緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

思うこと。

 よく立ち寄っていた 魚と野菜がとても新鮮なスーパーが閉店になりました。

すっかり顔馴染みになったレジの人が
私を見ると いつも
「今日も急いでるのかい? じゃ 早くするからね」と言ってササッとレジをしてくれた。

つねに 新鮮で安い魚を探して並べていたあの魚屋さんは
今頃 どこかで 商売をしているのかな・・・?と思いながら

魚と野菜を 今度はどこで買ったらいいんだろうと いまだに うろうろしています。



 駅前に どんなお店が入っても なかなか長続きしない 
商業スペースがありました。

そこに ある日雑貨屋さんが入って 
店内には 懐かしい曲が静かに流れていて
見ていると 肩の力がす~~~っと抜ける小物が並び 
値段が手ごろのものも多く
ここで買ったマスキングテープなどを
友人への手紙の中に おまけで入れることもよくありました。

店主は 私くらいの年齢の
めがねがよく似合う 
優しい笑顔の女性。

数年前からは よく似た娘さんも手伝うようになり

仕入れや在庫の管理 利益などの 一番大事な大変なことは一切 置いといて

こういうお店で こういう音楽を聴きながら こういう風に仕事ができることに
すごいなぁ・・・と、 羨ましいな・・・・と、無責任に見ていました。


久しぶりに立ち寄ってみると

「2月15日で閉店となりました。
 9年間と言う長い時間 ありがとうございました」と 張り紙。



同年代と言うこともあり 私が今抱えていると同じいろいろなことで
雑貨屋さんを続けていくとが難しくなったのだろうか。

体も変わっていく時期 体調を崩されたのだろうか。

“閉店”と言う文字が とても残念で
どこかで また 雑貨屋さんを開いていてほしいと 思いました。




 よく立ち寄っていた 86歳の山芍薬さん。
先日 ブログを閉じられました。

ご夫婦 二人の影法師の写真が 思い浮かびます。
少しずつ 暖かくなってきて 過ごしやすくなってきた この頃。
足元は まだ 歩きにくいのですが
ご主人とお二人で 外の空気を たくさん吸って 少しでも元気に・・・そう心から願っています。




今日で2月も終わり。
今週末は あちらこちらで高校の卒業式も あるようです。

春は  芽吹きの季節であるとともに
いろいろな 卒業の季節でもあるのだなと 感じてます。





春はあけぼの・・・・

 002_201402270935487f1.jpg

 でも この写真は 空全体が 桜色になった 夕日。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


いつもの朝


ソチオリンピックが 終わってしまいました。
ソチと言う町が ロシアにあることも知らなかったのに
どっぷりハマった 2週間でした。

朝 起きると まず テレビのスイッチを小さく入れて
オリンピック情報をチェックする日々。

今朝も ついつい 同じことをして
あ・あ・・・オリンピックは 終わったんだったと痛感。


浅田真央ちゃんのショートプログラムの日
私は 一人 テレビの前に正座して 応援
真央ちゃんが 最初のジャンプ トリプルアクセルで転倒した瞬間
「あ!!」っと叫んで 私まで体勢を崩し 左足首をひねる

見ていただけなのに 左足に違和感
歩くたびに痛い・・・・。

でもその痛みが 翌日の真央ちゃんの
あの素晴らしかったフリーの演技を思い出させてくれて

「頑張ったね」と 歩くたびに ぐっときていました。 


001_2014022410355950e.jpg

(昨日のウオーキングで ミーの様な雪だるまを見ました。)





 
今日は いつも通り 携帯ラジオに戻った朝 

樹希樹林さんの話が流れていました。

「私が 修行生活の様な芸能界で50年も頑張れたのは
 他の人と 自分を 比べなかったから
 どんな風が吹いても どこ吹く風で 通せたからだと思います。」

どんな風が吹いても
サラサラと 吹かれていたという 樹希樹林さんの話は
羨ましいほど 強さを感じました。







いつもの朝の 主人の いつもの お弁当
003_201402241036009c8.jpg
大根と厚揚げと豚肉の煮物
椎茸のふっくら煮
人参シリシリ






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






黄色いラナンキュラス

たまに行くスーパーの片隅に
鉢植えや切り花を売っている 花屋さんのコーナーがあります


そこで 気に入ったものがあれば
食品を買うように かごに入れて レジでお金を払います
何時もは 一通り眺めて 満足して帰る。


先日 見つけた 鉢植えの黄色いラナンキュラス
少し葉が黄色くなっていて 398円が100円!


え??100円??と 何気なく手に取る
すると 同じく それに気がついた 私より少し年上らしいご婦人
私の持っている ラナンキュラスを じ~~~~っと 見つめる
ず~~~っと 見つめる

私が手放すのを 今か 今か と狙っている

そうなると・・・・・・さほど 買いたいわけでもなかったのだけれど
手放すわけにいかない

5分ほど 2人で固まる
でも 見つけたのは 私が先だ 

で、買ってきた 黄色いラナンキュラス
傷んだ葉をとって 肥料を少し与えて
今朝 ポワンと咲きました

008_201402231450094c4.jpg
花言葉    魅力的

あの時の 通りすがりのご婦人との
無言の戦いを 思い出しました・・・・・・すこし 大人げなかったな。

そういえば 息子たちが小さかった頃
捨てるゴミのようなものでも
「取った」「取らない」で喧嘩していたな

あの 感じに似た 行動に へへへと思う。  


それとは別に 黄色い花は ふわっと優しく咲いている





              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




 

風の形

夏は  一面に茂った夏草が 風でうねるようにゆっくり動くのを見て
形を見ることができない 風の姿を 一瞬 見た気がすることがあります。
そういう 風景を ぼんやり眺めているのが 好きです。

冬は・・・。



冬は 風の形を 雪の上に見つけることがあります。
雪を 削って行った 風
007_2014021905414982d.jpg









サーっと 撫ぜるように 吹いて行ったのだろうか
008_20140219054150bda.jpg









風はここでクルクル回って 小さな竜巻になったのかもしれない。 
009_20140219054415384.jpg







ふと 空を見ると まっすぐな 虹
010_20140219054422a38.jpg
この現象は 幻日(げんじつ)と言うんですよ・・・・と、教えてもらったことがあります。
なぜ まっすぐなのか 説明してもらったのだけれど
難しすぎて すっかり忘れてしまいました。




ここ数日  晴れていると思ったら いきなり吹雪模様になったり
クルクル変わる 天気。

001_2014021905414400f.jpg


読み終わった ムーミン谷の冬
あとがきに  フィンランド文学研究家・高橋静男さんの文が載っていました。


抜粋ですが・・・・・・・・


あるとき、レストランでとなり合わせになったフィンランド人の男性に、
「この、長く、大地も凍るような寒さの冬を、どうやって生きていくのですか?」
ときいてみました。すると、かれはどうしょうもないというような顔をして、
「こんちくしょう、こんちくしょうって、ぼやくのさ。」といって、わらっていました。





やっぱり  フィンランドでもそうなのか・・・・。
005_20140219054148f01.jpg
こんちくしょう こんちくしょう・・・・・・






                     今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                               ↓
                           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


金言。



「今度はいつ来られますか?」と 父の病院の 看護士さんが
 私に尋ねます。
 深い意味はなく 「今度は いつ来るのか」知りたいだけなのに
 私の心の中で カシャっと 音を立てて 何かのスイッチが入ってしまう

「父が寂しがっているから もっと 顔を見せなくては」


 仕事に行く前に病院に立ち寄り 時間が許す限り たわいない話をして帰る
 かばんの中に入れてきた 小さなお弁当を 食堂で10分でかき込んで病院をでる。

 家で介護をしているわけではない 
 申し訳ない・・・という気持ちが 私の気持ちのどこかに常にあって

 「しなければ」になっていた気がします。

 肩にかかるものが重くなって
久しぶりに 姉に「元気ですか?」とメールをしました。


“双方、初めてのことで
 心配だし、気になるから
 理想的なことを考え
 そうしてあげたいのは山々だけど
 長く続けるのは難しい、ししんどいよ。”


姉の返信が返ってきて  すーっと 気持ちが楽になる。

あ・あ・・・・そうだった。 


今朝見た インターネットのニュースの記事で
男子フィギュア羽生結弦のコーチ
ブライアン・オーサー・コーチの言葉が載っていました

・・・・・文中より・・・・・


「試合のことは試合直前に考えてみなさい。
 ユズルは試合までに心のエネルギーを使いすぎる」と助言されて開眼。
「今できることをしっかりやる」ことが冷静さを保つ秘訣となったという。

   金言。


今朝の 日めくりカレンダーの言葉
  「その場がきなけりゃ わかんねえ」
               相田 みつを


   金言。   
           



心のエネルギーを使いすぎないように。
問題が起こった時は その時に考える。

私は 取り越し苦労を重ねながらも
たまに 的外れなスイッチを カチっと 入れてしまいながらも
暮らして行くのだろうな。

心のエネルギーは 楽しみなことに 使わないと。







胡蝶蘭が 今年も咲いてくれました。
002_20140216070135499.jpg





そして  桃・栗3年 柿8年の柿の種は
すくすく
005_2014021607013618e.jpg









                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

Sign

昨日 夕方 少し短めの ウォーキングに出かけました。

雪が降っていたのですが
風がなかったので その雪が ふわふわと思い思いに
上がったり 下がったり 横に行ったり
ずいぶん のんびり 降っていました。

太陽は厚い雲に隠れていたので
雪は反射することもなく

こうして見ると やっぱり冬は
色が少ないのだなぁ・・・と
実感しました 
001_20140212052219114.jpg







夏には ここから 眺める風景は
一枚の絵に見えるのですが
004_201402120524385c0.jpg
今は キツネの 通り道




携帯ラジオから Mr.Children 
の Sign が流れてきました


 「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら
   人恋しさを積み木みたいに乗せていく 


SignSign
(2004/05/26)
Mr.Children

商品詳細を見る
 





誰かが 作った 熊の雪だるまは
夜になったら 動き出すかも知れないな
002_20140212052220b71.jpg
さっぽろ雪まつりは 昨日が 最終日でした。

これからは 森の雪も 少しずつ 堅雪(かたゆき)になっていきます。
長い長いと思っていた冬のゴールが 遠くの方に見えてきます。

堅雪は 春の 季語。
春の サイン。






今朝 起きて 小さく テレビをつけてみる
「間違いなく 金メダル」
そう言われ続けた 少女が そうでなかった。 
今 どんな 気持ちでいるかと思うと 
こちらまで うなだれそうになるけど
 
00<br />1_20140212052225cdd.jpg
でも ダイジョウブだからね。
どうか・・・・・「今の気持は??」などと
顔を見れば 十分伝わることは 聞かないであげてほしい。

今度は 自分のために。
そう思った 朝でした。





                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村  




ぺこぺこ

今週は・・・・・・どうして??
と、思わさる(北海道弁です)ことの連続でした。


水曜日  鶏手羽先でスープを取ろうと
“レ”の字に 折れ曲がっている 関節の部分を包丁で切っていたら
右手まで 切ってしまった。
右利きの私が 包丁を持っている右手をどうやったら切れるのか??
おわかりか?

自分でも 分からない。

けっこう血が出て 少し 卒倒しそうになりました 


木曜日  どこかにお財布を 落としてしまう。
気付いたのが スーパーのレジで会計の時。
「あ!! ない!! お財布がないんです  」

私のすがるような目に レジの方が 包むような優しさで接してくれる。

自宅に帰ってからが大変
ガードの使用を止めてもらい
警察に電話。立ち寄った場所全てに電話。
最後に 地下鉄にも乗ったので 駅に電話

「ももんがさん 届いてますよ」

あ~~~~~ありがとうございます 



金曜日  夕飯に、タニタの社員食堂の “トマトたっぷりドライカレー” を作るのに
人参をみじん切りにしていたら 
包丁で 今度は左手を 切ってしまった。

たまたま 傍にいた次男が  「なんでそうなる???」



今週はそれ以外でも ミスが続き いかんともしがたい 状況でした。

でも・・・お財布が 無事に見つかって 本当に よかった。




忘れ物センターの方から渡されたメモ紙
001_2014020815095383c.jpg
お財布を 届けていただき
「名乗るほどでもありません」と立ち去った 60代の女性さん
本当に ありがとうございました!!



確かに 木曜日 西18丁目駅東改札口横ベンチに 12:50分頃 座りました。
10分ほど 本を読みました。



読んでいた本は
ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集 5)ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集 5)
(1990/10/22)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る


「雪って、つめたいと思うでしょ。だけど、雪小屋をこしらえて住むと、
 ずいぶんあったかいのよ。
 雪って、白いと思うでしょ。ところが、ときにはピンク色に見えるし、
 青い色になるときもあるわ。どんなものよりやわらかいかと思うと、
 石よりもかたくなるしさ。なにもかも、たしかじゃないのね。」 

        ムーミン谷の冬  おしゃまさんの言葉 より


今週 私は  真冬でした。
ぺこぺこ しどうしでした。
でも・・・お財布  ありがとうございました



                 今日も ここに立ち寄ってくれ ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


 

自分のために



「人間なんて弱いものですよ。
 他人のためになんて思い上がると、やがては相手に求めたくなります。
 まずは自分のために働いて、自分自身を支える。そうやってみんなが
 自分自身を支える人間になれば、誰もがよりよく生きて行かれるようになると思うのです。」


今月号の 暮らしの手帖 “すてきな あなたに”の中に
阿部一郎さんという90歳近い方の話が載っていました。
18歳の時から 私有地の山に鍬を入れ
毎日一坪ずつ耕して 花木の苗を植え 今では「花見山公園」という
花の名所になっているそうです。
私有の山なのに 「阿部農園」とせず「花見山公園」と名付けたのは
訪れる人が気兼ねなく花を愛でられるだろうと考えたから。

自分が残してきた 誇れることがあるとしたら 「私がしましたよ」と言いたくなるもの
誰かのために 何かをしてあげたとしたら 「私がしてあげた」と 心の中で
幾度となく 思い返してしまう

そんなことは 思い上がりという 阿部さんの言葉は
70年の重みがあって すごいと思う

まずは自分のために

そうですね
まずは自分。そうでなければ 不満が出て 愚痴になりそうです。

阿部一郎さんの言葉を 2度 自分のために 読み返しました。



今日は立春なので
トウキビ人形のお雛様
003_2014020417365957d.jpg    
作   実家の母




吊るし雛
002_20140204173658636.jpg
作    実家の母





和紙の小さなお雛様を飾りました。
001_20140204173657f51.jpg
作    実家の母


一気に 賑やか。






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村











ドスドス


家は マンションなので 上の階に住んでいる方の生活音か聞こえてきます。


小学生と幼稚園のお子さんがいる家族。
ドドドドーーーーー
キャ~~~~~~ ドドドドーーーーー 

なんだ?なんだ??
今日は 一段と すごいぞ??

上の階のお子さんは いくつになったんだろうね?
下のお子さんが 今度 小学校に入学するくらいだろうか?


「もう そろそろ 静かになってもいい頃だよね」・・・・と私が つぶやくと
主人が
「いや いや まだだな

 うちも うるさかった。 
 〇太(次男)が あれくらいの頃、あんまり 騒ぐから
 “ドスドスするな!!  ”って怒ったら あいつ
 “ドスドスしたいよ~~”って 泣いて
 
 “ 下の階のおばさんに 迷惑だろ!! 今すぐ あやまって来い!!”って 締め出したことがあったよ
 ドアスコープから様子を見てたら 姿が見えなくなって 焦って ドアを開けたら
 “ おばさんに 「ドスドスしてごめんなさい」って あやまって来た ”って家に入ってきた。」


そんなこと すっかり忘れていました。都合の悪いことは 忘れているものです。

それにしても 突然 「ドスドスしてごめんなさい」と 謝りにこられた 下の階の人は
面食らっただろうと 状況を思い浮かべて 笑いました。

あの頃は 長男も 次男も 可愛かった。
それだけで 十分だと 主人は言います。
成長するごとに 悩みの重みも増して タメイキの数も多くなるのですが
あの頃 あんなに可愛くて 佳い思いをさせてもらった
それだけで十分だ。 


ドドドドーーーーー
キャ~~~~~~ ドドドドーーーーー 


今日も 元気に ドスドスしても いいよ。



柿の種 観察日記
001_2014020116554267b.jpg






                    今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村