プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/07/30 05:27 えぞももんが

植物の形

スーパーで売られている普通の椎茸から
きのこの胞子がゆらゆら漂う映像を テレビで見て以来
これを撮影した 埴沙萌(はにしゃぼう)さんの事が気になって
毎日 埴さんのブログ 埴沙萌の植物記 を覗いています。

その埴さんが 今月号の 暮らしの手帖に特集されていました。


写真絵本で 椎茸の胞子の舞を紹介して以来
全国の子供たちから電話がかかって来るようになったそうです。

「あのねえ、みえたよ!」
「そうかあ」 親しい友人に返すように、埴さんも答える・・・・。
見るにはコツがあって たいてい 大人には見えないそうです。

まるで  「ユタとふしぎな仲間たち」のお話のようです。

P1010397.jpg

“ 私たちの身近にある草にも、
  こうでなければ
  生きていかれなかった形がある。
  どんなに見慣れた草にも
  自然の知恵やいのちの流れが
  ちゃんとあるはずなんだよ。”

と言う一文がありました。
何度か出て来る 「こうでなければ 生きていかれなった形」という言葉。

人も 同じと 思いました。
私も こうでなければ ならなかった形になっている。
少々 歪だったり バランスが悪かったり
でも それは なげくことではなくて
埴さんが言うように 
“ 進化の過程で、こうでなければ生きていかれなかった形 ” なのかもしれないなぁ。
 

暮しの手帖 2014年 08月号 [雑誌]暮しの手帖 2014年 08月号 [雑誌]
(2014/07/25)
暮しの手帖社

商品詳細を見る





 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






2014/07/27 14:56 えぞももんが

いつも できること

郷ひろみと 西城秀樹と 野口五郎が 新御三家と呼ばれて
凄い人気だった頃 小学生だった私は

野口五郎が好きでした
初めて買ったLPは 「青いリンゴが好きなんだけど」
シングルでは 私鉄沿線が好きでした。

クラスの女の子は それぞれ自分の好きなスターがいて 
平凡や明星に載っている写真の切り抜きを集めたり
写真の付いた下敷きを持っていました。

なぜか 私は 持っていなかった。
みんなとは 同じことがしたくない
少し めんどくさい 子だったかもしれません。

あの頃の 人気の芸能人は アイドルではなく スターと呼ばれていた
そうか 手の届かない 存在のスターだったのだなぁ・・・と 今になって気がつきました。

ちょっと前に テレビで 西城秀樹さんを見ました。
2度の脳梗塞で 話すことが少し難しそうだったものの
丁寧に 懸命に 一語 一語 伝えてくれる言葉に
聞く側も 真剣に聞こうと思う気持ちになりました。

「たとえば 普通にしていること
箸の上げ下げができる。それだけでも 幸せを感じる
“.YOUNG MAN” や  ”激しい恋” を歌っていたときはそんなこと思いもしなかった。」

歳を重ねると 皆が
「普通にしていたことが  どんなに幸せか 気がつく時がある」と口にし
自分でも 痛感する 日々。

.スターで ホップ・ステップ・ジャンプを歌っていた秀樹が 
懸命に話していた この言葉と表情。

秀樹 カッコよかったなぁ。
どれだけ 毎日 頑張っているのだろうか。
若いころは 気がつかなくてもいい
気がつくわけがない

いつもできていたことができなくなる

自分の力のなさや 不器用さに うなだれることもたびたび・・・
でも そんなことをしていては もったいない 
誰かのせいにせず じたばたせずに 今を 見て過ごす。
いまさらですが 新御三家の中では 西城秀樹さんが 好きになりました。 


P1010393.jpg
雨が降りだす前の 早朝の森


P1010406.jpg
瑞穂の池


どちらも朝の光が 綺麗でした。






                      今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                  ↓
                            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村










 
2014/07/23 16:39 えぞももんが

ローズ色

KINCHO (キンチョウ)の 正式名称は  大日本除虫菊株式会社と言うそうです。

夏になると KINCHOの連続小説が 新聞に掲載されます。
これが 密かな楽しみ。
でも 次回 いつ掲載されるのか ついつい忘れて見逃してしまい
その度に KINCHOのホームページに飛んで  続きを読んでいます。

今年は 金鳥ロマン小説 ピンクのよろめき
P1010380.jpg


そして もうひとつ  好きなのが ラジオから流れる キンチョールのCM
夫のいらぬ一言

たとえば・・・・・
〈 ロース編 〉

朝から 一匹 ハエがいたので キンチョールをまいた。
部屋の中に ローズの香りが広がっている。
新しいキンチョールはいいにおいがする。
私 「どお?ローズの香り。」
夫 「おまえからは ロースの香り しそうやけどなぁ。 
     なんか 焼き肉 食いたなってきた 」



この夏 キンチョールはローズの香りが出たそうです。
どんなだろう???

そして 蚊取り線香もピンク 「はなやぐローズの香り」 新発売。
どんなんか??

虫コナーズまでも フレッシュフローラル
逆に 虫が寄ってこないだろうか??



どちらにしても  ピンク=可愛い の イメージありますね

P1010384.jpg
昔は ずいぶん この色を着たこともあったけれど
いつの間にか 持っている洋服には
姿を消した色・・・・・・・ローズ

そういえば  子供の頃 見てはいけないものの中に
“ よろめきドラマ ” って ありました。
「よろめき」って なんだったんだろう・・・。


ピンクのよろめき 第6話・・・・より

人は ピンクの世界に生きている。
真っ赤なウソと真っ白な真実のまざりあう場所だ。
イギリスの詩人、スチュワートの言葉 (嘘)

笑えました 


今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村










2014/07/21 14:20 えぞももんが

ポスト

夕飯を作りながら聞いている NHKFMのラジオ番組

すこし前の話
一枚のリクエスト葉書が読まれていました。

リクエストの曲は忘れてしまったのですが

「このはがきは 実は2枚目、
そそっかしい私は せっかく書いたリクエストの葉書を落としてしまい
もう一度 書きました」という内容。

すると その時の 担当DJ ダ・カーポの榊原広子さんが
「○○さん 実は 葉書2枚 届いているんですよ
 親切な どなたかが 落ちていた リクエスト葉書を
 ポストに入れてくれたんですね」 とのこと。

そういうこともあるのだなぁ・・・・と 何気なく 聞いていたのですが


今度は 私。

郵便局でもらった今年のカレンダーは四季折々のポストの写真が載っています
2カ月に一度 カレンダーをめくる時
ポストの部分を切り取って 絵はがきにして送る

仕事に行く前  知事公館の庭の 屋根付きの休憩所で
友に このはがきで便りを書き 「さあ できた」と 立ち上がった瞬間
手からするすると 滑り落ち 床板のすきまに 
落ちてしまいました。
場所は 丁度 真ん中。
長い棒を探して なんとか頑張ってはみたものの 届かない・・・・。
床に這いつくばって 悪戦苦闘したものの
仕方がないから 急いで別の葉書に書き直し
“ この便りは 実は2枚目です ”と書いて 投函。


ある日 友から

“屋根付きの 休憩所の板のすき間に落ちて どうしても取れない
 赤いポストの葉書・・・・永遠に そこに眠るだろう 一通の葉書が!!
 ある日 届いた!!” と メールが添付写真と共に来ました。
 
2014072008530000.jpg

え!! 親切な誰かが ポストに入れてくれた
でも どうやって・・・・・・。
床板をはずした?
私より腕が20センチほど長い人?
エゾリス? アオダイショウ?

とにかく  ありがとう

P7180022_20140722052028681.jpg



                        今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                   ↓
                              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


2014/07/20 15:21 えぞももんが

そうだ 出雲へ行こう


「そうだ 出雲に行こう」

主人が JR山陰のポスターの ねずみ男のような事を急に言い出し
先週の前半 “ 明日する仕事を 今日やってしまう ” 日を数日過ごし
週の後半 出雲に旅をしてきました。

我が家はいつも 急に決まる
行き当たりばったりの旅

今回の目的地は 出雲大社
「願ったり 叶ったり」の旅です。

北海道では見かけない 竹林をほれぼれと眺め
瓦屋根の家に感動し

松江城の天守閣にもついでに登り
P7180059.jpg



そこで 出会った タクシーの運転手さん
「さっきから 見ていたんですよ お二人さんを。
 ご主人の後ろにおじいさんが守っている。
 出雲大社に来たがっていたのは おじいさん」

ひゃ~~~~そうだったか!!
なんだか わからないけど 
楽しい旅でした。


出雲大社に ありったけのお願いをして 帰ってきました。
P7190072.jpg




晴れた日に 空を見上げると飛行機雲
「あ・あ・・・あの 飛行機に乗って 旅をしたい」 そう思うことが多かったここ数年。
贅沢は なかなか難しい現状だけれど
たまに 勇気を出して 旅をすると
体が 軽くなった気がします。

「そうだ 出雲に行こう」から 始まった 旅でした。

さあ 今日から また もとの暮らし。
祭りの後のけだるさを 追い払ってしまわないと。  


                        今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                   ↓
                               にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

 
2014/07/16 23:20 えぞももんが

ここで 一句

夕方のニュースで

神戸市短歌大会 優秀作の表彰の様子が放送されていました。

大賞の3首の中の一首
富山県の高校1年生 女子高生の句


  “ 妹が  それは恋だと断言し ゆっくり回り始める風車 ”

ある人に恋心を抱いていることを妹に言い当てられたときの気持ちを表現した作品だそうです。

 両側で結んだ髪 眼鏡をかけた その表情は
まだ 中学生に見えてしまう かわいらしい 女の子

司会のアナウンサーに 「まだ 風車は回り続けていますか?」と質問されて
恥ずかしそうに 「ハイ」と答える。

この歳になると  “ うらやましい ” と思うことが少なくなってきたのですが
彼女を見ていて 「いいなぁ  ウラヤマシイ」と 思いました。

いろんなことが これから 始まるんだなぁ

10代の頃 これから どんな風に道が開かれていくか楽しみで
ワクワクしていた時期がありました。
道は自分で開いていくのだけれど
なんとでもなりそうな そんな気がしていました。

 
何時だったかの NHK朝の連続テレビ小説の 決まり文句
「女性たちよ 佳き 人生を」
この句を作った 彼女に贈りたいです。


そして お姉ちゃんの恋心をズバリ 言い当てた 頼もしい妹さんにも 



この句には
マツヨイグサが似合うな・・・と ふと思う
P1010375.jpg
花言葉・・・・・・・・・ほのかな恋






                         今日も  ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                     ↓
                                にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村 


2014/07/15 05:42 えぞももんが

こころの風景

NHK bsプレミアムで 朝7:45から放送している15分の番組 
にっぽん縦断 こころ旅

俳優の火野正平さんが 視聴者の心にあり続ける風景を
スタッフと共に 愛車のチャリオ (自転車) に乗って 
訪ねてくれる番組です。



今週から 舞台は北海道。
今年は どの辺を走るのだろう
洗濯物を干しながら 嬉しくて ニヤニヤし

昨年秋の こころ旅を思い浮かべて 思わず 涙がこぼれそうになる
最近 なんでも かんでも グッときてしまう
ヤレヤレ・・・・です。 

私の こころの風景は
相変わらず
北海道 真ん中 少し北
生まれ育った 赤い三角屋根の小さな家

両親が札幌に越してきて 丸4年になります。
引っ越しのとき撮った写真も
ずいぶん色あせてしまったけれど

これが 私の こころの風景
P1010382.jpg


こころたび   作詞 池田綾子

誰だってあるんだろう
こころの奥に
宝物の地図 大切な場所へ

小さな頃は毎日が 不思議の世界で
だんだん顔を変えてゆく雲を
追いかけて走った

手のひらに揺れる木洩れ日は
太陽のかけら
土の匂いがした
それはきっと 宝物




虫や動物が好きな 正平さんの事だから
青虫やら
P1010368.jpg






バッタを たくさん見つけるかもしれません。
P1010374.jpg


旅の安全と
いい旅が続きますように




                         今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                      ↓
                                  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


2014/07/12 06:43 えぞももんが

シンプルごはん

夏の空だなぁ・・・と しみじみ眺めた
昨日の朝焼け


P1010360.jpg


野菜が美味しい季節になりました。
NHKの 「きょうの料理」に “大原千鶴のシンプル京ごはん”というシリーズで
出演されている 大原千鶴さんの 教えてくれるレシピは

 少ない材料
 少ない道具
 少ない手順

がモットーで 本当に簡単です。


ちょっと 焦げてしまって 恥ずかしいですが・・・
 キャベツ焼き
P1010333.jpg

①キャベツ1/4を1㎝幅ほどに切る。

②卵2個をボールに割り 塩2つまみ入れて 溶きほぐし
 ここに キャベツを入れて混ぜる。

③フライパンに豚の薄切り肉100グラムを並べ 塩を少々振る
色が変わったら  ②のキャベツを乗せて弱火にしてふたをする。

④3分ほど焼いたら裏返し 2分焼く
一味をふり ポン酢でいただきます。



 トマトのパン粉焼き
P1010335.jpg

①トマトのヘタを除いて 横、半分に切り塩をふる

②容器に パン粉 大さじ山盛り2・ニンニクみじん切り少々 パセリみじん切り少々
       オリーブ油大さじ1を混ぜ、トマトに乗せる。

③230℃のオーブンで15分焼く (オーブントースター使いました)

 チーズものせて焼いてみました。


トマト丼
P1010337.jpg

①トマト2個を湯むきして 4つ割にし 牛こま切れ肉50グラムは塩・こしょう。

②フライパンにオリーブ油大さじ1に つぶしたニンニク一片を弱火にかけ
色づいたら取り出し 牛肉を入れ中火にする
赤いところがなくなったら トマトを入れ塩小さじ1/4で炒める。

③ご飯を器に盛り ③をのせ 青じその千切り 取り出したニンニクを乗せて出来上がり。

 トマトはこの時期 皮が固くなってきたので 湯むきしたほうがいいそうです。
        トマトは 炒め過ぎると とけるので ほんのり温める程度に。



「京ごはん」と聞くと ちゃんとだしをとって 手間をかけてと想像するのですが
大原さんの料理は 番組を見た後すぐに作れるものばかりで助かります。 



京都在住の料理研究家、大原千鶴さんが生まれ育ったのは老舗料理旅館の「美山荘」。
ずいぶん前 「暮らしの手帳」に掲載されていました。 
摘み草料理が有名な 美山荘。 まるで時が止まっているような趣のあるたたずまい。
一度行ってみたいけれど
むりだなぁ・・・・・きっと。
大原さんは 和服の似合う 「は~~い」が口癖の
さっぱりした 頼もしさも伝わってくる方です。
 


昨日の 夕焼けちょっと前の 空
P1010363.jpg





                      今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                 ↓
                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

2014/07/08 17:57 えぞももんが

クルマユリ

先日 知った 森の中に咲く
ちいさな ユリ
クルマユリ
P1010328.jpg


いつ咲くか いつ咲くか
早朝だったり
夕暮れ間近に慌ててだったり
汗だくになって 足を運んでいましたが

今日 とうとう 咲いていました
P1010352.jpg




可憐な姿
うすい うすい 香り
P1010345.jpg
クルマユリ・・・・・・・・花言葉・・・・・・・・ 純潔、多才な人


置かれた場所で咲いている・・・・ですね。

   


今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
2014/07/08 05:41 えぞももんが

タチアオイ

札幌の中心部の街路樹の根元に
タチアオイが勢いよく咲いています

この花を見ると 子供ころの夏を思い出します
花びらを取って 付け根を開くと
のりが付いているように ぺたぺたくっつく
これを顔につけて
ニワトリのトサカに見立てて ニワトリの真似をする
コケコッコーーーーーーー。

なので タチアオイは通称 コケコッコー花

大人になるまで (なっても)この花の名前は
コケコッコー花だとばかり思っていました。

母方の親戚に 同い年のユウコちゃんという いとこがいます。
夏休みになると お互いの家に 泊まりがけで遊びに行く
これが 楽しみで 楽しみで 仕方ありませんでした。
昼間は外を駆け回り 夜になったら花火をして ご馳走のカレーライスを食べて
枕を並べて眠るときには 決まって お化けの話をして
「キャ~~~」と 布団にもぐりこむ

ユウコちゃんは ケラケラケラと一度笑うと止まらない
色が白くて パーマをかけたクリンクリンの髪が似合う
かわいい女の子
私は 色が黒くて痩せていて ショートカットの女の子

二人で歩いていたら 後ろから おばさんが来て 
「ちょっと よけてね ぼくちゃん」と私に言った
「おばさん この子 男の子じゃないよ」とユウコちゃんが言ってくれたけど
「あら~~そうなの ごめんね ぼくちゃん」と 追い打ちをかけられた場面を
今でも 古いビデオを再生したように 思い出す時があります。

そういえば いとこの家の庭に 赤やピンクや白のタチアオイが
たくさん咲いていました。
毎年 恒例だと思っていた 夏のお泊まり会も
考えてみれば ほんの数年の事だったのだなぁ

中学生になり高校に入ると それぞれ自分の世界ができて 
いつの間にか すっかり疎遠になってしまった いとこ

あんなにケラケラ笑が止まらなかった 私たちも
ずいぶん 難しい顔や 怒った顔のほうが多くなってしまって
皺も増えちゃった。




タチアオイを見ると
いとこのユウコちゃんと遊んだ夏を思い出します。
P1010336_20140708081132d74.jpg
タチアオイ        花言葉・・・・・・・・大きな志

そういえば  実家にはタチアオイがなかった。
この花を見ると 父は たいへんだった 戦時中を思い出す
なので うちの庭には咲いていなかったと 母が教えてくれました。





 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






 




  
2014/07/05 06:58 えぞももんが

盛夏の花

森には 初夏から 少しずつ 盛夏の花が咲き始めました。
7月になり そうですね もう すっかり夏

夏の花は 力強く その姿を見ていると
嬉しくもあり もう少し ゆっくり季節が進んでほしいと 思ったりもします。

P1010301.jpg
アジサイの花は いろいろな種類があるようで


P1010332.jpg
名前が よくわからないのが残念です



森を歩いていると
森の事は何でも知っている 森の主のような人に出会うことがあります

先日も そんな 頼もしい方に 偶然出会って いろいろ教えてもらう
「これはね オニノヤガラ 鬼が手に持っている武器にいているでしょ。」
P1010288.jpg





「これは シャクジョウソウ 寄生植物なんだよ。 ここで咲いてることは 秘密。」
P1010325.jpg






「そして この間 見つけた クルマユリ。 
これも 取っていく人がいるからね 残念だ
あと 3日か5日くらいで咲くかね」
P1010328.jpg







よく見ると 不思議な花が たくさん咲いている
光合成をするもの
しないもの
工夫しながら 生きているんだな・・・・と
森を見上げました。
P1010310.jpg





                         今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                    ↓
                            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村



2014/07/01 16:31 えぞももんが

井戸の中にいる蛙

最近 タメ息と 
「おれも 歳をとったなぁ」の言葉が やたらと多くなった主人。

数日前 「井の中の蛙だったな・・・」としょぼくれている。

ちょっと 元気づけてあげようと

「知っている? “ 井の中の蛙大海を知らず ” には続きがあるんだよ

     井の中の蛙大海を知らず 
        されど空の青さを知る 」   自信満々 夫に伝授する。 

夫、 それを聞いて 大いに喜ぶ
「そうなのか? 知らなかった!!」
あまりに 感慨深くしているので
私は ちょっと 自信がなくなってきて 「ちょっと待って・・・・間違ってるかもしれない・・・・」
検索・・・検索・・・・

「井の中の蛙大海を知らず」  荘子
 どうやら後半の “ されど 空の青さを知る ” は後付けのようで どこかの誰かが考えたようです

主人・・・「なあんだ やっぱりそうが もう少しで 人に教えるとこだった」

けっこう 名言だと思うけど  残念

他に・・・・・「されど空の広さを知る」とか
       「されど、井戸の深さを知る」とか いろいろあるようで 面白い 



たとえば     
    
       井の中の蛙大海を知らず   されど そこで優雅に暮らす

                                   えぞももんが

こんなのは どうでしょう??? 

いろんなことがあるけれど
元気出していこうよ


P1010188.jpg  P1010214.jpg  P1010215.jpg  P1010217.jpg  P1010258.jpg  P1010260.jpg  P1010267.jpg  P1010321.jpg


私の 応援は  やっぱり いつも これくらい・・・。
家族に 順番 順番 はっぱをかけるのも 大変だ・・・・。




                    今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                               ↓
                           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村