緑の森

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年05月  1/1

木漏れ日

日曜日早朝の森の散歩をしたときあちら こちらに森に差し込む 木漏れ日日の優しさに見とれるその日を浴びると 元気になる気がします木漏れ日が当たっている草はぴかぴかと光りこれから 咲き始める フタリシズカにもフタリシズカ     花言葉     いつまでも一緒に瑞穂の池の水面もキラキラと輝いていてあの辺りに 池の主がいそうだなぁ 早朝のウオーキングの徳は木漏れ日 かもしれません。...

  •  6
  •  closed

それぞれの形

森には 不思議な形をした植物がたくさんありますどうして こんな姿をしているのかどうして こういう姿のなったのか聞いてみたくなることも しばしば。その中の 1位 2位を争うのがギンリョウソウ漢字だと 「銀竜草」姿を竜に見たて 白銀色をしているので 名づけられたそうです。  葉緑素を持たない 寄生植物別名 ユウレイタケひとりしずかの咲く様子も ムーミン谷のニョロニョロを思わせますがこちらも なんとなく...

  •  4
  •  closed

ハッとする出会い

山芍薬の花森を歩きながら この花を探していますこの時期 咲いているらしいのですまだ 見たことがありませんいつも こっそりお邪魔している、森のことを載せている方のブログ。(勝手に 森の師匠と思っています。)そこで 山芍薬の花が咲いていることを知りました。白いちいさな 丸くほっくりした 山芍薬の花を森で見つけると その可憐さに ハッとするらしい。そう聞くと どうしても 見てみたくなります。昨日 いつも...

  •  4
  •  closed

申し分のない天気の日

年に数回” 申し分のない天気 ”の日があります昨日は そんな一日でした。雲ひとつない晴天で 空は優しい水色風も ちょうどよい そよかぜで開けた窓からは草の香りがしてくる隣の空き地で ヒバリが賑やかに鳴いていて遠くからは 小学校の運動会の総練習の声が聞こえてきます「次は 4年生による 借り物競争・・・」木々の緑も 瑞々しくて 元気です空の色草木の色風の匂いそういうものが 気持ちを優しく 楽にさせてくれ...

  •  4
  •  closed

あすなろの木

” あすなろ ”の木の話はずいぶん前に聞いたことがありました。そして たまに 思い出しては ほろりとなります。例えば 天気が悪くて どよんとした日失敗が続いて 大きなため息が出るとき不甲斐ない自分と重なって あすなろの木の事を思い出しほろりとなりますNHK朝の連続テレビ小説 「とと姉ちゃん」に今日 あすなろの木の話が出てきました。大学進学を希望する妹の学費を捻出するために職業婦人の花形 高給取りのタイ...

  •  4
  •  closed

リラの花の咲くころ

母と大通り公園を歩きました。きれいに整備された 花壇が とても賑やか森の花たちとは また違った魅力があります藤の花にも見とれます札幌は 今 ライラックの花が満開です大通り公園では ライラックまつりライラックが札幌市の木に指定されたのが 昭和35年今では ほとんどの家の庭で ライラックを見かけるようになりました。    家ごとに  リラの花咲き札幌の  人は楽しく生きてあるらし           ...

  •  2
  •  closed

ちょっと おせっかい

気持ちのいい天気が続いています。森へ向かう途中の坂道で咲いていたのは ギンランでしょうか?今日は 日曜日天気も申し分なく森を散策する 親子連れの方が たくさんいました。私の後ろからも幼稚園の年中、年長さんぐらいの兄妹親子の会話が聞こえてきた男の子 「なんだか くびのなが~~~い 恐竜がいるかもしれないね」お父さん「そうだね 会えたらいいね。 何を食べるんだろうね」男の子 「葉っぱ。      優し...

  •  3
  •  closed

薫風の候

自転車を走らせながら 歩道に設置されている 温度計を見ると 28℃。同じ温度計が〝 -8℃ ” と表示されていた冬の日この温度計が20度以上を表示する季節がやってくるんだろうか・・・と 思いながら歩いたことを思い出す。緑が 新緑から 力強い緑に変わってきました。やっぱり 雪の色だけだった日のことを思い出す。ベランダに干した洗濯物が半日で乾く幸せ3月までは まだコートを着て マフラーをして 手袋をはめて...

  •  4
  •  closed

なんでも かんでも 洗濯かあちゃん

これまで 洗濯ものと一緒に いろんなものを洗ってきました。息子の生徒手帳主人の定期券小銭・・・千円札・・・。次男が赤ちゃんだった頃網にかかったエチゼンクラゲのようになった紙おむつが出てきた時は ギョッとした洗濯機の上の棚から なにかの拍子で落ちたテッシュ一箱洗濯機の中が 猛吹雪の後のようになっているのを見て泣けた・・・・・。今朝 洗濯ものをかけ終わった後の 洗濯かごに小さな物が残っていましたン?小...

  •  6
  •  closed

良い天気の日には・・・。

昨日は 朝方降っていた雨がやみ日中は日がさしてきて風もなくこの季節ならではの 気持ちのいい天気になりました。天気がいいと 家のことを あれも これもと 手をつけたくなります先日の 雨、風で汚れた窓を きれいにしたいせっかくだから 大物の洗濯をしょうベランダの 寄せ植えを数個作りたいお風呂のカビも気になる常備采も2個ほど作る時間はあるだろうかそして 森も歩きたい欲張りなことを考えるので天気がいいのに...

  •  4
  •  closed

次の季節へ

季節がどんどん進んでいきます。春から 初夏の始まりへ森の緑は 日一日と変化して色も濃くなり元気がもらえる 「山笑う」の季節ですいつもの年よりいろいろなものを しっかり見ておきたいと思うのは我が家にとっては 今年から 来年にかけて変化の年だからかもしれないなぁ と思います。来年になると 長男は 転勤で家を出ることになるらしく次男も めでたく社会人になれば 同じく家から出る確率が大きいと思う私たちも ...

  •  4
  •  closed

ボルシーおかず

今週の 「きょうの料理」はボリュームがあって ヘルシーな料理の特集「ボルシー料理」と名付けていました。しかも けっこうお財布にも優しい材料なので手軽に作れそうです。そのなかで 「厚揚げ油淋鶏(ユーリンチー)」を作ってみました。材料厚揚げ     2枚(500g)キャベツ    200g (レタスが美味しくなってきたので レタスを代わりに使いました)新たまねぎ   1コ トマト     1コタレ (材料をぜ...

  •  4
  •  closed

運とは

残念ながら 子どもの頃から「あなたは 強運の持ち主です」とか「運の強い人だね」とか言われたことがありません。母はよく 「人は うん・こん・どん」が大切と言います。その言葉を 聞くたびこんとどんは 自力で何とかなるとして運は 自分では いかんともしがたいな・・・と 思っていました。でも 歳が増えてくるとなんとなく こんとどんを 続けていれば自力で 運をなんとか連れてくることができるんじゃないだろうか...

  •  4
  •  closed

人生の師

台所の食器用スポンジ友がくれました。これは ダ○キンのスポンジ普通にスーパーやホームセンターで売っているものとはちょっと違うどが違うかと言うと どれだけ使っても へこたれない!長持ちする!らしいのですこのスポンジを 人生の師と思って “ へこたれない私 ”にお互いなろう!とプレゼントしてくれた。ヨシ 今日から一年 このスポンジを師匠と思って食器を洗うたびに “ へこたれない私 ”を 心がけるぞ!空き地...

  •  10
  •  closed

今年の桜

本州から始まった桜前線も 札幌を通過して 稚内方面に進んでいるようです。ゴールデンウィーク中 風の強い日もあり札幌の桜も ハラハラとずいぶん散り始めています歳の数が増えるごとに桜を しっかり見ておこう・・・なんて 思う 先日 友達と歩きながらこの桜は どうやって 日本中に広がってきたんだろうねと遠く 北海道までやってきた 桜の偉大さについて語り (笑) まだ 木々の葉が付いていない時期に咲く桜の色...

  •  0
  •  closed

森を散策

昨日の天気午前中 どんよりと 灰色の雲に覆われて少し 肌寒かったのですが午後から 日がさしてきました。お昼のご飯を済ませ後片付けが終ってから時間制限なしで 森を歩きました。歩いているうちに 青空が広がる今の季節ほんの数日で ぐんぐん緑が広がって来て変わる景色が楽しみですもう 知っている人も 少ないと思うのですが若葉が町に 急に萌えだしたある日私が 知らないうちに・・・・天地真理の “若葉のささやき”...

  •  2
  •  closed

よいとまけ

北海道の苫小牧市に 「よいとまけ」と言うお菓子があります。このお菓子は 日本一 食べにくいお菓子だそうです。先日 主人の実家に帰った時 義母が持たせてくれました。久しぶりに食べた 「よいとまけ」昔と変わらず べたべただったけれどひとり分ずつカットされていて 進化していました。パッケージには漁村だった苫小牧に、製紙工場が建設され、町には紙の原料となる丸太を工場で上げ下ろす作業の際の「よいとォまいたァ...

  •  6
  •  closed

なぜか イラッとする。

ゴールデンウィーク中ですねみなさん いかがお過ごしでしょうか?今年は 2日休みを取ると 10連休になる方もいるとか連休中に国内・海外旅行に出かける方が過去最大になるとか聞きました普段と それほど変わらない過ごし方をしていると心の片隅で ほんのちょっと 羨ましくもあります。と言うか 本当の問題はいつもより 食事作りに追われている自分に 主婦の切なさを感じている。家族が それぞれ 食事どきになると「メシ...

  •  8
  •  closed

猫のしっぽカエルの手

イギリス生まれのベニシア・スタンリー・スミスさんが京都の大原で古民家に住み 自然に寄り添った生活をしている。その暮らしを紹介するNHKEテレ 「猫のしっぽカエルの手」をずっと見続けていました。数年前から 新作はなく再放送が流れる・・・。季節が変わる度 ベニシアさんは元気だろうか?庭は どんなだろう?と思っていました。昨日は とても久しぶりの新作そこには 時が流れた分 少し歳を重ねたベニシアさんと目...

  •  8
  •  closed

5月の詩

月めくりのカレンダーを一枚めくり5月になりました。風薫る五月。この月になると 必ず思い出す茨城のり子さんの詩この失敗にもかかわらず             茨城のり子五月の風にのって英語の朗読がきこえてくる裏の家の大学生の声ついで日本語の逐次訳が追いかけるどこかで発表しなければならないのかよそゆきの気取った声で英語と日本語交互に織りなしその若々しさに手を休み聴いていれば この失敗にもかかわらず・・・...

  •  2
  •  closed