緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

top priority

ここらへんで もう一度 初めっから 勉強しょうかなと
軽い気持ちで続けている 英語。

毎晩 アイロンをかけながら 録画してある おとなの基礎英語 を見ています。

簡単なことも なぁ~~んも覚えていなことに自分でもびっくり。
中学時代 
テストと言えば その範囲の文を丸暗記して行きました。
頭を振ると 覚えたことがパラパラ落ちそうなので
そーっと そーっと 学校に行き テストを受ける。
これで なんとか 点数は取れて その後 きれいさっぱり忘れる。

高校になると  長文になり 範囲も広がり 覚えきれず
毎回 赤点ぎりぎり。
あの 勉強法が ダメだったんだな。

先日 番組で出てきた例文は
What's your top priority?

「top priority」 (トップ・プライオリティ)

よく使われる ビジネス英語らしいく
日本語化していると言うのですが 初めて聞きました 
普通のおばさんなんで ビジネス英語は使わない。

priority が 覚えられない

What's your top priority?・・・・・・・・・ あなたが最も優先することはなんですか?

「家族に たくさん 野菜を食べさせること」
Umm・・・・・・・・英語にできません 

まだまだだ・・・・・・・英語



P1020607.jpg



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


ほめ上手

4年ほど 寮生活をしていた長男が
4月から社会人になって
自宅から会社に通っています。

4年間離れて生活していると
家族それぞれのリズムができ上がっていて
それを また 少し 変えて行くのに
ちょっとだけ お互い気を使ったり 使わなかったりしています。

だいぶ お互いに ペースがつかめて来て
慣れてきました。

離れて暮らしているうちに
長男は  ちょっと ほめ上手になりました。

夕飯を食べながら 
「うまい! これと これと これは 居酒屋に出せる」と 言います。

私が台所に立って
食器を洗っていると 自分の食器を持ってきて
「美味かった ごちそうさん」と言って 食器を 置いて行きます。

長男が居なかった 4年間で 私の料理の腕前がグンと上がったわけではなく
自炊をして 食事作りがいかに面倒なことか
座っていても食事が出てくることがどんなに楽なことか

いやと言うほど 分かったようです。

「料理を誉める 男にするには 自炊をさせよ」


ほめられた母は そうと分かっていても  嬉しいもので 
 “ ちょっと 美味しいものでも 作ろうか ” と
頑張ったりします。



P1020606.jpg
高山 なおみさんの “ 蒸し鶏 ”のパリパリ焼き


レシピ

鶏モモ肉  2枚
① 鶏肉は軽く洗って、厚手の鍋に重ならないように入れる。
② ねぎ 青い部分 1本分  しょうが 薄切り 3枚 . 昆布5cm 1枚
   酒 カップ1/4 . 水 カップ1/4 材料をすべて 入れ
   ふたをして強火にかける。
   沸いてきたら弱火にし、15分間ほど蒸し煮にし、火を止めて5分間ほど余熱で火を通す。

でき上がった蒸し鶏が温かいうちに 片栗粉をまぶし 
フライパンに油を少し多めに入れて パリッパリに両面焼きます。

ねぎだれでどうぞ 
 【ねぎだれ】 .・ねぎ 8cm .・しょうゆ 大さじ1 .・酢 大さじ1 .・酒 小さじ1 .・
          ごま油 小さじ1 .・きび糖 小さじ1 .・豆板醤 小さじ1/2



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


無欲恬淡

昨日の5月生まれの運勢

「無欲テン淡、誠意をつくせば必ず報いあり」

5月生まれです。

無欲テン淡 (むよくてんたん)  実は初めて聞く四字熟語 
さっそく 検索・・検索・・・

無欲テン淡 = 無欲恬淡
欲がなくあっさりしていて、物に執着しない様。
私心がなく物に執着せず心安らかなこと。

だそうです。

よし 今週の目標は この無欲恬淡で行こう!!
そうすると  「必ず報いあり」!! 必ず!!!

って 「報い」を期待していると言うことは もうすでに 
無欲恬淡じゃないってことか??

“ 欲 ” おお有り 

ひゃ~~なかなか 難しい 恬淡。


森の花は 無欲恬淡に 咲いています
P1020597_20150727200209eb3.jpg
ノリウツギ(?)      花言葉      しとやかな恋人
  


今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

ちゃんぽん食べたか!

週末の夜はいつもより ほんの少し遅くまで起きています。
閉じそうになる 瞼をこじ開けておくのが大変ですが 

NHK土曜ドラマ ちゃんぽん食べたかを 楽しみに見ています。

残すところ あと一回になってしまったのが 寂しいのですが。

「ちゃんぽん食べたか」は さだまさしさんの 涙と笑い満載の自伝的青春物語。
あっ! そこのあなた 今 「な~~んだ さだまさしか。まどろっこしとちゃうんか?」って
言いませんでしたか? 

言ったしょ。
たしかに聞こえた。

ちゃう ちゃう

昭和40年代の話
主人公 佐野雅志を取り巻く人々が みんな 優しい
バイト先の工務店の社長
どうやって生活しているか不思議な 下宿先の大家の兄弟
いつもご飯を食べさせてくれる 友達の両親
質屋のおじさん
そして ふるさとの両親


制作担当の方のことば・・・・・・・・・・・・・・

子どものころに描いた夢の一つ一つを、
年齢を重ねる度に消してゆくというのはとても切ないことですが、
それは人間の通過儀礼のようなもので、ほとんどの方々が経験していることではないでしょうか
このドラマの共感のポイントはまさにそこにあります。


主人と2人で見ているのですが
主人公の もがく姿と
周りの人の優しい言葉を聞いているうちに
恥ずかしながら 2人して 泣いている

でも 見えてないふりをする

あ・あ・・・私たちも 涙もろくなっちゃった。
歳をとったのだなぁ。

お互い 同時に歳をとっているのだから まあ いいか。


「ちゃんぽん食べたか」 今週末 最終回。
残念です。


森の主みたいな人に
「これは ヤブガラミと言うんだよ」と 教えてもらいました。
P1020592.jpg




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

カケイボ

今日は25日。
このあたりが一番 踏ん張りどころ。
そう分かっているんだけれど その踏ん張りが ききません。

なにが苦手って 数字を扱うことが一番苦手です。
なので 家計簿はずっとつけたことが無かったのです。
が・・・・どんぶり勘定 行き当たりばったりの生活を
少しでも改善せねば!とうい状況になって
5.6年ほど前から 簡単な家計簿をつけ始めました

きっちりしたものは 無理なことがわかっているので
記入の項目が少なくて 薄い家計簿を探しました。

食費 医療費 交際費 娯楽 雑費の 5項目

食費は一日1500円を目標に 月45000円
これが 安いのか高いのか分からないのですが
これを目標に頑張る!

25日まで なんとか かんとか 帳じりを合わせながら頑張るのですが
このあたりが 一番の 難関
マラソンで言えば38キロ地点
いつも いつも いつも 息切れして 
「あ~~もうどうでもいいや===」と 超なげやりになります

そして 目標額 かなりのオーバー 
「なにやってんだ・・・」と 家計簿を眺めます

毎月 同じことやってる ほんと なにやってんだ・・・・。


今日は25日 午前中買い物を済ませ 家計簿をつけ
ため息をつき終わったところです。




雨の中 キツリフネが咲いています
P1020578_20150725150449565.jpg
キツリフネ      花言葉     私にさわらないで (ひぇ~~~)



今日も  ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村 

気持ちを伝える時は・・・。

宮沢賢治は 「雨にも負けず」で

ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

と 締めくくっています。
いろんなことに 自分の気持ちに 振り回されず
そう言う人に 私もなりたいけれど

やっぱり たまに ほめられたい
ほめられると いくつになっても 嬉しくなります。 

直接 ほめられるのも嬉しいけれど
人づてに よいことを聞いたりすると
もっと じわ~~と嬉しさがます気がする。

「あの人が とっても 喜んでいたよ」とか
「ほめていたよ」とか 言われると
その言葉を なんども なんども 噛みしめて 味わう (笑)



やっぱり直接 言ってもらった方がいいなと言う言葉も・・・・

「ごめんね」
「ありがとう」

「ごめんねって 言ったよ」と、伝言のように伝え聞くと なんとなく
え??っと ?マークが頭の上にくっつきます。

「ごめんね」「ありがとう」は できれば 直接がいい
遠くて それが無理ならば
電話でも 今ならメールでも大丈夫。

手紙なら なおさら良いかもしれない

ほめられたわけでも
謝ってほしいことがあったわけでもないけれど
なんとなく そんなことを 考えました

毎月 23日は ふみの日

可愛い切手が 発売になりました
P1020595_201507232205028da.jpg
便りを 書くのが楽しみです。





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

ドキドキ

いつも聞いている ラジオ番組が 夏休みに入り
代わりに 「夏休み子ども科学電話相談」 を放送する。
そう言うお知らせが 先週ありました。

それを忘れて 今朝もいつものように周波数を合わせて
あっ そうだった・・・と、がっかり・・。

まあ ちょっと聞いてみるかと そのまま 聞いていると
これが なんだか 聞いていて 妙にドキドキする。

「え!! そう言う質問をするのか!!」と ビックリ
「これを 先生がたは どう答えるんだろう」と 興味津津

子どもが 突拍子もないことを言い出しそうでドキドキ

ちょっとした お笑い番組のようでした。 

たとえば 今日出てきた質問は
「どうして 犬はあいさつするとき お尻の匂いを嗅ぐんですか?」

担当の先生の答え・・・・・犬がウンチをする穴のところに 匂いを出す袋があってね・・・・ナンチャラカンチャラと続きます
質問をした一年生の女の子が 今度、道端で犬に出あったら
きっと 犬のお尻の匂いを嗅ぐにちがいないと思います。

もう1つの質問
「どうして 昆虫はいるんですか?」(幼稚園年長さんだったか 小学一年生だったか)男の子

この途方もない難問に先生は
「いや~~~大きな質問だね。こんなに 大きな質問は初めてだ」と 少々 戸惑う。
それでも 興味を持ってくれたことを  分かりやすく説明するのに熱が入り話が長くなる先生
質問した男の子は 集中力が切れ始め
なんだか もう 答えを知らなくもいいかな~~なんて雰囲気をかもし出す。

それぞれの回答の途中
「ちょっと 難しいことを言ったけれど 分かるかな?」と先生が言うのですが
「わかんない」と 子どもが答えそうで ドキドキ
電話の最後に どの先生も
「興味を持ったことを 観察して ノートに書いておくといいね」と言うのですが
「え・・・ いやだ」と 言いそうで また ドキドキ


司会のアナウンサーは笑いを上手にこらえていたけれど
私なら 爆笑して 放送にならないなと 感心しました。
さすがです。

小学5,6年生は もうすっかり 大人と変わらず
「地球温暖化が進んでいきますが これから どういう対策をとっていくといいのですか」など
の質問を落ち着いてしていたけれど

幼稚園から小学2年生くらいの
奇想天外な ツボにはまる質問!
面白いなぁ 子どもって! と 思いました。




昨日の森で
P1020575_2015072116180492f.jpg
出会った エゾリスは まだ子リス
小学一年生くらい



P1020583_2015072116180515a.jpg
切り株の赤ちゃんは
幼稚園年中さんほど 伸びていました。

 


今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


正しい夏の過ごし方

出かける時は 携帯ラジオをかばんに入れていきます

歩きながら
電車に乗りながら
ウォーキングをしながら
ラジオを聞いています。

この間 ラジオから 
AKB48の「Everyday、カチューシャ」が流れてきました
しっかり 歌詞を聞いたのは 初めてなような気がします

   太陽が 昨日より 眩しく照りつけ始めたら
  真っ白なTシャツに今すぐ着替えて 君を誘いたい・・・


その日は じわっと汗ばむほどの気温でしかも快晴 
あ・あ・・夏って言う曲だなあ  いいなあ



昔 天地真理ちゃんは 「恋する夏の日」で歌っていた

  あなたを待つの テニスコート 
  木立の中のこる 白い朝もや
  あなたは来るは あのみちから
  自転車こぎ 今日も来るわ・・・・

松田聖子ちゃんの 「渚のバルコニー」では

“ 渚のバルコニーで待ってて ”と歌っていました
  右手には缶コーラで 左手には白いサンダルを持って

どれもこれも 「これぞ 正しい夏の恋!!」っていう気がして
場面を 映画のワンシーンを見るように 想像することができる。

若いころ、 いつか自分も きっと ある程度の歳になったら
こんな絵にかいたような すてきな夏の一日を
過ごせる決まってると なんの確信もないのに
ワクワクしていたっけ。 

どんどん時がたって
夏になっても 海に連れて行ってくれる人がいないことに焦る 焦る・・・。


今は 思えます
こんな絵にかいたような 「これぞ 正しい夏の恋!!」 をしている人は
めったにいないんだろうなと。
しかも 夏の恋は 秋に終わるかもしれない (笑)

それでも ウキウキする 夏の歌は聞いていて 気持ちがいい 

夏になると 海に行かなければならない
キャンプをしなければならない
バーベキューも最低2回は した方がいい

そんな どこか半分 義務みたいにする必要が無い
夏の過ごし方 

なんにもしない時間を持つことは 良いらしいです。



おっ!! ガガイモの花が咲いてる!!
P1020554_201507191443114db.jpg
ガガイモ     花言葉      清らかな祈り




今日も   ここに『立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
  

カンパニュラ


道端に 紫色の ホタルブクロを小ぶりにしたような花が咲いていました。
ホタルブクロの仲間だろうか
ツリガネソウの仲間だろうか

調べてみると
ツリガネソウ (カンパニュラ)でした。

カンパニュラを見かけるたびに
宮沢賢治の “銀河鉄道の夜” を思い出して 読み返したくなります。

銀河鉄道に乗って 銀河をめぐる旅をする2人の男の子
名前はジョバンニとカムパネルラ 

夏に咲く ツリガネソウ(カンパニュラ)


今年の夏も やっぱり 図書館から借りてきました
P1020538.jpg



「お母さんは、ぼくをゆるして下さるだろうか」
いきなりカンパネルラがせきこんでいいました。
「ぼくは、おっかさんがほんとうに幸せになるなら、
どんなことでもする。けれどもどんなことがおっかさんの
いちばんの幸せなんだろう。わからないけれども、
誰だってほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ」
 カンパネルラは、何かほんとうに決心しているように見えました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀河鉄道の夜は 夏になるたび 読み返したくなりますが
読むたびに 物悲しくなります。







P1020537.jpg
カンパニュラ   花言葉    感謝




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

音楽のこととか 本のこととか。

CDが売れない時代になり 歌だけでは食べていけない

そんなことを よく聞くようになりました。

ちょっとの間に いろんなことが どんどん変わっていくのだなぁと思います。

子どものころや学生時代
歌番組は1週間に いくつもあって そこに出てくる歌手は
あこがれの存在 雲の上の人 お金持ちにも見えたなあ。

口ずさめる歌もたくさんありました。

最近は どんな曲が流行っているのか トンと分かりません
口ずさむ曲は 今はもう ひと昔もふた昔も 前の曲ばかりです。


道ですれ違う人で
イヤホンをしている人がたくさんいるから
今も どんどん新しい歌が生まれているのは変わらないのだと思うのだけれど・・・。
CDは 売れないんですね。

ここのところ 頭の中で グルグル何度も繰り返し うかぶ曲
秦基博さんの  “ 鱗 (うろこ) ”


   少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた
           緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕はさかな
           いろんないい訳で着飾って 仕方ないと笑っていた
           傷つくよりは まだ そのほうがいいように思えて・・・・・・・


秦基博さんの声を聞いていると なぜだか ずいぶん昔を思い出します。
自分だけのことを考えていればよかった頃のこと。
たまに聞きたくなります。



先月 札幌の ある書店が閉店しました。
店主が とてもユニークな発想で本を販売していたのに
残念です。


本も売れない時代で
本屋さんも 出版社も 作家さんも大変だと聞きます。

これから どんな風に 生活は変わっていくのだろう
悪いことばかりではないと思う

私は 相変わらず 少し古くなった曲を聞いたり
ラジオを聞いたり
そんな生活を 続けて行けると良いなと 思います。






P7190071.jpg
ちょうど1年前の 出雲の旅





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村



 

 

涼しい夏の日

昨日は おっ!と思うほど 暑かったのに
今日は えっ!と言うほど 気温が下がり 涼しい・・・
半袖だと 寒い 札幌です。

夏 「本州では 今日も酷暑」と 天気予報で聞くたびに
毎年のように思うことは
北海道の涼しさを少し届けて
本州の暑さを少し分けてほしい 
足して2で割ると丁度よさそうなのに 残念です。

昨日 葉っぱの裏で見つけた セミの抜け殻は
色が濃い茶色で ハルゼミよりも一回り大きい
夏のセミ
P1020531.jpg




蚊 一匹 飛びそうもない今日ですが
蚊取り線香をたいて
壁の一面を 水族館にしました。
P1020532.jpg
さまざまな サカナたち    作  実家の母


母は 時折 とても惜しい言葉を口にします

 以前 「ホームレス歌人」の本の話をした時
  母 「地下街でも見かけることがあるね ホームべースの人」

 大阪に住む姉のところでご馳走になった スムージーにはまっている
  母 「あれは 本当に 美味しいね スムーズー」


あたらずといえどもとおからず・・・・・・・・・まあ ヨシとします。



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


  


感化される。


録画しておいた番組は
少し遅めのお昼ご飯を食べながら ゆっくり見ることが多いです。

今日、見た番組は

美の巨人たち
7月11日の放送は  トーベ・ヤンソン「ムーミン」
ムーミンの原型は 「いつも怒っている醜い生き物」。
それが 「ムーミン」の物語が始まり 時代が進み
社会が落ち着いてくるとともに
ムーミンの姿もふっくらしてきたそうです。


もうひとつの番組は
サラメシ
たくさんの ランチやお弁当が出てきます。
今週は特に お弁当が凄かった。
自分のお弁当、1人分作るのも 10人分作るのも一緒という人が登場

「いや いや 違うから・・・」と ひとりごとを言いつつ
いいかげんに作った 冷やしタヌキをすする・・・。


見終わった後
本棚から 「たのしい ムーミン一家」の本を探しだし
久しぶりに 読み返そうと思い

ここ最近 なんとなく 全体的に茶系統だったお弁当を反省し
「明日から 頑張ろう」と 思う。

感化されやすいB型 です 




P1020464.jpg   P1020497.jpg   P1020499.jpg   P1020507.jpg   P1020470.jpg   P1020498.jpg   P1020500.jpg   P1020529.jpg





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




   










夏の森

この土日は 北海道も夏らしく暑く
札幌も最高気温が30℃を超えました。

いつもの森へ向かう手前には 百年記念塔が建っていて公園になっています。
天気のいい休日は みんな 思い思いの事をして過ごしています。

昨日は アイヌ民族模様のTシャツを着たおじさんが
沖縄の三線の練習を のんびり していました。 
P1020511.jpg
こういう組み合わせも 良いなと眺める。



昨年 名前を覚えた 野花
P1020512.jpg
オニノヤガラ 





マムシグサは 実になり始めました、
P1020516_201507130457459c7.jpg





たくさん咲いていたサイハイランは姿を消し
オオウバユリが一斉に咲き始めました。
P1020526_201507130503386e4.jpg
P1020527_201507130503397aa.jpg
P1020528_20150713050340df0.jpg



つぼみからの変化が面白い花
P1020522.jpg
オオウバユリ     花言葉    威厳




夏の虫も 出てきました。
P1020524.jpg
シオカラトンボは 羽音を立てて飛び
少しも 止まっておらず 写真に写すことができません
生まれたばかりの元気なトンボ。




先週 クルマユリを見つけました。
今週は 少しオレンジ色になったころかと、
探したのですが 誰かが根元から持ち去ってしまったようで
姿がありません・・・・。 
P1020488.jpg
この森は 採取してはいけない動植物が指定されています。
クルマユリは 採ってはいけません。

きっと 花が好きな 自然が好きな方だと思うのですが
この場所で 眺めてほしかった。

咲くと こんな可憐なユリです 
昨年のクルマユリ  (この後 やはり 姿がありませんでした)
P1010352.jpg
クルマユリ     花言葉     純粋




夏草の匂いがする ウォーキング。
P1020523.jpg





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





学校祭を遠くで眺める

昨日の夜
いろんな場所で 小さな花火大会がありました。
時間にすると 10分ほど。

花火の音を聞くたびに 「どこだ? どこだ?」と窓から
花火の見える場所を探し ウロウロ。


この土日 たくさんの高校が 学校祭のようでした。
前夜祭の昨日は こうして 花火を上げる高校が多いのです。

遠くの花火を見ながら
「あそこでも ここでも みんな青春なんだなあ」と 思う。


自分の高校時代は ・・・・・・・
なんだか ぱっとしない 時間を過ごしちゃった・・・・ だったのに
そんなことも忘れて
高校生=青春と 決めつけているのが
自分でも おかしいです。


ニキビが気になり
自分に自信が無くて
将来 どう進みたいのかも 分からない

学校祭の思い出は
キャンプワイヤーを囲んでの フォーク・ダンス
曲は ザ・カスケーズの “ かなしき雨音 ”

カップルだけが踊ることが許された曲だから
遠巻きに 眺めていたっけ・・・

やっぱり 青春だぁ

学校祭が終わると 高校3年生は 受験モードになりますね。




森では 花火のような花が咲いています。
P1020513_20150712163343673.jpg

オニシモツケ     花言葉     ほのかな恋




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

追記・・・・・・・・

昨日 今日と 札幌も夏日です!!
暑いの大好きですが ハムスターのペンは苦手のようです
P1020510.jpg
おい 大丈夫か????


夢は・・・。

緑の森に立ち寄ってくれる のんさんが

「でも、夢って
 きっと 強く思わないと実現しないんでしょうね。 」
とコメントを置いてくれた。

そうなんです 
 夢は強く思って 行動に移さないと 実現しないんです きっと。

でも 夢にもいろんな段階の夢があって
ちょっと 工夫すれば すっと実現可能なものもありそうです。


私の 実現できそうな夢の一つは
この季節の 夕日をゆっくり眺める。



夕焼けがとてもきれいな季節になりました。
窓辺に 椅子を持って行って
コーヒーとサンドイッチぐらいの軽食
(できれば ビールとおつまみ) をつまみながら
太陽が完全に沈んで 暗くなるまで心おきなく見ている・・・。

秋の夕日も格別ですが
これから 日がどんどん短くなると思ったら
寂し過ぎて 沈む太陽に 「まってくれ===」と 遠吠えそう。

なので 眺めるなら 「夏はこれからだ!!」の 7月の夕日。 
できれば  “ ハワイの夕焼け ” と言いたいところですが
そうなると 一気に 夢が遠のくので 
家の窓から眺める夕日でいいんです。






昨日の夕日
P1020506.jpg
今日も  いい夕焼けになりそうです。
きっと 台所と 部屋を 行ったり来たりしながら バタバタと何度も眺めそう。






今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





暮らしのこと


今朝は 平日だけど お弁当を作らなくていい朝です。

いつもより せかせかせず パソコンの前に座り
いろんなことを 検索 検索・・・。

松浦弥太郎さんが 「暮らしの手帖」の編集長を突然辞めて
クックパッドに入社すると知った時は だいぶ ビックリしたけれど
その後 どうなったかな・・・と 検索 検索
すると・・・・・・・・・・・

くらしのきほん 
という 新しいサイトができていました。
今月の1日から スタートしたようです。
そこには 暮らしの手帖のころの弥太郎さんと 新しい弥太郎さんがいて
サイトの見方も まだよくわからず ウロウロして帰ってきましたが
毎日の 楽しみになりそうです。

すこし 項目が多すぎな気がしないでもないですが。




そして また 検索検索・・・
来年の4月から始まる
NHK朝の連続テレビ小説 題名は 「とと姉ちゃん」
 暮らしの手帖 創業者 大橋鎭子さんのお話だそうです。

制作にあたっての言葉に
「歩いても 立ち止まってもいいから今日一日を
 大切に生きてみようかな」と思っていただけるような、
 ほっとするドラマを制作できたら、と願っています」と ありました。

ひゃ~~ 楽しみだなあ。
そんなことを 思っていたら

そろそろ いつもの時間
今日も 暮らしを始めます。





7月のカレンダーの絵
P1020503_20150709081240ade.jpg




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

これからのこと。

友人から、 友人の同級生の話を聞きました。
(と言うことは・・・私の知り合いではないのですが)

十勝に住むその女(ひと)は ひとり暮らし。
定年後は 蕎麦カフェをするために 今から準備をしているそうです。
店舗付き住宅はもう完成している。
店舗には木がふんだんに使われていて
飛騨高山まで 材料になる木材を探しに行ったそうです。

暖房は 暖炉
外には 彼女自身が自らチェーンソーで切った薪が山積みになっている

2台の冷蔵庫も もうちゃんと入っていて
中に 先日 彼女が釣ってきたマスが入っていたそうです。
蕎麦はもちろん手打ちで
蕎麦以外の料理もとても美味しい



こんな話を聞くと
男勝りな たくましい 女(ひと)を想像するのですが

昔から おっとり のんびりで 今もそれは変わらないのに
その 行動力にはビックリしたと 話していました。


会ったこともない 友人の友人の話を聞きながら

いろんな人がいるんだな・・・
これから どんな風に楽しく暮らしていくか計画して
形にしている人の話を聞いていると
なんだか 自分が実行している気分になって
誇らしくなる。


西田敏行さんと菊池桃子ちゃんがナレーターをしている
テレビ番組 「人生の楽園」に出てくる 人のようです。

「彼女が定年後に 蕎麦カフェを始めたら
その場所は 私たちの駆け込み寺にするんだ」と
友人は 笑っていました。

いいなあ そのカフェで スタッフにしてほしい!!




今日は 午後2時の気温が20℃の札幌
雲ひとつない快晴です。
P1020502_20150708161326eaf.jpg
「あ~~いい天気だ」と 首を90度動かして
空を見上げることができるようになりました。  ホッ。



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
      ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


わかる その気持ち。


いつもおじゃましている フィリフョンカさんのブログで
 フィリフョンカさんがひとり言を 言っていました。

こんな感じの ひとり言。

「ここのところとても忙しくしている 疲れてもいる
久しぶりに ひとりっきりの日曜日がぽっかりできた
ごはんの支度をしなくていい。嬉しい。
何にもしないで ごろごろするぞ!!と決める

決めたのに

結局・・ひとりで 自由に動ける分

ふだんより働く・・
とんでもなく疲れる・・」


わかる 凄くわかる。

久しぶりに 晴れた日曜日
あ~~~気持ちが良い
天気と言うだけで 65% 気分もアップする。

そして 窓ガラスを拭いて
家中のカーテンを洗う。

洗ったカーテンをとりつける時
踏み台を持ってくるのを 面倒に思って 背を伸ばしてとりつける。
これです 
たったコレだけのことで 昨日の月曜日 首が動かない・・・・・残念です。
上を向けない。

火曜日になった今朝
35度ぐらい上に動くようになった。 よかった・・・・・。


フィリフョンカさんがつぶやいていた


「毎度毎度 なにやってんだ 
ああ・・いいかげん学習しろよ と 自分に呆れる」



本当だ なにやってんだ 自分!!  ほどほどにしろよ!!





先日 首がじゅうぶん動いて 真上を見ることができた時
こんな雲を発見 見とれました。
P1020469.jpg
寄せては返す 波のようです。





今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

木漏れ日がさす場所。

森の中の道を歩く

少し先の方に 木漏れ日がさしてる場所があって
そこが とても やわらかく 暖かで 気持ちよさそうに思えてならない。



P1020478.jpg

足早に行ってみるけれど
今歩いてきたところとさして変わらず
アレ?と言う気持ちになる

でも きっと この場所に立っている私を
ちょっと 後ろを歩いている人が見ると

「あ、 あの人がいる場所 いい感じ」
そんな風に思うのかもしれない
なんてことを ぼんやり考えながら

久しぶりに 早朝の ウォーキングをしました。

こういうこと
日々の生活の中でも ありますね。




この 黄色い小さな花は
キツネノボタン
P1020474.jpg
なんて可愛いな名前だろう
キツネは どんな洋服にこのボタンをつけているのだろうと・・・想像が膨らみますが
“ 狐の牡丹 ” と 書いて
きつねが住みそうな野に生えて 葉が牡丹に似ているからだそうで
ちょっと・・・「な~~んだ」と 思ってしまいました。


が・・・しかし
P1020480.jpg
キツネノボタン     花言葉     嘘をつくなら上手に騙して
という この花のイメージに似合わない
演歌調の意味深な花言葉に ぐっときました。





今日あたりから ようやく 晴れの日が続きそうです
P1020473.jpg






少し来ないうちに 瑞穂の池は 夏の顔
P1020483.jpg



ゆっくり ゆっくり 夏 進んでください。



今日も ここに寄ってくれて ありがとう
   ↓
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

亀のように。


母は 大阪に住む姉の家に 1週間 遊びに行っています。

“ 元気かい? 暑くない? 北海道は寒いよ ” と メールをしたら


ありがとう 
こちらも涼しいです、札幌とかわりません。
お好み焼きとモダン焼きも食べました。
おかげさまで元気です トンボ飛んでいます。
お花もたくさん咲いていてきれいです。またメールします。


と 返信が返ってきました。


そうか そうか お好み焼きも モダン焼きも 食べたんだね。
よかった よかった。
食いだおれの街を 満喫しているようです。

きっと 札幌に帰って来て
「あの お好み焼きみたいなんだけれど
 お好み焼きじゃない食べ物。あれは 美味しかった~~」と
モダン焼きの事をいいそうです。

 「 せっかくだから たこやきも食べて
   ビリケンにも会って
   お土産に 酢こんぶ 買ってきて 」と  メールしょうと思います。


今週は 父の特養へ行くのを お休み。  (ごめん)
いつもより ゆっくり 歩いています。



photo007.jpg

今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

読み返してみる。


かなり久しぶりに
“ あしながおじさん ” を読み返しました。

小学校からOL時代まで マンガが大好きで
ダンボール箱に貯め込んだコミック数十冊
大島弓子 田淵由美子 睦A子 萩尾望都・・・・
エースをねらえ  はいからさんが通る  アラベスク・・・
好きなものは 何度も 何度も飽きもせず 読み返し
その時間が なんとも幸せでした
それが 結婚して 子育てして こともが大きくなった頃
さあ 漫画でも読んでみるかと思った時
もう 読めなくなっていました。
読みたいと 思わなくなってしまっていました。
好きな 漫画家は変わらず好きなのに
残念です。

昔 好きで 読んだ 「あしながおじさん」 
もしかして 読めなくなっているのでは・・・と思ったのですが
懐かしく 面白く読みました。

あとがきに こんな文がありました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・文中より  

もう三十年も前に買った英国版の「あしながおじさん」の表紙の裏に、
この本を「活字にあらわされた夏」だと評した人がいると書かれています。
どこのだれがいったのか調べてもわかりませんでしたが、ほんとうに
じょうずなことをいうものだと思いました。まぶしくてさわやかな夏、
思いがけない幸運に酔うことなく、しっかりと自分の足で立とうとしている
ジュディの手紙を読むたびに、わたしもそんな夏のすがすがしい風に
吹かれているような気がするからです。


このあとがきを読んで
今の季節 なんとなく 「あしながおじさん」を読み返してみたくなった
理由がわかった気がします。

さわやかな「夏」の物語。

蛇足ですが・・・・読んでいて 「あしながおじさんはいったい何歳だろう?」と疑問がわいてきました。
あまりにも高齢のため めでたく結婚してすぐ 介護・・・と言うことになると
ジュディが少しかわいそう とか
加藤茶の顔がちらつく とか・・・・すっかり そういう うがった 読み方をしている。
あ~~~おばさんになったなぁ。

物語の最後の方に答えが出て来て 疑問は解決しました。
ジャービーぼちゃん(あしながおじさん)はジュディより14歳上
それぐらいなら 心配なし!
ジュディが21歳だから あしながおじさんは35歳 まだまだ若い!

P1020463.jpg



次は 赤毛のアンシリーズ 「アンの愛情」を読み返そうかと思います。



今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村