プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2016/12/30 17:29 えぞももんが

心に残るもの達

明日は もう 大みそか

ありきたりですが
一年が過ぎてゆくのが ほんとうに 早い

ことし 一番 心に残った言葉は
NHKラジオ第一で放送されていた
「夏休み子ども科学電話相談」での 言葉です。


小学校2年生の女の子が

「虫かごでカブトムシを飼っていたけれど逃げて行ってしまった
もし 食べ物が見つからなかったら・・・と心配。
いま 家で飼っている他のカブトムシと
逃げて行ったカブトムシ  どっちのほうが しあせですか・・・?」  
という内容の質問をしました。

先生の回答
「どちらがしあわせか・・・
それは カブトムシに聞けへんと
わからへんのやけどなぁ
大事なのは 〝 しあわせ ” じゃなくて "どう生きたいのか”と言うことだと思うよ」


大事なのは 〝 しあわせ ” じゃなくて "どう生きたいのか”
この言葉を  そうだなぁ・・・・と たびたび思い出した日々でした。


今年の初めに引いた おみくじ
大吉
朝日が昇るような運勢です。
これまでの努力や苦労が実を結びあなたの真価が
周囲から認められる時がきました。 
地位も上がって、目上の人からの引き立てもあるでしょう。

このおみくじを お財布に入れて
どうにも 落ち込んだ時
取り出しては読み返し
「これから これから」と 思いました

このおみくじが 当たったかと言えば
なかなか すんなりハイと言えませんが
ずいぶん元気をもらいました。


来年は どんな 春・夏・秋・冬になるのだろう
すこし ドキドキし
すこし 楽しみでもあります


今年も
緑の森に 立ち寄っていただき ありがとうございました

新しい年が 穏やかな年でありますように
佳い年を お迎えください.

P1050279.jpg
酉     作 実家の母




  
2016/12/29 16:19 えぞももんが

年の瀬の球根

友が 先日 植えたと言っていた球根

犬なら柴犬
学校の係なら 清掃係
そんなイメージの花だと言っていた花

それが どんな花なのか
想像を目いっぱい膨らませていたら

私にも 買ってくれました
時期が少し外れたということで 
5個100円の格安になっていたと言います


その正体は スイセン

そっか
そう言われれば そんな気がする
バラのような華やかさはないけれど
楚々として しっかりした花弁

自分に与えられた 清掃係の仕事は
きっちりします!そんな 責任感と意志の強さを感じる


植え付けの季節には 少しズレているけれど
咲いてくれるかなぁ
P1050275.jpg

朝起きで 鉢を眺め
お昼に そっと 球根を触って
夜にまた 眺める
観察の日々を送っています





今年 作り納めの お弁当

長男  
「あっ! 言うのをすっかり忘れて 大変恐縮ですが 
  今日 弁当 いらなかった」 
P1050272.jpg
「テメェ ざけんなよ」・・・・・・・・・・・・・・。
2016/12/28 23:28 えぞももんが

にんにく・長ネギ・生姜

今年の3月に 終了してしまったラジオ番組が
冬休み限定で 3日間 放送されました

流れる曲は 昭和に流行した 懐かしい洋楽と歌謡曲

昔よく聞いていた曲は
年末のせかせかな気持ちを
放送時間中 柔らかくしてくれて

ちょうど 台所に立って 夕飯を作る時間
あ・あ・・・幸せな ひと時でした


そして
夕飯の片付けが終わった後は
にんにくと生姜の 作業。

冬は にんにく・長ネギ・生姜を たくさん摂るといい
そう 思い込んでいます。

生活クラブで毎週
国産にんにくと 土付き長ネギ 根生姜を配達してもらっています

それが 野菜室に じわり じわりと溜まって

「あれ達を ・・・・ 何とかせねば・・・」
「あれ達を ・・・・ 何とかせねば・・・」と
頭の片隅で ずっと にんにくと生姜に急かされる 


やっと 勇気を振り絞って
作業にとりかかりました。

それぞれ みじん切りやすりおろして冷凍保存

作業しているうちに
額から 汗が つつつ・・・と、落ちてきて
これは にんにく・生姜 パワーだろうか?
すごい!

でも 年末押し迫った12月28日に
にんにくと生姜を ひたすら すりおろすのは
来年は やめておこう


 
P1050271.jpg
この にんにくしょう油漬け
すんごい色ですが
チャーハンや 焼肉 炒め物など 調味料として
いろいろ使えるそうです

2016/12/26 22:28 えぞももんが

賞味期限

賞味期限・・・・・・・私の賞味期限ではありません

昨日 スーパーで買ってきた牛乳の賞味期限を見て
あ・あ・・・そうだった

P1050269_20161226223014496.jpg
来週は もう 新しい年だ・・・と、 
実感しました。

年が明け この牛乳の賞味期限の日付け頃には
そろそろ お正月気分も抜けるころ

七草になって
受験生は そろそろ センター試験が間近に迫ってくる

そんなこんなで 1月も サササと 過ぎていきそうです 



今年も 残すところ ほぼ あと5日。
それでは 年内 自分の好きなことを たくさんするとしょう

向田邦子さんのエッセーばかり読もう
私だけが好きな クリームシチューを 家族に聞かずに 久しぶりに作ろう
帰り道 いつも気になっていた 食堂に入ってみよう
そして やっぱり 歩いて行ける 近くの天然温泉に行こう

それから・・・・
いや これぐらいで やめておく



めでたさも中くらいなり おらが年末
2016/12/25 14:05 えぞももんが

年賀の一言

今日は クリスマス

そして 今日中に年賀状をポストに入れると
元旦に届く 締め切り日です

両親の年賀状を 担当するようになって数年になります
はじめは100枚ほどあった年賀状が
三分の二になり
今回は 50枚弱ほどになりました

住所録をチェックして
絵柄を決めて
印刷する

そのあと いつも 迷います
一筆 付け加えた方がいいか
そのまま 出してもいいか・・・

特養で過ごす父と 
ひとり暮らしの母に聞く
「なにか 書いてほしいことはある?」

「元気よくしていると伝えてほしい」と父が言う

「わかったよ」


両親に 代わって 一言添える

「すっかりご無沙汰しております
 こちらは なんとか 元気に暮らしています」

さっき 自宅の年賀状と一緒に
ポストに投函してきました

年末の仕事 ひとつ 終了。




いつかの ウサギの雪だるま
P1030570_201612251403298ce.jpg
札幌は 先週 前代未聞の大雪でした
2016/12/24 07:54 えぞももんが

想像してみる 2

私は2人姉妹
4歳年上の姉が 大阪で暮らしています。

実家の母が先日 
「どうやら お姉ちゃん一家 海外旅行に行っているようだよ」と言う


「そうなんだぁ 混まないように 少し早めの お正月旅行しているんだろうかね」


「旅先の アマゾンから どんどん荷物が届くんだよ」


「アマゾン・・・・・・・・・・」
「それは・・・ たぶん・・・・旅には 出てないね」





南アメリカの アマゾン川で
「今 アマゾンに来ていま~~~す!!
 ピラルク 捕った どォ==!!」と
巨大魚を 大きく持ち上げる姉夫婦の図を 想像してみました。 
いい感じです。




P1050266.jpg
でもね・・・・・・・お正月旅行に アマゾンに行く人
あんまり 聞かないよ お母さん。
2016/12/22 05:44 えぞももんが

想像してみる

テレビを見るより
ラジオを聞く時間のほうが長い 
暮らしをしています

ラジオを聞きながら 
頭の中で いろんなことを 無意識に想像します

いま 話をしているこの人は どんな顔をしているのだろうか?
背格好はどんなだろう?

「今朝は 雲一つない 青空です」と聞くと
どんな 色の青なんだろう?


だからと言って すべて 確認したいというわけではなくて
知らない部分を 楽しむ
想像の余地があるところに ほっとするのかもしれません

友達が 春に咲く花を植えた
どんな花か教えてくれました

可愛いというより・・・
いぬなら柴犬
クラス委員なら清掃委員

想像の範囲を超える・・・・この説明に

いぬなら柴犬で 係なら清掃係のイメージの花は
春になったら どんな色の どんな形の花を咲かせるんだろう

ワクワクと 春のことを想像した 冬至の日でした。





P1030568_201612220542022f1.jpg

問題 1
この雪だるまを
写真を見ていない人に 説明してください
2016/12/20 16:50 えぞももんが

もう いいっしょ

えぞももんが
森の暮らしが 長いせいか

クラス会と言うものが なんとも苦手です

数人で集まる こじんまりしたクラス会は 好きなのですが
クラス丸ごと 久しぶりに 皆で集まるとなると
なんとなく ススス・・・・と、しり込みしてしまう

そこに出席して
いつもと違うテンションで
頭で考えていることと全然違う言葉が 
口からでたりして

あとで 
「なんで あんなこと話したんだろう」と へこむ自分の姿が
思い浮かぶ・・・
なので なんとなく たいてい クラス会は欠席したい・・。

初めて会う人とも
思っていることの半分 話せればいいほう

こうしてみると
この歳で なんとも恥ずかしいなぁと 思いますが

「それで いい
 しどろもどろ ぎこちなくても それでいい」


「あ・あ・・そうだった」と 思いなおす

きっと どこかで 未だに 自分をよく見せようという力が
はたらいていたのだと 気が付く

もういいじゃない
しどろもどろ ぎこちなく それは それで いいねぇ。
なんだか ちょこっと 小道が開けそう。



最近は 若い方の クリスマス離れが顕著・・・という記事を読みました
そう言えば 昔ほど ラジオでクリスマスソングが流れなくなった気がします。
でも これくらいの感じが ちょうどいい。
P1050265_201612201635140e8.jpg
2016/12/18 14:02 えぞももんが

手抜きをする日

年末がだんだんと押し迫ってくる
とある一日
たいてい その日は土曜日なのですが

「徹底的に 食事作りを 手抜きする日」というのを 
自分の中で 作ります

今年は 昨日でした。

そう決めた日は
イライラせずに 
お正月の準備の買い物と 大掃除をちょこっとと
年賀状の仕上げをしました。


  
朝は 目玉焼き・ パン・ ハム・ヨーグルト 食後にコーヒー
昼は きつねうどん
夕飯は お味噌汁だけ作り コンビン弁当!!

あ・あ・・・なんと楽なことか。 極楽。

私は この 年末の食事作り手抜きデーを
ひそかに 楽しみにしています



今年もたくさんの料理番組を見ました
同じ名前の料理でも
料理研究家の数だけ レシピに違いがあって
どの人も 堂々と料理を作っている
(それが 仕事だから 当たり前なのかもしれませんが・・・・)


自信を持て作ることが 美味しさにつながるのかもしれない・・・。




 
お弁当も 毎日の食事も もう少し 自信をもって
作らないと ダメだなぁ・・・・と 年末の反省。
P1050255.jpg  P1050254.jpg  P1050240.jpg
 
2016/12/17 13:57 えぞももんが

冷え込んだ日は

昨日は とても 冷え込んだ一日でした。

パン工場のバイトを終えて 朝7時に次男が
「今朝は -11℃だった」と ほっぺたを真っ赤にして帰ってきました。


冷え込んだ朝は 晴天で空は 青く
森や山のすっかり葉を落とした木々が 真っ白になって 目に眩しい
青と白の そのコントラストが きれいです



昨日は駅に向かう道の両側の街路樹も真っ白
SN3L0053.jpg
カメラがなく 携帯で パチリ。




冷たい空気が 
はっかの香りを嗅いだ時のように
スーッと肺の中まで入るのがわかって
体の中に溜まっていたドロドロが 一気に  交換できるような
気持ちになります

そうなったら いいのですが
SN3L0052.jpg







駅前の松の木も
クリスマスツリーのようです
SN3L0051.jpg

カメラを持ってくればよかった・・・・。
寒い朝も いいもんです。




2016/12/15 21:50 えぞももんが

それでいいのかなぁ

先日  朝食を食べながら
何気なく見ていたテレビのニュース番組

二宮金次郎像の話が出ていました。
薪を背負って 本を読みながら歩いている あの像。
「歩きスマホを助長する」と 苦情があって
違う形に変えた
その姿は・・・・薪を背負って 座って 本を読んでいる 二宮金次郎さん

思わず 笑う。
冗談かと思いました。

「歩きスマホを助長する」というクレームも
それを受けて 座った二宮金次郎さんにしたのも

それで いいのかなぁ

朝ご飯を もぐもぐ食べながら
「違うだろ」と 呟く。

もし 子供たちが 本を読みながら歩く二宮金次郎像を見て
「歩きスマホと 同じじゃないか」と言ったら

「そういうのを ヘリクツっていうんだ!!喝!!」と 言っても
良いんじゃないのかな


座って本を読む二宮金次郎さんは 
やっぱり おかしい。
私・・・・・頭 固くなったのでしょうか。




波平さんから アドバイスを頂いたので

「「そういうのを ヘリクツっていうんだ!!バカもんっ!!」


P1050247.jpg
北海道知事公館にある銅像は
雪まみれで 様子がわかりません。
2016/12/14 15:57 えぞももんが

黄色のムーミンボウル

「鶏のフライを買うと もれなくムーミンボウルが付いてくる」
CMを見るたびに ほしくて ほしくて 

とうとう 数年ぶりに 鶏のフライを買いました

本当は 限定デザインの ゴールド・ネイビー色か
赤が欲しかったのですが
色は選べない・・・ ざんねん。




P1050257_20161214154401072.jpg
いいんです 黄色でも
満足です


友達の友達も やっぱり 
限定デザインの ゴールド・ネイビーが欲しくて6回も買ったけれど
全部 黄色だったとか。


もう一人の 友達も 黄色だったらしい

黄色が 余ってたんでしょうか??ムーミンボウル


年甲斐もなく もう一回 挑戦・・・・
そんな気持ちを ぐっと押さえる 日々を過ごしています 




封筒の隅に ムーミンママを描いて 便りを出す。
郵便局の窓口の若いお兄さんに
「ご自身で描いたんですか? めっちゃ上手いっすね」と言われ
気をよくして もう一枚描く

P1050258.jpg
今度は 豚みたいになってしまいました。


 
2016/12/13 05:26 えぞももんが

しっかりと冬

金曜日から ドカドカと降った雪で
車道と歩道の境には 雪山ができ
除雪で削られた道は ピカピカツルツルの
スケートリンクのようになって
札幌は すっかり ベテランの冬の様な顔になりました。

この風景を見て ようやく
「よし わかった」と 冬と向き合う覚悟ができます。

今日はもう12月13日。
12月も中旬です。

指を折って数えてみると
1月・2月・3月・・・・1月、2月は 冬本番だけれど
3か月とちょっとで 春になる!


「あ・あ・・・今年も 冬が来てしまう」とか
「森も山も 白だけだ・・」とか
「この冬 どうやって 超せばいいか」とか
ぐだぐだ 言っているうちに
3か月とちょっとで 春になる!

とは言うものの
これからが しっかりとした冬ですが

なんとなく その先の季節を 想像して
「よし!」と 思えるので 我ながら いいかげんだなぁと思う
12月中旬です。







夏の間 本当にお世話になった
北海道知事公館の庭
P1050253_20161213052133884.jpg
「閉鎖中ですよ」と 声をかけられる。 
2016/12/11 16:39 えぞももんが

録画予約の番組

昨日から 札幌は
しんしんと 深々と 森々と・・・・・・

時折 吹雪ぎみに雪が降り
29年ぶりの 大雪だそうです

雪が音を吸収してくれるので
しずかで、12月の慌ただしさを 忘れさせてくれます。


今日 見ようと思っている番組があります
NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」
2016年12月11日(日) 午後9時00分(50分)

2年前に 放送された ドキュメンタリー番組の続編です
先日 ラジオで 紹介されていたのを たまたま聞きました。

2年の間に 番組のディレクターは大病を患い闘病生活が続いたそうです
その姿を見て 番組の主人公である重度の自閉症で作家の東田直樹さんから質問を受ける
「命とは何なんだと思いますか?」

なかなか 答えを出せずにいたところ 直樹さんが伝えてきた言葉
「命とは 繋げてゆくものだと言うけれど 
 命とは完結するものだと思う。
 命を繋げていけない人は 渡されたバトンをもって 途方に暮れ 
 泣いていなければならないのか そうは思わない。
 命とは 生き尽くすこと。」

こういう内容のことが紹介されていました。

印象的な言葉でした。  






家事を済ませ 静かに 見たいと思います。
P1050246.jpg


2016/12/10 23:02 えぞももんが

相性のいい本

一年間待った本なのに 開くと すぐ ウトウトしてしまうと・・と言ったとき
「本との相性」を フィリフョンカさんに 教えてもらいました

そうだ・・そうかもしれない


次に読んだ本は うたた寝することなく
電車の中で 本を開くのが楽しみで
ククク・・・と 笑いをこらえながら 読みました

孫と私の小さな歴史   著 佐藤愛子
P1050241.jpg
佐藤愛子さんが69歳
孫の桃子さんが1歳のころから始まった
年賀状用の写真撮影  

きっかけは 娘の響子さんが桃子さんにパンダの着ぐるみを着せて
実家に帰ってきたことでした。
「いいね。こういうのの大人用はないの?」
それから 毎年 孫と愛子さん2人の仮装した写真が年賀状になるのです。

年を追うごとに
凝った演出になり
驚いたのが
 「さらし首の巻」
落ち武者の頭に 矢が刺さった状態のかつらをかぶった佐藤愛子さん

そして 20年目、写真撮影を今年でやめますと「退き時」を宣言した年の
 「葬式の巻」
頭に三角の布をつけ 白装束で布団に横たわる愛子さん 当時88歳(現在 93歳)
枕もとでは 小坊主役の桃子さん


さらし首も 葬式も・・・・・・元旦にこの年賀状が届いた方々は
どんな だっただろう
さすがだ 佐藤愛子さん。 

学生のころ よく 佐藤愛子さんのエッセイを読んでいました。
いつも何かに怒っていて でも 
それが  痛快なのは その怒りが 「なにくそ!負けるもんか!」
に 繋がっているように思えたから。

この本の中の 佐藤愛子さんは  優しい表情で
怒っていはいるものの やわらかくなったなぁと 思わさりました



私はと言えば・・・・年賀状・・・・完成させなくちゃ



2016/12/07 14:02 えぞももんが

明るいうちに入る 温泉

昨日の夜 布団の中で 今日の計画を立てた

今日は仕事が休み

午前中に 掃除と ちょこっと大掃除もして
午後から 両親宅の年賀状作成
えぞももんが宅の年賀状作成
ここまできたら 目標達成ということで 近くの温泉へ行こう!!


タイムスケジュールは こう

8:00~8:30   洗濯
8:30~9:15   夕飯の準備
9:30~10:30  掃除
10:45~11:45 大掃除
            (下駄箱の掃除)
            (台所の壁のタイル清掃)
12:00~12:30 昼食準備

13:30~15:00  年賀状作り
15:00~15:30  夕方 バイトに行く次男の食事準備
             その後 速攻 えぞももんが 温泉に行く 

できるか??? どうだろう???

午前中が過ぎて ちょっと ずれ込んではいるものの
順調に 目標の
「明るい中で 温泉に入る 極楽」に向かってる!!

ちょこっと 楽しみを作ると 俄然 やる気が出ます





昨日は しっかり雪が降り
今日は 少し シバレた 札幌です。
P1050238.jpg


2016/12/06 16:33 えぞももんが

カレンダーの○印

ホームで過ごす父のところへ寄ると
カレンダーの12月5日のところに小さな○印が付いていました。

「お父さん 今日は 何かあるの?」と聞く
すると 父が
「今日は 午後から 高倉健の映画があるんだ。
 アメリカの映画に出た時のらしいんだ」

ホームに行く途中で買った 新聞を見る・・・・・・
「あった ブラック・レインだね」





12月4日 日曜日
JR留萌線 留萌ー増毛(ましけ)間が95年の歴史に幕を閉じました。
増毛駅は 高倉健さんが 主演した映画 「駅 STATION」の舞台になった場所です
父は このニュースで 高倉健さんの映画が見たくなったのかもしれません。

「高倉健も 菅原文太も すごく無口だったけれど
ファンがたくさんいたね
ずいぶん前に ラジオで 菅原文太が出ていて
いい人なんだなぁと 思ったよ」と
昭和の映画スターの話を 父とした 昨日です。




95間年と聞くと、高齢化社会になったせいか
今は  短い気がしてしまいます
この時の流れの間に 地方は過疎化が進み
人を取り巻く環境は だいぶ 変わってしまったのだなぁと
朝刊に載っていた 最終列車の写真を見て思う。


「最終列車は留萌市の峠下駅付近でシカと衝突。
深川駅到着が定刻より40分遅れるハプニングもあった。」と、
新聞の隅のほうに書かれていました。





こちらは 母の住むマンションの近くの 小さな神社さん
P1050237.jpg
ご主人様が お参りするのを じっと待つ ワンちゃん。

 
2016/12/04 17:01 えぞももんが

残念

先週は どうかしているというほど 眠い1週間でした

そんななか

図書館に予約して 
1年 待って ようやく 順番が回ってきた本が次々とやってきます
アワ アワ.。o○ します

その中の1冊
あの家に暮らす4人の女     著 三浦しをん
P1050232.jpg

楽しみにしていたのに
開くと すぐ ウトウトしている
まだ半分しか読めていないのに
もう 明日は 返却日

内容は 睡魔で ほとんど覚えておらず
でも 一番 記憶に残っている場面は

・・・・・・・・・・・・・・文中より・・・・・・・・・・・・

「それでですね」
多恵美が追及ののろしを上げた。「私たち、『開かずの間』でミイ」
いきなり切りこもうとした多恵美の口を、ピッキング犯の雪乃がふさいだ。
「ミイ?ムーミンの?」
鶴代は、「人形でもあったの」と言いたげに問い返す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いきなり ムーミン谷のミイが出てきて 目が覚めた
 


帯には
ざんねんな 女たちの、現代版「細雪」
謎の老人の活躍としくじり。
ストーカー男の闖入。
いつしか重なり合う、生者と死者の声
古びた洋館に住む 女四人の日常は、
今日も豊かでかしましい。

と、ありますが
生者と死者の声が重なり合う前に 返却です ・・・・。
ざんねん

2016/12/03 16:33 えぞももんが

三日月と金星

昨日 夕方 人通りの少ない雪道を歩いていると
西の空に
細い 細い三日月と その横に 宵の明星が 並んで見えました。

空気が澄んでいるせいなのか
くっきり見える 三日月と金星

冬の三日月は なんだか切なく見えました

顔に当たる風が冷たくて
そのせいで 涙がこぼれ落ちて

「あのおばさん 泣いている」と思われたら どうしようと慌てる



今日は 全国的に 天気がいいようです
今夜も 細い細い三日月と 金星が 並んで見えるそうです
(18時ころ 南西の空だそうです!!)





時間があれば ちょっと 西の空 眺めてみてください
少しだけ きゅんと します


P1050231.jpg
見えますか???

 
2016/12/02 18:40 えぞももんが

新しい顔

12月になりました


ささやかな忘年会を 友人とするのですが
年末間際に集まるのは
なかなか難しいので
いつも 少し早めの 忘年会

長男が小学生の時に知り合った
おかあさん同志
今年は ちらほら 結婚の報告があった年

友人のひとりが
 彼女が初めて家に来たとき
 コートも脱がずに 家の中に入ってきて 驚いた。
 それとなく 注意をしたほうがいいだろうか 息子から言ってもらったほうがいいだろうか。

そんな話をしました。

みんなは
「そんなにかたいこと言わずに 少し 見守ってあげたら」・・・・・・。

彼女は少し 納得いっていないように首をかしげていたなぁ

今までは 母親の顔 時々 嫁の顔になって
いろんな話をしたけれど
あの時の友達は 初めて姑の顔になっていた

我が家の息子達からは 結婚話は まだしっかり聞こえてこないから 
理想的なことしか言えないのが 申し訳ない

わたしも 嫁だったことは ちょっと忘れて
姑の顔になる日が来るか


立てなくていい波風は
立てないで おきたいね





聞いたことのない 鳴き声に 空を見上げたら
5羽ほどの 白鳥
カメラを出した時には もう はるか彼方へ・・・・
P1050222.jpg
調べてみると
毎年 11月から12月上旬
南の旅に向かう コハクチョウの姿が見られるそうです