緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

卒業アルバム

3月1日。

昨日は次男の高校の卒業式でした。

卒業式は とても あっさりと終わって
拍子抜けかな・・・と思いつつ

夜 主人と卒業アルバムを見ながら
なぜか 少し無口になりました

たくさんの生徒の中から 宝探しのように
次男の姿をさがし
「あ、いい顔している」と思いホッとする。


高校生活は 次男にとって どんな時間だったのだろうか。

幼稚園 小学校 中学校
学校行事や 少年団 役員の仕事で 
父母の出番はけっこう多くあって よく学校に行きました。

そこで 息子たちの様子を見ながら
学校での様子をだいたい 把握できました。

高校ともなると ほとんど学校に行く機会もなく
本人もめったに 口にしない

ただ たまに耳にした ひとりごとや
少なくない タメイキの数

天びんばかりに
楽しい事と  辛いこと 重さを計ってみる必要もなく
楽しい事ばかりではなかったと察しがつきます

これからますます
親の力は借りられない年になる

でも まずは 卒業おめでとう。



今日は 久しぶりに 「かもめ食堂」を見ました。


サチエさんとミドリさんの会話

「・・・でも ずっと同じではいられないものですよね。
  人は皆 変わって行くものですから」


「いい感じに変わって行くと良いですね」


「大丈夫。 たぶん」





              今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                      ↓
                   にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


明日は 3月3日 桃の節句

母の作った 吊るし雛
今日で 全員集合です
P1130743.jpg
作   実家の母



食べるものに苦労せず
P1130740.jpg   P1130754.jpg   P1130745.jpg   P1130748.jpg
作    実家の母   



お花のように ほほ笑んで
P1130747.jpg   P1130744.jpg    P1130742.jpg
作    実家の母



いつも 気持を まあるく 毬のように   暮せると いいですね 
P1130749.jpg   P1130750.jpg    P1130751.jpg   P1130752.jpg    P1130753.jpg
作     実家の母







   


Comment

そうでしたか・・・
卒業式だったんですね、
おめでとうございます!
ほんまにおめでとうございます!

えぞももんがさんとこも
あまり語らないタイプなのですね。
うちもそうで、
全くといっていいほど高校時代は
ものを言ってくれませんでした。
その彼が久しぶりに口をきいてくれたのが
学校から三くだり半を突きつけられた時です。
「君のことはどこの学校にも推薦できない」
そう言われました。センター試験の三日前です。
推薦でどこかの学校へ行くつもりにしていた彼は
崖から突き落とされたような気分になっていました。
なのに、優しい言葉が出ませんでした。
わたしが苦しめられたように学校も手をやいていたんだなって
よくわかっちゃったから。でた言葉が
「こんなに自分が嫌われてるなんて
夢にも思っていなかったんでしょ?
大人が仕返しをするなんて思ってもいなかったんっでしょ?
自分に限ってどうにかなるって甘くみてたんでしょ?」
彼はうなずきながら嗚咽していました。
人間をなめてかかるとどうやってそれがまわり回って
自分に返ってくるのか、ようくわかったと思います。
推薦でどこかへ行くつもりにしていたので
勉強していませんでした。一からのやり直しです。
センター試験の三日前に言うなんて、
あまりにもひどいじゃないかとも思いましたが、
どんなふうに先生方が腹を立てているのかは
誰よりもわたしが一番わかるし、
親にはできないことを世間がやってくれていることも
じんじんとわかりました。
それから二浪しましたが、穏やかな人になりました。
恨まれても仕方のない生き方をしてたことが
よくわかったみたいです。
逆恨みしたらどうしようとも思いましたが、
それはなく、(そうできないくらい勝手に生きてたらしく)
のほほんとした主人が
「あの二浪がなかったら
とんでもない奴になっとったやろうなあ」というくらい、
変わりました。世間様様です。
その彼も来週卒業です。
いやがるかなあと思ったのですが
「行ってええかなあ?」とボソッと言ったら
「ええでえ」と答えが返ってきました。
世の中が彼を変えてくれたんだなあ・・・
ありがたいことです。
感謝の気持ちを持って出席してきます。
ちょっと聞いてほしかったの、ありがとう。
2012.03.02 16:10 | URL | ゆるりんりん #WVQgMvdE [edit]
No title
えぞももんがさん

次男くん、卒業おめでとうございます!

お弁当、お疲れさまでした。

ほんとにほんとに
母、お疲れさま会、やりたいねぇ!

次男くん、どんな気持ちかな?
あっさり通過点やからと
考えてるかな?!

感慨深くなるのは
親ばかりですね。

無事、卒業おめでとう。

桜、咲くともっといいなぁ。
2012.03.02 18:38 | URL | 寧楽 #- [edit]
祝!卒業
次男君、ご卒業 おめでとうございます。
ももんがさんの子育ても 最終コーナーを回りましたね。
お疲れ様。
ゴールは、子どもの自立、結婚でしょうかね・・・
わたしも まだ見ぬ世界で わかりませんが
自分がそうであったように、いつまでも 子どもは子ども
気にかかりながら 年を重ねていくのでしょうね。
ももんがさんのお母様が 気持ちを込めて作られた
飾り雛のように・・・。

わたしも、ももんがさんより1日早く
二人の卒業式を迎えました。
きっと あっさり終わるだろうと思っていた卒業式でしたが
3年生が作った短歌をちりばめながら 学校生活や
先生・両親への思いを語った答辞には 泣かされました。
(娘は 近くの生徒があまりにも号泣するので
 それが気になって 泣けなかった・・・とのこと)
小学校や中学校では 聞かなくなった
「仰げば尊し」 「蛍の光」にも じーんとなりました。
長女の式に参列した主人と 次女の式に出たわたし、
こんな式だったよ そっちもいいお式だったんやね・・・
と 語りあいました。

制服姿も見納めやなぁと 思っていたら
翌日から 後期の対策のために、制服で登校している次女です。
いつまでも 面倒見の良い あたたかい学校に感謝です。
本当の卒業は もちょっと先のようです。 
2012.03.03 00:01 | URL | のん #- [edit]
ゆるりんりんさん へ
ゆるりんりんさん

息子さんの話を聞かせてくれて ありがとう。
学校から三くだり半を突きつけられた時
ゆるりんりんさんとご主人が
「とりあえず入れる大学」を探さず
腹をくくって 息子さんに 優しい言葉をかけなかった。
勇気がいりましたね。とにかく大学を探し 進んでもらう方が
楽だものね。2年間。
私にできるかな。
でも そこが ターニングポイント。

ゆるりんりんさんの話を聞いていて
「親としてしなければならない事」考えました。
そして 親ができない勉強を 世間がさせてくれる。
これが一番 本人にとって 辛いけれど
親はしっかり 見つめるだけですね。

ゆるりんりんさん
来週 卒業式なのですね。
おめでとう。こころから おめでとうです。
息子さん  優しく たくましい 大人になれましたね。
おめでとう。
2012.03.03 07:06 | URL | えぞももんが #- [edit]
寧楽さん おはよう
よく 「人の数だけ人生がある」というけれど
つくづくそう思います。

寧楽さんのところでも
娘さんと 息子さん達それぞれの 思いがあり
これから始まって行く 道があって

ゆるりんりんさんのところでも
息子さんが 歩いてきた道があり
これから 先の新しい方向がある

時折 ふと 他のお宅の息子さんや娘さん達が
順風満帆 天真爛漫 のびのび人生を謳歌しているように
見えてしまう時があります

うちの息子たちは けっこう つまずいたり 転んだり・・と
思ってしまう
でも そんなことはない みんなだるまさんのように
頑張ってる

いつか 梅も桜も 花は咲くなり v-252
ですね。 
2012.03.03 07:16 | URL | えぞももんが #- [edit]
のんさん おめでとう!
のんさん

不思議ですね。
話を聞いていて ふと 一緒に子育てしてきた気になってしまった。

夜 主人とアルバムを見ながら
小学校の頃から一緒だった子たちを さがしあて
「え~~こんなに大きくなった!」とか
「道ですれ違っても分からないね」と、話しました。
少年団でサッカーを共にした子
毎日のように遊びに来ていた子

ほんの一瞬 戻ってみたくなりました
でも もう 「同じように子育てしなさい」と言われても
無理・・・。それぐらい 頑張った気もしています。

のんさん
「卒業」という区切りは 親の為にある気がしますね
延々と続いていくと思うと 途中で止まってしまいそうです。

卒業おめでとう!!
来週の今ごろには 進むべき道が 決まっている。
もう1年であっても まずは「おめでとう」です。
2012.03.03 07:29 | URL | えぞももんが #- [edit]
No title
コメント下さってましたね。ありがとうございました。

改めて、次男さんのご卒業、おめでとうございます。

高校に入るまでは、卒業なんて出来るのは当たり前!と思っていた私です。

震災に遭った子たちもですが、家庭的環境や突然の病、ちょっとしたネジ外れ・・・等、思いもしない
色々な出来事で、学校に行けない・卒業が難しい子もいる。

実体験を踏まえてと言うのが何とも苦々しいですが、「卒業」がってこんなにも素晴らしいことなんですね。

「人間、平等に出来ている」・・・苦楽を沢山経験されたベニシアさんが仰ってました。

苦悩ばかりじゃないです。その分 楽しいこと・嬉しいこともいっぱい^^♪

人生、一生、修行ですね!^^!

次男くんの将来が、どうか輝かしいものでありますように☆

ご卒業、おめでとうございます。
2012.03.03 19:04 | URL | ちぃ #- [edit]
おめでとうございます^^
ももんがさん、次男くん、ご卒業おめでとうございます^^
新たなスタートに向け、ひと休み期間ですね。

息子の学校の先輩お母さんから、「3年間はあっという間だよ」
という声を聞きますが、普通高校もそうですか?
自分が学生の時に感じる時間と、ハハの時間の感覚は、ものさしの
「1センチ」単位が違ってくるのかな…。
最近、そんな事を感じます。

うちの息子、インフルでしたが…。
タミフルも大丈夫だったし、熱も下がって、月曜日は学校に行けそうです^^
でも、来週中は念のため「マスク登校」です。
私も軽く「風邪」だったみたいで…。
火曜日以来「マスク星人」^^;
木・金と重だるい感じだったけど、今はだるさがなくなりました^^
喉がいがらっぽい感じのみ。

それにしても…。
マスクって…。
慣れちゃえば、便利っすね…い・ろ・い・ろと^^
2012.03.03 19:18 | URL | #- [edit]
ごめんなさい…
↑今さっき送信したコメント、名前、入っていましたか?
「くまはち」です!

何か、入力し忘れてた気がして…。
万が一、入ってなかったら…ゴメンナサイ^^;
2012.03.03 19:22 | URL | くまはち #- [edit]
あのときがあったから
えぞももんがさん
次男さんのご卒業おめでとうございます(*^_^*)
楽しいことも 苦しいこともあってこその高校時代
家庭と学校にしっかり守られてきた3年間でした。
そこから抜けて 一人で立つ日はやっぱり誇らしいものですね♪

私は息子の卒業式を昨日のことのように思い出します。 
大学が決まっている友だちと
発表待ちの友だち 予備校選び中の友だちと
その中で 一人何をしたらいいのかわからない息子はいて
友だちと楽しそうに談笑している横顔を私は不安な気持ちで見ていたんだった。
謝恩会でもね 先生やおかあさんたち
ほぼ6年間一緒に過ごした方々ですから それは楽しい時間でしたが
やっぱりね うちの子はどうなるんだろうか・・・
そういう心配がむくむくと大きくなったのも事実でした。

心配はその通りで 寝太郎で長い間過ごし
音楽と演劇と美術にしか興味を示さなかったその間
もうね まぁいいさ いつかどうにかなるさ 
と開き直るしかなかった私でした。

そして この1年 寝太郎から目覚めてがんばって、
春から 希望の所に通えることになりました。

息子自身が寝太郎時代を振り返って
「あのときがあったから今の自分があると思える」と。
それが一番嬉しい私です(*^。^*)

若い人は 伸びゆく人・・・
何の変化もないように見えてきっとエネルギーを蓄えているんですね!
2012.03.04 10:40 | URL | brownbear #- [edit]
No title
こんにちは

次男さん、卒業おめでとうございます
中学までは親が学校と関わることが多いですが
高校は 子供から手が離れた気持ちになったのを覚えています
息子は高校時代
「お母さん、高校はばら色だよ」と言っていました
それは、中学時代があまりにも規則が多く
先生方も気難しい方が多かったからだと思います
学校は先生によって子供の気持ちまで変わるんだと思いました
楽しい高校時代を過ごした息子
結婚式に高校の先生や友達をお招きした位ですから
いかに 高校時代が素晴らしいものだったかがわかりました
2012.03.04 12:33 | URL | ううたん #- [edit]
ちぃさん コメントありがとう
そちらは もう春の花が咲いていますか?
梅 タンポポ スミレ 菜の花
どの花を見ても 元気が出る 嬉しくなる花ですね

今日の午前中見たテレビ
俳優の宇梶さんと スポーツライターで「五体不満足」の乙武さんが
出ていて 学校の話 親ができることの話をしていました

学校は 子どもがいろんな思いを経験して
それを克服する力を学ぶ場所
少なくとも 辛い事を すべて先生や父母が取り除いては
いけない・・・と言っていました

じっと見守ることは 大変だけれど
強さを たくましさを息子たちには 身につけてもらいたいです

ちぃさん とっても忙しそうで 楽しそうで!
見ていて 私まで 嬉しくなりますv-441
2012.03.04 16:35 | URL | えぞももんが #- [edit]
くまはちさん ありがとう!
くまはちさん

息子さんのインフルエンザ よくなってよかった!
それに くまはちさんも うつらず済んだんですね。

私 この冬 知りました!
マスクは 寒い日に有効です。
すごく寒い日 ほっぺたが ヒリヒリ痛いほどなんですが
この冬 マスクを使ったんです
すごく 暖かでした。なぜ今まで気がつかなかったんだろう・・・です。

くまはちさん 高校3年間
いま思えば あっという間でした
でも いつも 過ぎてしまえば 「あっと言う間」と言う気持ちに
なるんですね
その時間は やっぱり 一日一日いろいろあって
決して 短くはないですね
嫌なことほど 忘れてしまえる・・・人って よくできている i-239です。
2012.03.04 16:43 | URL | えぞももんが #- [edit]
こんばんは
ここに来て、みなさんのコメントを読ませてもらいました。
負けてない・・私も。
「へ?負けてないって?」と思うでしょう?
そうですよ、私の親としての修業もみなさんに負けないくらい
厳しいものでしたから。
とても言葉になどできません。
あんな思いはもう二度とイヤです。
けれど、あれがなかったらやっぱりこれもなかった。
今は、そう思えますが あの頃はこの私でも
なにをどうすればいいのか、どんなふうに灯りを探せばいいのか
真っ暗闇とはこのことかの毎日でした。
けれどあんなに家族全員で必死になったことはないくらい
とことんやれるだけのことをしました。
どん底の人の書く字って、見たことある?
私は息子の手紙に泣きました。
そのどん底から這い上がってくる人の字・・
それにはうれし泣きしました。
なにがどうなってうれし泣きできるかわからない。

ももんがさん、次男君卒業おめでとう!
なんだか、今夜はいろいろ思い出してしまいました。
たまには、思い出して立ち止まる夜も良いものですね
2012.03.04 21:11 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
brownbear さん こんばんは
brownbearさん

きっと 今まで過ごした頑張りの分
ゆっくり 味わって 心地よく過ごした
週末だったのではないでしょうか
そう思うだけで 私までなんだか 嬉しくなります

不思議なもので 10代・・・20代・・・30代より
頑張って時間を積み重ねていれば
きっと いつか 結果が出る
そう思うようになりました

3年間 「側で見守りました」と 言葉にすれば
簡単ですが brownbear さん 長い時間
本当によく 頑張りましたね
いつもそばで 盛り上げて 愉しい空間を作って
美味しいご飯を作って
いろんな 神様がちゃんと見ていてくれたのだと
そう思います

この春 楽しんでくださいね
梅も 桜も v-252
 
2012.03.04 21:30 | URL | えぞももんが #- [edit]
ううたんさん こんばんは
本当ですね

小学校 中学校、よく学校に通いました。
少年団の活動と PTAの役員がかさなって
数えると1週間に7回学校に行っていたことがありました
その頃は 目が回るほど忙しかったのですが
今思えば 愉しい日々

ううたんさん
息子さんの高校時代は 本当に愉しかったのですね
そう言う話を聞くと 親は自分のことのように嬉しいですね

信州は 梅 咲いていますか?
今年は 寒かったので 梅も咲くのが遅れているのでしょうか

いつか 私も落ち着いたら 信州を旅してみたいと思いますi-178
2012.03.04 21:40 | URL | えぞももんが #- [edit]
フィりフョンカさん こんばんは
今夜は 一人の時間 ゆっくりできていますか?

静かな夜ですね。

“ 「へ?負けてないって?」と思うでしょう?・・・・ ”
フィりフョンカさん
私は 絶対思わない。
どんなことがあっても 思わない。
知っています。フィりフョンカさんの 不屈の頑張りを。

きっと 仕事に行く前なのでNHKのカーネーション
見ていないと思うのですが
たまに 主人公の糸子がフィりフョンカさんに思える時があります

どんなに辛くても 立ち上がる
前を見る
厳しい事を言ったりもするけれど
苦しんでる友を 親を子どもを 愛おしい人を
必ず 何としても助ける強さを持つ

だから 私は

フィりフョンカさんも みんなと負けないくらい
それ以上に 母だった。
そう思います。間違いなしです。
2012.03.04 21:53 | URL | えぞももんが #- [edit]
No title
えぞももんがさん
おはようございます。
そして次男君のご卒業おめでとうございます。
私は、今子育て真っ最中で、まだまだ先の話のような気もしますが、
そういう風に思う時はあっという間に来るのでしょうね。
いろんな意味で先を行く、
えぞももんがさんのこれからの息子さんとの関係、生き方を愉しみに
私も頑張ります。
2012.03.05 08:01 | URL | tomo #- [edit]
tomoさん こんにちは
tomoさん

次男は 少しの時間 のんびり過ごしています
大っ嫌いな 部屋の掃除をし
山積みになった 模試の問題用紙や
本を すっかり片付けて

ずいぶん 小ざっぱりしました。

入学 卒業 成人式
こういう節目の区切りは
親や本人にとって 空気の入れ替えみたいな気がします
窓を大きく開けて すっきりしたような気がします
後は ケセラセラ・・・と 割り切りたいところです
tomoさん
参考になるかどうかわからないけれど 頑張ります!!
2012.03.05 16:56 | URL | えぞももんが #- [edit]
卒業おめでとうございます!
えぞももんがさん、おはようございます!
次男くん、卒業だったんですね。
おめでとうございまーす。
えぞさん、お疲れ様でした。
愛情たっぷりのお弁当、つかず離れずで見守る気持ち、
表に見えなくても、次男くんを支える大きな力になっていたことでしょう。

私も、思います。
子ども達、学校は楽しいばかりじゃないし、人づきあいも結構気を使って大変。
学業よりそういう面が大変だったろうと想像します。
うちもお兄は何も言わない人なので、口出さず見守るしかなくて・・・。

次男くん、えぞさんの新しいスタートにエールを送ります~♪
2012.03.06 07:53 | URL | みき♪ #QMnOeBKU [edit]
みきさん♪ ありがとう!
みきさん
こちらもようやく すこしづつ雪が解け始めました

今年は そちらも ずいぶん寒い日や
雪の日が多かったようですね

実は 今日 合格発表の日でした。
残念ながら 予備校生が決定です。

家に帰ってきて
「腹が痛い・・・」と言う次男
彼なりに 気を貼っていたのだと思います
口を出さずに 見守る。
頑張ります i-229


追伸・・・・みきさん  お兄ちゃんの結婚式 すこしづつ
近づいていますね!!
2012.03.06 16:32 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する