プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/01/08 14:43 えぞももんが

フクロウの住処

「森に 梟(フクロウ)が住んでいる」と聞いていたのですが
見たことがありません。


いつか 会いに行ってみたいと思いながら
そっとしておいてあげるべきかもしれない
そういう気持ちもありました。


でも とうとう そ~~~っと そ~~~っと見に行こう
そう思い、主人と2人で
行ってきました
P1130549.jpg





スノーシュー(かんじき)が必要かとも思ったのですが
まずは 買わずに
足元を ひもでキュッとで結んで ザクザクと 雪の中を歩く。
P1130552.jpg



歩いていると 身体がホカホカして汗ばむほどです
小学校や中学のスキー授業の時
汗をかくので 背中に洗顔タオルほどの大きさのタオルを
全員 入れていました
授業が終わったら そのタオルを 首元から
す===っと 抜き取るのですが
その瞬間が とっても 気持ちが良い 

そんなことを 思い出しました。  



そして 雪の森を歩いていると
こどもの頃 好きだった童話 
「わがままな女王の命令で 雪割り草を探しに行く女の子の話」
森は生きている (岩波少年文庫)森は生きている (岩波少年文庫)
(2000/11/17)
サムイル マルシャーク

商品詳細を見る


この本を 必ず 思い浮かべます。 





ここです 正面に見える 少し雪のかかった
この木の洞です。 (静かに・・・・・・静かに・・・・・)
あ・あ・・残念ながら、いません・・・・。

P1130550.jpg
(昨日の写真)





そして、実は 今日も 行ってみました。
やっぱりいません。
P1130561.jpg
(今日の写真)


今度の休みの日に 私はまた ここに来ていそうです
梟の 迷惑にならないように 静かに 静かに・・・・。









               

               今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





蕎麦、食いに行くか? | ホーム | 流氷
Comment
この会えるかもしれないという誘惑には
さからえません。
わたしやったら見張り番みたいに
ずうっとかまくらをつくって中に入って
はりついてしまうかも・・・

読みながらメロディーが・・・
おふくろうさんよ、おふくろうさん
空を見上げりゃ~♪
実は 私も フクロウが姿を現すまで
ここにじっと 座って待ってられそう・・・
そう思いましたi-229
そのためには
使い捨てカイロを 何枚か貼って
水筒に 温かいお茶を入れて
おむすびを2個ほど 持って

ちょっとした 冬の遠足

心の中での ハミングは
おふくるさんよ i-185 おふくろさんi-184
ももんがさん、背中にタオルを入れるの、
子どもたちが小さかったときのお昼寝に していました。
なつかしい・・・。

ふくろうに会えなかったのは残念ですが
ほこらが そこに、こんな身近にあることに 感動です。
そこに ちゃんとふくろうは 寝に帰ってくるんですね。
いつか そっと会えるといいね。

「阪急電車」観てくれたのですね。
宝塚市民の今日の成人式は、あの結婚式の舞台 宝塚ホテルです。
阪神大震災で市民会館がつぶれて ずっとそこです。
小林駅・・・ そうなんです。
毎年 つばめがやってきて 貼り紙がされます。
幼い息子は よく 首を長くして見上げていました。
イズミヤは おなじみのスーパーですし、
犬を散歩させていた 白い塀の道は、うちのお寺さんの塀。(だと思う)

次女と夫は 毎日小林駅から 電車に乗って通学&通勤。
息子は 逆瀬川駅から 反対方向の電車で通学です。
うちは だいたい真ん中あたりなので
行き先によってどちらにも行けます。

ホームで線路をたどってみると、次の駅が見えそうに近い所もある
そんな短い 阪急今津線です。
わたしも ここに暮らしてもうすぐ22年です。



こんにちは
フクロウさん 雪の森で ホーホーって啼くのかしら
私も見に行きたい!
そんなときは寒さなんて吹っ飛びますよね
今度の休日に見れることを祈っていますね
良い報告待ってます(^^)
ざくざくと雪を踏む音が聞こえてきそうです。
足元を紐でぎゅっと結ぶ・・なるほど!
どのあたりまで、雪の中に足が入るのでしょう
こちらでは、降っても
スニーカーで充分歩ける程度の雪なので、
ざくざくと一度歩いてみたいです。
フクロウはどこへ行ったのでしょうね。
夜行性なので昼間はいるはずなのにね。
チュモルといっしょに月にかかる虹を見にいったまま
冒険の旅に出ているのかもね 笑

連休も終わり。
明日からまた働くぞ!
今日の休み、一日ずっといいことしてました 笑
今夜はゆっくり爆睡できそうです。
毎年 つばめがやってきて 貼り紙がされます。
幼い息子は よく 首を長くして見上げていました。
イズミヤは おなじみのスーパーですし、
犬を散歩させていた 白い塀の道は、うちのお寺さんの塀
・・・・・・。


ここのところを 聞いただけで
まるで 小林駅に降りたことがあるように
風景を思い描くことができます!

すごい・・・i-189

「阪急電車」の場面と同じ。
駅に「今年も無事に ツバメたち巣立って行きました」と貼り紙
優しい駅員さんが 花にお水を上げて
掲示板には 運動会の絵が貼ってある
イズミヤの中は どこか懐かしい 感じがして

うわ~~~思い出します。
そうですか のんさんはこの街で22年になるのですね。
なんだか じんわり来ます。

姉の結婚式が大阪であった次の日
家族みんなで 宝塚を見に行き
私の目は i-175 になりました。
確か アヤメの名前の池のある駅・・・が近くにあった。
懐かしいな~~。
そう言えば 今日は 姉の誕生日です i-179i-269
いろいろ調べてみると
3家族のフクロウが 住んでいたこともあるそうです。

今年はどうなのかな?
姿を見に訪ねる人間が多くて
「騒々しいから 引っ越そうか?」と言うことで
ほかの場所に行ってしまったのかな?
と、すこし 心配になります。

私のデジカメでは この写真の大きさが
精一杯なのですが
朗報期待していてください。
そ~~~っと そ~~~っと 通います。 
フィりフョンカさんの良い事は・・・

想像するに・・・
部屋の模様替え!!違う?

ベットはここに置いて
本棚はここ
枕元には心地よい 眠りを誘ってくれる
アロマポットが置けるように小さなテーブルを置いて
この際 部屋のカーテンも変えようか?
・・・そういうことしてなかった?

でも・・・・だんなはんの部屋の環境も
調えてあげてね i-179

私は フクロウのネグラを眺めていた
なんだか 可笑しいですね。

追伸・・・・枕元に アロマ。一度やってみたい私の小さな夢です
えぞももんがさん!
フクロウに会えるといいですね。
私も通っている尾道のうしとら神社にフクロウがいると聞いて、
いつか会いたいと思っているところなんですよ。
えぞももんがさんとフクロウつながり、なんとも嬉しい気持ちです。(^-^)(^-^)
マドレーヌさん
今、尾道の うしとら神社を検索して
なんとフクロウも 見てきました!!

うしとら神社と言う名前 「艮神社」こういう字なのですね
平安時代初期に建てられた。
気が遠くなるくらい 歴史があるんですね

石段わきの フクロウの置物
これも マドレーヌさん いつも見ているのだろうな~~

散歩した気分になりました
ありがとう!! i-176
ポッカポカ です i-189
ももんがさん、こんばんわ^^
寒い夜です…。

そちらに棲んでいるフクロウさんは、「エゾフクロウ」ですか?
画像見たんですが、眠そうな目がかわいかったe-266
(ひな達…たまらんです~!)
身近にそう云う場所があるって、いいですね!
牛久市の「自然観察の森」にもフクロウの巣があって、毎年そこに巣をかけるようです。
今年は、見に行きたいな^^
筑波山にもフクロウはいるようなので、今度ゆっくり行けるときに、探してみたいです。

そうなんです エゾフクロウです
どうやら 3家族 住んでいるらしいんです。
でもね 今は どうなんだろう?
もしかして 少なくなってしまったかも知れません。

フクロウ どうしてこんなに可愛いんだろう
あのヒナの ほやほやの毛 
たまらないです

くまはちさんの住んでいるところの
フクロウの種類は なんでしょうね

くまはちさん
今日は こちらも寒かった!!
顔が ヒリヒリするくらい寒くて 
一日を通して プラスの気温にならない
真冬日でした。陸別と言う町では -24℃だったそうです。
ダイヤモンドダストが見られたそうです

そちらも寒いのですね
暖かくして お過ごしください v-365