緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年05月  1/1

藻岩山の日

札幌の真ん中にある藻岩山の標高は531メートル5月31日は 標高に合わせて 藻岩山の日です。先週 今年初めて 藻岩山に登ってきました。主人のお弁当のおかずの切れ端をタッパーに詰めて自転車→地下鉄→バスを乗り継ぎ 登山口に向かいます。登山と言っても 標高531メートルなので一時間 あれば 山頂につく 程よい高さ。登山コースには 33の観音様がたっていてそのそばに それぞれ 歌が刻まれた碑も建っています。12番目...

  •  4
  •  closed

人生は、楽しんだ者が勝ちだ

米沢冨美子さんの本「人生は、楽しんだ者が勝ちだ」を読みました。黄色の表紙から受ける印象と同じく読んでいて スカッと気持ちよく決して真似は出来ないけれどその行動力とパワーに 元気が出る本でした。物理学者・米沢冨美子さんの75年の半生が書かれた自伝です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昭和十九年(1944)初秋、私は五歳の幼稚園児だった。晴れた日の午後、...

  •  6
  •  closed

週の真ん中

水曜日の昨日は 週の真ん中。2時頃 家に帰って来て 録画予約しておいた番組を見ながら遅めのお昼ご飯を食べます。昨日のお昼は 残り物の野菜を入れたカレーうどん見た 番組はランチのアッコちゃん  NHKBSプレミアム(火) 午後11:15から 植物男子ベランダーNHKBSプレミアム(木) 午後11:15から サラメシNHK総合 (月)午後10:55からいつも 途中で 座ったまま ウトウト・・・それで どの番組も...

  •  2
  •  closed

かなり小さな決断

台所仕事をしていて いつも 気になることシンクの隅にある この三角コーナーは 無い方が作業しやすいんじゃないかな?調理や片付けで出た生ごみは新聞でくるんで ゴミ袋に捨てるそうした方が いいような気がする思い切って 無くしてしまおうかと思うけれどなかなか 実行できずにいます。こんな小さなことだけど 迷う迷う。自炊をしたいた独身のころ友達が泊まりに来て 2人で夕食を作っていた時友人が「私ね もし結婚し...

  •  14
  •  closed

日曜日の午後

天気のいい 日曜日の午後ですパソコンの前で こくり こくりと うたた寝しそうになります。今日は 取りとめのない どうでもいいことを あれこれ・・・。 朝方 夢の中で 「月曜日だ。1週間が始まる。そろそろ起きなくちゃ」と思ったのだけれど次に 「いや 待てよ・・・今日はまだ日曜日。」と 思い出す。そこで 得した 気持ちになって目が覚めました。ちなみに 夢は いつもカラーです。うちのトイレの便座。ひびが...

  •  4
  •  closed

今日の森

今朝の ウオーキングカサカサっと音がして エゾリスが すぐそばの木を駆け上がっていきました。カメラを構えたころには高い 高い枝先に 行ってしまったリスまだ小さい子供のようでしたもっと進んで行くとこの森で 初めて クロテンに会いました遊歩道を横切る時 一瞬立ち止まりちらっとこちらを見て サササと茂みの中へ・・・エゾリスの時 同様カメラを構えた時には もう クロテンの姿はどこにも見当たらないうす茶色の...

  •  2
  •  closed

まぐろと たこと いか

まぐろと たこに いか。父が今の特別養護老人ホームに入って1年が過ぎました。毎日 本当によくしてくれる スタッフさん。でも たまに お寿司が食べたい 焼き鳥が食べたい鰻も食いたいな・・・と 父は言います。同じフロアーの男衆3人で 「お寿司が食べたいな」と事あるごとに 言い続けた結果6月2日。 「お寿司が食べられるこになった」と父が言います。ひとり 3個。好きなネタを言う。父は マグロと たこといか。3...

  •  2
  •  closed

メシ 何時?

長男や次男が小学校1年生ぐらいのころの国語の宿題に 「あのね せんせい・・」だったか「せんせい あのね・・・」 だったかそれにつづく文章を考えてくるそういう宿題がありました。次男は「せんせい あのね きのう 丸いお月さまを見たよ。 おいしそうだったよ」と、そんな感じの文を考えて「先生も 食べてみたいな」と担任の先生から赤ペンで返事をもらってきた記憶が ぼんやりあります。小学校低学年くらいまで 子供...

  •  10
  •  closed

タンポポの綿毛

タンポポ綿毛 パパ 動画 ・・・・・・・と検索して見てください。そうしたら赤ちゃんをおんぶしたパパが タンポポの綿毛をフ==ッとふく映像がでてくるはず。背中の赤ちゃんが ケラケラ笑う綿毛が飛んで行くのが面白いのではなくてフ==ッとした時の 口をとがらせ ほっぺたを膨らませたパパの顔が面白いからケラケラ笑うその笑い声が あまりにも面白いからつられてパパも 顔をくしゃくしゃにして笑う背中の息子は どん...

  •  4
  •  closed

春から初夏へ

山や森の緑は 新緑から少しずつ 濃い緑色に変わりつつあります。山笑う季節から 山滴るに 移動中です。うぐいすの鳴き声は メキメキと上達して今週は 足を止めて口を開けて 聞き惚れてしまうほどです。この声なら 恋愛成就間違いなしと 人間のおばさんも思います。「心にあれこれ 煩わしいことを思い浮かべると 木をトントンと叩いて 謝ると良い」と言う北欧のおまじないを聞いてからこのカツラの木は 私の懺悔の木に...

  •  4
  •  closed

りんごかもしれない

とても 久しぶりに 絵本を衝動買いしました。子供たちが大きくなってから トンと絵本から遠のき今 どんな絵本が 子供たちの心を掴んでいるのかもすっかり わからなくなってしまいました。ラジオで聞いた ヨシタケ シンスケさんという方の本が読みたくなって・・・というか・・・・見たくなって早々 本屋さんに行き 買いました。りんごかもしれない      あるひ がっこうから かえってくると・・・・テーブルの ...

  •  2
  •  closed

後ろ姿

「すいません。○○信用金庫の ○○支店は どうやって行ったらいいですか?」と高齢のご夫婦に 道を聞かれました。「それなら この信号を渡って 向うの歩道をまっすぐ行くと・・・・」と説明するとなんども なんども 頭を下げて「助かりました ありがとうございました」と 2人ゆっくり歩いて行かれました。その後ろ姿を見て ふと不安になる。信金には なんの用事だろうもしかして・・・・振り込め詐欺じゃないよね追いかけ...

  •  4
  •  closed

清々しい

昨日の夜から パソコンが使えなくなってしまいました。(最近よくあります)「インターネットに接続できません」の文字がでる・・・。こういう場合 いつも 主人が 一番先に私に「なにか しなかったか?」と聞くのでなにもしていないのに ドキドキします。なにもしていないと思う・・・たぶん。「ここに電話して聞いてみるといい」と今朝 問合せ先の電話番号の紙を渡された。「いつも 俺がやっているんだから たまには 面...

  •  2
  •  closed

旅の季節

趣味の欄に 「旅行」と書くほど 旅には行っていないのですが旅行が好きです。旅は行くまでが楽しい・・・カタログや 旅ガイドとにらめっこしてその土地の観光名所をくまなくチェックし美味しいお店もちゃんと下調べしておくと言うのは とても苦手です。行き帰りの乗り物のチケットと宿泊場所がとれていれば後は 行き当たりばったり名所に行くのも 気の向くままに決めてたまたま入った食事どころが美味しければ ラッキーだし...

  •  8
  •  closed

薫風

薫風 と書いて 「くんぷう」と読む。いい音だなと 思います。意味は 調べてみると 「 初夏、新緑の間を吹いてくる快い風 」今日は 暑くもなく 寒くもなく風も心地よく吹いて 自転車をこぎながら見た 歩道に設置されているデジタル温度計が21℃を表示していました。 冬はきっぱりと寒く夏はガツンと暑い今の季節は ちょうど 中間の ほんわりした季節薫風の響きがぴったりだと思いながら 帰ってきました。空に浮かん...

  •  3
  •  closed

初夏の始まり

この花は マムシグサと言います。茎のところのまだら模様がマムシに似ているからそう名付けられたそうですマムシグサ     花言葉    壮大こちらは ホウチャクソウホウチャクソウ     花言葉    追憶この花たちは 初夏のイメージが強いのですがこの季時期に咲き始めることを初めて知りました。そうすると・・・・・もしかして・・・・そろそろ今年も・・・・。木の根元を 観察しながら歩きますありました!!...

  •  7
  •  closed

“母” じゃないけど お母さん。

毎年 ベランダに 3鉢ほどの寄せ植えを置いています。今日 近くのホームセンターに土と花の苗を買いに行きました。店内に 私と同じ年代くらいのご夫婦がいて少し こわおもてのご主人が奥さんに「ほら テレビショッピングでやってた あのフライパンがいいんじゃないか? フッって 息を吹きかけると 卵焼きが くるっとひっくり返るやつ」(わたし・・・心の中で・・・ああ あれね・・・と 思う) こわおもてのご主人は...

  •  4
  •  closed

わらしな私。

NHK連続テレビ小説  “ あまちゃん ” がBSプレミアムで朝7時15分から再放送されていて毎朝 かなり 楽しみに見ています。アキの祖母の 天野夏さん(宮本信子さん)の話し方が義母と そっくりで 「本当に よく似ているなぁ」と一人で感心しています。義母は 小さな港町に ひとり暮らし。夏さんと同じ 浜の母さんです。実は 手際の悪い私は 義母によく叱られる。「ほんとに どもならん わらすだ」 = 「ほん...

  •  2
  •  closed

若葉の頃

いい天気が続いている 札幌です。久しぶりに 早朝ウォーキングに行きました。キジバトの低い声が遠くから聞こえまだまだ 鳴くのが下手な うぐいすの声も透き通って聞こえキツツキが木をつつく音も よく響いていました食事中だったらしいエゾリスが私に 驚いて 木をかけ登って 行ってしまいました。 写真を撮る間もなく ただただ 大木を見上げますヒトリシズカが たくさん集まって賑やかに咲いています。昨日の朝は 雨...

  •  4
  •  closed

改名。

長男が持ち帰ってきた ハムスター2匹。我が家に来て そろそろ2か月が過ぎようとしています。長男が一カ月 出張に行っている間に「ほれ ほれ おいで おいで」と呼ぶと手乗り文鳥のように手のひらに乗ってくるまでになりました。夜になると 飼育ケースをがりがりがりがりがりがり かじる音もなんとなく 相撲の はね太鼓のリズムに聞こえてもしかして このハム達は 天才か??と・・・人間の私たちも 慣れてきました。習...

  •  4
  •  closed

春植物

森がいきいきとするのは 木々の緑が生い茂っている時期と長年 思っていたのですが 長い冬がようやく終わり 雪が解けて 木々に葉がまだつかない時から 葉が芽吹くまでのほんの短い時期にたくさんの種類の小さな花が 一斉に咲き始めて一番にぎやかかもしれないと 気がついたのは 最近です。毎週木曜日 ポストに 「まんまる新聞」という無料のタウン誌が入っています。先週のまんまる新聞のコラムに この早春の花々のこと...

  •  4
  •  closed

5月の風にのって

5月になると 茨城のり子さんの詩を読みたくなります。詩集はあまり読まないのだけれど新緑の頃になると 茨城のり子さんの詩集をかばんに入れて移動中に 広げますそして 「自分の感受性ぐらい  自分で守れ ばかものよ」のところで 背筋が伸び「寄りかかるとすればそれは椅子の背もたれだけ」のところで ヨシ・・・と思う。そして 一番好きな詩が   この失敗にもかかわらず                     ...

  •  4
  •  closed