緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

ただいるだけで

春は 草木の芽も出て 賑やかで あわただしくて ざわざわするのですが
どことなく 寂しくなったりします


今月号の 暮しの手帖に 木内 昇さんの 随筆が載っていました。

「ただいるだけで」

抜粋ですが・・・・


「絆」が一人歩きして一元的な善となる反面、孤独が必要以上に遠ざけられる風潮は残念に思う。
個を生きる上で、思いを周囲と共有できないこともあれば、状況的に孤立することもあるだろう。
それは当り前の、誰にでも起こりうることなのだ。
ただ一人で在るとき、たとえ遠くにでも思いだして心温まる存在があるとすれば、
それが歩みを支える糧になるのではないか、そんな風にも思うのだ




息子たちのことをあれこれ心配している自分に 疲れる時がある
親子の場合も  夫婦の場合も   家族以外の人とも


人とのかかわりは 難しく、 難しいと「煩わしい」と言う気持ちが
セットになってやってくるけれど

間違いなく 支えにもなる



「たとえ遠くにでも思いだして
  それが歩みを支える糧になる」

息子達にとって そう言う親でありたい。
どこかの誰かの そう言う人であれたら こんなに嬉しいことは無いと思う。





種をパラパラっと蒔いた イタリアンパセリが 窓辺で
騒がしく ニョキ ニョキと出てきました。
P1130804.jpg




こちらは 以前住んでいた 神奈川の登戸のサクラ
IMG_2835.jpg
友が送ってくれました。満開だそうです。











                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                        にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

Comment

No title
えぞももんがさん

遠くにはなれていても
支えることってできるんですよね。

孤独がいけないみたいなこと
耳にします。

人間、生まれるときも
命の灯が消えるときも一人や…

ただ周りに誰かがいるか
いないだけのことと思いますが

桜、週末、見ごろかな?!
明日、次男の入学式に行ってくるね!
2012.04.06 10:34 | URL | 寧楽 #- [edit]
No title
こんにちは
人と人との繋がりは 付かず離れずが 理想だと聞いた事があります
あまりに好き過ぎて 近寄りすぎるのは 駄目みたい
遠くに住む家族でも 遠くで支える・・・それがベストでしょうね
2012.04.06 18:16 | URL | ううたん #- [edit]
人はひとりぼっち でも・・・
ひとりぼっちを知ってる人だけが
絆を持てるんですよね。
2012.04.06 19:26 | URL | ゆるりんりん #- [edit]
寧楽さん 今日はいい天気ですか?
入学式ですね。

サクラの頃に 入学式。
次男さん 今日からスタート
新しい制服と 新しい生活
どんなことが待っているのか 親としては
ワクワクの方が大きいですね

新しい制服で式に 入場してくる姿を見て
涙か出たのを覚えています

生まれてきてくれてから たくさんの喜びを
与えてくれたこと 忘れそうになった時
あの感動の 一つ一つを
もう一度 思い出さないと ダメですね・・・反省。
2012.04.07 08:54 | URL | えぞももんが #- [edit]
ううたんさん おはようございます
ふと 私の子育てが 間違っていたのだろうか・・・
いまさらながら そんな風に弱気になってしまうことが
あります

考えても もう一度やり直しのきかないことは
前へ 進むしかないのですが
何度も 何度も 振り返ってタメイキをつく・・・

これは いけませんね

親子も 人とのかかわりも
個が強く 寄りかかり過ぎず
バランスの取れは 暮し・・・とても難しく感じる時があるんです  
2012.04.07 08:59 | URL | えぞももんが #- [edit]
ゆるりんりんさん へ
ことしの春は いつもより遅いせいか
少し弱気になっています

子育て・・・難しいと
改めて思う日です。

昔で言えば もうすっかり 成人
どうか 強い人になって欲しい。
それが一番の希望です。

ゆるりんりんさん
今朝は 雪が少し積もっていました
でも 少しずつ 気温が上がってきました

さあ 元気出さなくては
愚痴になりました ごめんね。
2012.04.07 09:02 | URL | えぞももんが #- [edit]
変化の春に
えぞももんがさん
大人も子どもも(昔は大人と呼ばれた人も)
急な変化になかなかついて行けませんね。
選んで入ったところが
どうも 違っていたような
自分に合わないような・・・
そんな気が誰でも多かれ少なかれするようで
桜の美しさは 心細さを連れてもくるようです。

そんなときは「ふんばる」だけ。
時々休むと「ふんばる」ことができます。
いつも力を入れないことが
コツかもしれません。

大事な人のちょっとした変化に不安になりますが
親も「ふんばる」
もちろん休みながら(*^_^*)
2012.04.08 08:10 | URL | brownbear #- [edit]
brownbear さんへ
そちらの桜は 満開になった頃ですか?

ソメイヨシノの桜色は どうしてあんなに
優しい色なんでしょうかね?

brownbear さん 新しい環境での仕事はどうですか?
そう 休みながら ふんばりましょう。

「選んで入ったところが
どうも 違っていたような
自分に合わないような・・・
そんな気が誰でも多かれ少なかれするようで 」

この言葉を聞いて ホッとしています。
そうですよね 誰にでも そう言う気持ちがある。
そう思いながらも 進んで行く。
一緒に 悩むのでなく 見守る。
親は親で やるべきことがあるので そこでふんばる
そう思っています。

電車に乗ると 新人さんと分かる 人々に会います。
学生さんだったり 新入社員だったり。
帰りの電車では うたた寝の新人さん。
チオビタをそっと手渡ししたくなります。
2012.04.08 15:27 | URL | えぞももんが #- [edit]
さくら
ももんがさん、こちらは あっという間に桜が七分咲き、八分咲きです。
今日の晴れの一日と 明日の雨で これまたあっという間に散りそう・・・。

昨日は、京都の友達に誘われて 賀茂川べりを花見しながら散策、
下賀茂神社をお参りし、糺(ただす)の森を散歩して 春を満喫してきました。
北海道に桜が咲くのは まだまだ先でしょうが
確実に 桜前線は向かっています。  楽しみですね。

春は 新しいことが始まる季節だけれど、
心躍るばかりではなく なんとなくものさびしい季節でもあります。
芽吹く頃は、病も起きやすいと 昔から言われているようですが・・・
私も 2年前の春は 朝目覚めると憂鬱でゆうつつで 
これはどうしたことかと 自分を持て余していました。
ふと気付き、花粉症のために飲んでいる薬をかえてもらったら よくなりましたが
心の風邪といわれるものって こんな感じなんだろうなと身にしみた覚えがあります。

今も じっと家にこもっていると、(家が好きな私でも)
なんだかうつうつしてくることがあります。
よしっと 歩きにでかけます。
ももんがさんのように 近くに素敵な森はありませんが、
昨日の京都のように どこを歩いても様になるようなところもありませんが
とにかく 体を動かすと すっとしますよね。
今使っている携帯に ウオーキングカウンターがついていて
昨日は、16557歩歩いていました。
これで、消費カロリーは397kcal、しかし 燃焼した脂肪は28g!
お茶屋さんでみたらし団子食べたから ちゃらですが (^-^)
心の中は 軽く 爽やかになったこと間違いなしです!
今日は自転車とばして でかけます。
2012.04.10 09:05 | URL | のん #- [edit]
のんさん 羨ましい!!
 賀茂川べりを花見しながら散策・・・・・v-252

あ~~~なんて いい響き i-189 
私の記憶が確かならば・・・・京都に行ったのは
高校の修学旅行の時
あれから 何年  何十年たってしまったんでしょうか i-201
私は女子高生から おばさんに変わってしまったけれど
京都はきっと あの頃のままかな・・・。
また 行ってみたいです。

のんさん
札幌で桜の花が咲き始めるのは 5月上旬なんですよ。
北こぶし 桃 チュ―リップ スイセン
一気に咲き始めます。桜はソメイヨシノではなくエゾヤマザクラと言って少し濃いピンク色です
その頃には 藻岩山に登れるかな?
藻岩山の登山道には、たくさんのお地蔵さんがたっていて
毎年 一番初めに登る時は 一体 一体に 挨拶しながら
登っていきます。

のんさん 「心の風邪」の話
とても 興味深く聞きました。なんだか 少しホッとしています。
感謝。
人間だもの 風邪をひいたり 膝をすりむいたり
そんなことを 繰り返しながら歩いて行くんですね。  
2012.04.10 22:28 | URL | えぞももんが #- [edit]
騒がしく・・
一人でいるのが大好きです。
だけど、それは一人じゃないから・・です。
いつだって、誰かに支えられているという安心感。
子供たちも、きっとそういうふうに親を支えにしてタクマシク
成長できると信じています。

傍にいると、近すぎて間違うこともある。
ついつい、「いつでも・・」の気持ちで
今言うべき事を後回しにしてしまう。
または、その逆に
言わずにいた方がいいことを言ってしまう。

イタリアンパセリ、騒がしく楽しそう!
だけどほら、こんなに細くて弱っちくても
みんなひとりで立ち上がっている。
手を出して、支えてもらわなくても
ガヤガヤ賑やかな中にいて、ぐっと伸びていくのですね。

2012.04.20 22:36 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
フィりフョンカさん おはよう
今日は 日曜日。
コメントの返事が こんなに遅くなってしまってごめんなさい e-466

この イタリアンパセリ
母が言うには 「植えかえ」と言うのをした方がいいらしいんです。
また 違う場所(土)に 植え変える。
そうしたら 一度は 弱ってしまうのだけれど
「自分で何とかするぞ!!」と苗は思って
根を張り 新しいところで 栄養をとって大きく
丈夫になるそうです。

フィりフョンカさん 凄い話でしょ?
人と同じ。若いころに戻って その時 聞きたかった。
そう 息子たちに聞かせたい!!でも きっと
私がそうだったように こういう話は気に止めないんですね若者は。

だから 聞くべきは 私。親ですね。
「そうか!!  人も“植え変え”で強くなる!!」
肝に銘じる 親です。 
2012.04.22 07:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する