緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年02月  1/1

思いこみ。

スーパーで椎茸を買う時 原木しいたけと 菌床しいたけ どちらにしょうか少し迷います原木しいたけの方が 香りがよくて 味も濃いような気がするけれど少し値段が高いなので 迷って 菌床しいたけを買ってくることが多いですその 菌床しいたけ。ほんの数日前まで 菌床を「きんどこ」だと思いこんでいました。菌床は 「キンショウ」と読んで 「キンドコ」じゃないビックリしました。でも 考えてみれば なぜあえて 私は ...

  •  3
  •  closed

今年も 木の根開く

夏から秋に季節が少しず移動するころ森の緑の色の変化に気が付きます真夏の力強い色から 少しだけ くすんだような緑色それと同じように季節が冬から春の初めに向かう時雪の色も 変わっていきます太陽の光の反射で 目にささってくるような白さから少し 土色がまざった 色になってきますその頃 木の幹の周りから 雪が解け始め木の根開く 季節です木が吸い上げる地下水が 外の気温よりほんの少し暖かいため木の周りから 雪...

  •  6
  •  closed

コロッケを作る

まだ2月なのだけれど どんどん雪が解けて春の匂いがしてきました。昨年の秋に 友達が届けてくれた20キロのじゃが芋あと 三分の一ほど になり それが どんどん芽が出つつあって焦ります今日はコロッケにしょう暮らしの手帖に 以前 コロッケの特集が載っていた気がして押し入れを 探してみるとちょうど一年前の 2-3月号「我が家のコロッケ」の特集がありましたいつもは適当に作ることが多いコロッケ今日は レシピにで...

  •  6
  •  closed

それで?

新聞を読んで 気になった記事や 印象深いコラムや投稿文綺麗な写真など ついつい切り抜いて取っておくのが趣味です。先日載っていた記事は 何度読んでも どうしても理解できずしかも 読んでいるうちの プッと ふきだす。 内容は・・・これまで別種と考えられていたダンゴウオ科の魚3種が実は同一種の雄雌であることがわかった・・・というもの。別種とされてきたのは、ダンゴウオ科オキフウセンウオ属のコブフウウセンウ...

  •  0
  •  closed

春の中掃除

今週 気温が上がり 穏やかな日が続きました。雪解けが一気に進み 外の景色は 3月の中旬のようです。このまま 春になるといいなぁと 心から思うのですがまだ 2月。そんな うまい具合に行くはずがないこの後 また 「えっ!!」と言うほど雪が降ったり「うっ・・・。」と唸るほど 寒かったりするに違いないと北海道民は 思っています。春のような陽気に誘われて春の 中掃除をしました。窓ガラスを拭きベランダを掃き内...

  •  4
  •  closed

メモ書き

父のホームに行って 引き出しからメモ帳を取り出して読みます。そこには 持ってきてほしいものが書き出されていて一昨日行った時に書かれていたのは「2メートルのひも」。2メートルのひもは何に使うのか?と聞いたところ食堂で食事をする時 5人でテーブルを囲むのだけれどある人が お父さんのところまでモノを置くそれが気になってしょうがないひもで 境界線を作ろうと思う2メートルあれが 足りるだろうそういう 父の話...

  •  8
  •  closed

サラメシ

中井貴一さんは 結構好きです。そんな 中井貴一さんがハイテンションでナレーションをしている番組サラメシ NHK総合 毎週月 よる10時55分 再毎週木 ひる0時20分~を楽しみに見ています。サラメシとは サラリーマンの昼食番組では サラリーマンにかかわらず「ランチをのぞけば、  人生が見えてくる  働く大人の昼ごはん」 をテーマに いろんな人々の お昼ご飯を見つめます。毎週ではないのですが「あの人が ...

  •  2
  •  closed

小さな工夫

今朝 目が覚めて 目ざまし時計を見て 「あ!!寝過ごしてしまった」と焦ってその次に 「今日は 日曜日だった」とほっとする。こういう時は なんとなく 大げさですが 幸せだなと 思います。毎日の暮らしの中に ほんの少し変化があると楽しみが増えます本当に 小さな変化たとえばいつも 朝一番に飲むコーヒーはインスタントなのですがお休みの日は 本物のコーヒーを飲むいつもと違うシャンプーを使ってみる新しい歯ブラ...

  •  4
  •  closed

特殊能力

No image

最近 不思議な力が備わりました 私は 車の免許を持っていないので運転ができません。主人には申し訳ないのですが助手席でウトウトしてしまうことも シバシバあります。主人の実家に向かう車中で いつものようにうたた寝をしてハッと目が覚める「今 ラジオから 中村雅俊の “ ふれあい ” が流れていた?」と主人に聞くと「いいや」と答えがかえってきてその 10分ほど後に ラジオから ” ふれあい ” が流れ・・・「...

  •  10
  •  closed

素朴な優しさ

冬の森の中を歩く人は 結構いるもので踏み固められた 雪の道が自然とできています真ん中は ひと一人 歩く幅両側は 歩くスキーの通り道この冬も 結局 スノーシュー(洋風かんじき)を買いそびれたので長靴でウォーキングの私は雪に足が埋まらないように幅の狭い 真ん中を歩きます。人とすれ違う時は どちらか一方の人が 立ち止り 道を譲ります。道を譲るために 立ち止まると「いいから いいから お先にどうぞ」と向う...

  •  8
  •  closed

ひとり言 Ⅱ

先日のブログに  エレベーターでたまたま会った疲れたサラリーマン風おじさんのひとり言の話を 書いたのですが“ わたしだったら こうする・・・”と フィリフョンカさんが 提案してくれた。 エレベーターにひとり乗っていたらたまたま男性が乗ってきてドアが閉まる。ちょっと疲れたその男性が深いため息とともに「ぜんぜんダメだな・・オレは・・」とうなだれる。そういう場面に遭遇したらどうするか・・まったく見ず知らず...

  •  2
  •  closed

ゆるくないキャラと会う

北海道の夕張市には迫力があり過ぎて 怖くて見かけると子供が泣いてしまう ゆるくない ゆるキャラがいます名前は メロン熊 「夕張名物の夕張メロンの畑で野生のヒグマによる食害が発生」とのニュースより、発案されたと ウィキぺディアに載っていました。札幌の大通り公園の雪祭り会場でたまたま見かけた メロン熊何を食ってきたのか 歯から血が滴り落ち目つきが鋭く本当に 怖い子供たちが 近寄れず 遠巻きにしていて若...

  •  8
  •  closed

ひとり言

母のマンションのエレベーターに乗っていた時両手にクリーニング屋さんからとってきたワイシャツをぶら下げた背広姿のサラリーマンらしき男性が乗り込んできました。歳は きっと 同年代。ちょっと疲れた風おじさん 私は エレベータの箱の後ろの方その男性は ドアの前に立っていてドアが閉まると 深ーいタメイキをひとつ   (この時点で 私の存在は 消えている・・・)「ぜんぜん ダメだ    俺は・・・・」と うな...

  •  10
  •  closed

朝日

鰊来たかと かもめに問えば私しゃ立つ鳥 波に聞け チョイ・・・・    の 歌詞は ソーラン節先日 新聞に 今年も ニシンが産卵のために大群で押し寄せる「群来 (くき)」が見られたと言う記事が載っていました。群来になると、何百メートルも浜が白く濁ります。ずいぶん長い間 ニシンの不漁が続き 「幻の魚」と言われていたのですが稚魚の放流で 最近また ニシンが産卵に帰って来て群来が 見られるようになりまし...

  •  9
  •  closed

吹雪のウォーキング

土日をめがけて発達した低気圧がやって来て 大荒れの天気になることが多い 今年の冬昨日は 主人と吹雪の中のウォーキングとなりました。吹雪なのに なぜにウォーキング?いえ いえ途中から 吹雪になりました 森の中は 風がゴーっと低いうなり声をあげ木と木がこすりあって ギギギと鈍い音を立てる少し 恐ろしさを感じます。「久しぶりに風の音を聞いたな」と 主人が言いました。頬にあたる雪が痛くてひりひりします。さ...

  •  6
  •  closed