プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/05/26 22:15 えぞももんが

思うこと。

天気の3カ月長期予報が出て
今年は エルニーニョ現象の影響で 北海道は冷夏かもしれない
先日 そんなちょっと残念なことを聞きました。

そのせいか ここのところ 曇りがちで 風が強く 肌寒い日が続いています。
それでも 週末になると
カヌーをつんだ車や自転車ツーリングの人々をよく見かけるようになりました。

風を切って 自転車に乗っている人とすれ違うと

一カ月ほど前に見た ドキュメンタリー番組が頭に浮かびます
9年前に起こった 福知山線の脱線事故
NHKとイギリスBBCが1年以上の時間をかけて 
事故がなぜ起こったのかを 探っていく番組でした。

そこに 大学生になったばかりの息子さんを亡くされた
お父さんが 出ていました。
長男を 赤ちゃんのころ亡くされ
二男が大学生になり ホッとした頃の事だったそうです。

9年がたち 三男の息子さんが 社会人になった。
「でも 心のどこかで ホッとしてはいけない」と いつも思う。
週末は 朝早くから 夕方まで 自転車を走らせると話されていました。
景色を見ながら 風を感じて ゆっくり走らせるのではなく
 猛スピードでペダルをこぐ。
「のんびりしてどうする!!」と自分に何かを課すように自転車を走らせると・・・。

その姿に 胸がいっぱいになりました。

悲しみの深さは 比べ物にならないけれど
「ホッとしてはいけない」と 心のどこかで自分に課す
その気持ちが 切なく わかる。

あのお父さんは この週末も 自転車を猛スピードで
走らせたのだろうか。

いつか 季節を感じながら 安心して ペダルがこげるように
なってほしい。

それぞれの人が
さまざまな気持ちを 抱えて 暮らしている。
あの日の番組を見てから
ずっと そんなことを 考えます。


P1010108.jpg



                      今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                   ↓
                              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





 

2014/05/22 09:27 えぞももんが

最近のこと。

銭亀の平次とU2のえさと 寄せ植えの花の肥料を
同じ 缶に入れています

たまに間違えて 亀に肥料を 花に餌をあげそうになって
ギョッとします

餌を与えられた 花たちは とくに支障はないと思うのですが
白い粒の 肥料は 亀たちには よくなさそうで・・・
その度に おっとっと    と慌てます

じゃ 間違わないように 餌と肥料の場所を変えるかというと
そういうこともせず
今日も また おっとっと 
亀たちが 危険です。


先日 円山公園に行ってきました。
円山公園は 北海道神宮に隣接していて
すぐそばに 円山動物園もあり 緑の多い 公園です。


行った日は 風もなく 暖かで たくさんの種類のチューリップが花盛りでした。
どれも 個性的で 印象深いチューリップだったので
名前もちゃんと 覚えられると・・・・・そう 思っていたのですが・・・・。
全部 忘れました。

この中の どれかが 
楊貴妃で  バレリーナで  ハウステンボスという名で
 ピンクダイアモンド っていう高そうな名前のもあって
 プリティウーマンという名には “ おおっ ” と 思ったのに 何色だったかも 忘れてしまいました。(赤だったかも!!)
P1010112.jpg P1010115.jpg P1010117.jpg P1010119.jpg P1010121.jpg P1010122.jpg P1010123.jpg P1010126.jpg P1010127.jpg P1010129.jpg


亀のえさのこと
物覚えがめっきり悪くなったこと

まあいいかぁ




大きな 木を見上げ
P1010130.jpg



神社さんにお参りして
P1010133.jpg


初夏も もうすぐ と思いながら  帰ってきました。




追伸・・・・・・・北海道神宮の境内で キツネに 会いました。
毛変わりの頃なのか ボロボロで
人を警戒する気配もない

P1010136.jpg

だめだよ 山に帰りなさいね。 




                        
                    今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                               ↓
                          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村   

                         





2014/05/20 05:24 えぞももんが

深く 頷く・・・。

そうか・・・・なるほど・・・・と
そう思うことが 最近 よくあります。

そんな時は
少し得をしたような
賢くなったような

ものは 考えようで 良いように解釈すれば
それで良し! と 思えて スッと 気持ちが軽くなる。


いつも いつも おじゃまさせてもらう フィリフョンカさんに このあいだ 教えてもらった事 

 あの有名な ウサギとカメの話   に
隠された教訓が もう一つあること


“ なぜウサギは負けて カメは勝ったか、
 ウサギは カメばかり見ていた。
 しかし、カメはゴールだけを見ていた。

 ね、すごいっしょ? ”

そうか・・・・なるほど・・・・

街中に 立っている煙草の自動販売機
そこで見つけた 言葉

“ 二兎追うものだけが、二兎を得る ”

う~~~ん そうかもしれない。
2兎の兎を追いかけているから 
2兎を捕まえるチャンスがあるんだなぁ

でも 私は 1兎でも てんてこ舞い・・・。

“ 木を見て 森も見る  ”

ずいぶん昔 「木を見て 森を見ずだな」と 注意されたことがあったっけ
その ことわざすら知らなかったので
家に帰ってから 辞書で調べました。

木を見て森を見ず・・・・とは、物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと。
あ・あ・・・・・・当たっている。


歳を重ねて 森を歩くことが好きになって
木を見て 森も見る
虫も見るし 草花も見て 動物もたまに見る
おばさんになりました。

ことわざ辞典で調べた 意味とは ずいぶん違うけれど。

P1010110.jpg
ここ この場所 森全体を見ることができます。






                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                              ↓
                           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





      
2014/05/16 16:21 えぞももんが

初夏の詩

“ 五月の風にのって
 英語の朗読が聞こえてくる
 裏の家の大学生の声 ”

・・・・・・・・・・・・・・・ 茨城のり子 「この失敗にもかかわらず」  より


五月中旬になると 桜の花が散り 次にライラックが咲き始めます。
札幌は 今日から大通り公園で ライラック祭りが始まりました。
ライラックは 札幌に初夏が来たことを知らせてくれる花なのですが
つぼみが膨らんでくると 決まって 肌寒くなり
この寒さを 「リラ冷え」と呼んだりします

今日は雨。
これから 気温が下がって 明日はオホーツク方面では
雪が積もるかもしれない・・・・そんな ビックリする天気予報を聞きました。


茨城のり子さんの 「この失敗にもかかわらず」の詩にライラックが出てきます
なので この季節になると 図書館で この詩を読み返したくなります。





“ この失敗にもかかわらず・・・
  この失敗にもかかわらず・・・
  そこで はたりと 沈黙がきた
  どうしたの?その先は ”




この詩は 開けられた窓から入ってくる さわやかな風や
外の騒音に交じって 遠くに聞こえる 学生さんの朗読の声や
ライラックの甘い香りが 想像できる
とくに 最後の一節が いいと思う






“ 原文は知らないが
  あとは私が続けよう
  そう
  この失敗にもかかわらず
  私もまた生きてゆかねばならない
  なぜかは知らず
  生きている以上 生きものの味方をして  ”



  
SN3L005100010001_201405161617560e1.jpg
ライラック 紫・・・・・・・花言葉・・・・・・・初恋

ライラックの花弁は普通四枚なのですが
時折 五枚の花弁をつけたものがあります。
これが ハッピーライラック 幸運だそうです 





                      今日も ここに来てくれて ありがとう
                                ↓
                          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

 
2014/05/13 16:32 えぞももんが

歳は立派

主人が一泊二日の出張だったので 

「もしよかったら 泊まりにおいで」と 母を我が家にお招きしました (笑)


夕飯は 
トン汁 塩鮭 春菊の胡麻和え 新玉ねぎとハムのマリネ・・・・と、
普通の夕食。


食事の後に 歩いて行ける 近所の温泉に。


久しぶりに 母といろんな話をしました、

母方の祖母が亡くなった時
私は 5歳くらい。
人の命に限りがあって
それは 今まで普通に会えていた人に会いたくても会えない状況になるということを 
初めて 実感した時だったらしいのです。
(すっかり 忘れ去っていました) 

その日から ずいぶん
「お母さん シナナイ?」
「お母さん シナナイ?」と 毎日聞いていたようで
「人は 歳をとったら みんないつかは お迎えが来るんだよ」と母が言うと

「じゃ モモンガは 今のまま 大きくならないから
 お母さんも そのままでいて」と言ったとか・・・・。


ひゃ~~~~ そんな だったか 私!!


それから 世間の荒波に 自ら飛び込み バタフライ 
知らなくていいことも 知り

ひゃ~~~ 取り返しがつかないほど 大人になった


「そういえば 10日は誕生日だったね。
 いつの間にか 私も あんたも ずいぶん 立派な歳になったね」



なった なった 立派な歳に  




005_20140513163709419.jpg
小学生のころ 庭の花を学校に持っていくのが
楽しみだったのを思い出します。
チューリップ スイセン ボタンの花
新聞紙にくるんで 素朴な花束。
「今日は 誰が持ってきてくれたのかな?」
先生のこの言葉が 嬉しくて 嬉しくて。



                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

2014/05/11 06:33 えぞももんが

藻岩山に登る

とても久しぶりに 藻岩山に登りました。


ロープーウェイがあって 札幌市内を一望できる
藻岩山は 観光で立ち寄る人も多い場所です。


標高531メートル
一時間ほどで 登れる
けっして高くない この高さが 私には丁度よく

雪が解けると 遠くに見える 藻岩山を眺めては
「いつ 行こうか?」と 思います。

きっかけは 「藻岩山に登ろう」と友人に誘われたこと
一緒に登ろうと思っていたときに
ご主人の転勤で 引っ越してしまった友人

ずいぶん迷ったのですが
ある日 勇気を持って 一人でプチ登山に挑戦してからの
楽しみになりました。




エゾエングサクが今が盛りと咲いていました
006_20140511064154310.jpg







ヒトリシズカは みんなで 寄り添って にぎやかに咲く
007_201405110641556ce.jpg







こういう所に居るかもしれない コロポックル 
009_201405110641570cb.jpg








「右の沢を見てごらん シラネアオイが たくさん咲いているよ」
 おじさんに教えてもらう
014_20140511064158883.jpg
シラネアオイ・・・・・・花言葉・・・・・完全な美  おお~~!!







ガクアジサイ? ヤマアジサイ?が もう咲いていました。
016_20140511064200a99.jpg









「エンレイソウガが咲いていますよ」
若いお姉さんが教えてくれる
018_20140511064402db9.jpg
こうして いろんな方が 声をかけてくれるのが嬉しい






フッキソウは 富貴草と書いて
なんだか お金持ちそうな 野花
020_2014051106440490d.jpg
花言葉・・・・・吉事、良き門出、祝意  おお~~やっぱりそうかぁ






スミレにはたくさんの種類があるので
名前が わかりません
021_2014051106440592e.jpg







山頂は 朝の霧でした ちょっと寒い
027.jpg
木々が一斉に芽吹き
赤い色の芽を付けた木が紅葉したように見えます
春紅葉(はるもみじ)と呼ばれているようです。






春は 黄色い花が多いのに気づく
018_20140511064456a53.jpg
ナニワズ・・・・・・・花言葉・・・・・・永遠不滅   なんで???







「これは キバナノアマナ」さっきのおじさんが教えてくれる
032.jpg
家に帰るまでに忘れそう

キバナノアマナ
キバナノアマナ
キバナノアマナ


花言葉・・・・・運が向いてくる
おお!! この花言葉を  ここに立ち寄ってくれた方にプレゼント 






藻岩山には 三十三体のお地蔵さまがたっています
030_201405110644080b7.jpg
ひとり ひとりに 一言一言 呟いて 
「もやもやをここに置かせてくださいね」と お願いしてしまいました。

朝一番で行った 藻岩山でした。
こんど来る時は
エゾハルゼミが鳴いているかな 









                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


2014/05/06 06:25 えぞももんが

みどりのスキップ



北海道に桜前線が到着して
札幌は今 桜が満開です。
019_201405060659021b9.jpg

だいたい ゴールデンウィークが桜の見頃
本州よりも一カ月遅れの お花見の季節です。

私が生まれ育ったのは 道北の山の中 (笑)
なので 桜と言えば まだ茶色の山肌に
ポツンポツンと咲くエゾ山桜

子供のころ 遠くからそのピンクの木を眺めながら

 「あの桜を もっとそばで見たいな」
 「あの桜の木が 一か所に集まったら きれいだろうなぁ・・・」と思ったものでした。 



安房直子さんの 絵本を友人が送ってくれました。
何度も 読み返しています。


みどりのスキップ
023_20140506065905413.jpg





まんかいの桜のしたに、みみずくは、あるとき、はっきりとみたのでした。
きれいな女の子が、ちんまりすわっているのを。
黒いかみの毛が、さらさらと、ゆれているのを。
その子はうすいさくら色のきものをいくまいもかさねてきていました。
「あんただれだい。」
022_2014050606590354b.jpg
「あたし、はなかげちゃん。」




桜の木の下で かわいい 花かげちゃんを見て以来 
雨が降らないように 風が吹かないように
悪者が花かげちゃんをさらっていかないように
桜の季節が終わらないように
花かげちゃんの番兵をするようになった みみずくの
ちょっと切ないお話です。



雪が解けて 待ちに待った 桜が咲く
でも 5月の風は ちょっと意地悪だと思うくらい強く 肌寒い事も多い

番兵の みみずくのように

「そっとふけ、そっとふけ
 花をよごしちゃいけないぞ
 花をちらしちゃいけないぞ」と にんげんもハラハラします。


桜の季節から 花が散り 一気に新緑になっていく





安房直子さんの童話は 少し不思議で 少し物悲しくて
季節の匂いがしてくるお話です。

桜の次は
002_2014050606590156c.jpg

トット トット トット トット
もう みどりのスキップが聞こえています。





                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村         
2014/05/01 08:00 えぞももんが

よけいな物も 洗う。

エプロンのポケットや
ズボンのポケットにテッシュやメモ用紙が入ったまま
洗濯してしまって ふたを開けた時 粉雪状態・・・



粉雪ねえ 心まで白く染められたなら
二人の孤独を分け合うことができたのかい? 

と レミオロメンの粉雪を歌うはめになることは たびたびあるのですが

昨日は・・・・そんなもんじゃなかった 

洗濯機のふたを開けたら
もう まっ白 吹雪 
なにがあったのか わけがわからず
卒倒しそうになりました。

たぶん・・・・洗濯機の上の棚から テッシュの箱がストンと落ちる
        ↓
それを知らずに 家族が洗濯物をどんどん入れる
        ↓
洗濯物のチェックなどしない私が 洗濯機のスイッチ ON!!

そうです  テッシュひと箱 洗濯しました。

あ・あ・・・大変でした・・・ 。

浴槽で残り湯を使って 衣類についた紙をふるい落とすと
和紙作りの紙すきをしているような状態に 

悪戦苦闘していたら  主人がやってきた
(・・・チッ  面倒なことになったぞ)

一瞬で 状況を察知して
「だから おまえは・・・・#$%&&%$#!」と・・・・
日頃 私が いかにそそっかしいか
注意力散漫か
手振り身振りで、 紙すきをしている 私の背中に向かって力説

「わかった もう 向こうに行っていいよ  」と 私は低い声で呟く


002_201404302047547b1.jpg
(紙くずと 格闘すること 小一時間)

今朝もまだ  洗濯物に  小さな紙がくっついて
チッツ  




そう言えば 息子たちが ヨチヨチ歩きの 赤ちゃんだった頃
紙パンツを 洗ってしまったこともあったっけ 

あの時は 網にかかった エチゼンクラゲみたいなものが出てきて
ギョッとしました 


もう  よけいな物は 洗いたくない・・・・・。


とは言え
今日から 風薫る五月
爽やかに さわやかに サワヤカに

012_20140501080015f6e.jpg
 


               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                       ↓
                   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村