緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

真っすぐに見る

今日で 10月が終わります。

NHK連続テレビ小説  「とと姉ちゃん」が終わってしまって
数日 腑抜けのようになっていたのですが
一か月たって 何事もなかったように 次の「べっぴんさん」を
楽しみに 見る日々です



神戸の靴店「あさや」の店主
市村正親さん演ずる 麻田茂男の せりふ


「ええですか
 ものごとは 真っすぐに見るもんです
 せやないと
 これから起きること すべてが曲がってしまいます」

人の言葉を 素直に受け止められず
本心は 違うことを 思っているのではないか・・・と、
ついつい深読みをしてしまう 娘さんに向けての言葉でした。


「そうだなぁ」と  朝食の食パンをかじりながら
感心する

昔 ドラマで人気だった俳優さんや
舞台で活躍していた俳優さんが
いい歳の取り方をして 味のある役者さんになっているのを見ると
嬉しい。


例えば
近藤正臣さん

靴職人の 
市村正親さんも いい味出してる



11月は できるだけ
ものごとは 真っすぐに見ることにしょう 







森の動物たち
冬支度は 終わっただろうか。
P1050091.jpg

手の付く言葉

先日ラジオで 聞いた言葉

〝仕事で行き詰ったときは
 頭に手の付くことを たくさんするといい・・。”


行き詰るような 難しい仕事はしていない
それでも 毎日の生活で
気持ちが 行き詰りそうになることは ありますね 



手で始まる言葉・・・。

手仕事
手作り
手料理
手・・手・・・ 手作業・・・・
あまり浮かんでこないけれど
どれも 時間がかりそうなことばかり

きっと 
「悶々と考えずに なにか 作業に没頭すると
その もやもやも 少し 忘れることができますよ」と 、
そんな意味合いなんだろうと 勝手に解釈しました



とりあえず・・・・・手料理 か??






「きょうの料理」のレシピなどを書き留めたノートに
落ち葉を挟んでいます
P1050090.jpg
昨年の葉を そろそろ 新しい葉に 変える時期がやってきました





今年は この 赤
P1050088.jpg

 
手・手・・・・手紙
手紙 書きます。


観楓会

北海道の天気予報で見かける気象予報士の方の
お天気コラムで

札幌に移住して初めて知った言葉のひとつが
「観楓会」(かんぷうかい)・・・とあり

観楓会が 北海道限定だということを 知りました

色づいた木々を眺めながら お酒を飲んだり
お弁当を食べたりします
そういえば 最近は 北海道でもあまり聞かなくなったかもしれません

社員旅行もかねて 観楓会をする会社も 多く
OLだったころ この 観楓会が面倒で
同僚と こっそり
「せっかくの お休みが つぶれるね・・」などと 文句を言っていたものです

今では その社員旅行も 懐かしい いい思い出なのだから
勝手なものです
P1050070.jpg


そして 今の季節 思い出すのが
「グランド納め」

息子たちは 中学生のころ サッカー部でした 

夏場の半年間、 練習や試合でお世話になった 学校のグランド
雪が降る前
感謝の気持ちを込めて みんなでサッカーを楽しむ一日が
「グランド納め」でした。

雪がちらつくこともあって
体を動かさず 眺めるだけの 親にとっては
寒さに じっと 耐える一日だったけれど 
これまた 懐かしく 幾度となく思い出す



冬を迎えるための 区切りの行事を
人は 工夫しながら 作ってきたのかもしれないなぁ・・・と 思います

今日 車のタイヤ交換をしました
夏タイヤから 冬タイヤへ
これで 雪が降っても 大丈夫!

これも 季節の 区切りの行事。

P1050077.jpg

追伸・・・・・・・ コラムには  
         「いにしえの人々は、秋をつかさどる女神、竜田姫が山の木々を
          紅葉に変えていくと考えていたそう」  と、書かれていました。 
   
竜田姫を 想像しながら 紅葉を見る・・・・いとうれし


今年の銀杏並木

週間天気予報では

金曜日 土曜日は雨
日曜日から 3日間 雪のマークが並んでいます

そうなると・・・・
今日 見ておいたほうがいいかもしれない

エイッと 勢いをつけて
今年も 北海道大学構内の銀杏並木を見てきました

P1050080.jpg
まだ 少し 緑がかった葉も ありましたが








ワ~~っと 思わず 言ってしまうほどの
鮮やかさ
P1050056.jpg















風も冷たく 曇りがちの天気だったのですが
終りに近い 紅葉の季節を 惜しむ人々が たくさん
P1050081.jpg



















初めて この銀杏並木を見に来たのは

両親が 50年暮らした道北の土地から
札幌に引っ越してきた年の秋
もう 7年前になります
P1050073.jpg
並木道を歩きながら
「札幌に越してきて 本当によかった」と 何度も言う 父や母の言葉が

「さみしいね」
「まだまだ ここには  慣れないなあ」
・・・・と、聞こえてしかたなかった


今は もう 大丈夫







こんなに 賑やかな 木々も
P1050062.jpg
雪が降ると 一夜で 全部 地面に落ちてしまうことも多い
北海道の 紅葉  






こうして 紅葉前線は 南へ 南へと いくのだなあ
P1050057.jpg
 

羽の形


北風が強かった数日前
それでも 自転車で外出

心底 体が冷えて
家に入って その暖かさにほっとする




コートを脱ぐと 
その拍子に 何かが パラッと 落ちました

P1050049.jpg
何かの 種
楓かな?

見れば 見るほど 羽の形

意思を持たない樹木だけれど
次の世代に 繋げるために
長い時間をかけて この形になったのだろうと思うと
不思議だなあと 感心します


せっかく 風に乗って
クルクル クルクル 落ちてきただろうに
私の体にくっついてしまって
今は 家の中

数日 この 羽の形の種を眺めていましたが

ポケットに入れて 
今度 森を歩いた時 置いてきてあげよう


芽が出るにしても 出ないにしても
P1050045.jpg
 



今日は これから夜にかけて
ぐんと気温が下がりそうな 札幌

久しぶりに
牛筋の煮込み 作ろうと思います。

タイミング

今年の 4月ころだったでしょうか

クリーニングに出していた 次男の冬物のコートを
取りに行ったっところ
仕上がって 出てきたものが 違うコート

私     「すみません これは うちのじゃありません」

店員さん 「え?? でも 番号は 同じですよね」と
       ハンガーに付いている番号と 引き換えのレシートの番号を指す

私     「そうですね 同じだけれど このコートは 違います」

店員さん  「写真はありますか?」と 少し 厳しい口調

私     「シャシン???写真???  撮っていません」

そのあと 数日 すったもんだして とうとうコートは出てこず
お金で 返金していただきました
なんとなく 後味が悪く
自分が 悪いのか??と思ったり
クリーニング店を変えることも考えたのですが

「あのお客さん お金 目的だったんじゃない?」と 思われるのも
いやだったので そのまま 利用していました

先日 夏用の背広を 取りに行ったとき
同じ番号の付いたものが 二着
一着は 間違いなく 家のものではない・・・

店員さん  「最近 同じ番号の間違いが 多くあって  すみません」と・・・

やっぱり 春の時も 受付での間違いだったのか・・・


ついつい 腹の立てどころが 分からないというか
怒るタイミングを 逃すというか

後になって 「あの時 ああ言っておけばよかった・・」と 
そう思うことが 時折あります


今回の場合は

店員さん   「写真はありますか?」

私       「シャシン?クリーニングに出すとき 
         一回一回 写真撮って出す人 どこにオンネン!!」

ここだったでしょうか?? 
もう  ずいぶん 遅い

まあ いっか・・・・・・・・クリーニング店 変えました。




P1050046.jpg
カチンと なりそうになったら 紅葉を眺めて 深呼吸
  

一日 一日 変化するね



カメラを首から下げて
森を歩く
P1050024.jpg










木々についている葉の数と
遊歩道に落ちている葉の数が
同じくらいになったなぁと 思います 
P1050028.jpg











夕日にたらされた 黄葉が 胸に沁みるほどで
P1050029.jpg











カメラをそちら向けていると
「一日 一日 変化するね」と  声をかけられる
P1050034.jpg
一期一会の その会話が 楽しい
森の散策











紅葉狩りの 〆は 
今日も 近所の 六花亭の銀杏の木
P1050038.jpg
何にも買わないのに ・・・・・・・ ゴメンナサイ

はずれ。

木曜日に 初雪が降りました

北海道のテレビの情報番組の 「さっぽろ初雪クイズ」

【問題】
今年、札幌に初雪が降り出すのは
○月○日 午前・午後○時○分?

に、 10月28日 午前0時20分で 応募。 
ズバリ正解賞 旅行券10万円分を もう 手にした気分で
旅行先は 登別。
宿泊する温泉も すでに決めていたのですが

ハズレました。

当然ちゃ 当然ですが
やっぱり 残念。  

正解は 
10月20日 午後2時10分
(前から読んでも 後ろから読んでも なんだか 似ている!
 そこに 感動)


ピタリ賞は おらず 30分違いの方が一名だったそうです。


初雪の前後 
寒くて 寒くて 重ね着をして過ごしました。
それでも寒い
1月 2月の冬本番の方が ずっと 気温が低いのに・・・。

まだ 寒さに慣れていないので
北風が 身に染みるのかもしれません



コートの下に着た
フード付きのセーターは
長男が 「もう着ないから 捨てようかなぁ」と言ったもの
P1050021.jpg
それじゃ お母さんが 着ます。




挑戦


先週 ラジオで紹介していた短歌

無駄だろう?  意味ないだろう?  馬鹿だろう? 今さらだろう?
でもやるんだよ!

枡野浩一さん短歌だそうです

来年 春になったら ニューヨークに移住して
俳優を目指すという 芸人さんの顔が 浮かぶ
ある日 相方が 芥川賞作家になって
いろんなことを 考えたんだろうと・・・・・勝手に想像したりする


きっと 周りから 散々 いろんなこと言われているだろうと 
想像したりする


期待と不安の重さを比べると
不安の方が 断然 多いに違いないと
想像したりする

ダメだな・・と 思ったら
いつでも 帰ってくればいいんだよ


ずいぶん前に読んだ 本
 「四十九日のレシピ」に出てきた 言葉も
 思い出しました。

 努力はむくわれぬこともある。
 正義は勝つとは限らない。
 だけどやってみなけりゃわからない。
 さあ、頑張ろう


自分では めっきり しなくなった
新しい挑戦

それを 実行しようとする人を見ると
応援したくなります。





この秋 収穫された じゃが芋が お店に並んでいます

北海道では 蒸かしたり 茹でた じゃが芋に
塩辛とバター 塩辛とマヨネーズで食べたりします

え~~と言わずに 挑戦してみてください!!
P1040995.jpg
新たな 挑戦



追伸・・・・・・・札幌  初雪 降りました・・・・・・・・・。
  

銀杏


隣町にある お寺さんの境内に
一本の 大きな銀杏の木が立っています
P1050010.jpg



この銀杏の木は 
他の銀杏と ちょっと 違い

黄葉せず 
緑のまま 散っていきます

夏の青々とした姿より
ほんの少し 色が落ちているものの
緑の葉が ハラハラと散ってゆくのを見ると

潔く 頼もしいと いつも 感心します 
P1050003.jpg








こちらは 近所の六花亭の銀杏の木
P1050011.jpg
こちらは 黄葉する 銀杏








眩しいほどに 黄色くて
P1050014.jpg
これは これで  見とれます


みんな違って みんないい

大木のように

日曜日の午後あたりに
ふわっとした 目標を立てる

たとえば

今週は まだ作ったことのない(簡単な)料理のレシピを
一日 一品 試してみる・・・・とか


たとえば

毎日 誰かに 便りを書く・・・とか
 

たとえば

面倒くさいなぁと 思うことから 片づける・・・とか



こうして並べると
子供だましのような 目標ばかりで
しかも ふわっと決めるので いつも 木曜日頃になると
忘れてしまうのですが

いい歳をして
日曜日になると 飽きもせず また 目標を立てます


森の主のような 大木
P1040966.jpg
今週は 
この木のように すくっと 堂々と 上を向いて 過ごす (笑)


いつか 聞いた 佐藤初女さんの言葉

「枝や葉は どんなに揺れてもいい
 幹が 揺らがなければ」

うろ覚えですが こんな感じの 内容でした。

いつも ペコペコ コメツキバッタのような私だけれど

今週は こんな感じで 過ごす・・・・・過ごしたい・・・・過ごすぞ!


紅葉の季節

外から帰ってくる 家族が それぞれ

「雪虫が すごく飛んでいる」と 言って 家に入ってきました。


先日  二匹ほど 雪虫が飛んでいるところを見たのですが
今日は 圧倒的に多い雪虫の数

一日中 暖かかったけれど
あと 10日もすると きっと 初雪なのかもしれません



紅葉は この一瞬 だからこそ 
P1040956.jpg
 






時間が止まって 欲しいなぁ・・・と 思うほど
きれいに見えるのかもしれません
P1040958_20161016222216625.jpg






日曜日も そろそろ おしまいの時間になると
「あと 2時間 あれば・・・」と 思います

2時間多くあれば

友に手紙が書けた・・・・
3枚残った Yシャツに アイロンがかけられた・・・・

でも 分かっているのです
時間が増えても
きっと 決まって 同じように
時間が足りないと 思っているに違いない



とりあえず
今日 見た 木漏れ日は きれいだったなぁ
P1040993.jpg






雪虫は   こんな 虫です
P1040963.jpg
カサカサの手が・・・・・恥ずかしい

小春日和?


今日は 朝から いい天気です

小春日和だなぁ・・・と 空を眺めたのですが
小春日和は 冬の季語
もう少し先の 晴天を 言うのかもしれません

今日は 秋晴れ

窓から見える 遠くの山
昨日より 今日と 紅葉が進み

なんだか 今朝より 午後に また 一段と色が濃くなった気がする・・
気のせいだろうか

こうして 色の変化を見ていると
秋が過ぎていくのが しっかり目に見えて
焦る気持ちと 切なさが 入り混じります







ジャンガリアンハムスターのペンは
日向ぼっこ
P1040927.jpg
 









銭亀の 平次も 甲羅干し
P1040934.jpg












昨日の夕方 見た 十三夜の次の日の月は
エリック・カールの絵本の表紙のような 月でした
P1040939.jpg
小さいですが  ここ。




テレビも ラジオも 消して
静かに  秋の午後を過ごします。

  

気が向いたら、どうですか


いつも おじゃましているフィリフョンカさんのブログで


「気が向いたら、どうですか」
と、紹介されていた2冊の本

原田マハさんの「生きるぼくら」 

小川糸さんの「ツバキ文具店」

早速 パソコンで図書館に予約する。
家に居て
パソコンの画面の前で
コーヒーをズズズ・・・とすすりながら
読みたい本を頼むことができる
いまは 便利になったものです。



小川糸さんの「ツバキ文具店」
私に順番が回ってくるのが 504番目!!
おお!! すごい

これから来る冬を耐え
春になって浮かれ
夏に歓喜し 
秋になってしょぼくれる頃
手元に届くだろうか?
もっと先かもしれません

そして 自分が待っている本のリストを見て もっと驚く

昨年の10月26日に予約した本2冊
まだ 手元に来ていない

「あの家に暮らす四人の女」 三浦しをん・著 が、あと54番
あと 一か月くらいかかるかな?
「食堂のおばちゃん」  山口恵以子・著 が、4番!! 
もう少しで やってきます。

本当は 図書館で 本の背表紙を眺めて
直感で 読みたい本を借りてくるのが 好きですが
なかなか行けずにいます

でも こうして  気長に
自分の順番の 変化を みて 「おお そろそろかぁ!」と 待つ
新たな 楽しみも見つけました。


読書の秋

「気が向いたら、どうですか」
   






P1040892.jpg





実りの秋



秋の空は
女心だったり 男心だったり
言われたりするけれど
本当にそうだなぁと 思いながら
慌てて 帰ってきました


森では 花の季節は 終わりなのですが
いろいろな色の実を 観察することができます

オオウバユリの茶色の実
子どものころ、 これを 左右にぶんぶん振り回す
すると 中から たくさんの種が 飛び出してきて
花吹雪を浴びる スターになった気分になる・・・
そんな  妄想をしたものです。
P1040885_20161011160340936.jpg



 






「ハイイヌガヤの実は 熟すと食べられるよ」と
教えてもらったので 軟らかくなるのを待っていました
とうとう その時期が来たのですが
食べる勇気がない・・・
いったん 口に入れたものの 吐き出す 
P1040891.jpg






ルイヨウショウマの実も
ブドウのようで いかにも 美味しそうですが
食べるのは やめておく
P1040909.jpg









富貴草(フッキソウ)の実は
半透明な白 秋の妖精のようにかわいい実です
P1040890.jpg

辞書のように 毎日 開く 植物の本があります
「植物エネルギー」  著 堀田 清 
その中で知ったこと
フッキソウは 秋に新葉を出し、翌年の春に咲く
蕾まで用意して冬を越すそうです。

「フッキソウは漢字で書くと富貴草。
一年の終わりに森に入って、漢字で呼びかけて
感謝の気持ちを伝えると、来年はきっといいことがありそうです」と書かれていて

必ず 実行しようと ひそかに思っています。


 

父は 6人兄弟の長男

昨日、 岩手に住む  4番目の弟、
私にすれば 叔父夫婦が 札幌に来てくれました


それに合わせて
普段は 施設で過ごしている父も 一時帰宅

父とは7歳差の叔父
数年ぶりにあった叔父は
昨年 体調を崩し入院していたそうで
一年で 体重が10キロ落ち
杖をついて ゆっくり ゆっくり 歩いていました


無理をしてでも 北海道に来てくれたのは
今のうちに もう一度 生まれ育った土地を訪ねておきたい
兄弟に 会っておきたい

いろいろな覚悟が 伝わってきました

いままで 叔父と2人だけで 話をした記憶がないのですが
昨日は その機会がありました

「兄きは 苦労し過ぎたんだ
 人のことばっかり考えて
 いつも 自分の思いは 後回しだった」


そのことを 分かってくれている弟がいて
父は 嬉しいと思う




森を歩くと 桂の木の甘い 匂い
そのたびに 立ち止まって 木を見上げる
 P1040884.jpg



この木も
P1040897_201610102132298d4.jpg





この木も
P1040899_20161010213230a9d.jpg





この木も 甘い匂い
P1040908.jpg

しんみり

次男の大学の後期授業料を 払い込みました。


いつ見ても 心臓がどきどきする金額 

次男は大学4年なので
授業料の払い込みはこれで終了
親の役目を果たせた・・と
すがすがしい気持ちになりました と、言いたいところですが

奨学金で授業料を払ってもらっている。
この金額を 彼は 来年から返済することになると思うと
また 心臓の辺りが どきどきします。



1円でも多く 返してあげなければ・・・
出納済のハンコが押された用紙を
家計簿に挟んで
ぱたんと閉じました。



外は 冷たい雨が降っています
YouTube で 山本潤子さんが歌う
「海を見ていた午後」を繰り返し聞いています

あなたを思い出す
この店に来るたび・・・

しんみりします





P1040880.jpg
ベランダの花たちも そろそろ 片づける季節になりました。
夏の間 たくさん咲いてくれました。



安物買いの・・・・

安物を買うと 銭を失う・・・・と
子どものころ 教わりました

安物買いの銭失い

高いもの=いいもの というわけではないけれど
値段が安いからと すぐ買ってしまうと
使い勝手が悪かったり 質が悪かったり すぐ壊れたりして
捨てる羽目になって かえって高くつくよ・・・と 昔 教わりました。

高校生のころ
500円で売っていた 白いふかふかのセーター
お店の照明の下では とっても素敵に見えて
即 購入
「買い物上手」と 心の中で 自画自賛。
ところが 家にかえて着てみると
安っぽい白。
そして アクリ100パーセントのため
静電気がビリビリ  バリバリ

結局 1、2回しか 着なかった気がします


先日 閉店セールのお店で 買い物をしました
(ちょっと 恥ずかしい話ですが・・)
胸の下着 (そう あの下着です)
が、1000円!!

思わず 2枚買う

ところが すぐ 上に上がってくる
上がってくると・・・これは 役目を果たしていない
・・・いかんがな・・・
人が見ていないとき 下から 引っ張る
でも また 上がってくる…いかんがな
これを 一日に 20回近く繰り返す 

いつも 胸が半分だけしか隠れない状態・・・とっても いかんがな

安物を買うと 銭を失う

久しぶりに 痛感しています


想像してみてください
いい歳をしたおばさん
服の下・・・・・
胸が半分しか 隠れていない図

笑えません


貧そうな 胸の写真を載せるわけにもいかないので
お弁当の写真を・・・
P1040842.jpg
舞茸 椎茸 シメジにエノキ
きのこを たくさん使っています。

強風の日

風の強い日です

天気は良く 青空も広がっているのですが
たぶん 北の方角だと思うのですが
そちらから 容赦なく吹き付ける風

木々が 宮沢賢治の 風の又三郎に出てくるような
音をたてていました

どっどど どどうど どどうど どどう

自転車に乗っていたら 風にあおられ
ヨロヨロ トトトトトト・・・・と 車道側に よろける

びっくりしました

もう少しで 夕方のニュースに出るところだった・・・・
それからは 自転車を押して 帰路につく。



この風は 本州だと 木枯らし一号と言うのだろうか?
北海道では 木枯らし一号はありません
そういえば 春一番も 北海道にはありません
どうしてだろう。


「いいか これから そろそろ 秋から冬だぞ」と、念を押されているような
冷たい強風のなか
それでも 季節は また 次から次と 巡ってくれる
そう思いながら 帰ってきました




ススキ24本で フクロウ
P1040874.jpg
作     実家の母



そう言えば
どうして 秋の風は 秋一番と 言わないのだろう・・・・





   

初雪クイズ

北海道のローカル情報番組の お天気コーナーで
毎年 「さっぽろ初雪クイズ」と言うのがあります

問題は

今年、札幌に初雪が降り出すのは
○月○日 午前・午後○時○分?

札幌の 初雪の日時と時間を当てるクイズです
ズバリ正解すると 旅行券10万円。

いつもは 見ているだけだったのですが
今年は 応募してみました。

テレビでは ストーブ、 除雪機、車の冬用タイヤ(スタットレスタイヤ)の
コマーシャルが これでもか これでもかと 流れ
あ~~~もう 雪かぁ・・・・と
日増しに 気が重くなっていくのですが

クイズに応募してから
ほんの少しですが 初雪を待っている 自分がいます
ワクワク

参考データでは 札幌の平均初雪日は10月28日
昨年は   10月25日00時10分
観測史上最も早い初雪 1880年10月 5日
観測史上最も遅い初雪 1890年11月20日

そして 私の予想は
10月28日 00時20分!!
旅行券10万円!!!




昨日は 隣町を歩くイベントでした

川を眺め
P1040870.jpg









「ワンモアタイム」と 
サックスを吹くおじさんを なで 
P1040862.jpg









味覚祭りに立ち寄り
直売所で 野菜を買って

健康の話と
野花の話と
食べ物の話を
たくさんして


公園で お弁当
P1040867.jpg












歩いて 歩いて 8キロ
P1040865_2016100206031753f.jpg

ほんとうに 短い秋
冬になる前に
思う存分 歩きました