プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2012/12/16 14:59 えぞももんが

以心伝心のプレゼント

友人に 贈るクリスマスプレゼントを選ぶ。
包みを開けた時

あっ!と 嬉しい気持ちになってくれると 良いんだけれどなぁ・・・と
あれこれ 迷って 考える

今月号に載っていた 毛糸で作る
バックが とても可愛くて 
これを クリスマスプレゼントにしょう!
・・・・・・母に頼んで ・・・・・・・・

先週出来上がりました 

後は 包んで渡すだけ・・・と思っていたら

その 友から クリスマスのプレゼントが届きました。

なんと 可愛い 毛糸のバックが出てきて

「あ!!」と 思って 嬉しくなった 

同じことを 考えていた!

以心伝心

母に作ってもらった 毛糸のバックは 私が使うことにして
この 嬉しい偶然に 少しの時間 浸っていました


手前のバックが 贈ってくれた バック
P1000211.jpg
暮しの手帖の前にあるバック 作   実家の母



アーノルド・ローベルの絵本は大好きです
絵のタッチも優しく
古いアルバムをめくっているようなそう言う気持ちになります
がまくんとかえるくんは ときに優しく たまにちょっと意地悪な
それでも 一番大切な ともだち 

がまくんと かえるくんの「クリスマス・イブ」も この時期 いつも読み返します

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)ふたりはいつも (ミセスこどもの本)
(1977/05/15)
アーノルド・ローベル

商品詳細を見る


クリスマスのばん、がまくんは
どっさり ごちそうを つくりました。
もみのきを かざりました。
「かえるくん おそいなあ。」と、いいました。
とけいを ながめました。
こわれていることを おもいだしました。
はりが うごかないのでした。




かえるくんが おそいことを心配する がまくん。
深い穴に落ちていないか 森で迷って 凍えていないか
大きなけものにおっかけられていないか・・・次々 想像します。

武器を もって かえるくんを救いに行こうとして 外に出たがまくんの前に

「やあ がまくん おそくなってごめん。 きみに あげる プレゼント つつんでいたものだから。」
かえるくんが いました。



今日も 雪がたくさん降りました。




                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






                  
お歳暮が届きました。 | ホーム | 会話 Ⅱ
Comment
そういうことあります。
同じように思ってくれてたんだ、
これを感じられることが
一番嬉しいプレゼントですよね。
どちらのバッグも優しい雰囲気でいいです。
この絵本ええよねえ。
寒い冬というのは
夏のような暑い時よりも
何かにつけて丁寧に大切に
味わえるような気がします。
寒さがゆっくりのテンポを
もたらしてくれるんかなあ。

毛糸のバッグかわいい♡♡
お母様、手作りとは思えないほどお上手ですね
お友達と以心伝心
なんだかとっても嬉しいですよね(^^♪
なんとなんとかわいいバック!

そうなんです、私もね
暮らしの手帖のあのバックに心ときめいてました。
冬の毛糸ものって、
なんでこんなに心ときめくのでしょう!

18ページの模様編みのバック!
赤い持ち手がすごくかわいい!
お母さん・・なんて器用なんだろうか・・
そのままそっくり編んでいる・・
びっくりぎょうてんです。

この間大阪中崎町にでかけましたが、
そこで吊るし雛を売っているお店がありました。
もう、ため息がでるほど可愛らしい。
しかし・・値段を見て・・あきらめる・・
ももんがさん、二万円から(から です)
それをお母さんは作れる!

追伸

だけど・・
その友達へのせっかくの「以心伝心手作りバック」を、
なぜ ももんがさんが使うのですか? 笑
それこそナイスなプレゼントなのに!
何かにつけて丁寧に大切に
味わえるような気がします。 ・・・

本当ですね
札幌は この冬 もう例年の倍の雪が降っているそうです
雪が降ると いろんな音が 雪に吸収されて
とっても静かなんです
そして 雪が積もった方が なぜか 秋の終わりのからっ風が
吹くときより 暖かく感じるんです 
静かな分 ゆっくり行動できます
料理も 煮込んだスープだったり 煮ものだったり

季節があるって いいものだなぁ・・・と、
いまさらながら 思います

追伸・・・・この本の 「そりあそび」いつも 笑えます
ゆるりんりんさん 今年も2週間ほど
今年も 〆の 時期ですね 味わいましょうi-103
ありがとうございます i-260

今月号の「暮しの手帖」に初めての人でも編める
バック・・・・が2種類載っていたんです
心ひかれる 可愛いバック
すぐ 母に頼んでしまいました。
「初めての人でも可」と書かれているのに
頼んでしまう フトドキ者です i-229

思ったより けっこう手間がかかったようで
母に感謝です
編み物 洋裁が てんでダメな私は
その苦労を知らず 簡単に出来ると思ってしまう所あるんですi-201

追伸・・・ともに贈ってもらたバックとともに この冬 活躍しそうです!
えぞももんがさん

お母さま、すごく上手ですねぇ。

同じようなモノに
心、惹かれるって
気持ちが通じてるんやね。

そのお母さまのバッグ
プレゼントにはしないんやね(笑)?!
子供の頃・・・少し ほんの少し 大きくなった時
買ってもらった ハンドバック
エナメルだったかな…デザインはすっかり忘れてしまったけれど
それを持った時の 少しくすぐったいような
照れるような でも 自分が大人に近づいた嬉しさと
いろんなものが まぜこぜになった あの気持ちを
今でも 覚えています
男の子によく間違えられた私でも
ハンドバックを持った時はワンピースでした

あの頃を思い出すような
あの毛糸のバックでしたね

フィりフョンカさん
朝7時52分発の電車に乗れば 大阪に行けるんですね
日帰りで・・・。
なんか やっぱり 日本は細長い・・・。
明日は また 雪がたくさん降りそうです

7時52分発の電車で大阪に お好み焼き
食べに行きたくなった 年末ですi-189

追伸・・・・あ・あ・・・・・このバック使ってしまったi-201
わたし・・いま パソコンの前で一人で
笑ってます
寧楽さん フィりフョンカさんにも同じ質問された
「どうして プレゼントにしないか?」

そうか・・・プレゼントにしてもよかったんだね
考えあぐねて 私が使うことにしてしまった i-229

えへへ・・・考え過ぎるところがありまして
       真面目すぎるところもありまして
       なかなかl 不器用な性格です i-229

寧楽さん 今年もクリスマス用のサンドイッチや ケーキや
そう言う日々ですね。 
えぞももんがさん、わたしも
「えっ?! えぞももんがさん、送らないの?」って 思ったので
みなさんのコメント読んで 笑ってしまいました。

「暮しの手帖」に 確かに書いてあったけど
“いやいや、初心者には 無理やろ?” と思ってたこのバッグ・・・
やっぱり お母様でも 手間がかかったんですね。
それに、思ってたよりも大きいのね。
ふたつ 大事に使って下さいね。 (^-^)

今、わたしは 娘へチュールのスカートを作っています。
クリスマスプレゼントです。
でも、1着しかできません・・・
だから、 スカート券をつけようと思っています。
きっと 1月中にはもう1着・・・できるハズ。

夕方の台所で FMから流れるクリスマスの曲を たくさん聞きました。
のんさんも そう思った?

このバック以外のものを箱に詰め
贈ってから・・・皆さんのコメントを読んで
やっぱり プレゼントにすべきだったか・・・と
かなり思いました

のんさんは今 娘さんへ チュールのスカートを
作っているのですね
 チュールのスカート・・・って もしかして
今 若い娘さんが履いている あのバレリーナのスカート
のような ホワっとした アレですか?
わたしは あのスカートを見るたびに 「若ければ 絶対はいた!!」と 羨ましく眺めています
淡いきなり色か うすいサーモンピンク!!
あ~~~羨ましいです!!

のんさん 母が作った このバック
中もちゃんと布で出来ていて そこが大変だったようです
昨日 友人たちと近くの居酒屋で 忘年会。
吹雪の中 初めて 持って行きましたi-179

追伸・・・・夕方の台所で FMから流れるクリスマスの曲を たくさん聞きました。
同じ番組をきいていたとしたら 嬉しい。
わたしは ダ・カ―ポの方のDJで懐かしいクリスマスソングを
聞いたいたんですi-103
このコメントは管理人のみ閲覧できます