緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

エッセイを読む。

本を読むのが好きです。
と,言っても 堅い本や 難しい本は 苦手で

サラサラと読める本ばかり 読んでいます。

むかしは 長編小説や 推理小説を よく読んでいたのですが
息子たちが まだ小さい頃 それらを読むのを 封印していました。

推理小説を読んでいて
どうしても 続きが読みたくなって
「一秒でも 早く寝おくれ!!」
「一秒でも長く お昼寝しておくれ!!」
 と、白雪姫にりんごを渡す魔女のように 願っていることに ・・・これはダメだと・・ 封印。
息子たちとともに 寝て起きる 生活を決断した時期がありました 


その頃 もっぱら 読んでいたのはエッセイ。
一項目が短くて 「ヨシ 今日はここで 読むのはやめよう」と
潔く 本を閉じられました。

内舘牧子、田辺聖子、大橋歩、椎名誠、さくらももこ、壇ふみ、室井滋、瀬戸内寂聴・・・・・いろいろ
図書館に行って 息子たちの本を選ぶ時 自分の本も1冊
背表紙や 装丁にひかれて 選んだものでした。


年下の 若い友人が 読み終わった文庫本をクリスマスのプレゼントに
贈ってくれました。

カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)
(2012/09/06)
小川 洋子

商品詳細を見る


小川洋子さんのラジオのお話と同じように
本の あちらこちらに 「プッ」と吹き出してしまう
笑いの種がいっぱいで
電車の中で思わず噴き出しそうになって 困ります。
きっと 向かいに座っていた 若者は 「変なおばさん・・」と、思っただろうなぁ。  


           

本文より・・・・・

かつて自分が出会った大人たちを振り返ってみると、
大人になることがどんなに困難かよくわかる。美しく書類を処理し、
たくましくボートを漕ぎ、悟りを開き、毅然と抗議し、魔法で料理が作れる人・・・。
自分はどの項目でも落第だ。一体いつになったら大人になれるのか、見当もつかない。
一生大人に憧れ続け、結局大人になれないまま死んでゆくのかもしれない。そう
考えると、人生は短い。ぐずぐずしている暇はない。せめて一生のうちに一度くらい
小川さんはなんて大人なんだろう、と思われてから死にたい。

           


わたしは この歳になっても まだまだ・・・
ぐずぐずしている 暇はない  





                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


Comment

そうやった
子どもが小さかった頃は
いつでもきりあげられて、
すぐにもどれる雑誌ばかりを読んでいました。
エッセイを読まれてたなんてすごいです。
ちゃんと本を読みだしたのは
子どもたちが小学生になったあたりだったかな。

静かな落ち着いた大人じゃなく
最後まで笑ってる大人になりたいなあ。
これは関西人だからそう思うのか、
わたしがそういう性格なのか・・・
2012.12.21 10:55 | URL | ゆるりんりん #- [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.12.21 18:14 | | # [edit]
ゆるりんりんさん おはよう
ゆるりんりんさん
息子たちが赤ちゃんの頃は特に
さくらももこさんのエッセイをよく読んでいました。

とっても ツボです
今度 図書館に行ったら 是非 パラパラっと
開いてみてね
明るい気持ちになります

最後まで笑っている大人!
これは 本当に 大人でないと
出来ないことだと思います
「そうありたい」と思う 大人 わたしも目指したい
仏頂面でいると楽しいことも 楽しくなくなる・・・。
わたしは いつも おちと突っ込みを考える
関西人のそばにいる!
これはいい考えかもi-189
2012.12.22 07:11 | URL | えぞももんが #- [edit]
子供が、小さいころは、本も封印、音楽も、絵も・・・
自分の、楽しみ、趣味を、する余裕ありませんでした。
いつも、家族の事で、いっぱい、いっぱいで。

家庭を持っている女性は、みんなでしょうけど、私には、ちょっと、苦しかったです。

でも、その分、今は、幸せです。
年をとるのも良いもんだと思います。

2012.12.24 12:37 | URL | sokonoko #- [edit]
sokonoko コメントありがとうございます
本当にそうですね

ラジオで、 もうすぐ産休に入るというDJさんが
「今のうちにしておいた方がいいことはなんですか?」と
視聴者に聞いていて
今のうちに ゆっくり過ごしてください」とメールが届いていました

子供が小さい頃は トイレに行くのも
ゆっくり行けず
お風呂に入っても 体を洗うことも
ままならなかったのを思い出します

そうそう テレビは 子供と一緒に
「おかあさんといっしょ」を見て
歌は 知らず知らず 童謡を口ずさむことが
多くなっていました

「年をとるのも良いもんだと思います。」
そう思える 幸せな 静かな時間ですね

追伸・・・・今朝の札幌は- 10で とっても寒いですi-4
2012.12.25 05:42 | URL | えぞももんが #- [edit]
こんばんは
実家の母が 今のマンションに引っ越してもう二年。
町の中心地に立つマンションなので
駅も病院も大きなスーパーも近い。
そして図書館が近いんです。

母は、私が小さい頃から外で働いていたので
本など読む暇などなかったし、
そういう姿を見たこともなかったのだけれど
今は、いつ訪ねて行っても
テーブルの上に本が積んであります。
イラストレーターの益田みりさんのエッセイなんかもある!

そしてね、
今までにない、言葉を聞くようになりました。
いろんな本を読み、
考え方がすごく柔らかくなった気がします。

私の とんでもないセリフにも
「そう思うなら、やってみるのもいいかもね」と言ったりする・・

許可が出たので 笑
やってみます。
2012.12.27 21:46 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
フィりフョンカさん 同じ。
フィりフョンカさんのお母さん
一生懸命働いて 子育てして 一生懸命働いて
ひと段落

町の真ん中に引越してきて そこで
自分の暮し方を 少しずつ見つけたのですね。
いつも テーブルの上に置かれた本の話
なんだか 嬉しいです

私の両親も 札幌の町の真ん中に
引越してきて 3年です

同じことが 嬉しいです

フィりフョンカさん
「バリのおばあさんの物語」思い出しますね
階段を上ること ドアを開けること
難儀になってきたけれど
今の自分にできることを探して暮す
パリのおばあさんのお話でした

フィりフョンカさんのお母さんも
私の両親も
少しでも 楽しいこと 見つけてくれていますね

追伸・・・・・フィりフョンカさんが お母さんからOKが出たことって
なんだろうか~~~あ・あ~~~~気になります!!
2012.12.28 14:32 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する