緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年04月  1/1

一万歩

施設で生活している父を訪ねると決まっていつも杖をついて 歩く練習をしています6畳ほどの自分の部屋で 黙々と歩くその歩数 一日10000歩父は この部屋で 何時間かけて10000歩を 歩くのかと想像すると 胸が痛むいつの間にか 私の体重と同じになった父は痩せたことを気にして筋肉をつけたいと言うそんな父が「近いうちに 一度 家に帰りたいのだけれど いいか?」と言うので今日は 母の住むマンションに帰り みんなで昼...

  •  0
  •  closed

旬を食べる。

「今度 タラの芽の天ぷら食べたいんだけど」と次男が言いました。「旬のものを食べると いいらしい」就活に苦戦する次男が自分なりに 考えたようです。「いいよでもね タラの芽は なかなか高い。それに まだ あんまり売っていないから安くて たくさん売ってる時に 作るね」昨日 1パック150円のタラの芽を八百屋さんで見つけましたヨッシャ 天ぷらだ3パック 買う。タラの芽の横に並んでいた あずき菜とこごみも購入旬...

  •  6
  •  closed

桜が咲きました。

昨日 札幌の中心部を歩いていたら街路樹がうっすらピンク色「あれ?? さくらが咲いている!!」数日前まで まだまだ硬そうなつぼみだったのに。札幌も 昨日 桜が咲きました。慌てての一枚この木は 満開のように咲いています本州から少しずつ 北上してきた桜前線まだかな まだかな もう少しだな・・・と、待っていたらある日突然 一気に咲く桜そう言えば 数年前旭川で桜の開花宣言があったその日のうちに満開宣言が出た...

  •  6
  •  closed

残雪

遠くの山の 残雪を眺めるのが好きです。真っ白だった 山々が もう こんなに雪が少なくなって藻岩山には もうすぐ 登れそう奥の方の 余市岳は まだ あんなに雪が残っている。残った雪の形でその山の険しさもわかったりする馬に見えたり、鳥に見えたりすることもありますそう言う残雪を「雪形」と言うそうです。天気予報が今ほど 発達していなかった頃その雪形が現れる時期で 農作業の開始の基準にしたり漁の始まりや 終...

  •  2
  •  closed

春の帽子屋さん

母は 手作りが得意ですというか・・・・“好きこそものの上手なれ”で好きと言うことが 上手に繋がるのだと つくずく思います。啓蟄のころそろそろ カエルも土から出てくる頃と布でカエルをせっせと作っていました。先日は 端午の節句も近くなったのでこいのぼりの 小さな壁飾りをたくさん作りましたそして 札幌も 春の日差しが強くなってきた今日この頃帽子を作り始めています。「帽子屋さんができるかも」 と言う勢い 私...

  •  5
  •  closed

知事公館の庭の春

昨日の 北海道知事公館の庭キタコブシが満開 この花の咲き具合で 夏の天候や農作物の出来を占った時代があったと聞きます・・・上を向いて たくさん 咲いていました。暑い夏を期待したい キタコブシ     花言葉     友情近くの保育園の子どもたちが庭いっぱい 駆け回っていて「せんせーー せんせーー 見てごらん」と男の子が指さしていたのはたくさん咲く キバナノアマナ今まで 一面 雪だった場所に 現れた...

  •  0
  •  closed

にぎやかな森

森が にぎやかになってきました。木々には まだ葉が付いておらずはだかんぼうで遠くから見ると 茶褐色の森に見えるのですが小さな花たちが 競うように 一斉に咲き始めました。一年のうちで 今が一番にぎやかな季節かもしれないなぁと 思いながら 歩きます六花亭の包装紙にも描かれているエゾノリュウキンカ   花言葉   必ず来る幸福 (九州へ向けて・・・)水芭蕉があちらこちらで すらりと咲いています水芭蕉  ...

  •  2
  •  closed

自転車を走らせていると少し大きめで 真新しい制服背には たぶん教科書 辞書などがたくさん入っている大きな 大きなリュック間違いなく 新一年生と思われる中学生を見かけますみんなどこかしら新しい環境に まだまだ戸惑っている様子がうかがえて足取りも 重く少しうなだれながら 歩いている子育ての時期中学 高校時代は体と心の成長期で 本人も 親も 必死だったのを 思い出します。4月中旬になると「どうか 強い人...

  •  4
  •  closed

いま読んでいる 本

いま読んでいる本は料理家 高山なおみさんの はなべろ読書記(鼻とベロで味わった本の話と、そこから生まれた料理の物語)高山なおみさんが 読んだ本と それにまつわる料理のレシピが載っています紹介されている本が自分の好きな本と 重なっていてページを進めるのが 嬉しい梨木香歩  「家守綺譚」木皿泉   「すいか」  ヤンソン   「ムーミン谷の十一月」高野文子  「棒がいっぽん」 「るきさん」幸田文   ...

  •  2
  •  closed

手間いらず料理

緑の森に立ち寄ってくれる のんさんがある日 ”手間がかからなさそうな「ぎゅうぎゅう焼き」というのを見つけ   今夜のメニューは それを採用! です。 ”と コメントを置いてくれました。 魅力ある “手間いらず” の言葉に「ぎゅうぎゅう焼き」をさっそく検索 村井さんちのぎゅうぎゅう焼き・・・と言うのを 発見しました。おお!野菜がたっぷり!肉も ある!オーブンのバットに 冷蔵庫にある野菜とお肉やウインナーを...

  •  4
  •  closed

名言

ブログに いつの頃からか “ 地球の名言・名言葉 ”を貼らせていただいています。いろんな人の 名言や名言葉にほほ~~と頷いたり良いこと言うなぁと 感心したりしています。今日 目にした名言 つらい事が多いのは感謝を知らないから苦しい事が多いのは自分に甘えがあるから悲しい事が多いのは自分のことしかわからないから心配する事が多いのはいまを懸命に生きていないからby 石川洋う・う・う・・・・そう言われれば 確...

  •  4
  •  closed

放射冷却現象

昨日の寒さは 沁みました。札幌は 時折 吹雪模様。朝、お日様も出ていたので ダイジョウブと軽い気持ちで自転車で出かけたところ・・・帰り道 季節の変わり目の洗礼を受ける向かい風顔にあたる雪かじかむ手鼻水ツツツ---大のおばさんだけど 寒くて 泣く。 すれ違う 自転車の人の顔を見ると若者も おじさんも おばさんも泣き顔何に対してか分からないけれどマケルモンカマケルモンカ と 小さく呟きながら ペダルをこ...

  •  4
  •  closed

春の妖精

昨日は強く冷たい風が吹く日でしたが夕方 森を歩きましたまだ  雪が残っているかもしれないと思っていた場所ももうすでに ちゃんとした道になっていてついつい時間を忘れて 歩いてしまい手が かじかみました。森のあちら こちらに 黄色い福寿草がぽつん ぽつんと咲いている けっして日当たりがいいとはいえない 森の奥 私以外は 誰にも 咲いている時を見てもらえないかもしれない「お前は 寂しくない?」と 思わず聞...

  •  4
  •  closed

終雪日

ずっと 北海道に住んでいるのですが雪に関して知らないことも たくさんあります終雪日 ・・・・・・ 冬から春にかけて 一番最後に雪の降った日。札幌の 平均的な終雪日は4月19日だそうです知らなかった。ここ数日  良い天気が続きましたゆっくり  夕焼けに見惚れる余裕がある・・・ それぐらいの 暖かさになってきました 昨日の夕焼け週末は 少し寒の戻りがあって道北あたりは雪のマーク札幌も みぞれが降るかもしれ...

  •  4
  •  closed

かえる達

はるが きたかえるくんは、おおいそぎで はしって、がまがえるくんの いえを たずねました。げんかんの ドアを コツコツ。でも、へんじが ありません。「がまくん、がまくん」かえるくんが 大きなこえで よびました。「おきなよ、はるが きたんだよ!」「でたらめ いってらあ。」いえの 中から こえが しました。「がまくん! がまくんたら!」かえるくんは さけびました。「お日さまが きらきらして いるんだよ...

  •  4
  •  closed

就活中の次男目の下に くまができている「疲れているようだから 夜は 早めに寝たほうがいいよ」と本人も よくわかっていると思うけれどついつい 言う「早めに寝ているんだけど 悪い夢で うなされる・・」と 夕飯を食べながら ボソッとつぶやく次男「そっか・・・ 肩の力 抜いて 少し気楽に考えなよ」とまた よくわかっていると思うようなことしか言えないなぁ今朝は ひと目で 新入社員と分かる若者を何人も見かけま...

  •  0
  •  closed

ピカピカのキャンピングカー

雪が解けたせいかまだ 学校が春休みのせいかずいぶん 交通量が増えている気がします待ってましたと 自転車に乗っている人もたくさんそして 今日は ピカピカのキャンピングカーも数台 見かけました。キャンピングカーの旅我が家の暮らしに グンと余裕ができたら いつか雪解けと同時に 主人と北海道一周の旅に出てみたいまず 桜が一番早く咲き始める 函館へ次に 芝桜を見に滝上町その後 チューリップを見に 上湧別6月...

  •  2
  •  closed