緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年11月  1/1

山のあなた

朝 家族がまだ眠っている時間カーテンを開けて 今の時期 もう寒くなってしまったけれど窓を全開にして 新鮮な空気をとりこむお湯を沸かしてポットに入れてテーブルを拭くイヤホンで携帯ラジオを聞きながらパソコンに向かって いろんな方の のブログにおじゃまするこんな風に 朝を過ごしています。今朝 聞いていたラジオから 懐かしい詩が聞こえてきました。山のあなた    カール・ブッセ 上田敏訳山のあなたの 空遠...

  •  10
  •  closed

羊がてんこもり

来年の干支は 羊。羊は 十二支の中で 戌年 卯年 と肩を並べるぐらい親しみやすい 干支かもしれません。なぜかというと母は せっせと 羊の小物 製作中。作品が どしどし 我が家に届きます。羊がてんこ盛り顔の黒い羊 サフォークの置き物作    実家の母 真ん中に サフォークが付いている 壁飾り   作     実家の母   サフォークのストラップ たくさん作     実家の母ちなみに 母はストラップの...

  •  6
  •  closed

見た目

20代 お年頃と言われる頃耳にたこができるほど 「人は 見かけじゃない 中身だよ」と 親を筆頭に 職場の上司・・・人生の諸先輩の方々に 言われ続けたのを思い出します。こう助言しておきながら帰省する時ほおっておくと 着の身着のままで帰ってくることの多い娘 (私)に 母は 「ちゃんとした恰好で帰ってこないと ご近所に恥ずかしいからね」と帰る前に電話をかけてきた。ちゃんとした恰好って どんな恰好か??そ...

  •  4
  •  closed

エッセーを読む

読む本にも 波のようなものがあるようでここのところ 向田邦子さんの波がド~~ンと押し寄せ向田さんのエッセーばかり 図書館から借りてきています。こま切れに見つけた時間で読むのでページが行ったり来たり「あ ここは もう読んだっけ」となることもしばしばです。栞を使えばいい話なのですがはらりと落ちて いつの間にか無くしてしまうことも多いのでついつい 使わず 今日も ページを行ったり来たりしています。こうい...

  •  6
  •  closed

当たるも 当たらぬも・・・。

今年の初めにひいた おみくじは 大吉でした照りつづく 日かげ なやみし 小田山(おだやま)にうれしく そそぐ 夕立の雨願い事叶い難いようですが 半ばより案外やすく 叶ううれしい内容だったので 11月の半ばになった今もお財布の中に入っています。 占いは 信じたり 信じなかったり 新聞の日曜版に 今週の星占いが載ります。先週のおうし座“ 続けていて良かったと思えることが きっとあるはずです ”おっ!いい感...

  •  9
  •  closed

投稿欄より

毎朝届く 地元紙の新聞には「いずみ」という女性限定の 投稿欄があります。その投稿欄が この秋から5分間のテレビ番組になりました。「いずみ欄」に掲載された投稿文を 女優の高橋惠子さんが朗読します。先日 放送された「母の涙の理由」という内容がこころに残りました。投稿者は70歳の主婦。94歳になるお母さん。白内障が悪化しこのままでは失明すると言われ、手術をしても 失明の可能性があるけれど 覚悟を決めて手術を...

  •  6
  •  closed

クマゲラに会う

いつも歩いている森には天然記念物のクマゲラがいると 聞いたことはあったのですが実際に 見たことがありませんでした。それが 今年の秋 10月の中ごろだったでしょうかとうとう 会うことができました。逆光のなか あれは カラス?いや もしかして・・・・クマゲラ!!クマゲラの特徴の頭の赤いベレー帽私のデジカメでは うまく撮れませんでした(これが限界・・・・ )頭の赤が見えなければクマゲラは カラスみたいに真...

  •  10
  •  closed

Tim Tamチョコレートに苦戦

すっかりおばさんですが たまに子どものように 無心になって何かに挑戦したくなります今回はTim Tam(ティム タム)というお菓子を知ってる?と Bluejayさんが紹介していた Tim Tamチョコレートの美味しい食べ方これをどうしても 試してみたくなりました。Tim Tamはオーストラリアのチョコレートだそうです。メモ用紙に「Tim Tam」と書いて 輸入品を扱う店のお姉さんに見てもらう。「はいはい ティム タムですね」と案内...

  •  16
  •  closed

私の一行

NHKの朝の連続テレビ小説で まだ 「花子とアン」が放送されている頃夏の初めとても久しぶりに 「赤毛のアン」を読み返しました赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)(2008/02/26)ルーシー・モード・モンゴメリ商品詳細を見る買った文庫文の中に  『赤毛のアン』シリーズから素敵な「一行」を選んで、アンの島に行こう!と言う 紙が挟まっていてお!!行ってみたい!そう思いながら、自分の一行を気に留めながら...

  •  6
  •  closed

朝のひととき

昨日の月は ミラクルだと聞いて眺めると やっぱり いつもより 大きくて ミラクルのような気がしました今朝起きて 「そうだ まだ ミラクルがいるかもしれない」と西の空を見るとオレンジ色の 見事な月が 静かに 沈もうとしていました うわ・・・と 一瞬息をのむ。やっぱり そこが ミラクルなのでしょうか。昨日の各放送局の天気予報で 「ミラクルムーン」の説明をしていたけれど未だに よくわかりません。一人の ...

  •  8
  •  closed

味覚

フィリフョンカさんに 第六感は、五感を常に磨いてこそ感じることのできる、 理屈を超えた説明できない感覚。と、教えてもらいました。五感は 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。これたちが 磨かれてこその 第六感なんですね。二男は 食に対してとても敏感です。五感を働かせ小さいころから 魚を料理していると 何の種類の魚を煮ているのかなんの魚を焼いているのか ぴたりと当てる。調理台に食材を出しておくとこれから何を...

  •  4
  •  closed

昨日のコラム

昨日の朝刊に 風景写真家の方のコラムが載っていました仕事柄、 好きな季節はいつかと聞かれることがある。どの季節もよさを感じるけれど今時分の、冬になりかけの秋の終わり頃。秋とも冬とも決めかねる半端な季節。一般にはいとわしい季節になりますが、行きつ戻りつをしているような 張りつめた雰囲気がたまりません。そう言うことが書かれていました。コラムの最後は集中力を高め、五感プラス第六感を働かせることで良さが見...

  •  2
  •  closed

小さな約束

札幌は 秋から初冬になりつつあって紅葉も終わりに近いのですがまだ 目を見張るような鮮やかな色を見せてくれている木もあり思わず 見とれますまだ 秋の名残がこんなにあるのに最近 私は お正月をどう過ごすかそればかり 気にしていましたホームで過ごす父お正月は 自宅へ帰りたいのではないだろうか・・。11月3日は父の誕生日すこし早いのですが 「誕生日おめでとう」と今日 父のところへ行ってきました。いつも通り ...

  •  13
  •  closed