緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

送迎デッキ

昨日は 大阪の姉の家に遊びに行く 両親を送って
千歳空港へ行きました。



送迎デッキで 飛行機を眺めている人は

一人で 静かに 飛び立つ 飛行機を見つめている人が多い
そう言う人を 眺めているのも好きです。
P1120361.jpg



両親が 55年間暮した 住み慣れた土地を離れ
札幌の私の近くに越してきて
もうすぐ 季節が一巡します 


早いね もう1年なんて
野菜を作り たくさんの花を育てていた暮しから
土を触らない生活になって 寂しいだろうと思うのですが

田んぼや畑仕事は 飽きるほどしたから もう十分だといいます

「お盆には お墓参りに 行こうね」 と言う話をしています
住んでいた 家族の家は 庭は どうなっているのかな

父も母も 家には行かないといいます
荒れ果てた 庭を見たくはないね・・・ポツリと言います

住んでこその 家であり 庭でした。

心の中に 私たち家族が住んだ 家が しっかりある
そんな ドラマに出てくるセリフのようなことは なかなか言えません


でも やっぱり 生まれ育った 山や 川や 
P1030328.jpg



家や 庭を 思い出すたびに 「ありがとう」と 思うのです。
P1030325.jpg


送迎デッキで 飛び立つ誰かを見送る時のような
そんな 気持になります。





               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村








Comment

えぞももんがさん

わたしが絵本の中でしか見たことない、
そういう世界でお育ちになったのですね。

えぞももんがさんの清らかさと
景色の美しさがぴたっとかさなりました。

ご両親のこと、お家のこと、豊かな自然、
全てが一体となっていた世界があったからこそ
今の自分がある、
誰よりもえぞももんがさん自身が
とてもよくそのことを
わかっておられるんですよね。
それが遠くへ行ってしまった・・・
見送る飛行機はえぞももんがさんの
いつまでもあると思っていた
幼いころのすべてなのかもしれませんね。

ご両親は大阪へ
えぞももんがさんは思い出の旅・・・かな?

2011.05.21 14:42 | URL | ゆるりんりん #WVQgMvdE [edit]
えぞももんがさん、こんにちは

ご両親、楽しい旅になるといいですね。

こちらは暑いから
体調、崩されませんように!

お姉さんも嬉しいでしょうね。


今から録画したベニシアさん を見ます。
ちょっと休憩…。
2011.05.21 17:25 | URL | 寧楽 #- [edit]
ゆるりんりんさん ありがとう
ゆるりんりんさんの

やさしい言葉に 少し てれています。

生まれ育った 家や場所は
いつでも そこにあってほしい
心のどこかで 思っていました
好きなように その土地を離れて
こうして 暮しているのに 勝手なことなのですが・・・。

どこか 心の支えであり 寄りどころでした

何時までたっても どこか 「子供の部分」があるのですね

さて いつまでも 行ってしまった飛行機の
後ろ姿を 見送っているわけに行きません
たまには 飛行機にも 乗ってみなければ・・・i-179
2011.05.22 06:03 | URL | えぞももんが #- [edit]
寧楽さん おはよう
大阪の母から電話で
姉の家の庭、花にたくさん虫がついていて
庭仕事をした

そんな 内容でした

よかった よかった なんだか久しぶりの庭仕事に
嬉しそうでした。

夏のような気温ですね
きっと 驚いているんじゃないかな i-229


追伸・・・ゆるりんりんさんの タンポポの卵サンド
キレイな黄色でしたねi-189
2011.05.22 06:07 | URL | えぞももんが #- [edit]
どんな時間を・・
機上の人っていう言い方 好きです。
いつもの時間とは、ちょっと違う特別な時間を
機上の人となって、しばらく過ごす。
いつも、見上げている空を その時ばかりは
自分が空といっしょになって飛ぶ。
ほんとうは、私は飛行機怖いんです。
できれば、乗りたくない。
でもね、どうしても会いたい人や、行きたい遠い場所
そういうものがあるのなら
それも幸せ。勇気を出してきっと機上の人になる。

私も 実家の家を売りにだし、
今では、別の誰かが住んでいます。
改装もして、あの頃の家とは違う家になってるようです。
近いのに行ったことは ないんです。
その家に越す前に、幼い頃住んでいた家は 
更地になっています。
そうやって、家が自分のものでなくなっても
それでも私が生きている間は、
記憶の中で、いつまでもあの頃のままでここにある。
亡くなった父でさえも いつでも ここにある。
目でみなくても いいんです。

ほら、あの言葉・・

「見えんけど おる」 やろ?
2011.05.22 23:46 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
こんばんは。
あまりにもきれいな景色と、玄関。
こんな時間ですが、携帯ですが、見とれてしまいました。

私はあんまり、実家や地元に愛はないのですが、(むしろ熊本の方が、帰りたい。。。)無くなるとしたら、やっぱり違う感情になるのかな。

飛行場の送迎デッキ、大好きです。
熊本にいた時は、年に二回は大体乗っていて、蛙はその他に、東京へ研修に行くことが度々あったので、本当によく行きました。

送迎デッキは広々していて、子どもが騒いでも気兼ねしないし、何より、飛び立つ瞬間を見るのが大好きでした。


ももんがさん、今日、タニタの社員食堂のレシピ本、買ってきました☆
私たち夫婦の減量と、子ども達の健康の為♪
何から作ろうかな!楽しみです。
2011.05.23 00:15 | URL | saguchi #MMIYU.WA [edit]
フィりフョンカさん へ
両親が 住んでいた家を見たくはないね・・・そう言った時

私は 見に行きたいな・・・と 思ったのです。
幼馴染に会うように

でも そうですね
会いに行っても 行かなくても

子供のころ姉と遊んだ庭や
バッタを取った 草はら
勉強をしながら 窓から眺めた
星空や 

向かいの お寺の境内の桜

しっかり 色付きで 思い出せます
風や土の匂いも ・・・

目で見なくてもいい・・・「見えんけどおる」


追伸・・・フィりフョンカさん 飛行機が苦手って・・意外です!!
2011.05.23 05:44 | URL | えぞももんが #- [edit]
saguchiさん おはよう
saguchiさん
私は このふる里の 写真を見ると
今でも 鼻の奥がツ~~~ンと痛くなります

でも いま このふる里の家を眺めに行ったら
少し 寂しい気持ちになるのでしょうね・・・きっと

私が たまに 帰りたいのは
あの頃の あの家 なのかもしれません

だから こんどふる里に行くときは
「帰る」ではなく 「訪れる」ですね

今を 大切にしょう・・・そんな感じにならなくては・・ね。

追伸・・・・saguchiさん 「タニタの社員食堂」!!昨日 私は 大豆のドライカレー
創りました。おすすめです!!
2011.05.23 05:52 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する