緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Archive [2017年05月 ] 記事一覧

夏の帽子 入荷しました

自慢じゃないのですが洋裁・和裁・編み物・・・・・しませんというか できません。私のあまりの不器用さに母が見かねて小学校から高校時代まで 家庭科の宿題はすべて 母が作ってくれて それを提出するという不届き者しかも それをヨシとしている自分がいる先生は 「これは お母さんが 作ってくれた作品だね」と分かっていたので成績は しっかり悪かった (笑)でも この歳になると洋裁 和裁 編み物ができなくても 何と...

本音

占いは 朝刊に載っている 〝 きょうの運勢 ”を ちらっと読みます5月生まれの 今日は「 本音の言葉は もろ刃の剣。  細心の配慮肝要」  との事。本音の言葉はもろ刃の剣・・・でも 本音をぐっと こらえてばかりいるとその剣が 内側から自分の 心のあたりをチクチクと 突き 痛くなるその加減が 難しいです。でも 今日は そろそろもう 就寝の時間。本音の言葉が もろ刃の剣にならなくてよかった よかった。...

夏鳥

昨日 直売所に野菜を買いに行きましたお店の横には 森があり そこから カッコウの鳴き声久しぶりに聞きました。カッコウの声は もうすぐやってくる夏を感じることができて好きです札幌では めったに聞くことができなくなった カッコウの声子供の頃実家の生垣に セキレイ(だったと思うのですが)が 巣を作り数日後には 卵を温め始めましたある日 その小さな卵が地面に落ちて鳥は 自分の卵ではない 大きめの卵を 懸命...

役目

主人の母は 小さな港町で ひとり暮らしをしていました。一月に 母を見送り先月 百か日法要が終わりました。あるじが 居なくなった 家昔 加工所だったので 建物は大きくご近所さんのこともあるので空き家になった家を そのままにしておくわけにもいかず雪が降る前に 何とかしなければならないと考えています。昨日は 解体業者さんに 見積もりを取ってもらうために実家に向かいました。道中 激しい雨主人が「おやじや ...

どこに座る?

4月から 夫と私の二人の暮らしになりました。子どもは息子が2人息子たちが家にいたときも けっこうサバサバしたものでそれぞれの部屋で マイペースに過ごすことが多かったので居間にいるのは たいてい 夫と私そう言った意味では 暮しの感じは あまり変わっていないかもしれません友人たちも皆 子供たちが独立し ほぼ 2人暮らしになりました先日 「食事の時 夫婦、どんな位置に座っている?」という話になる。不仲な...

桜風堂ものがたり

いつも電車の中で本を開くのですがウトウトしてしまい膝から 本が バサッと床に落ち目が覚め  あわてて拾い上げるいつも そんな感じですところが 今、読んでいる本が 面白く 電車で眠ることもなく 続きを読むのが 楽しみで仕方ない日々を過ごしています。読んでいるのは桜風堂ものがたり   著:村山 早紀桜が咲くころ読むのにぴったり・・・と友達が 渡してくれた本本にかかわることが大好きな 若い書店員の物語で...

夏のにおい

先週は 北海道も気温の高い日が続きました地面に這いつくばって小さな野花の写真を撮っていたらフワッと 夏草の においがしました。そうか もう春は過ぎて 夏になってきたのか・・・・周りを見れば 前回 花盛りだったニリンソウからマイヅルソウがたくさん咲き始めましたマイヅルソウ    花言葉    清純な少女の面影 ツンと突き出た 小さな角のようなものは 雄しべちょっと カタツムリの角に似ています途中から...

求人デー

月曜日の朝刊には求人情報が掲載されますテレビ欄や ニュース記事や コラムと同じようにこの欄も 目を通す今朝の求人情報の 小さな求人広告を見てあった!と 思う毎年この時期に載る やってみたい仕事があります遺跡発掘作業員 (パート) 未経験者可9:00~17:00 休日・土日祝他2017年6月1日~11月2日 日給7885円 一日中 中腰で 黙々とこなす発掘作業は想像する以上に大変だとは 思うのですが一度...

飛行機雲のおまじない

昨日は 初夏の始まりのような いい天気でした。青空に 飛行機雲が ス~~~ッと2本〝 今日 飛行機雲を 3回見たら  来年あたり 飛行機に乗って 旅をする 余裕ができる ”年甲斐もなく そんな勝手なおまじないを考えて浮かれるほどの天気でした。帰り道 自転車に乗りながら 空を見ると飛行機雲が 一本!おっ と、思うその後 また一本おっその後 また また 飛行機雲ただ ただ すごくいい天気だから飛行機雲...

山の神とすれ違う

札幌のほぼ真ん中あたりにある標高531mの藻岩山年に2,3度 登っています久しぶりにいい天気だった今日朝 思い立って 行ってきました新緑が眩しい山頂からは 恵庭岳も よく見えましたこの山の良いところは・・・・小一時間で 気軽に登れる一人で登っている方がとても多く一期一会の会話の楽しさそして 33体のお地蔵様シラネアオイが満開であちらでもこちらでも「咲いていますね」「うわ~~こんなの初めて 見ました!...

筋肉の使い方

いつも こっそり おじゃましているフィリフョンカさんのブログでフィリフョンカさんが「笑顔ってのは 人もいい気持ちにさせるけど、 なにより 自分が まぁ いいか という気持ちになれる。」と、 頑張っている。「私の決心」としてちっとも ゆるがないで、かといって、りきむこともなく 淡々と・・・・ちょっと前に教えてもらった 筋肉の数の話人は笑顔になるために使う筋肉の数は 16本怒ったときは 62本これでい...

雨宿り

昨日 小雨の中 森を散策していたらヒメイチゲと思われる花に必死にしがみついて雨宿りしているモンシロチョウを見つけましたヒメイチゲは 高さ10センチほどで茎も華奢な 小さな野花「よりによって どうして私に・・・ やめて~~~!!」「すみませんちょっとの間だけ つかまらせてください・・・お願い!!」そんな会話が 聞こえました確かにモンシロチョウは小さくて 羽化したばかりかもしれません「ちょっとだけ 雨...

森の貴婦人

シラネアオイが咲いていると風の便りに聞いたので小雨が降っていたのですがどうしても ひと目見たくなり森へ確かに 咲いていました森の貴婦人と呼ばれている シラネアオイシラネアオイ   花言葉    完全な美      薄い花びらが 雨に打たれて 重そうで 少々 切なそう小雨がいつの間にか 本降りの雨になりましたが見に来てよかった森と貴婦人の組み合わせが ちょっと 似合わないかな・・・とも 思うのですが...

春紅葉

野花の芽吹きの頃から 新緑 初夏にかけての季節が大好きですこの 好きかげんが年々増してきてそれと同じように 夏の終わりから 晩秋のなんとも言えない もの悲しさも増してきて「この冬・・・・耐えられるだろうか・・」などと 弱気になりこれではいけないなぁと 考えています先日 夢をみました(私の夢は 色つきです)日ごとに 山々の新緑が増え緑の何とも言えない濃淡がきれいでそれを眺めながら「山笑うだねぇ」と ...

今朝の言葉

若かりしころは くさいセリフや泣かせようとしているセリフには「なんだかな~~」なんて 思っていたのですがどんどん どんどん 歳が増えるにしたがってすっかり 涙もろくなりました人は 歳を取るにつれ 素直になってゆくのだろうか??NHKの連続テレビ小説 「ひよっこ」はどうやら 私のツボのようで毎朝 ご飯を食べながら やたら 泣けます 主人公みね子が働く電機工場の女子寮のまとめ役に和久井映見さん演じる ...

第一印象

初めの印象はあまり よくないほうがいいと 思っています少しずつ 新たな発見があって「けっこう いいね」と ゆっくり しみ込んでいくそういうほうが いいと 思っていますずいぶん前に 図書館に予約していた本。自分の順番が回ってくる前にドラマになりましたNHK総合 毎週金曜 よる10時ツバキ文具店    原作:小川糸主人公 鳩子の祖母は 生前 小さな文具店を営んでいました。といっても 本業は 「代筆屋」...

連休の話

今日の札幌は 「もう ゴールデンな休みは終わったんだよ」と、教えられているような そんな 冷たい風が吹き  すっかり 目が覚めた感じです「連休には 帰れないかもしれない」と言っていた次男だったのですが急に 帰省することができるようになり3日の夜に帰ってきて5日の深夜バスで 自分の町へ・・・・あっという間に来て あっという間に風のように 帰っていきました。農業関係の仕事に就いた次男の話は牛に足を踏ま...

旅のおすすめ

6,7年前初夏の始まりの頃  富良野をゆっくり 友と2人旅をしたことがあります。その旅が とても楽しかったのでその季節が近づくと 富良野方面に行きたくなりますけれども 札幌にいても なかなか その時間が取れないのが正直なところです。ゴールデンウィーク、いつもと変わらない 仕事日だったのですが急にお休みになった 快晴の日「富良野にでも行ってこようか」ということになり 朝早く ヨシ!と 出かけてきまし...

賑やかな森

ずいぶん気温が上がり季節が ぐんぐんと2段階ぐらい 進んだ気がしますつい先日まで 一番賑やかだったエゾエンゴサクはもう種子の準備が始まり代わって ちいさな ちいさなヒメイチゲの花をたくさん見かけましたヒメイチゲ    花言葉     あなたを守りたいそして ミヤマエンレイソウ?やエンレイソウエンレイソウ   花言葉    奥ゆかしい美しさフッキソウと 次々に咲き始めあれもこれもと 見るのに忙しく ...

ごはんのような本

テレビの対談番組で 柳澤桂子さんという方を知り図書館から本を借りてきて読みました柳澤桂子1938年生まれ 遺伝学者最先端の遺伝子研究に取り組んでいた 31歳の時 突然 原因不明の病に倒れる。以来、病と闘いながら生命科学について思索をめぐらせている。読んだ本はいのちのことば  著 柳澤恵子文中より・・・・・・・・私は自分の人生を悔いてはいない。たしかに苦しかったが、高い山を登り切ったときのような爽快感...

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

時間を忘れ 新緑を眺めていたい 季節です。
紅葉の時期と同じく
緑にも 濃淡があり きれいです。
桜の次は ライラック。
季節は 春から 初夏に。 

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター