緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年02月  1/1

おべんとうと靴磨き

日曜日の午後 三足のビジネスシューズを磨きます。主人 長男 次男数年前 仕事を探さねばならないことになった主人の靴を毎朝 磨いていた日々。「どうか いい仕事に巡り合えるように」「合った会社と ご縁がありますように」と思いながら 磨いていました。口には出さないけれどそれが 主人には伝わって「靴は 毎日 磨かなくてもいいよ。かえって 負担になる」と言われて ようやく気が付くそれから 靴磨きは 1週間に...

  •  4
  •  closed

左手

右利きなので右手と 左手、どちらを多く使うかというと右手。右手の方がずっと 働きものと思っていました。数年前 雪道のツルツル路面で転んで左手の骨を折ってしまった時も 「右手でなくてよかった」と 左手には申し訳ないことを思っていました。半年ぐらい前から 左手を動かすたびに中指の関節が カクンカクンと外れかけるようなぎこちない動きをするそれで初めて気が付くことそうか 左手はいつも右手のサポートをしてい...

  •  0
  •  closed

春近し

朝方見た夢駐輪場で 一生懸命 自分の自転車を探している夢でした自分の自転車は どんなだっただろう何色だっただろうどんな形だっただろうずいぶん乗っていないからすっかり忘れてしまって困ったなぁと思っている夢近くのホームセンターに行くと雪かき道具売り場のスペースが三分の一ぐらいになって到着したばかりのトラックの荷台からつぎつぎに自転車が 並べられていました。あ・あ・・もうすぐ 春だ。降る雪も 大粒で水分...

  •  4
  •  closed

黙る。

本格的には3月が解禁らしいのですが2月に入って 少しずつ 始まった次男の 就職活動。テレビ ラジオ 新聞などのたくさんの情報から就活=大変という イメージが 本人にもそばで見ている親にも こびりついていて 身構えている 春すこし前の今です。「どんな 会社を受けるの?」「何社ぐらい受ける?」「公務員なんかも 考えている?」ついつい 聞いてしまうすると長男から 喝が入る「今の就職活動を ちゃんと調べてい...

  •  6
  •  closed

気ままに過ごす

No image

仕事がお休みの今日ランチの約束の日・・・と思ったら 日付を 一日 間違えていて慌てる 外は 朝から雪時々 風も強くなり 吹雪模様に思わず ぽっかり空いた日は外に出ず ゆっくり過ごそう午前中 ラジオを聞きながら洗面化粧台の棚引き出しの整理内装ドアを拭きとりしたりいろんなところを 気ままに掃除 掃除午後からは録画していた番組を見たり切り抜いてあった 新聞のコラムや投稿欄を読み返したり知らないうちに コ...

  •  4
  •  closed

コーヒーとシナモンロール

少しだけ 時間が空いたんですいつもなら 地下鉄駅で水筒に入った熱いお茶を飲みながら本を読んで 過ごすのですが昨日は ちょっと 寒かったそれで パン屋さんに入る・・・棚に並んだ いろんな種類のパンの中から「かもめ食堂」を思い出し シナモンロールを選びました横を見ると 喫茶コーナー暖かそう「このパンを あそこで食べてもいいですか?」と尋ねると店員さんが 「どうぞ どうぞ」ドアを開け 一歩足を踏み入れた...

  •  2
  •  closed

蟻の教え

一人暮らしをしている母立ち寄ることができない時は「変わったことはないかい?」と できるだけ電話をかける。先日も いつものように 電話をしたら母がいきなり「アリは凄いよ!」と言う「アリ? アリってあの 昆虫の蟻??」「そう 蟻。今、テレビでみたんだけれど 働きアリにも、仕事をしない 怠け者の蟻がいて その蟻が大事らしいんだよ。 だから あんたも  怠け者の蟻になりなさい!」と 言われる。なんだか よ...

  •  4
  •  closed

春になると・・。

雪祭りの雪像が 容赦なく取り壊されて 札幌の街が少し 静かになって 2月も中旬を過ぎると遠くの 遠くの 遠くの方から春がこちらに向かっている気がします。冬の次は 春。春を感じると 新しい口紅が欲しくなるのは学生になった時に初めて買った口紅就職するときに  買った口紅それらを 思い出すからかもしれません。その当時化粧品会社のキャンペーンCMに使われた曲は必ずヒットし商品も 売れる化粧品のサンプルは ...

  •  2
  •  closed

つばたさんちのキッチンガーデン

NHKきょうの料理は 録画して 空いた時間に見ています。いつものように録画してあった分を再生。今日は 普段の番組と少し違って「つばたさんちのキッチンガーデン」でした。愛知県春日井市の住宅街で一人暮らしをしている津端栄子さんは88歳畑で作った野菜を せっせと料理していますその都度 話しかけているのは昨年の夏に90歳で亡くなった夫の修一さんの写真。修一さんと英子さんは40年前から120種類もの野菜や果物を育て...

  •  8
  •  closed

いくつになっても・・・。

家の中の いろんなところに ちょこ ちょこっとムーミンのもろもろを 置いたり飾ったりしているので   家族は、いい歳になったのに 私が未だに ムーミン谷の仲間たちが好きなことを なんとなく知っています。 主人が「ムーミンに出てくる あの おばさんみたいなのも 妖精なのか?」と聞きましたおばさんみたいな キャラクター ・・・・・と言えばおしゃまさん の事だろうか?おしゃまさんのことか?と 聞き返すと...

  •  4
  •  closed

嘘をつく

子どもの頃から 真面目だけが取り柄の融通のきかない人間でした。嘘をつくことはよくないことで特に 親に嘘をつくのは もってのほかと教えられました。それが 父が特養に入所してから私は よく 父に嘘をつくようになりました。父が 「かつての部下が 3月末に退職するはずだから 再就職先の面倒をみてあげなければ。電話してくれないか」と言われれば「連絡をとってみたら もう ちゃんと次の仕事が決まっていたよ。よか...

  •  6
  •  closed

冬の森で見つけたもの

昨日、気温が高かったので 今朝 カーテンを開けると いつもより早い 雪解けの景色が広がっていました。数日前に歩いた森は こんな感じだったのですがきっと 様子がずいぶん変わっただろうと思います。誰かさんが作った小さな雪像口をとがらせた 雪だるまや耳の形が絶妙でいい感じの雪うさぎの姿も もう無いかもしれませんこの キラキラ光る「本物のダイヤモンドだったら 一気に 大金持ちだな」と思わせた 氷も融けてし...

  •  2
  •  closed

スノーエンジェル

祝日の昨日はいい天気でした。週末の天気は どうやら 雨模様。そうなると・・・・やっぱり 今日だ。そう思って 森へ行きました。まっさらな雪周りに誰もいないヨシ!両腕を広げ 背中から雪の上にバタンと倒れ込み腕を ハタハタハタ少々 不格好な  スノーエンジェル誰かが来た慌てて立ち上がるまた まっさらな雪を見つけては辺りを見渡し 誰もいないことを確認してバタン ハタハタハタ横にはキツネの足跡。あっちこっち...

  •  6
  •  closed

吊るし飾りのお雛様

母が作った 吊るし雛を出しました。吊るし雛は 江戸時代に始まったものだそうです。特別 裕福ではない普通の家では 雛人形はとても高価で揃えることができない。それでも 大切なわが子が将来 食べ物に困らないように着る物に不自由しないように丈夫にすくすく育つようにたくさんの 想いをこめて お母さんやおばあちゃん ご近所さんの端切れで野菜や 花 衣服 動物を作って 吊るしたのだそうです。今日の NHK連続テ...

  •  6
  •  closed

2月の暮らし

昨日の朝 窓ガラスが凍りついて 開きませんガラスには きれいな 氷の結晶今朝は 除雪をする ブルドーザーの音で目が覚めました。雪が けっこう降ったようです窓ガラスは凍っておらず 開きます雪が降る朝の方が 暖かですこの冬、今のところ札幌は雪が少なく生活するには ずいぶんと楽です。でも そうなると 雪を仕事にしている方たちが困る。季節は できれば 大きくずれることなく寒い時は寒く暑い季節は 暑くなって...

  •  0
  •  closed

駅にて

昨日のことJRの駅に入ると 高齢のご夫婦が何やらもめてる2人は札幌方面行きの電車に乗りたいらしい「こっちのホームの電車が札幌行きだ!」と怒っている おじいさん「あっちのホームの電車が 札幌行きだよ」と 掲示板を見ながら説明する おばあさん「違う!ばかか おまえは!」と おじいさん。もめている二人の間に わって入って  「いやいや おじいさん、おばあさんの言っていることが正解です」 と、言ってあげた方...

  •  4
  •  closed

ひょうたんからこまどり姉妹

久しぶりに 唐揚げを食べたいと言うのでそれじゃ 鶏もも肉のかたまりを 3枚買ってきてほしいと、次男に頼みました。すると 思っていた通り 鶏むね肉を 3枚 買ってきました。しゃあない まあいいかと言うことでむね肉で 唐揚げ。出来た唐揚げはいつもの唐揚げじゃないけれど これは これで 美味い。冬キャベツをたくさん千切りにして唐揚げをのせ少し パンチがきいたほうがいいのでポン酢しょうゆを回しかける。そうし...

  •  2
  •  closed

青おにの手紙

青おには 今頃どこに いるだろう。節分になると 毎年のように 思い出しました。“ ないたあかおに ” に出てくる 青おに作  浜田廣介赤おにの事を いつも いつも 心配していた優しい 青おにの 手紙を読むと いつも涙が出て子どもたちに 読み聞かせする時「お母さん 泣いてるか?」と 聞かれて 困ったものです。「 あかおにくん。 にんげんたちと なかよく まじめに つきあって、いつも たのしく くらしな...

  •  2
  •  closed

小さなお店

月の初めになると六花亭に行って そこに置いてある帯広 発行の児童詩誌 「サイロ」を貰ってくるのが楽しみです。 今月の表紙絵は  「さいごまで」  表紙のことば・・・・・より北大に通う学生たちで賑わうこの街の一角に、ひときわ目を引く年季の入った商店がありました。かつては店頭にたくさんの野菜や果物を並べ、土地の方々に愛されたこの店も、背の高いマンションやビルに見下ろされるようになると、スーパーやコンビ...

  •  2
  •  closed