緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年08月  1/1

秋の初めの森

秋は短いけれどその間に いろんな秋の姿を見せてくれるなぁ・・・と季節的に 詩人のようなことも たまに 思いながら 森を歩きます まだ 緑がたくさんの、でも確実に夏とは違う 次の季節の気配を感じるこの時期ヤマモミジそして 木の実が落ち始めカツラの木の甘い香りも濃くなって木々の葉が色付きはじめる紅葉の秋がきてその葉が はらはらと落ちて 森は一気に見通しが良くなって茶色の秋になるそれまでは もう少し 色...

  •  12
  •  closed

リリリンリン

リリリンリン            こおろぎしんさくすねがちょっぴり さむいなあおなかも すこし すいたなあせなかのあたりが すうすうしてさむくて さびしい よるだなあだからこそ!ぼくは きりりと ふんばってしっかり はねを こしこしこしきれいなこえで うたうんだ!リリリ・リリリ・リリリンリンきっと かのじょは ききほれていそいそ やってきてくれるきてくれるとも、さ!そのこと おもうとひげがそよそ...

  •  6
  •  closed

開発番組

NHK の番組モニターも残すところ あと一カ月となりました。1か月 10本の番組を見て 感想を送る残り少なくなってホッとするような お名残り惜しいような・・・指定される番組の中には 〈開発〉と書かれたものがあってきっと これは お試しの番組。この中に けっこう 心をわしづかみされるような面白いものが多く 自分では見つけられない番組に得をした気がします。今月は こちら 本棚食堂第1回 8月18日(月) 午後11...

  •  6
  •  closed

14円。

父のホームへ行くと引き出しに小さなメモ帳が入っていて字が書けるようになった父が必要なものを 箇条書きにしている。昨日は・・・・・・14円紅茶歯磨き粉「紅茶と 歯磨き粉は 持ってきたからねこの14円は なに?」「ももんがの お給料が10月から 一時間14円 上がるだろ?」「え????」  そこで 思い出した 先日のニュース北海道の最低賃金(時給)は734円先日 北海道地方最低賃金審議会は14円引き上げ...

  •  10
  •  closed

オードトワレと石鹸と

学生の頃 書店でバイトをしていました。店頭で売れた本を 地下倉庫から持ってきてせっせと 補充する仕事。地下倉庫で補充する本を探していると(いま思えば 現在の私の年ごろの)おばさん店員さんが入ってくるとすぐわかる強烈な香水の香りが狭い室内に 充満して クラ~~~っとなりました。 私はと言えば・・・・夏になると 仕事の帰り体から、 小学校の掃除用具入れの中に入っている雑巾の匂いがしてくる小学校の雑巾は...

  •  11
  •  closed

キノコたち

この時期になると 毎年咲き始める ツルニンジンと言う花があります。根は 高麗人参と同じような効能があるそうです。先週見つけた ふくらんだつぼみが 咲いているかもしれないと日曜日に様子を見に行ってみたのですが残念ながら 咲いている花には出会えなかった花言葉・・・・ 感謝・誠実そのかわりあちらこちらに 色とりどりのきのこたちこの色は 美味しそうに見えるけれど やっぱり 触らないでおこうこの赤は 完全に...

  •  7
  •  closed

夏の終わりの読書

No image

安房直子さんの童話は 少し悲しくて少し怖くて 不思議な風景が浮かんできます。そろそろ 夏も終わりかな・・・という この時期に安房直子さんの本が読みたくなって 図書館から借りてきました。ひぐれのお客 (福音館創作童話シリーズ)(2010/05/25)安房直子商品詳細を見る一番はじめに載っている はなし白いおうむの森スタア宝石店の入り口は、自動とびらです。その前に、ほんの一秒立っただけで、みがきあげられたガラスのド...

  •  4
  •  closed

海の見える場所

主人の母は 小さな港町で ひとり暮らをしています。義父と共に長年 小さな加工場を営んでたのですが加工場をたたんでから 今年で17年。商売の名残をたくさん残した家で 暮らしています。お盆になると 義母と一緒に 海を眺めてたつ場所にお墓参り。義母は何より お墓参りの時間を大切にしています。煮しめと お赤飯が入った 小さなお弁当をたくさん作り果物もかごにたくさん入れて一時間ほどかけて 義父のお墓はもちろ...

  •  2
  •  closed

思い出す洋楽

パセリ セージ ローズマリー と タイムバーブの名前が出て来ると 今ではすっかりNHKの番組 猫のしっぽ カエルの手 のベニシアさんを 思い浮かべるのですが以前は  サイモン&ガーファンクルのスカボローフェアを思い出しました。パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム(2003/12/17)サイモン&ガーファンクル商品詳細を見る優しく 少し切ない イントロAre you going to Scarborough Fair?スカボローフェアに行...

  •  10
  •  closed

おこだでませんように

ぼくは いつも おこられる。いえでも がっこうでも・・・。きのうも おこられたし、きょうも おこられてる。きっと あしたも おこられるやろ・・・・。ぼくは どないしたら おこられへんのやろ。ぼくは どないしたら ほめてもらえるのやろ。ぼくは・・・「わるいこ」なんやろか・・・・。ぼくは、しょうがっこうに にゅうがくしてからおしえてもらった ひらがなで、たなばたさまに おねがいを かいた。ひらがなで ...

  •  8
  •  closed

晩夏の気配

蒸し暑くて 窓を開けて寝ていたら明け方 虫の声「エッ まさか・・・」不意打ちを食らったような 秋の気配にすっかり目が覚めてしまいました。カレンダーを見たら 明日は立秋。一方でテストも 提出しなければならないレポートも終わって二男は 今日から夏休み友人たちと キャンプに行くそうでこれから 夏が始まるようです。4時台にごそごそ起きてきて「米 一合 用意しておいて」きっと 楽しみで 早く目が覚めてしまっ...

  •  4
  •  closed

亀を飼う

銭亀を2匹飼っています。名前は 銭亀の平次とU2(ユーツー)放し飼い状態で お腹が減ると 押し入れの置くから飼育ケースの場所にそのそやってやって来る土曜日と日曜日 北海道もとても暑くもしかして この夏の暑さのピークかもしれないと思って過ごしました。平次とU2の食欲も ピーク。フィリフョンカさんの 「銭亀のケースは何日おきに洗うんだろうか?」の質問答えは 「今の季節 毎日です。」一日で 水はコーヒー...

  •  6
  •  closed

彼女のチカラ

暮しの手帖に 「彼女のチカラ」という 記事があります。毎号 テレビや他の雑誌では絶対に出てこないどうやって探してきたのだろうと思うような家業を地道に支えていたり伝統を守り続けていたり小さなお店を切り盛りする 女性が掲載されています。今回は 日本橋浜町の燃料店。東京の料理店に薪や炭などの燃料を納めるお店でご主人を力強く支える 世喜子さんの話。20代の頃 アパレル関係の会社で チーフデザイナーとしてバリ...

  •  6
  •  closed

6番目の栄養素

会ってしまった。めったに会わないけれど 会ってしまった長男の同級生の 母。この人は  もしかして うわさ話が 6番目の栄養素なんじゃなか??そう思われるほどの 情報通。で、聞かれてしまう もろもろの事。「 就職決まった? どこに? 」「弟さんは? 大学何年生になった? 家から通ってるの?どこ?」上手くかわせばいいものを なぜか毎回呪文をかけられたように  答えてしまうもろもろの事・・・・・。じつは...

  •  14
  •  closed