プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2011/11/08 08:36 えぞももんが

プチ 旅行。


いつも聞いている ラジオ番組で
手紙の募集があり それに 便りを出しました。

そうしたら 1泊2日の登別温泉 宿泊券を
プレゼントしていただき 日曜、月曜日の2日間 主人と小さな旅行をして来ました。


せっかくなので 朝早く出て
函館で 寮生活をしている 長男の様子も見てこよう!ということになり
少しハードな 旅。



大学祭が行われていた 長男の通う大学

小さな講堂でライブイベント 
P1130305.jpg
長男は 東京スカパラダイスのコピーバンドのボーカルをしていました。

歌っていたのは
銀河と迷路 (CCCD)銀河と迷路 (CCCD)
(2003/02/05)
東京スカパラダイスオーケストラ

商品詳細を見る


こんな風に 楽しんでいるのだな・・・。


長男には「じゃあね」と合図を送って別れ 寮へ・・・。
初めて 見た寮は 小ざっぱりしていて
生活感もたっぷりあり 「あ・あ・・ここで 暮しているのだね」



管理人さんに 「よろしくお願いします」と頭を下げてきました。


函館で人気のラッキーピエロという
ハンバーガー屋さんの一番人気の商品を注文
P1130293.jpg
そうか・・・このハンバーガーにお世話になっているのだな ・・・・。


ひとつ ひとつ 長男の生活を 確認している 夫婦。


札幌で あれや これや気をもんでいたことが
すーーっと 引いていく気がしました。

後は 登別温泉の 赤おにに 「こちらですよ」と 案内されて
P1130319.jpg
揚げ膳据えぜんの時間
乳白色の お湯に癒され

「いいもの見せてもらった」と 同じ言葉を オウムのように繰り返し 
帰ってきました。


子供を育てるということは
10のうち8の 苦悩があっても
2の嬉しいことがあれば 満足させてくれるものだね・・・そんなことも 語り合いました。



さあ また 今日から いつもの生活 頑張れます。
思いがけない 楽しい時間を ありがとう 





               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村   
 


 
私の台所 | ホーム | 冬支度
Comment
えぞももんがさん、おはようございます

大人の遠足!やね。

お兄ちゃんの住まいも
生活も垣間見れて

心も身体も骨休め。

いい秋の日でしたね。


時々、誰かから届くプレゼント!(思いがけない)
ちょっとゆっくりしたらのサイン。

温かい心になれる出来事ですねぇ!
いいことあったね、ももんがさん。
きっと言い手紙やったんやね~、ももんがさんらしい。

うん、うんと頷きながら 大学をのぞき
寮のおばさんに挨拶し、ハンバーガーを食べているご夫婦、
近くにいたら 絶対「あ!ももんがさんや!」ってわかったと思うわ。

親の安心って こんなひとつひとつの実感からやね。
子どもって 親の前では、ついポロっと愚痴るから
聞き逃せばいいものを 引っかかって気になってしまう・・・。

週末模試を受けた長女が、ダイニングで自己採点してる、
「あっ!」とか 「やばい・・・」とか 「サイテー」とか言いながら。
なんで ここでするねん!
私まで ため息ついてしまいそうになったわ・・・。
まだまだこんな日が 続きます。
良かったですね。
安心しましたね。
息子さんの日々を見れたのですね。

どんな所に住んでいるのか。友達はどんな子か。
ご飯は何を食べているのか。
目に見えない事を、色々と想像して・・・
見えないからこそ心配は募る一方。

半人前の私が偉そうに失礼ですが、上京した姉を数年前似たような心境で思っていました。

探るわけじゃないのだけど、目で見て確かめると安心しますよね。
えぞももんがさんとご主人が、一つ一つを噛み締めながら確かめ合うように、ほっとしたお姿を想像してしまいました。

子どもってこんなにも親に心配をかけてるのですね。そして、こんなにも愛してくれているのですね。

温かな気持ちになりました。
私も「ありがとう」えぞももんがさん。

今日は立冬。
けれど、最低気温が16℃もあった我が町です^^;
南国にいながら「冬もこんな温かさだったら生きていけるのにな」と、こんなにも温かいのにモコモコ靴下を履く私は、今朝主人に呟きました 笑

明日から少しずつ冷えるようなので、今日は羽毛布団を干しました。
同じ日本なのに、全く異なる冬支度ですね^^;

風邪ひかないように、ご自愛くださいね。
えぞももんがさん☆
こんんちわ*
えぞももんがさん、ラジオのリスプレ当たったのですね☆
おめでとうございます。
そして素敵なひとときを過ごされたようで何よりです。

息子さん、東京スカパラダイスのコピーバンドされてるのですねe-267
これまた素敵。

旦那様と二人で旅行。。。
遠いようで近いのかもしれません。
私たちは、まだ子供たちは小さいですけど、
きっとそのうち一緒に旅行も行けなくなるかもしれません。
あ!!と言う間に子供達は成長してしまうでしょうから。

今日は立冬ですね。
暦通りちょっぴり冬を感じる一日です。
どんなお便りをだされたのですか?
気になるう~
 
お忙しそうだなあと思っていたら
旅に出ておられたのですね。
もうすぐ記念日やって言うてはったから
これはきっと天からのプレゼント。
いつも一生懸命に生きておられるお二人に。
 
息子さんたくましくなられて
安心されたんじゃないですか。
青春・・・好きやなこの言葉
えぞももんがさん
番組の手紙募集で選ばれたのは
えぞももんがさんのお人柄がにじみ出た
文面がすばらしかったのと
神様がね ちゃんと見ていてくださって
「よくやっている よくやっている」って
これはご褒美の旅だったのね!

折も折 長男さんの学園祭と重なるなんて
(それとも 宿泊日を選べるのかな?)
長男さんのご活躍 しかと耳と目で確認されて
ご当地のハンバーガーも食べて
もう お腹も心も満腹の旅になったのですね(*^_^*)
おまけに 乳白色の温泉に浸かって
お肌もぷるぷる!

私もね ついこの間
あの時の涙・・・
あの時があったから 今があるんだなぁって
しみじみ思ったの。
あの時の涙が今感謝の涙に変わっている
一つ乗り越えると 小さなこだわりがなくなり
楽になるんだなぁ。
昨日は 一日 仕事をしながら
「あ・あ・・昨日の今頃は あの場所だった・・」

なんて どっぷり 余韻に浸っていました。
主人が運転した距離は700キロ・・。
運転免許を持っていない私は
途中 運転を変わることもできず

今回ばかりは 苦手な地図を握りしめ
しっかり カーナビ。
「やれば できるじゃないか
 これからも 本気出せ。」と主人に叱咤激励されました。

初めて通る町も多くて
いろんなところで 人々は それぞれの思いを持って 生活しているのだな・・・そんなことも
思いながらの旅でした。

寧楽さん 来週あたりから とうとう雪ですv-354
えぞももんがさん おはようございます。

楽しい時間が過ごせてよかったですね。
まっすぐ暮らす えぞももんがさんへの
ご褒美だった気がします。

そして ご長男が学生生活を楽しまれている様子を
聞かせて頂いて、
私もとても嬉しいです。

我が家も息子が二人なので
子供達の少し先の姿を思い描きながら
いつも えぞももんがさんの母としての気持ちに
(勝手に^_^;)寄り添っている私です。

函館 素敵なまちですよね。大好きです。
でも、今年も行けなかったなぁ・・
来年こそはっ!
と、すっかり気持ちは冬ごもりの体制になっています。
いよいよ来週は雪ですね。




のんさん
うちの次男と 一緒にしては 申し訳ないのだけれど・・・。
同じです i-179
土曜日にあった センター模試
「あっ!」とか 「やばい・・・」とか 
おんなじ おんなじ i-229
それを聞いてると なんだか こちまで
「やばい」って気持ちになってくるので
「声を出さずに 採点しろ!!」といいました。

でも・・・考えて見れば ちよっと可哀そうだったな・・と反省して
夜には 温かい 生姜湯を作ってあげました。

今週末も 模試だとか・・・。
ほんと・・・まだまだ こんな日が続きますねi-181
ちぃさん 今日も暖かですか?

札幌、今年は まだ初雪が降っていないのです。
いつもは10月の末あたり・・・
でも とうとう 天気予報に 雪マークが
登場してきました。
来週の月曜あたりから どうやら 雪が降りそうです


私たち夫婦は 息子2人を 心配し
それぞれの実家に行くと
義母や 私の両親は いまでも 私たちを
子供として 心配してくれます

いつまでたっても
親は親 子は子 心配は尽きないと
言うけれど これからも こうして
ハラハラしたり 嬉しく思ったりしながら
日々は積み重なって行くのですね

ちぃさんの 可愛い甥っ子くんも
みんなに見守られて すくすく大きくなっていきますね。

追伸・・・・ぐぐんと いつもの元気な ちぃさんに戻ったので よかった i-176 
私たちも 凹んだり 元気になったり そんな感じで 頑張りましょう i-260
tomo さん 子育ては とほうも長く感じられるのだけれど 子供たちは 14歳頃くらいから
親の誘いを そっけなく 断りはじめますね
(自分もそうでした・・・)

「買い物 行こう i-185
「温泉に 行こう i-185
「今日は 外で ごはん食べようか?」
小さい時は あんなに喜んだのに
不思議なくらい サラッとしはじめる

でも それが 「サミシイ」という感情ばかりでなくて
「あ・あ・・大きくなったな」なんて 少し
嬉しくもあります

追伸・・・・ tomo さん 東京スカパラダイスは
学祭限定バンドだったようです。
ちなみに 主人は 東京スカパラダイス知りませんでしたi-230
ゆるりんりんさん

ラジオ番組の手紙の募集テーマは・・・・
こっそり ・・・・、「ゼロからのスタート」でした。

あはは・・・ちょっと恥ずかしいです。i-229

今回は 大急ぎの 旅だったので
函館に 3時間ほどしかいなくて
観光名所巡りをしなかったので
今度は ゆっくりできるといいな・・・と
思いました。

長男の生活を 思う時
今度は 頭の中で 見てきた 街並みや
建物と共に 思い浮かべることができます。

もしかすると これは 少しだけ
自分の中での 安心につながっているのかもしれません。

青春!やっぱり いい響きですね。
さっき ラジオから 岡田奈々さんの
「青春の坂道」がながれてきました。
高校時代のバス通学のバスの中のこと・・・
そう言うのを 思い出しました。
わが家は 「いつか 平泉に行きたいね」とか
「四国も良いね」「長崎も 一度は行ってみたい」
そんな話で・・旅先のまえに “いつか”がつきています。

なので なかなか 実現せず
ここ数年は いろんな事があったりもして
より一層 “いつか”という 言い回しになっていました。

こんな風に プレゼントしてもらって
函館にも行くことができて
ほんとに 良い時間でした。

brownbear さん
もしかして 以前も言ったかもしれないのですが・・・

若い頃より 「頑張っていれば 必ず 道は開かれる」そう思っています
だから これからも いろんな事があると思うのですが 不安がっていたくない。

いろんな事を ひとつひとつ 必死で
越えてきての 今ですね。

小さなこだわりがなくなった私たちは
強いよね v-91
すっかり気持ちは冬ごもりの体制・・・・・

しずさん、私もです。
冬のいいところを たくさん 探す努力をして
これから来る クリスマスのあの賑やかな
街並みや ホワイトイルミネーションや
雪まつり・・・そう思うのですが
やっぱり それを上回る 「あ===冬か・・・」という気持です。
私は 車の免許を持っていないので
夏場は 自転車を飛ばす主婦なんですが

冬はめっきり 行動範囲が狭まって
ほんと、「冬ごもり」状態ですね i-229
来週月曜日 あたりから 本当に
雪ふってくるのでしょうか・・・しずさん!
頑張りましょう!!

追伸・・・しずさん 私は 姉と二人姉妹なので、
初め 男の子の子育てに かなりとまどったんですが、今はもう 男の子しか育てられないような気がしていますi-229不思議ですね。