1000248.jpg
春も 夏も 秋も  開いた
教科書になった2冊はすっかりシミだらけ。
このシミが 少し 愛おしい。




口にするものが 「美味しい」と感じることが
元気の素
やっぱりそう考えます


「美味しいね」と言ってもらえるご飯を 何時も作れること
それが 目標・・・・・難しい。




P1000237.jpg   P1000233.jpg   P1000223.jpg   P1000222.jpg   P1000214.jpg   P1000213.jpg   P1000208.jpg   P1000207.jpg   P1000206.jpg    P1000201.jpg    P1000247.jpg   P1000180.jpg   P1000182.jpg   P1000197.jpg   P1000199.jpg   P1000200.jpg   
こうして見ると なぜか おにぎりばかり作っていたぞ??と 思います。







                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



2012/12/27 15:48 えぞももんが

エッセイより


クリスマスが過ぎて お正月が来る前の
27日28日 あたりは ほんの少し
ぽっかりと 静かな時間が過ぎて 昔から好きです。

お昼を食べた後 知らないうちに ウトウトしていたり
読みかけのエッセイを開いたり

そう言うことが 少し許されるような
そんな 感じです。


今、読んでいる 小川洋子さんの エッセイに

“ただごとじゃない人生”と言う 章があります。

文中より抜粋ですが・・・・・・・・・・



・・・そして私は、最も尊敬する作家、須賀敦子さんのご本『遠い朝の本たち』(筑摩書房)にあった
一節を思い出した。学生時代の同級生で、修道女になった友人しげちゃんと、久しぶりに再会する場面。
“・・・・・ほんとうにあのころはなにひとつわかってなかった。と私があきれると、しげちゃんは
ふっと涙ぐんで、言った。ほんとうよね、人生って、ただごとじゃないのよね、それなのに、私たちは、
あんなに大いばりで、生きてた。”
再会からひと月もしないうちに、しげちゃんは昇天した。
若い時は大いばりで生きていればいい。少しずつ、ただごとでないのが分かってくる。
何の前触れもなく、静かに試練はその人の背中に舞い下りてくる。仕事で取り返しの
つかない失敗もするだろう。大事な人を失うこともあるだろう。でも慌てる必要などない。
必ず救いの道は用意されていて、それを探すことこそが、生きることなのだから。



わたしも 若い頃 おおいばりで生きていました。
いま思い返せば 穴を掘って 隠れたくなるような
鼻息荒いことも言っていました。
そして 歳を重ねて行くうちに・・・・本当に 人生は “ただごとじゃい” そう思います。

「でも慌てる必要などない。」

 そうだな・・・・慌てることはない。

慌ただしい 年末に この本が読めて よかった 





玄関もお正月飾りの前の ほっとひと時
P1000246.jpg

布のフクロウ・木製フクロウ 作  実家の母







                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                             ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



2012/12/26 16:51 えぞももんが

クリスマスの次の日は

とても 寒かった クリスマスの次の日は
猛吹雪でした

長男の後期学費の引き落としが明日・・・・・・。
お金が出ていく話なので
延ばし 延ばし にしていたら
こんな吹雪の中 どうしても 出かけなくては ならない羽目になりました。

次男に
「お母さんは 兄ちゃんの学費を振込に これから 吹雪の中 行ってくるから」と告げ

「なんで 俺に言うの?」と聞かれ

「強い決意を持って行かねば くじけそうだから・・・」と言って 出かけました。

P1000240.jpg

歩道は 人ひとり通れるだけの幅。
前は 見えません。

向こうから歩いてきた 知らない人だけれど 同じ年頃の女性とすれ違う時 会話

 「すんごい ですね」

ももんが  「遭難しそうです」

 「こんな日に 出歩くなんて わたし バカみたい」

ももんが   「わたしも・・・・」

2人で 吹雪の中 大笑い  ・・・・・・口の中 雪がたくさん入りました


無事 今回も学費を払うことができて 
家に帰り 暖まったら ホッとして 
からだが ゆるゆるになりました



そのあと
 毎年 クリスマスの次の日に 見る

小田和正さんの  「クリスマスの約束」
今年で 12回目になるそうです。
少しずつ 少しずつ  性格が丸くなっていく 小田さん。

昨年のような メドレーもいいけれど
今年のように 一曲 一曲 じっくり聞く クリスマスの約束が好きだなぁ・・・・。

この曲は・・・・
たしかなことたしかなこと
(2005/05/25)
小田和正

商品詳細を見る

イントロを聞いただけで
涙が出そうになる






                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



2012/12/25 05:58 えぞももんが

冬景色

今朝の 北海道は とても冷え込んでいるようです

札幌は-13.5℃
旭川は-28℃???  今、ラジオの天気予報士さんがそう言った気がしたのですが 本当でしょうか?


子供の頃 -20℃になると 学校の登校が2時間遅れになり
外に出ると すぐ まつ毛が凍って
鼻の穴が ピタッとくっついてしまったのを思い出します。



寒さはこれからが本番ですが
冬至を過ぎ 陽が少しずつ長くなると思うと
嬉しくなります

P1000224.jpg





クリスマスイブの昨日は 年賀状を作って
その合間に 森へウォーキング
顔にピリピリささるような寒さ

雪がほどよくかかった松は
クリスマスツリーのようです
P1000226.jpg
いつものように ウォーキングしている人とすれ違って
クリスマスイブだけど 「いつも通り」が なんだか 嬉しい感じです。







雪囲いをされたツツジの上に雪が積もって
こちらは「かさこじぞう」の お地蔵様のよう。
P1000230.jpg





夕方から次男は予備校だったので
少し早目の クリスマスの夕食

「友達に A判定が出たけれど 自分はまだまだだ
 不安だな・・・」という

「結果はどうあれ 来年は きっと 楽しく過ごしているよ」と

主人と私は  ありきたりだけれど 本当にそう思うことを 言葉にして

時折 上の階の 子供たちの歓声が聞こえてきて
サンタクロースを待って
ハイテンションになって はしゃいでいる姿を 想像しながら

わが家は いつもより 静かに 普通に クリスマスイブが 過ぎていきました。




こちらは 今朝の風景
P1000234.jpg
冷え込みが厳しければ 厳しいほど
空は青く 木々は樹氷のようになっていました。
いつもなら 2月くらいの寒さです。 







                    今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                               ↓
                          にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



2012/12/23 13:49 えぞももんが

こころ旅


いつも楽しみにしている 火野正平さんの NHK・BSプレミアム にっぽん縦断 こころ旅
来年の1月7日までお休みで 少し寂しいです。

この番組で 「人生 下り坂 最高だ」と言うことと
人にやさしい ゆるさがあること を知って
すっかり 火野正平さんを好きになりました。



長男は 今年の春から夏にかけての3か月ほど 九州に行っていました。

173日目からの 大分県の “こころ旅”で 火野正平さんが旅したルートは
長男がお世話になった 土地が出てきました。

午前中は海に出て海水のサンプルを取り 午後は顕微鏡でデータを取る生活

円形脱毛症が数か所 頭にできて以来
思い切って 丸坊主にしている 長男

土地のおじいさんが 「あんたは 自衛隊の人かい?」と聞いてきて
「いえ、北海道の大学から来ている 学生です」と答えて驚かれたこと


一軒家を借りて住んでいたけれど
寝ていたら 天井から わらじ虫が ドサッと降ってきたこと 


日曜日 窓を開けて寝ていたら
となりに住む おじいさんが 顔を出して
「今日は 町の清掃の日だよ」と教えてくれて 清掃に参加した事

夏祭りに誘われて盛り上がったこと

ごまだしのみそ汁が美味しかったこと

本当に親切にしていただいたようで
もろもろの九州の話を 私は 嬉しく 楽しく聞きました。

大分から帰って来た長男は 真っ黒に日焼けして
たくましい 海の男になっていました。





正平さんの番組を見ながら こころ旅
長男がお世話になった海と 土地と 人・・・・感謝です。





今年は 忙しくて 年末は帰れそうにないというので
食料品を送りました

送ったものは 映画「かもめ食堂」や「めがね」の
フードスタイリスト飯島奈美さんの “クリスマスチキン”・・・・ちょっと 焦げました
とても手軽なので ここ数年 クリスマスに作っています。
P1000212.jpg

レシピでは骨付き鶏もも肉ですが 普通のもも肉で作りました。


鶏もも肉 2枚


水    200CC
塩    大さじ1
酒    大さじ1
プレ-ンヨーグルト  大さじ4
ニンニクスライス   3片ぶん
しょうがスライス   1片ぶん
こしょう       少々


B 
薄力粉   1/4カップ
強力粉   1/4カップ
塩     小さじ1/3 
こしょう  少々


鶏もも肉を均等な厚さに開く
Aをすべてあわせたものに、鶏肉を漬けこんで
ひと晩 冷蔵庫で寝かせる。

鶏の水気を切って、まぜあわせたBの粉をまぶし
フライパンで皮目3分、ひっくり返して2分焼く

200℃にあたためたオーブンで15分焼く 

ホホホ~~~~  おためしあれ 





                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

2012/12/21 06:00 えぞももんが

エッセイを読む。

本を読むのが好きです。
と,言っても 堅い本や 難しい本は 苦手で

サラサラと読める本ばかり 読んでいます。

むかしは 長編小説や 推理小説を よく読んでいたのですが
息子たちが まだ小さい頃 それらを読むのを 封印していました。

推理小説を読んでいて
どうしても 続きが読みたくなって
「一秒でも 早く寝おくれ!!」
「一秒でも長く お昼寝しておくれ!!」
 と、白雪姫にりんごを渡す魔女のように 願っていることに ・・・これはダメだと・・ 封印。
息子たちとともに 寝て起きる 生活を決断した時期がありました 


その頃 もっぱら 読んでいたのはエッセイ。
一項目が短くて 「ヨシ 今日はここで 読むのはやめよう」と
潔く 本を閉じられました。

内舘牧子、田辺聖子、大橋歩、椎名誠、さくらももこ、壇ふみ、室井滋、瀬戸内寂聴・・・・・いろいろ
図書館に行って 息子たちの本を選ぶ時 自分の本も1冊
背表紙や 装丁にひかれて 選んだものでした。


年下の 若い友人が 読み終わった文庫本をクリスマスのプレゼントに
贈ってくれました。

カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)
(2012/09/06)
小川 洋子

商品詳細を見る


小川洋子さんのラジオのお話と同じように
本の あちらこちらに 「プッ」と吹き出してしまう
笑いの種がいっぱいで
電車の中で思わず噴き出しそうになって 困ります。
きっと 向かいに座っていた 若者は 「変なおばさん・・」と、思っただろうなぁ。  


           

本文より・・・・・

かつて自分が出会った大人たちを振り返ってみると、
大人になることがどんなに困難かよくわかる。美しく書類を処理し、
たくましくボートを漕ぎ、悟りを開き、毅然と抗議し、魔法で料理が作れる人・・・。
自分はどの項目でも落第だ。一体いつになったら大人になれるのか、見当もつかない。
一生大人に憧れ続け、結局大人になれないまま死んでゆくのかもしれない。そう
考えると、人生は短い。ぐずぐずしている暇はない。せめて一生のうちに一度くらい
小川さんはなんて大人なんだろう、と思われてから死にたい。

           


わたしは この歳になっても まだまだ・・・
ぐずぐずしている 暇はない  





                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/12/19 15:34 えぞももんが

久しぶりの再会

高校時代の3年間 同じクラスだった友人
今は カナダに住んでいます。

英語が得意で
いろんな事を知っていて
ビートルズを教えてくれた

わたしはいつも 友人の話を 「凄いなぁ・・・」と 感動しながら聞いたものです

久しぶりに帰国した彼女。
札幌で2時間ほど時間があるので 会おう!!と言うことになって

なんと 30年ぶりの再会でした。

30年と言う年月は 同性でも 少し緊張する。

それでも 昨日も会ったように ゆっくり会話ができ 優しい時間でした。

会わなかった時間には お互い たくさんの出来ごとがあって
愚痴の一つや二つ ・・・いや それだけでは済まないほど
いろんな事が あったのと思うのですが
そいういことは 誰の人生にもあることで
あえて 触れずに・・・・。

友人の話は やっぱりどれも わたしを 驚かせ
刺激を受けました。


「日本のクリスマスは 変わらず にぎやかね」としきりに感心し
「JR や 地下鉄の 切符販売機が 丁寧過ぎて わかりにくい」と 戸惑っていました。

そういわれれば そうかもしれない
私たちは けっこう過保護に 暮しているのかも・・・。





お土産は 友人の人生のパートナーが撮った写真の
手作り カード
カナダの 野鳥や花や風景
P1000221.jpg
パ-トナーの名前は
“きかんしゃトーマス”の仲間たちの一人と 同じ名前
そうか カナダに住んでいるんだものね
そこで しみじみ 実感です。

パートナーとその家族は
自分の気持ちや思いを 相手に伝えるのが とても上手・・・と言っていました
相手を不愉快にさせることなく でも しっかりと自分の気持ちを伝えることができる

わたしは なかなかそれが出来ないだけに
響く 言葉でした。





                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/12/18 07:56 えぞももんが

お歳暮が届きました。

ここに 立ち寄ってくれる 
ブログ “くまはちのあな”の くまはちさんが

先日 ブログで

 …ほんっと、ボケボケ!!たるんどる!!
  シャキッとせい!私!!!・・・・

と、自分のことを 叱咤激励されていましたが

わたしも もともと 身体のどこかに穴があいてるんじゃないか?と、思う
間抜けな行動が多いのですが

師走の忙しさのせいもあるのか・・・・それに拍車がかかっています  
かなり残念なことが 続いています。

この冬 もうすでに3度も ツルツル路面で転び
手をついて転ぶと 1月のように 手を骨折しかねないので
とっさに 手をあげて転ぶという バカなかっこうになります
手は無事だけれど お尻が痛い・・・ 

その他 もろもろありますが

トドメが 昨日やってきました。

宅配便で お歳暮が届く  
贈り主は わが家から・・・・・・

あ・あ・・・・やってしまった 
インターネットで お歳暮の注文と 発送を依頼した時
なぜか なぜか 贈り先を 自宅で入力・・・・

確認しただろ??わたし??


せっかく 送料無料で 10%オフのものを
選んだのに・・・・意味ないだろう・・・。


…ほんっと、ボケボケ!!たるんどる!!
  シャキッとせい!私!!!・・・・です。


かなり 凹みます。




札幌では いつもの 2倍の積雪量だそうです。 
P1000217.jpg

今朝も シンシンと降っています。



                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                             ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

                        
2012/12/16 14:59 えぞももんが

以心伝心のプレゼント

友人に 贈るクリスマスプレゼントを選ぶ。
包みを開けた時

あっ!と 嬉しい気持ちになってくれると 良いんだけれどなぁ・・・と
あれこれ 迷って 考える

今月号に載っていた 毛糸で作る
バックが とても可愛くて 
これを クリスマスプレゼントにしょう!
・・・・・・母に頼んで ・・・・・・・・

先週出来上がりました 

後は 包んで渡すだけ・・・と思っていたら

その 友から クリスマスのプレゼントが届きました。

なんと 可愛い 毛糸のバックが出てきて

「あ!!」と 思って 嬉しくなった 

同じことを 考えていた!

以心伝心

母に作ってもらった 毛糸のバックは 私が使うことにして
この 嬉しい偶然に 少しの時間 浸っていました


手前のバックが 贈ってくれた バック
P1000211.jpg
暮しの手帖の前にあるバック 作   実家の母



アーノルド・ローベルの絵本は大好きです
絵のタッチも優しく
古いアルバムをめくっているようなそう言う気持ちになります
がまくんとかえるくんは ときに優しく たまにちょっと意地悪な
それでも 一番大切な ともだち 

がまくんと かえるくんの「クリスマス・イブ」も この時期 いつも読み返します

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)ふたりはいつも (ミセスこどもの本)
(1977/05/15)
アーノルド・ローベル

商品詳細を見る


クリスマスのばん、がまくんは
どっさり ごちそうを つくりました。
もみのきを かざりました。
「かえるくん おそいなあ。」と、いいました。
とけいを ながめました。
こわれていることを おもいだしました。
はりが うごかないのでした。




かえるくんが おそいことを心配する がまくん。
深い穴に落ちていないか 森で迷って 凍えていないか
大きなけものにおっかけられていないか・・・次々 想像します。

武器を もって かえるくんを救いに行こうとして 外に出たがまくんの前に

「やあ がまくん おそくなってごめん。 きみに あげる プレゼント つつんでいたものだから。」
かえるくんが いました。



今日も 雪がたくさん降りました。




                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






                  
2012/12/15 12:01 えぞももんが

会話 Ⅱ

「冷蔵庫の点検が必要です
 購入された販売店にお問い合わせください」と、冷蔵庫に言われて


「え???今 何て言った?」と 驚いて 冷蔵庫相手に 聞き返す。


うちの冷蔵庫は しゃべります。
高価な冷蔵庫では決してないのですが
丸9年の冷蔵庫 そこまで必要ないのに・・・と言うほどの多機能です。

吸い込み口にゴミがたまる1年ごとに
「前面グリルを清掃してください」と言い

ドアが少し開いていたら
「ドアが開いています」と言う

 少しうるさい

でも かんがえてみれば 自分が壊れたことを 自己申告してくれた 冷蔵庫
なんとなく不思議です

どんどん冷えなくなったので
慌てて 庫内の物を 天然の冷蔵庫・・・・外へ出す

冬は 冷蔵庫の中より 外の方が 温度が低くなっています

そう言えば 子供の頃
実家は北海道の真ん中少し北の小さな町
-20℃になることも多く
まつ毛も凍り
配達された牛乳も凍って
物置に置いてある タクアンも凍っていたなぁ・・・と 懐かしくなりました。

ようやく 2日かかった 修理も終えて 冷蔵庫の復活
修理代12000円
ついでに 冷蔵庫の中の掃除も出来たし

もうひと頑張りしてもらいます
よろしくお願いします 冷蔵庫 

冷蔵庫と よく会話した1週間でした。



土曜日の朝は 目玉焼き
P1000210.jpg
少し ドタバタ ヨレヨレだった今週 疲れを取りたい 目玉焼き






こんなクリスマスツリーが良いなと 思い出す本は
ムーミン谷の仲間たち (講談社青い鳥文庫 (21‐6))ムーミン谷の仲間たち (講談社青い鳥文庫 (21‐6))
(1983/05/15)
トーベ=ヤンソン

商品詳細を見る


「クリスマスがくるじゃないか!
 きみたちと、きみたちのねぼうには、まったくいやになっちまうな。
 クリスマスはもう、あしたにもやってくるんだぞ!」

 いつもなら ぐっすり眠っているはずなのに 
 おせっかいなヘムルに起こされたムーミン一家。
 冬の間は眠っているので クリスマスを知らない。
 よくわからないけれど クリスマスと言う なにか恐ろしいことが始まるらしい。
 お守りに もみの木を飾って プレゼントを用意して ご馳走も
 ふるまわなければならないらしいと おびえる ムーミン達。

 クリスマスツリーはこうあるべきと言う 既成概念のないムーミン一家のツリーは
 奇想天外で 心ひかれます  





                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


                       
2012/12/12 15:13 えぞももんが

会話 

車の免許を持っていないので

春から秋は自転車が大活躍

冬になり 自転車に乗れなくなると
バスを利用することが多くなります

乗り物に乗ると すぐウトウトしてしまうのですが
先日 ウトウトしながら
お母さんと まだ片言のおしゃべりしかできない女の子の会話を 夢見心地で聞いていました

 「あかいアメはない。 きいろいアメはある。
   おかあしゃん  きょう ごはんある?」

 「あるよ」

 「たらこ ある?」

 「あるよ」

 「いくら ある?」

 「いくらはね もう無い」

 「たらこはあるけど いくらはない・・・。」


なんとなく まどみちおさんの詩のようだなぁ・・・と 思いながら聞いている
この子は 今晩 ご飯の上に タラコをのせてもらって
食べるんだろうなぁ。

女の子の言葉は 半分以上 意味不明の言葉で
でも お母さんは ちゃんと なにを言っているのか通じている様子
しみじみ さすが お母さん! と思いました。

冬のバスも 味があっていいものです。




クリスマスが近づくと思い出す絵本

しんせつなともだち(こどものとも絵本)しんせつなともだち(こどものとも絵本)
(1987/01/20)
方 軼羣

商品詳細を見る


ゆきが たくさん ふって、のも やまも すっかり まっしろに なりました。
こうさぎは たべるものが なくなってしまいました。
そこで、 たべものを さがしに でかけて いきました。



食べものを探しに出かけた 子ウサギは かぶを2つ見つけます
一つは自分が食べて もう一つは きっと同じように
食べ物に困っているはずの 友達のロバに届けます。
ロバは るすだったので そっと置いて帰ります。
ちょうど さつま芋を見つけて帰って来たロバは
カブをを見て やっぱり 食べ物に困っているであろう友達のヤギに届ける・・・。
めぐりめぐって カブは もとの子ウサギのところへ・・・。

たくさんの しんせつな友達の話です。

今年は いつもより早く 根雪になりそうな札幌
今日も シンシンと雪が降っています。




P1000205.jpg
後ろのサンタたち  作   実家の母



                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/12/08 19:55 えぞももんが

クリスマスのプレゼント

冬になって ウォーキングをする時間が早くなりました。
日曜日は天気が良ければ 携帯ラジオで TOKYO FM の 
ゆうちょ LETTER for LINKS を聞きながら 歩いています。

この間は ゴーイング・アンダー・グラウンドのボーカル、松本素生さんのお話が放送されていました。
松本さんの家は 貧乏で お父さまが頑固な陶芸家だったそうで
ミニ四駆がほしい、キン肉マン消しゴムを集めたい、少年ジャンプが読みたい・・・と、思っても
お父さんに 「なにゆえおまえはそれが欲しいんだ?それがおまえに必要な理由を述べよ」と
言われ 買ってもらうことができなかったそうです。

5年生の クリスマスの朝
そんなお父さんが 松本さんの枕元にそっと置いたプレゼントは
ザ・ブルーハーツの『トレイン・トレイン』のカセットテープ


Train-TrainTrain-Train
(1988/11/23)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る
 



それまで ブルーハーツ を知らなかった少年が この曲に一瞬で衝撃を受け
それ以降 甲本ヒロトさんにあこがれ 音楽の道に進んで行ったそうです。

クリスマスプレゼントに
子供の欲しいものではなく 自分の好きなカセットテープを置く勇気

そこまで 強くなかったなぁ・・・。

子供の欲しがるものを どの程度 与えるべきか
よく悩みました
バトル鉛筆が流行った時も
遊戯王カードが流行った時も
ポケモン マリオ ドンキーコング・・・新しいゲームが続々と発売になった時も

おもちゃは 誕生日とクリスマスのみと決めていても

「みんな持ってる」
「持っていないと 話題について行けない」
「遊ぶ仲間に 入れてもらえない」

この言葉は かなり 親の気持ちを揺さぶりました。 

ついつい ポツンと寂しげにしている子供の姿を想像したりもして・・・。

今 思えば 今 思えばですが
ゲームがなくても カードを持っていなくても
ちゃんと遊べる。

今頃 たくさんのサンタさんが 頭を悩ませているのでしょうね。

悩みもしたけれど クリスマスの朝 プレゼントを見て 喜ぶ息子たちの顔も
やっぱり たまらなかったなぁ~~~~~



クリスマスと言えば 読み返す絵本

ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1993/10/20)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る

足がわるくて いちども森へ行ったことのない
男の子のために クリスマスのおいわいに 来てくれた
ちいさなもみの木のお話。
挿絵の色合いが なんとも優しい絵本です。


               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村











2012/12/06 15:00 えぞももんが

難儀な質問


主人が たまに わたしに聞くんですが・・・・。
それが難儀な質問です。

頭のてっぺんをわたしに向けて
「ここ 増えてきたと 思わないか??」

そうなんです
主人の頭の毛は けっこう 寂し状況です。

わたしに向けられた 頭を指差して 「ここだ」というのですが
どこの事だか さっぱりわからず 

返答に困っていると
「どこを見てるんだ ここ ここ」と念を押す

「そういわれれば・・・・・そうかも知れない」いつもそう答えるんですが

ここで いつも 吹き出しそうになる 
でも 決して 吹き出してはいけない 

だから この質問をされた時は 心を無にして 
頭のなかで全然 違うことを考える・・・
たとえば・・・・2×2=4・・・2×3=6・・・2×4=8・・・2×5=10・・・



今でも 気が向いたとき 年に数回 子供たちにサッカーを教えに行く主人
小学校1,2年の子たちは 素直だから 容赦ない言葉

「あ~~~~頭 ツルツルだぁ~~~~」と 一人の少年が言う
「いや 違うよ。 ほら ここら辺 ぽやぽやっと あるよ」もう一人が フォローにならないフォローをする

少々凹みながらも 「やっぱり 子供は可愛いなぁ」と帰ってくる 主人です。





雪がほやほやっと 暖かそうに 見えます
P1000189.jpg






                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
 
2012/12/05 05:51 えぞももんが

静かな暮し

いつも おじゃましている 山芍薬さんのブログのタイトルは

“ 85歳の日常生活 ”
日々の生活のことが 綴られています。

月末には 必ず 集計表が載っていて
毎日の天気 出かけた場所 歩いた歩数 それに伴う距離数がまとめられていて
いつも 感心します。


歳を重ねて 出てくる 体力のおとろえや 体の不調とも
折り合いをつけながら
ご主人のご機嫌を損なわないように
2人で庭仕事をしながら 散歩をしながらの暮し

時折載っている お二人の影法師の写真や
五目並べの写真は 心なごみます

両親の生活と重なるものが多く
子供には言わない 親の気持ちに ハッとする時も・・・。



先日の 山芍薬さんのブログに

 「午前1時半に目が覚めた原因」という 文章が載っていました。


おとうさん(おじいちゃん)は夜中目が覚めたら私(おばあちゃん)が生きているかどうか調査します。

まず頭や頬をなでる。頭の位置を直す。息をしているかどうか鼻をつまむ。

眠っているふりをしてけれど鼻をつままれては息苦しい・・・目が覚める・・・現在4時半眠い!。

7時もう一度寝て9時に起きたら少し気分が良くなりました。


この 文章があまりにも良かったので
ここに 貼らせて頂きました。 

きっと 60年以上一緒に暮らす ご夫婦
ケンカすることも お互い カチンとくることも
たくさんあるだろうと思うのですが

ふと目が覚めた時
横で眠っている おばあちゃんが ちゃんと生きているか
鼻をつまんで確認する おじいちゃん

そして 眠っている ふりをする 山芍薬さん

わが家は 今年24年目の夫婦。
夜中に鼻をつままれて

「なにするんだ!!!」なんて 叫ばないようにしなければ 

少しだけ 先を歩く 先輩です。






積もった雪の キラキラ光る結晶が
全部宝石たっだら
大金持ちだな・・・子供の頃 良く思いました
P1000187.jpg
今も たまに思います。 






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


2012/12/01 00:41 えぞももんが

小さなお店


暮しの手帖の最新号を買いました。
いつものように 鞄の中に入れて持ち歩き
味わいながら ゆっくり読んでいます。



暮しの手帖 2012年 12月号 [雑誌]暮しの手帖 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/24)
不明

商品詳細を見る




今月号には 2つの 小さなお店が載っていました。

一軒目は 小さな本屋さん

本文より・・・・・

大きな川を背にした小さな本屋さん。
顔馴染みも、万引きもやって来た。
今は町の句読点になった。
互いの得手を活かして欲張らず
即日仕入れて配達先に出むき
お客との会話も毎日楽しむ。
夫婦ふたりで、174歳。
「人生、あっという間よ」と妻が笑う。


夫86歳、妻88歳。二人が本屋さんを始めて40年になるそうです。
ネット書店が多くなり 町の本屋さんは冬の時代
その上 プライベートでも 次々といろんな波が押し寄せた月日だったそうです。
それでも 「生きる」とは、変化を受け入れていくことと
笑顔を絶やさない強さに 惹かれました。
奥さんのきよさんは  88歳の今でも 就寝は午前3時。
やりたいことが一杯あって 1日100時間 欲しいそうです。
凄い!!



もう一軒は たいやき屋さん。


本文より・・・・

長野は松本市に古くから伝わる、美しい手仕事があります。
竹のひごを器用に編んで作る、
「お神酒の口」という正月飾りです。
いまも唯一、手がけているのは、
街の小さなたいやき屋さん。
店主の千野恵利子さんにとって、
たいやきやも、お神酒の口も、
同じだけ大切な生業です。


喜んでくれる人がいるから きちんと丁寧に作る
真面目に作れば人に喜ばれる。

こつこつと 頑張っていれば わたしも何か繋がっていくかもしれない
素直に そう思えてきました。

どちらのお店も 派手に宣伝をしているわけもなく
見逃してしまいそうなほど 小さな 控えめなたたずまい
それを ちゃんと見つけてくる 「暮しの手帖」は やっぱり好きだなぁ・・・。




本の中ほどに載っていた “ 牛スジと大根の煮物 ”作ってみました。
味つけは醤油と日本酒だけのシンプルなもの
コラーゲンたっぷりで 次の日 お肌しっとり  だったような・・・気もします。

P1000183.jpg




                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村