プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2017/04/30 15:40 えぞももんが

タンポポ

こちらも タンポポが咲き始めました。

みんなが知ってる この花は
可愛さと力強さを感じます 

子どものころ
少し太めの茎のタンポポを選んで 
折って 片方を軽くかみ 
ぷーぷーと鳴らして 笛にしました
嚙んだ時 ちょっと 苦かったな・・・


茎の 両端に切り込みを入れて
水につけると くるりとカールする
それを川に置いて
水車に見立てて 遊びました


黄色い花びらは
おままごとの ごはんにもなった
いつの間にか 手が茶色になったのを思い出します




昨日は義母の百か日の法要。

そして 家に 小さなお仏壇がきました。
親からすれば いつまでたっても 頼りない私たち夫婦が
いつの間にか お仏壇を守る立場になりました


アスファルトを押しのけて咲くタンポポを
時折 見かけることがあります

静に 力強く
そんな風に 暮したいものだと思います
P1050613.jpg
タンポポ     花言葉     神託  

2017/04/28 05:30 えぞももんが

カラッカラのパッサパサ

どうやら 口を開けて寝ているようです
しかも けっこう長い時間です。

なぜ気が付いたかというと
乾燥している 今の季節
喉が カラッカラ パッサパサになって 夜中に 何度か目が覚めます 

そして 朝には  喉が痛くなっている。

寝ているので 口が開かないように 気を付けることもできず
どうしたもんじゃろのう・・・。

保湿用のマスクもあるようなのですが
これをつけて寝ると
サルグツワをはめられている・・・ そんな 恐ろしい夢を 
たぶん 間違いなく 見そうで やめておきます。



口を開けて 寝ている おばさんの図も
あんまり 想像したくないな・・・

昨夜も どうやら 口が開いていたようで
カラッカラの パッサパサです。 














いつか 見て見たかった 白いエゾエンゴサク
P1050608.jpg
こちらは 可憐
2017/04/26 05:30 えぞももんが

絵馬

家の近くに 小さな神社さんがあり
その前を通るとき  立ち寄ります

境内には お正月の初詣の時の絵馬がさがっていて
風が吹くと 木と木がぶつかって カラカラカラと音が鳴ります



強い風に吹かれたせいか
風雨にさらされて 結ばれた紐が弱くなり 切れてしまったせいか 
時には 絵馬が地面に落ちています

それを拾って
紐を結びなおして 元の場所にかける

昨日も 一枚の絵馬が 落ちていました

拾い上げると 書かれた願い事が 目に入ってきました

「お父さんの 病気が 早く良くなりますように」
 姉弟と思われる 名前が並ぶ
 まだ 幼さが残る文字



紐をしっかりと結びなおして 掛ける








ナ二ワズは 蕾のまま 冬を越し
春一番に咲く 頑張りやさんの花
P1050556.jpg
ナ二ワズ     花言葉     永遠不滅



2人の願い事に 手を合わせて 帰ってきました。




2017/04/24 19:43 えぞももんが

カタクリの花

カタクリの花が咲き始めました
P1050594.jpg







日差しがないとき 花は閉じたままで 
P1050590.jpg








花に日があたると 徐々に開き
P1050595.jpg








そのうち 花びらが 反り返る
P1050602.jpg







種が発芽し 花が咲くようになるまで 8年から10年かかるそうです。
そうして やっと咲いた花は 開花時期が短く
あっという間に咲いて あっという間に散ってしまう
P1050598.jpg







ザ・ピーナッツのような 双子のカタクリ
P1050589.jpg
カタクリ    花言葉      初恋     


家の大きさ
学歴
職業
収入
そう言うものと 一切 関係なく

国の違い
宗教の違い
肌の色の違いも 関係なく

健気に咲く花を見ていると  ぐっとくる 歳になりました。




2017/04/23 17:50 えぞももんが

青空と・・・・。

今日は  久しぶりにいい天気になりました。

雨の日は 雨の日で 落ち着いた気分になり
曇りの日も そう悪くなく
雪の日だって 静かで いいなと 思うことだってあるけれど

やっぱり 青空が広がると
それだけで 70%は 気持ちが 上向きます





飛行機と青空のコラボレーション
P1050531.jpg









北こぶしと青空
P1050546.jpg












ネコヤナギと青空
P1050547.jpg









カラマツの芽吹きと青空
P1050548.jpg





青空に生えます
大きく 深呼吸

みんなの町は どんな天気だったでしょうか? 






エゾノリュウキンカが 満開の時期です
P1050542.jpg
2017/04/22 18:02 えぞももんが

静かな 土曜日

今朝 札幌は雪がちらつきました

気温もぐっと下がって
午後の気温は4℃ちょっと

ここのところの 寒暖の差に 久しぶりに風邪をひきました
熱を測るほどでなく
病院に行くほどでもない・・・と、そう思われる程度の風邪です

お昼のご飯を食べた後
早めのパブロンを飲む

そうすると こくり こくり と眠くなり
気が付けば 一時間ほど 昼寝をしました。

風邪薬を飲んだせいと
昼寝のあとのけだるさで
体が ふわふわします

ラジオから聞こえる プラネタリウムの話が面白いのと
途中にかかる ボサノバが 軽い風邪の時に聞くのには ピッタリな気がします
(どういうこっちゃ?ですが・・・)

明日から 1週間は 少し 忙しくなりそうだ・・・と
そう思ったら 疲れる前に 風邪をひいてしまったのかもしれません

そう言う訳で 今日は 家から一歩も出ず
静かな時間を過ごしました

夕飯は 鍋焼きうどんです。





寒い日もありますが
北海道の桜も 少しずつ蕾が膨らみ
今は こんな感じです
P1050451.jpg
ゴールデンウイークには 開花してくれそうです。


2017/04/20 05:29 えぞももんが

街中のカモメ

札幌の中心部で カモメの鳴き声を聞くことがあります

空を見上げると
P1050503.jpg

白い翼を広げてゆっくり 街中を飛ぶ カモメの姿
 

札幌から車で40分ほど走れば 海に着くのですが
街中を飛ぶカモメは ビルの屋上などに巣を作って
どうやら 住んでいるようです
最近は そういうカモメが増えていると 聞いたことがあります

ということは 
白いカモメは 海の魚を食べずに
黒いカラスのように
ゴミステーションのごみの中からエサを探したり
虫や 木の実を食べたりして暮しているのだろうか

海から渡ってきたカモメだけでなく
ビルの谷間で生まれて 育った 
海を知らない カモメもいるのかもしれない

住む場所を
海ではなく 街を選んだ カモメ

暮すには そのほうが 楽なのかな・・・・と
カモメの声を 聞いて 歩きながら そんなことを思いました


考えてみれば
私も 同じ。





キバナノアマナが たくさん咲いていました
P1050516.jpg
キバナノアマナ    花言葉    前途洋々 
いい花言葉!!


2017/04/19 17:27 えぞももんが

三昧

違法な投資話で 7億円近い資金を集め国際手配され
逮捕された 62歳の女性は たくさんの名前を持ち
ホストクラブ通い三昧の生活だった・・・・と
今朝のニュースで 言っていました。

三昧。

「ザンマイ」は そもそも どんな意味だろうと 気になって 調べてみると
仏教用語のようです
心を一つの対象に集中して動揺しない状態。
雑念を去り没入することによって、
対象が正しくとらえられるとする

ニュースの女性の行動と あまりに対極の意味で なんだか 面白い。


主人と 朝ご飯を食べながら
「今まで 何かに 三昧したこと なかったなぁ」と 呟くと

主人が カウンターに置かれた 布のかごを指さして 言いました
「こんど いつか これの三昧をさせてあげよう
 本とか 皿とか カバンとか
 好きなだけ ムーミン三昧だ」

P1050525.jpg
かごには ムーミンのイラスト


この歳で ムーミン三昧
恥ずかしいけど やってみたい気も 大いにする
期待しないで 待つ えぞももんがです。







たぶん・・・・・アズマイチゲが たくさん咲いています
P1050507_20170419172037890.jpg
アズマイチゲ       花言葉         温和




いつか 三昧をするなら・・・・
温泉三昧
回転ずし三昧
旅三昧・・・・・・。










 
2017/04/18 17:05 えぞももんが

スプリング・エフェメラル

昨年 友人から教えてもらった 植物の本
ことあるごとに ぺージを開きます。


植物エネルギー 
     北海道医療大学の森
                著者  堀田 清  野口 由香里
P1050522.jpg


北海道医療大学にある森に 芽吹き 開花し 実になる植物の四季を
写真と文で 紹介しています。
植物から 与えてもらえる力を 「植物エネルギー」と表現されています

この本のなかに エゾエンゴサクの写真があり
〝中央の白い部分を良く見てください。
 グリム童話の白雪姫に出てくる、豊かなあごひげを蓄えた
 七人の小人さんの顔に見えてきませんか。” と、あり
本当に 小人の顔に見えて 感動しました。


春になって エゾエンゴサクが咲いたら 挑戦してみよう
私の ごくごく普通のデジカメで ごくごく普通のレンズでも 撮れるだろうか!!

待ちに待った 時がきました

昨日 北海道知事公館に咲いていた エゾエンゴサク
地面に這いつくばって 撮った一枚です
P1050519.jpg
ひげの小人の顔
そう見えるでしょうか?



スプリング・エフェメラル
春の短命植物

エネルギーをもらえます。
2017/04/17 05:31 えぞももんが

雑念

とても久しぶりに 「暮しの手帳」を買いました。

編集長が 松浦弥太郎さんから 澤田康彦さんという方に変わってから
初めてです。

「毎号読んでいたころと 変わらない」と、思い 少しほっとし
ページをめくって
写真の配置の仕方や 
イラストが 少し変わったことに 
新鮮さを感じます 


ところが・・・・
「暮らしの手帳の新しい編集長は 女優の本上まなみさんのご主人なんだよ」と
友に教えてもらっていたので
本を開いているあいだずっと 本上まなみさんの顔が 頭こびりついて 離れず
読むことに 専念できない 


同じようなことが もう一つ

Jリーグ 北海道コンサドーレ札幌の 都倉賢選手
なかなかのイケメンです
伯父さんが 作曲家の都倉俊一と 長男に教えてもらって
たいそう 驚いた
都倉賢選手が 画面に出るたび
スター誕生で審査員をしていたころの 都倉俊一の顔が浮かんで
「やっぱり 似ているねぇ」と 毎回 毎回 思い
試合を見ていない。



どちらかというと
雑念の多い 人間です







毎年 同じ場所で 固まって咲いている 可愛い白い花
P1050501.jpg
キクザキイチゲ    花言葉    静かな瞳・追憶


2017/04/15 17:29 えぞももんが

春の一日

森を歩きました

数日前の 雪の日が嘘のように
風もなく
ぽかぽか暖かく
雪も驚くほど 融けていました


春の妖精と言われている
小さな 野花が一斉に 咲き始めました
P1050488.jpg
蝦夷延胡索(エゾエンゴサク)   花言葉      妖精たちの秘密の舞踏会







この季節 雨が降らなければ
叶うことなら 毎日でも ここにきて 花や木々を眺めていたい
P1050462.jpg
福寿草      花言葉     幸せを招く







それぞれに 次に繋げる工夫をした形の 花たち
P1050465.jpg
ザゼンソウ    花言葉     ひっそりと待つ







この花を見るたび 「夏の思い出」の歌詞が頭に浮かぶ
雪融け一番に咲くのに
なぜ あの歌には 夏の日の思い出として 出てくるんだろう・・・
P1050483.jpg
水芭蕉     花言葉     美しい思い出





六花亭の包装紙を見たことがありますか?
北海道に咲く たくさんの野花が 描かれています
これから あの 包装紙のような 賑やかな季節になります
P1050455.jpg
エゾノリュウキンカ     花言葉      必ず来る幸福





池では うるさいほどの エゾアカガエルの声と
たっくさんの卵
P1050470.jpg
それを見て 喜ぶ 小学生の子供たち


あ・あ・・・・春は  いい!!




2017/04/12 18:07 えぞももんが

春とは名ばかりの日

昨日は なかなか前に進むことができないほどの 強い風でした。

そして今日は 冷たい雨が 雪になり
北よりの風で 顔に雪があたって
寒かった!! 

これが本州なら 桜吹雪なのだろうけど
こちらでは 本物の 吹雪です

やっぱり すんなり 春にはなってくれないなと、思いながら
バス停にたどり着くと 

年配の女性が 話しかけてきました。

怒っています 天気に。

「雪だよ! ほんとうに いやんなっちゃうね
 3月ならまだわかるけど。
 4月ももう 半ばになるっていうのに
 いい加減にしてほしいよね!!」

「本当に そうですよね」と 答えながら
昔、息子たちに読み聞かせた
大好きだった ばばばあちゃんの絵本を 思い出しました


雨が続く 空を見上げて 
「いいかげんにしておくれ」って  ばばばあちゃんは怒っていたなぁ


家に帰ってきて
押入れの奥にしまい込んでいた 
絵本を 久しぶりに 引っ張り出してみました

P1050450.jpg
明日は もっと寒くなって
朝 カーテンを開けると 雪景色かもしれません


「おいおい そろそろ ちゃんと春にしておくれ!!」 







歩道の片隅で 寒さの中
肩寄せ合う つくしを見つけました
KIMG0053.jpg
2017/04/11 17:17 えぞももんが

過去との付き合い方

さささっと目を通す 朝刊で 
気になる紙面があったとき
そのページを べりっと破って 鞄に入れて
移動中の電車の中で読む


家族の迷惑を顧みず
そんな 自己中心的な新聞の読み方をしています

今朝 気になったのは

「公園で遊ぶ子供の声がうるさい」
「保育園ができると地域の静けさが失われる」・・・このような苦情が
全国各地で多くなった
なぜ日本人は寛容でなくなったのか

この質問に ラジオ人生相談50年の心理学者・加藤諦三さんが答えている記事でした。

その中に
「過去の不快な体験が現在に影響することを精神分析論でトランスフォームといいます。
 今の気持ちは実は過去から来ている・・・」という 一文がありました

確かに 過去に言われた言葉がずっと 心の中に とどまって
うまくいかないあれこれを
全部そのせいにしてしまっているところがある 

なんだかなと 思うことも 多い

過ぎてしまった過去には
「じゃ これで 失礼します」と さっさと 見切りをつけて
頑張って忘れるようにする
そうすると もっと いい方向に いろんなことが進むんだろうなぁ


過去と 上手く付き合う

そうすると 子供の声も 騒音ではなく
「元気でいいね」の気持ちに 繋がるのかもしれません




・・・・・・ラジオで 声だけ聴いていた 加藤諦三さんのお顔を 紙面で初めてみました・・・・






コーヒーが冷めないうちに
著  川口 俊和
P1050449.jpg
「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」


いくつかのルールを守れば
熱いコーヒーが冷めてしまうまでのほんの少しの時間だけ
過去に戻れる お話


2017年 本屋大賞にノミネートされています
発表は 今日の夜だそうです!!
2017/04/10 21:10 えぞももんが

絵葉書を買ったわけ

3月の初めに 次男が引っ越しをし
そして 昨日は 長男の 引っ越しでした。

家には 主人と私の2人
原点回帰 という状態でしょうか・・・・・・・?
汗が出る なぁ


食事作りは 2人分になり
お弁当作りが 一人分になり
洗う食器も 少しだけ
洗濯の量も 半減
アイロンをかける Yシャツの枚数も いままでの半分
靴磨きも 2足だけ

こんなふうに
家事が 減りました

なんとなく
体が地面から5センチほど浮いているような
ふわふわした感じです

とは言うものの・・・・

食卓に箸置きを 家族の人数分 そろえて 
「あ・あ・・・そうか 2人分だった」と 片づける


食器を洗いながら
一人暮らしを始めた 息子たちは 何を食べたのかなと 思う
 




これから 自分の時間が 少し作れるように思います
P1050441.jpg
便りを たくさん 書きたくなって
絵葉書を 買ってきました。
 
2017/04/08 09:07 えぞももんが

キヨスク

駅にあった キヨスクが どんどん 姿を消していっています。


疲れている時 栄養ドリンクを一本買って きゅっと飲んだり
カバンにいれたはずのポケットテッシュがなくて買ったり
遅れている電車を待っている時 ちょこっと口に入れるものを買いました


キヨスクの販売員さんの手際の良さと
どんなものを買っても 即座におつりが返ってくる
計算の速さに いつも 
「私には この仕事は絶対無理・・・」と、思っていました。

いつも利用しているわけではなかったのですが
小さな不便を感じて
旅行パンフレットの置き場に変わってしまった
キヨスクのスペースを ぼんやり眺めることが多い日々です



そんななか
もと キヨスクだった場所に 人だかり
なんだろうと 近づいてみると
小さな手作りパン屋さんがオープンしていました


コンビニに変わったキヨスクも多く見かけるのですが
自分の小さなお店を始めてみるのも
いい考えだなぁ

店長さんらしい人は 若い女性

思い切って 小さなスペースで 自分のお店を始めた
発想の柔らかさと 勇気が 少しうらやましく 思えました。  




雪融けの水が 勢いよく流れます
P1050434.jpg
水音を聞いていると いい感じです



2017/04/04 19:08 えぞももんが

七十二候

ラジオ深夜便の ホームページを見ていたら

七十二候カレンダーという 項目があり
クリックしてみました

七十二候(しちじゅうにこう)とは 
二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと…だそうです


七十二候カレンダーによると
4月4日 から4月9日は
玄鳥至る・・・・ 玄鳥(つばめ)至(きた)る

本州では 燕がやってくる 季節なのですね


むかしむかしに作られたこのカレンダー
ラジオも テレビも パソコンも スマホもなかった時代
季節のちょっとした変化は 
暮らしの一番の楽しみであり 
日々の作業の目安にしていたのだろう

カレンダーを たどっていくと 
田舎の風景が浮かんできます

ちなみに 4月15日から 4月19日は
虹始めて見る・・・・・・・ 虹(にじ)始(はじ)めて見(あらわ)る

虹は この時期から よく見られるようになるのだと知りました

なんとも  ゆったりした 気持ちになる
七十二候カレンダー





<えぞももんが 七十二候カレンダー>

朝、夕 太陽 紅色に染まる・・・・・・おそまつでした 
P1050424.jpg
今日の夕日
ちょうど 手稲の山に 真っ赤に 沈んでいきました。

2017/04/02 17:32 えぞももんが

日曜の午後

日曜日の午後になると
家事をしていても
ラジオを聞いていても
森を歩いていても

なんとなく・・・
物寂しいというか そういう気持ちになります

それは なぜか 冬より 春から秋にかけてのほうが強くて

きっと この感覚は 社会人だったころ
「あ・あ・・休みが終わってしまう
 明日から また 仕事か・・・」と 少々気が重くなった
 あの感覚の 名残なんだろうなぁと 思います

もう 会社を辞めて 何十年も経つのに・・・日曜日の午後の感覚は
未だに  残っています





今日の森

芽吹きが  どんどん 進んでいます。
P1050415.jpg







水芭蕉の開花より先に ザゼンソウが咲いているのを見つけました。
P1050416.jpg








ふきのとうは 苦労することなく 
たくさん見ることができるようになりました。
P1050417.jpg








このこけを見ていると
昨日 テレビで見た NHKスペシャル 
「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」を思い出しました
86歳の絵本作家 甲斐信枝さんの植物を見続ける 楽しい日々の番組でした。
P1050418.jpg
4月5日(水) 午前0時10分(50分) に 再放送があるようです







こちらのクロッカスは 
よそのお宅の庭で咲いていたものを パチリ・・・・失礼します  
P1050419.jpg








社会人になって 一人暮らしを始めた 次男は
日曜日の黄昏どきの いまごろ
ちいさな もの悲しさと 戦っているのかなぁ・・・


今日は 何を食べるのかな。