緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

暮らし

いつも聞いているラジオや
楽しみしているテレビ番組が 番組改正で 終了してしまって 
寂しくなるなぁ・・・と そう感じることが多い3月です。


昨日 買ったばかりの最新号の暮らしの手帖を電車の中で開きました。

いつも 読み始めるのは 編集後記にあたる「編集の手帖」。
 松浦弥太郎さんの文からです。

半ばあたりの一行に
「私の仕事はこの春までです」
と書かれていました。

みなさま、およそ九年間ありがとうございました。
これからは新しい「添え手」による
もっとすてきな「暮らしの手帖」が生まれることでしょう。
別冊も含めますと、六十七通の手紙を綴らせていただきました。
その間、みなさまから何百通ものお手紙をいただきました。宝物です。
ほんとうにありがとうございました。
どうぞこれからも「暮らしの手帖」をお読み
いただけますようお願いいたします。

エッと思い  寂しさがじわっと染み込んできました。

子供の頃 母が読んでいた暮らしの手帖。
 
歯医者さんの待合室に置かれていたその本を
懐かしく思って手にとって  それから毎号 読むのが 楽しみになりました。
八年ほど前のことなので 私が知っている暮らしの手帳は
編集長が弥太郎さんの 「暮らしの手帖」でした。

そう言えば いつ頃からか 楽しみのひとつの
「暮らしのヒント集」が 気軽なものから ほんの少し
硬い内容になった気がしていました。

編集長を辞めてしまわれる理由は 何もわかりませんが

日々の中 変わらず ずっと続いて行ってくれると
そう思いたくなるものも
少しずつ 変わっていくのだと 改めて知らされた 気がします。



暮しの手帖 2015年 04 月号 [雑誌]暮しの手帖 2015年 04 月号 [雑誌]
(2015/03/25)
不明

商品詳細を見る

少しぼんやりしているくらいが丁度いい時もあります。
特に休日は、あまり忙しくせずに、いろいろなことに
過敏にならないように惚けて過ごしてみましょう。
       
        4-5月号 暮らしのヒント集 より
          
 



いつも 一番はやく 福寿草が咲く 場所に
今年も 元気に咲く花を見つけて
「咲いてくれましたね」と 庭の主と にこにこと話す。
P1020044.jpg
いつもと同じようだけれど 少しずつ 少しずつ 違う毎日
これが 暮らしですね。






今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


卵焼き


長いこと ご飯を作っている中で
一番作る回数が多いのは

お味噌汁と
たまご焼き

主人も私も 卵をどんどん食べ
お味噌汁を ガバガバ飲んでいい年齢は
過ぎてしまったので
以前ほどではないのですが それでも
他のお惣菜よりも作る回数が多い

お弁当の卵焼きは 2日に一度は登場します

にもかかわらず 味にバラツキが出てしまうのはなぜか?
うなだれる。

「今日のたまご焼きは美味しい」から
「今日もたまご焼きは美味しい」になりたいものだと
思います


先日 きょうの料理 ビギナーズ で 、高木ハツ江さんに 教わった
だし巻き卵は 美味しくなりました。
だしの代わりに お味噌汁を使います。


材料・・・・・・
      卵・・・・・・・・ 2個
      味噌汁・・・・・大さじ3
      しょうゆ・・・・・小さじ1
      みりん・・・・・・小さじ1

 卵焼きに お味噌汁 ほほ~~
 やっぱり 柔らかい頭で料理するのが
 料理上手になる 秘訣か・・・・・いまさらの事を 思います。




P1020040_20150326054416778.jpg





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村



めんこいねぇ


  ” めんこいねぇ ” は北海道弁 
   「かわいいねぇ」と言う意味です。

 電車に乗っていて抱っこされている赤ちゃんを見かけたり
 ヨチヨチと歩く 赤ちゃんを見ると 
 「めんこいな」と しみじみ思います。

息子たちも こんなだった
でも あの時は ひっし過ぎて 「めんこい」を味わえなかったのが
残念でしょうがない
子育て中、
芸能人がテレビや雑誌で 「育児が楽しい」と話しているのを聞くと
嘘をついているか 家事をいっさいがっさい引き受けてくれる
誰かがそばにいてくれるに違いないと疑っていた 


ごくごく普通の人が 「子育は楽しい」と言っていたら 
どうしたら そう言う気持ちの余裕ができるのか
1から10まで 詳しく教えてもらいたくなったし
いっぱいいっぱいの 自分が 情けな無くなったものです。

赤ちゃんの頃の悩みは
ミルクの飲みが悪いとか
ぐっすり寝てくれないとか
夜泣きがひどいとか
鼻が詰まっていて苦しそうとか
便秘気味だとか
他の子よりも 小さいとか
寝返りをまだうたないけれど大丈夫だろうか?
そう言うことでした

たしかに 楽しもうと思えば 楽しさ満載だった気がします

成長するにつれ
悩みの種も 大きくなることを 痛感しながら過ごしてきたなぁと思います。

4年半の函館での生活を終えて
札幌の生活が始まった長男。
今日から 社員研修です。

親はもう 口を出さず 手助けもせず 
お節介をせず 黙って 黙って。
はい。



函館を離れる時 友達がお餞別にとくれたもの
P1020036.jpg


2匹も!!
P1020042.jpg
どうする!!と思いつつも
ちゃんこくてめんこい



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




留守番チャーシュー


札幌の食べ物と言えば?

やっぱり ラーメン・・・  じゃが芋 ・・・ジンギスカン? でしょうか。
最近ではエゾシカ肉?

サプライズのプレゼントにエゾシカ肉の大和煮を送ったことがありますが
私 自身はまだ エゾシカ肉を食べたことがありません 

あまり気にしたことが無いのですが
休みの日の 昼食は やっぱりラーメンを作ることが多いかもしれません

そんな時
前の日に 作っておく 「留守番チャーシュー」
名前にひかれて作ります

材料 
豚もも肉かたまり 350g~400g
(または 豚バラ肉塊 400g)

A 酒・・・・大さじ2
  しょうゆ・・・・大さじ4
  砂糖・・・・・・大さじ2

  ねぎ・・・・・・5㎝
  しょうが(うすぎり)・・・3枚
  

レシピでは 豚肉はたこ糸を巻いて形を整え・・・となっているのですがいつも
したことがありません
① 肉の塊に 塩少々をすりつけます。
② 厚手の鍋に水カップ5と肉を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして
約30分ゆでます。途中でアクをとります。
③ A、ネギ、しょうがを加え、中火で30分煮ます。
そのまま冷まし、脂が固まったら取り除く。
(ゆで卵を 一緒ににてもOK)

P1020033.jpg


たまに お弁当にも登場の 留守番チャーシュー
P1020032.jpg





おまけの写真・・・・

今朝は 少し早目に 主人とウォーキング
空気も柔らかく
雪が解けて 川になって 流れて行きます 
P1020034.jpg
歩きやすい季節になりました。



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


あんたもわたしも楽しく生きなきゃ

「あんたもわたしも楽しく生きなきゃ」をスローガンに
東バタシー区から 中央党公認候補として立候補したのは
ハリスおばさん

ハリスおばさん国会へ行くハリスおばさん国会へ行く
(2014/04/01)
ポール・ギャリコ 著 / 亀山龍樹 訳

商品詳細を見る


ハリスおばさんは かよいのお手伝いさん
ひょんなことから 政治のドロドロした陰謀にまきこまれて
選挙に立候補することになってしまいました。
落選するはずだった 策略が どんでん返しで 当選したハリスおばさん
でも 自分の実力で当選したわけでなく
仕組まれたことと知り 議員を辞める決意をします。



最後に 一度だけ 演説をしたかった ハリスおばさんの演説。


「そういうわけで、わたくしはやめようと思いますんでございます。
人をたすけたいという気持ち、ただそれだけじゃだめなんでございますね。
そうでござんしょう。どうやったらいいという方法がわかってなくちゃいけませんです。
わたくしにやれると思いましたわけは、わたくしの住んでいますところで、
いろんなことを見たり聞いたりしていたからなんでございますよ。
不公平な、ひどいことばっかしなもんで、なんとかしなくちゃという気持ちになっちまいまして、
夜などねむれないことさえありましたんです。 
わたしらみたいな、おおぜいの身になって口をきいてくれる人なんか、だれもおりません。
わたしゃ、自分でできると思いましたんです。
ところが、いよいよ議員さんになりますと、とてもわたくしにはできそうもありませんでした。
ひょっとしたら、どなたにもできないんじゃないでしょうか。
わたくしなんぞとちがって、どなたか、もっと頭のおあんなさるかたがおいでなさるはずで、
その人のお席を、わたくしなんぞが占領しておりますわけにはまいりませんです。
そんなわけで、わたくしがここにいてはいけないということがわかったわけでございます。
で、ひとこと、そのことをもうしあげて、みなさんにさようならのごあいさつをいたしますです。」


いつも前向きで パワフルなハリスおばさんシリーズを知ったのは
ずいぶん 大人になってからでした。
数年前 復刻版が出たことを知って 嬉しくなりました。 

いつの時代も どの国でも どうして政治は清くはいかないのかな・・・と
そんなことを 思いました。
来月は 統一地方選挙
ここには どんな顔が並ぶのでしょうか
P1020021.jpg
何かが変わるかもしれないと足を運んだ
何も変わらないだろうなと思いながらも足を運んだ
ハリスおばさんのように立候補はできないけど
今回も 清き 清き 一票



 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






なりたての春

今年の冬は 暖冬でした。

一番 寒さの厳しい2月に 本格的な雨が降ったり
いつもなら 一カ月近く 凍りついて開かない窓も
今年は 3日ほどガチガチに凍っただけで
その日以外は
窓を全開にして 空気の入れ替えができました。

雪の少ない道東が
毎週のように猛吹雪で大変だったのも
暖冬だったからだそうです。

札幌は 平年より 2週間ほど早く 積雪ゼロになりそうです。

それでも 残り少ない雪を見ながら
「今年も 冬を よく頑張った」と じわっと 春の喜びを噛みしめます。

今日は ゆっくり 森を歩きました。
森に入ると 携帯ラジオを消して
いろんな音を 聞きます。

木々には まだ緑がひとつもありませんが
P1020024.jpg
ほんの少し 土の匂いがします



生まれたての ネコヤナギが
あまりに 可愛かったので
そっと触ってみると ふっかふか
P1020029.jpg



ふきのとうも見つけました。
P1020030.jpg



毎年 
秋の終わりに 「この冬は乗り越えられるだろうか」と心細くなり
春が近づくと ほっとするけれど
冬が嫌いなわけではない



NHKBSプレミアム 「ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方」で
  ターシャが好きだと言っていた言葉   

  最も喜びをもたらしてくれる季節は
  夏であり 秋であり 冬であり 春である

                ウィリアム・ブラウン


今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

気にしないのコツ

フィリフョンカさんが
人の心臓が
一生の間にドックンドックンする回数は15億回らしいと言っていました。
その計算でいけば 人の寿命は50歳だそうで

あ・・私も とうに過ぎている。
そう思うと 少し 気持ちがなぜだか 軽くなる。

世界の人口は現在 ほぼ72億人
日本の人口は現在 ほぼ1億2750万人
北海道の人口は現在ほぼ 543万人

そうか・・・・そんなに いるんだ


日本の借金   1000兆円
うわっ どうなる???
我が家のお財布と比べると 気が軽くなるような・・・・・・・・(重くなるような)


小さなことで クヨクヨ モヤモヤ 悶々としている時は
星を見たり 月を見たり 
自分の悩みが どんなに小さいものかと感じられて
気持ちが楽になる

想像をはるかに超えた数字って言うのは
ぐだぐだな思考を停止させてくれる 作用があって

「まあ いいか」 に繋がっていく気がします




次男が用意したホワイトデーのお菓子9個
おお!! モテ期到来か??
P1020020.jpg
いや いや バイト先のお得意さん用を頼まれた様子
雑用係も仰せつかっているようで

「おーーい さだきち~~」
「へーーい」

こんな感じです



細かいことも 大切ですが
本質第一 ラララララ
大勢に影響なし  馬耳東風
気にしない 気にしない 
気にしないの助


          『気にしないの助音頭』 より



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


           

 
 





 

混ぜるだけ

疲れている日
忙しかった日
なぜか 気乗りしない日

そんな時の 食事作り


「混ぜるだけ」と言う言葉は なんて 魅力的な響きなんだろう 


新聞の集金の時 領収書と一緒に料理の小冊子をいただくのですが
簡単で手間いらずのレシピが多く
なかなか 役に立ちます

先月号は ” パスタにしょう ”
「混ぜるだけ」のパスタが6種類ほど載っていました

今日のお昼に作ったのは
 おかかマヨパスタ

材料 2人分

三つ葉(茎)・・・・・・・・・適量
A ・マヨネーズ・・・・・・・大さじ2
  ・しょうゆ・・・・・・・・・・小さじ2
  ・コショウ・・・・・・・・・・少々

削り節・・・・・・・・・・・・・・・8g
スパゲティ・・・・・・・・・・・160g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量


作り方
 ① 三つ葉は2.3㎝に切る
 ② ボウルにAと削り節の半量を入れて混ぜる
 ③ スパゲティは塩を入れて茹でる
 ④ ③を②に入れてよくあえる。器に盛って残りの
    削り節と①を散らす。

P1020018.jpg

シーチキンの缶詰めがあったのでAに混ぜ
三つ葉が無かったので 小松菜とシメジを
スパゲティが茹であがる30秒前に入れました。



おかかマヨパスタ 混ぜただけなのに じゅうぶん美味しかったです
是非 お試しあれ!!

混ぜるだけ
切るだけ
温めるだけ

やっぱり 良い響きです



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


 

選択。


主人の母は小さな港町でひとりで暮らしています。

義父と2人で加工場を営んでいました。

泊原発の防災計画では 避難区域に指定されているところです。

この間 帰った時 テーブルの上に置かれていた
一枚のアンケート用紙
「避難指示が出た時の 避難方法について」

・ 自家用車を使う
・ 近隣の人と乗り合わせて車で移動する
・ 町で用意したバスを利用する

「お義母さん どうしょうか」

「わいは (私は) 逃げない」

この年寄りが 逃げて 新しいところでどうやって暮らす
だから わいは にげない。


週末 NHKスペシャル 「それでも 村で生きる」を見ました。
東京電力福島第一原発から南西30キロ圏にほぼ収まるところに位置する川内村。
事故直後、村全体が避難しましたが 避難指示が解除され 帰村後の今を写した
番組でした。

日々のニュースでは見えてこない
 努力と がんばりと 切ない涙と タメイキが見えました。

絶対に 安全な場所は  どこにも ない
そこが 生まれ育った場所であっても。


P1020017.jpg



ふりむけば 空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯りともる窓の中では 帰り人が笑う
ふるさとは 走り続けた ホームの果て
叩き続けた 窓ガラスの果て
そして 手のひらに残るのは
白い煙と乗車券
涙の数 ため息の数 溜まってゆく空色の切キップ
ネオンライトでは燃やせない
ふるさと行きの乗車券

           中島みゆき  ホームにて  より







今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
     ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村



 

淳子ちゃんの帽子


私の胸に 恋のめばえを感じる季節
白い風が 耳にささやいて行く
しあわせ少し わけてあげると 誰かがくれた
だから恋って素晴らしい 

と、この歌を歌っていた頃の桜田淳子ちゃんは
雪うさぎのようなホワホワの白い帽子をかぶっていました。

桜田淳子のことを 知っている人も少なくなりましたが

小学生だった私は あの白い帽子が 欲しくてたまりませんでした。
欲しいものは 我慢するのが普通だったのですが
あの時は なぜか 買ってもらえた 淳子ちゃんの帽子。
嬉しくて 嬉しくて 全神経を頭の上に集中させて かぶっていたものでした。

卒業式を前にしたちょうど今頃
卒業生を送るための会がありました
クラスで決めた出し物は 「歌謡ショー」

朝丘めぐみ・・・アグネスチャン・・・・南沙織・・・・天地真理・・・
アイドル全盛期の頃です

私は 密かに 誰かが
「ももんがちゃんは 桜田淳子ちゃんの帽子をもっているから
 “天使も夢見る”を歌えばいいよ」と言ってくれるのを 待っていた

でも 心で念じてるだけでは だめなわけで

歌の上手な友達が歌うことに決定

そして 「その帽子 貸してくれる?」

「うん いいよ」。

えぞももんがが 歌ったのは
森昌子  「せんせい」・・・・・・・・・・・・・・・・。
(帽子 かぶりません)

桜田淳子が大好きだったわけでも
森昌子が 嫌いだったわけでもないのですが

あの時のことを 思い出すたびに プッと吹き出しそうになります。


そして 小学生の私が 学んだ教訓
    「思ってるだけじゃだめ」





金運 来い!!
だから~~~違うって。
P1020011_201503061701283e6.jpg
作      実家の母



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





春の気配


お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした ねえさまに
よく似た官女の 白い顔


今日は 桃の節句



母が作った お内裏様と お雛様を 並べてみたら
大変なことが起こりました
P1020009.jpg

お内裏様が ひとり足りません

 逃げ出したか 

ひとり 残った お雛様を 中央にお座りいただくと
なんだか 貫禄を感じます

「いいの 君は君 僕は僕
私は私 ほっといて」 そんな風・・。

彼女を応援したくなりましたが

やっぱり かわいそうなので
皆さん 早々に 解散していただき
母に お内裏様を ひとり依頼。



今日は 暖かな 穏やかな桃の節句でした。

明日は 公立高校の入試
来週は 中学校の卒業式だと 友達が言っていました。
受験生がいないと 受験も卒業式も
春の行事に感じることができてしまう。
 
雪はまだまだありますが 目を閉じて 深呼吸すると 
山笑うの 季節を 想像できるくらいに なってきました。


今日も  ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




いくつになっても

小さな村の直売所
そこに その土地で昔懐かしい和菓子が売られているそうです
おはぎによく似た その和菓子
小豆からあんを作り
蒸したもち米によもぎを混ぜて 
米の粒の食感が少しのこる程度について あんを包み きなこでまぶす。

昔はどのうちでも作っていたそうなのですが
手間がかかるので 今ではほとんど作らなくなってしまったこの和菓子を
直売所で売り始めたところ
みんなが懐かしがって 買いに来て あっという間に完売だそうです。

早朝から作っているのは 高齢の女性たち。
直売所の目玉商品にしょうと発案し
とりまとめているのは80代のおばあちゃん。

「忙しくて 大変だけど 今が一番幸せ」と笑っていた。
その表情を テレビで見ていて 本当にそうなんだろうとそう思う。

もう 一人 テレビで見た
料理研究家の辰巳芳子さんは90歳になられたそうです。
作業をする姿を見て さすがに少し歳をとられたかなと感じたけれど
いま尚 新しい事に向かって 行動している。


高齢の2人を見て
先日 「ほぼ日刊イトイt新聞」で読んだ 糸井重里さんの言葉と重なりました。


  「やりたい」ことを思いつくだけでも幸せだ。
  それを、苦労しょうが失敗しようが始められるのは、
  ものすごく恵まれたチャンスだと思うようになった。


文は まだ続くのですが  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いくつになっても 「やりたい」を見つけることはできる
ほんの 小さなことだっていい 
それに向かって 静かに ゆっくり 進むことだって
無理なことではない・・・ 難しいけれど。

最近少し弱気でしょぼくれていたのですが
自分に はっぱをかけた 週末でした。





里親 探しています
P1020010_201503020749127bd.jpg
作    実家の母



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村