緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年05月  1/1

思うこと。

天気の3カ月長期予報が出て今年は エルニーニョ現象の影響で 北海道は冷夏かもしれない先日 そんなちょっと残念なことを聞きました。そのせいか ここのところ 曇りがちで 風が強く 肌寒い日が続いています。それでも 週末になるとカヌーをつんだ車や自転車ツーリングの人々をよく見かけるようになりました。風を切って 自転車に乗っている人とすれ違うと一カ月ほど前に見た ドキュメンタリー番組が頭に浮かびます9年前...

  •  16
  •  closed

最近のこと。

銭亀の平次とU2のえさと 寄せ植えの花の肥料を同じ 缶に入れていますたまに間違えて 亀に肥料を 花に餌をあげそうになってギョッとします餌を与えられた 花たちは とくに支障はないと思うのですが白い粒の 肥料は 亀たちには よくなさそうで・・・その度に おっとっと    と慌てますじゃ 間違わないように 餌と肥料の場所を変えるかというとそういうこともせず今日も また おっとっと 亀たちが 危険です。先...

  •  20
  •  closed

深く 頷く・・・。

そうか・・・・なるほど・・・・とそう思うことが 最近 よくあります。そんな時は少し得をしたような賢くなったようなものは 考えようで 良いように解釈すればそれで良し! と 思えて スッと 気持ちが軽くなる。いつも いつも おじゃまさせてもらう フィリフョンカさんに このあいだ 教えてもらった事  あの有名な ウサギとカメの話   に隠された教訓が もう一つあること“ なぜウサギは負けて カメは勝った...

  •  8
  •  closed

初夏の詩

“ 五月の風にのって 英語の朗読が聞こえてくる 裏の家の大学生の声 ”・・・・・・・・・・・・・・・ 茨城のり子 「この失敗にもかかわらず」  より五月中旬になると 桜の花が散り 次にライラックが咲き始めます。札幌は 今日から大通り公園で ライラック祭りが始まりました。ライラックは 札幌に初夏が来たことを知らせてくれる花なのですがつぼみが膨らんでくると 決まって 肌寒くなりこの寒さを 「リラ冷え」と...

  •  12
  •  closed

歳は立派

主人が一泊二日の出張だったので 「もしよかったら 泊まりにおいで」と 母を我が家にお招きしました (笑)夕飯は トン汁 塩鮭 春菊の胡麻和え 新玉ねぎとハムのマリネ・・・・と、普通の夕食。食事の後に 歩いて行ける 近所の温泉に。久しぶりに 母といろんな話をしました、母方の祖母が亡くなった時私は 5歳くらい。人の命に限りがあってそれは 今まで普通に会えていた人に会いたくても会えない状況になるということ...

  •  14
  •  closed

藻岩山に登る

とても久しぶりに 藻岩山に登りました。ロープーウェイがあって 札幌市内を一望できる藻岩山は 観光で立ち寄る人も多い場所です。標高531メートル一時間ほどで 登れるけっして高くない この高さが 私には丁度よく雪が解けると 遠くに見える 藻岩山を眺めては「いつ 行こうか?」と 思います。きっかけは 「藻岩山に登ろう」と友人に誘われたこと一緒に登ろうと思っていたときにご主人の転勤で 引っ越してしまった友...

  •  8
  •  closed

みどりのスキップ

北海道に桜前線が到着して札幌は今 桜が満開です。だいたい ゴールデンウィークが桜の見頃本州よりも一カ月遅れの お花見の季節です。私が生まれ育ったのは 道北の山の中 (笑)なので 桜と言えば まだ茶色の山肌にポツンポツンと咲くエゾ山桜子供のころ 遠くからそのピンクの木を眺めながら 「あの桜を もっとそばで見たいな」 「あの桜の木が 一か所に集まったら きれいだろうなぁ・・・」と思ったものでした。 安房...

  •  20
  •  closed

よけいな物も 洗う。

エプロンのポケットやズボンのポケットにテッシュやメモ用紙が入ったまま洗濯してしまって ふたを開けた時 粉雪状態・・・粉雪ねえ 心まで白く染められたなら二人の孤独を分け合うことができたのかい? と レミオロメンの粉雪を歌うはめになることは たびたびあるのですが昨日は・・・・そんなもんじゃなかった 洗濯機のふたを開けたらもう まっ白 吹雪 なにがあったのか わけがわからず卒倒しそうになりました。たぶん...

  •  16
  •  closed