プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/11/28 11:39 えぞももんが

ストーブに思う。


雪の季節の始まりは

10月の下旬から11月の上旬
たいてい この頃 初雪が降ります

そのあと 驚くほど暖かい 小春日和の日があって
降った雪が溶けて また土の色を見ることができ  

そうかと思うと またグッと気温が下がって雪が降る

そんなことを数回繰り返して
11月の下旬か12月上旬 とうとう 降った雪が解けなくなり
雪は少しずつ 積もっていきます
これを 根雪と呼んでいます。

昨日 北海道は大荒れの天気 ・・・・凄い吹雪でした。
もう 根雪になるのかなぁ・・・そう思います。

温泉で有名な登別方面では まだ停電が続いているようです。

わたしの記憶の中の一番古いストーブは 薪ストーブ。
薪の燃える音は 心地よく ストーブの周りは顔がかゆくなるほど
暖かなのですが 少し離れると とっても寒かったのを覚えています

そして 次が石炭ストーブ。
石炭をためておく小屋は 外にあって
寒い中 石炭を取りに行くのは それだけでも大変でした。
これは 子供たちの係り。
冷え込んだ朝 まずストーブの中の灰をきれいにしなければならないのも
ひと仕事です。

今は ほとんどの家が 石油・ガス・電気のストーブで
スイッチ一つで 部屋が 家全体が 暖まります。
でも 石油ストーブでもガスストーブでも 電源は電気なので
停電してしまうと 暖房が入りません。
いまも停電が続いている方面の方は どうやって暖をとっているのか
心配になります。

病院も外来は休診  役所はコンピューターが使えないので業務が出来ない・・・
そう ニュースで放送されていました。

ほんの数十年で 電気がなければ 機能しない生活になってしまったのだと
少し 恐ろしくもありました。

もし電気が供給されない日があっても 暮せる生活。
充分ではくなても、 「満足」と言うところまで行かなくても
ほどほどに生活できることでいいのではないか
  
そうするために 一般家庭で できることは なんだろう

少々の不便は目をつぶる
便利ばかりを求めない・・・そう言うことだろうか。

そんなこと思いながらも こうしてパソコンのまえにいるわたしも
たっくさんの政治家さんと同じように どこか 矛盾している・・・・。

今日は そんなこと 思います。




P1000179.jpg
ストーブの石炭をかき混ぜる デレッキという 棒は・・・・叱られる時
威力を発揮しました。





                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

小さなお店 | ホーム | 姉のこと
Comment
ももんがさん、こんばんわ^^
一段と寒さが厳しく、とうとう
ファンヒーターを付け始めました。


吹雪のニュースを観て、
ももんがさん達のこと、心配してました。
札幌と函館は、被害はなかったですか?

今年いっぱいは、暮らしを脅かす天災が多かったなと思います。
西の洪水なんかもそうですし、私の住む県でも、つくばで竜巻被害があった。
ここにきて、北海道もか…と思いました。


こんな状況でも、選挙に躍起になっている政治家の皆さんって
何だろ…。
アメリカとは、大違い。
いつも、テレビ見て
「ばっかでねえの…」
あっちがくっつき、こっちが離れて…。
こんなの、みんなバラバラにしてガラガラポンの方が
話早いじゃん…と思います。



被害に遭っている所、
早く復旧するといいですね…。


ももんがさん、
雪、くれぐれもお気を付けて!
えぞももんがさん

寒く冷たい
白銀の世界になりつつ
あるんですね。

北海道、停電のニュース
心配です。

ほんまに電気にたよる
生活やねぇ。

石炭ストーブ、はじめてみたように
おもいます。


えぞももんがさん、
私が双子って言わんかったかなぁ。

ちなみに私の母の兄弟にも
双子がいたそう。

昔のことに栄養状態やなんかが
悪くて亡くなったようやけど。


だから3代続いてるんかな(笑)
昨日の夜は 雨が降っていました
今日は また これから天気が荒れると・・

コロコロ変わる天気や
いままで経験のない強風
やっぱり 少しずつ
環境が変わっているのかなぁと
みんなで話しています

まだ 7000件ほどの家が停電のようです
暖房がないと きっと 大変だとおもいます

いざという時 小型のポータブル石油ストーブが
あった方がいいかなぁ・・・と話しています。

むかしはお風呂を炊くのも蒔きか石炭
大仕事でした 「最新式」「便利」「早い」
そう言うことを求め過ぎた 私たちにも
責任があるのかも・・・「階段を下りてみる勇気が必要」
そんなことを だれか・・言っていました。

くまはちさん 心配ありがとう!
今朝は 静かな朝です 
きのう 暮しの手帖を 電車の中で読んでいたら
料理家の高山なおみさんも 双子のお兄さんがいると書いてありました

“兄と私は双子ですが、正反対のその性格は
大人になったとて そう変わりません。”
とありました。

寧楽さんのお話と かさなって 面白く読みました。

そう言えば のんさんのところも i-185
きっと 普通の姉妹より 気持のつながりは
強いかもしれませんね i-189

寧楽さん 11月も今日を入れて 2日。
焦らず 焦らず・・・自分に言い聞かせてますi-229
えぞももんがさん、わたしもニュースを見ながら
子ども達と心配していました。
「ストーブもつかへんねぇ・・・」と言うと 「???」
「だって、電源の電気ないやん。 昔ながらの灯油ストーブはつくけどね。」
「そうなんや・・・」「知らんかった・・・」

今や我が家も 電気が来なければ、暖房はアウトです。
高校生の頃まで 実家の暖房は、灯油ストーブでした。
消すと臭くて いやだったなぁ。
でも、ストーブの上でしゅんしゅんお湯が沸いて
その風景は好きでした。

もう 復旧したでしょうか。
早く温かい部屋で休んでもらいたいと 心から思います。

*えぞももんがさん、私も以前に寧楽さんに教えてもらってびっくりしました。
 でも、案外いらっしゃるんですよ。 双子さん。
 うちの双子が習っていたピアノの先生は 三つ子のお母さんでした!
今 ラジオを聞きながら パソコンの前に座っています。

陽が昇る 少し前のこの時間
一番気温が下がる気がします
ジ~~~ンと底冷えがしてくる・・・。
暖房は頑張ってつけていません

明日は 今季一番の冷え込みになるとか

登別の停電は まだ続いているところがあるんです
ほんとうに 冬場 電気が通らない時の 暖房の事
改めて 考えました i-201

のんさん 実家の私の部屋も
石油ストーブでした
アラジンという なんだか いま思えば シャレたストーブ
その上に ヤカンを置いて 母が作ってくれたちゃんちゃんこを着て
布団の上に寝転んで
テスト明けの夜に 好きなマンガを読み返す
あの時間が なんとも幸せ!!

そうそう 消した時に 匂いがする
少し 頭が痛くなる匂いでした
それまでもが 懐かしい・・・・。i-176


追伸・・・・のんさん うちの近くの保育園に 双子の男の子が
通っています。ついこの前まで ベビーカーに乗っていたのに
ぐんぐん 大きくなって 今では しっかり お兄ちゃん。
それまでの お母さんやお父さんの頑張りが ここまで大きくしたのだなぁ・・・と いつも 感動して見ています。
さっき、関東では地震があったようです。
テレビをつけないので、素早く情報を知ることができませんが
それでも、どこからともなくそういうことを教えてもらえて
あれやこれやと思っていたところ、
今さっき、ダンナはんが
「北海道、また停電してる」と言う。
この季節の天気や自然に、右往左往するばかりです。
ももんがさんのところは、大丈夫ですか?
関東に住む娘はなにも言ってこないのできっと大丈夫。
そう思って、よけいな心配はしないでいます。

ももんがさん、やっと大断舎利を終えました。
処分したものの一つに「こたつ布団」が。
ずいぶん長くお世話になって、ようやくさようならと言いました。
新しい布団は買わないで、湯たんぽを使っています。
今年はこたつなしです。
これが思った以上に快適。
部屋は広いし、あったかくていい気持ち。

そして、台所にエアコンをつけました。
あ~やっとこれで水仕事がラクになりました。
私は冬でも、炊事はできるだけお湯を使わないで
ゴム手袋ですから、冷えるんです。
エアコンとストーブとファンヒーター
これを上手に組み合わせて、この冬も乗り越えたいです。
しかし!まずは、着こんでできるだけ動く。

昼間は暖房なしの我が家です 笑
わたしも 今 たくさん着こんで
たくさん 穿いて パソコンの前にいます。
暖房は 家族が起きだしてくるまで 点けない。
なので 温かい 飲み物を飲みながら・・・v-273

北海道でもね 日中 部屋に陽が入ってくると
暖房をつけなくてもいいくらい暖かい。

小学校の頃 学校の暖房がまだ石炭ストーブだった頃
ストーブの上に 蒸発皿と言って 乾燥を防ぐ
大きなタライに水を入れて 乗せていました
給食の牛乳瓶をその中に入れておくと
飲む時 ホットミルクになるんです
先生が みんなの分を 入れてくれたんです。

吹雪の中 学校に行って みんなでストーブで暖まっていると
目の前の男の子の耳が 見る見る ダンボのような大きさに・・・。
登校中に凍傷になってしまったのでした。

あの頃の方が ずっと寒い冬だった気がするのは
着るものも 暖房も 画期的に技術が開発されたから
かなぁ・・・・。

追伸・・・・フィりフョンカさん 昨日 北海道もずいぶん揺れました。
そして・・・こたつ。私は 密かにあこがれます。炬燵のある風景。