プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2013/01/13 14:19 えぞももんが

私も 魔法の手を 持てただろうか?


先日読んだ 絵本 “ルリユールおじさん” に載っていた 言葉


「私も 魔法の手を 持てただろうか?」

この言葉が とても印象的でした。


職人さん 大工さん 料理人 お医者さん
いろんな 魔法の手を持った人が 思い浮かびます


12月に冷蔵庫が故障して 修理してもらい
先日 今度は 洗濯機が壊れて 修理に来てもらいました
どちらも もうすぐ10年とういうところで
やっぱり 家電商品は10年で買い替えか・・・?と
うなだれました。


冷蔵庫はP社製で 洗濯機はM社製
それぞれのメーカーの 修理の方が来てくれたのですが
どちらの人も 20分もかからないうちに
故障した場所を見つけて サササッと
直してくれて 魔法のよう・・・・。
さすが プロです 


マンションの管理人さんは 一見 チャルメラのおじさんそっくりなのですが
この人も凄い
車の室内灯がつけっぱなしでバッテリーがあがってしまったわが家の車
この人もまた サササッと動けるようにしてくれた
他の住人さんは 故障した電動自転車を直してもらって
「あんた 凄い腕だよ!!ここにいるのがもったいない」と 言っていました。

それでも チャルメラのおじさんは おごることなく

「奥さん~ ツルツル路面で 転ぶんでないよ~」と 除雪機を操りながら
声かけしてくれます。


こういう人をみると ワクワクします。

実は 凄い才能を持っているけれど 見た目はごくごく普通のひと。
そう言えば そんな映画があったような・・・・
大学の清掃のアルバイトをしている少年が 実は天才的な数学の才能を持っていて
黒板に書かれた 難問を 解いてしまって 話題になる・・・

グッド・ウィル・ハンティング [DVD]グッド・ウィル・ハンティング [DVD]
(2004/11/25)
ロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る

結末は すっかり忘れてしまったけれど・・・


たとえば ビルの清掃をしている おばさんが 英語ペラペラだったり
冷蔵庫の中のものだけで 誰もが喜ぶような料理を作ってしまうとか
ポイントは その才能を 決して自慢しない 

あ・あ・・・・そう言う人に なりたい・・・・
と、成人式の前の日に もう2.5倍以上も生きてしまった
ももんがが 思ったことです


「私も 魔法の手を 持てただろうか?」
・・・持てていない・・・・。




ちよっと 武骨な 雪だるまに会いました
P1000274.jpg
札幌の大通り公園では
雪まつりの雪像作りが始まりました。



                 今日もここに 立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



スキーのこと。 | ホーム | ルリユールおじさん
Comment
えぞももんがさんは魔法の手を。
いつもの美味しそうなお弁当、
タニタをお手本にしてつくったごはん。
ここに載せてくださる暖かいお話しや写真。
全部えぞももんがさんの指先から
生み出されたものです。
持ってはりますよ魔法の手v-222
ゆるりんりんさん ありがとう

褒めてもらうと 少し 照れて
「そんなことないです・・・」と
反射的に言葉が出てしまう

これは 昭和の人間の・・・
北国育ちの 弱点でしょうか?

アメリカの人や ヨーロッパの人や南米の人のように

「うれしいわ! ありがとう!!」と言えると
きっと 自信がついて もっと力が発揮できるのかも
しれない

ゆるりんりんさん うれしい言葉をありがとう

いま ラジオから 松田聖子さんの赤いスイトピーが
流れています
流行りましたね!若い頃、ドンピシャの曲でした。

こちらは まだまだ 「春色の風」ではないけれど
一日一日 陽ざしが強くなって来たのを感じますよ。
えぞももんがさん

魔法の手!
ちゃんと持ってはる。
ゆるりんりんさんと同じ思い

お弁当のパレードがその
証拠です!

こちらも今朝は雪です。

あっという間に積もってきて
ビックリ。

今はね、ドンドン車が
通るのでとけていますが…

小さな小さな雪だるまがあちらこちらに

こんな無骨?!なのは
できないなぁ(笑)


このコメントは管理人のみ閲覧できます
今朝のニュースは 本州の雪のことが満載でしたね。
そちらも 雪が降ったのですね!!

神奈川に住んでいるころ 何回か雪が降りました
子供たちはよろこび
少し 土の混じった 茶色の雪だるまでも
嬉々としていました

今朝は もう 融けたのでしょうか?
そちらで雪が積もると
車は大変ですね 大丈夫?

もうすぐ 流氷の季節です
網走の方では 少し姿を現わしているようです

追伸・・・・寧楽さん 元気の出る言葉をありがとう
     今日も その言葉を 鞄に入れて 頑張ります!! 
小学生の頃、魔法の〇〇があるといいなぁ・・・と よく思ったものでした。

教室に魔法の蛇口があって、ひねるとジュースが出るといいなぁ・・・
運動会では、魔法の足があって せめて三位くらいになれるといいなぁ・・・
夕方 暗くなるまで遊びすぎると、魔法の時計で時間を戻せるといいなぁ・・・
今思うと 可愛いものですが、真剣そのものでした。

魔法って ありえないけれど、いつのまにか わたしたちは
魔法の手を持っているのかもしれない。
ここに書かれた ゆるりんりんさんや寧楽さんの言うとおり
えぞももんがさんは 魔法の手を持っていて、
わたしたちがここで出会ったのも その魔法のおかげ。
ゆるりんりんさんも 寧楽さんも 魔法の手を持ってはって
素敵な暮らしや 美味しいパンを生み出してはる。
周りを見回すと みんな得意なことや、素敵なセンスや 物の見方をもっていて
気づいていないかもしれないけれど それは 魔法の手。 

だから、お風呂上がりには たっぷりとクリームをすりこんで
みんな魔法の手をいたわりましょうね。 

のんさん 私もです

「奥さまは魔女」のサマンサみたいに
鼻をピクピクっと動かして魔法を使えたら
なにをしょうか? 真剣に考えました

小さい時は 空を飛びたかった
手を広げて 風に乗ってサ~~~っと

高校生になってからは
定期テストの度に
あ・あ・・・・・・明日のテスト 消えてしまえと・・・。

のんさん
そうですね。みんな もうすでに 魔法の手を持っている。
それは長い時間が知らず 知らずのうちに作ってくれたもの
日々の生活に追われて その事に気がつかなかっただけ

そう のんさんだって 娘さんに バレリーナ風のベージュのチュチュスカートを
ササッと 作る 魔法の手!

追伸・・・・・のんさん 「魔法の手を持ってはって 」・・・関西弁の この感じ  やっぱり好きですi-189  
私がこの本の中で気になった言葉は
「では まず一度本をばらばらにしよう、とじなおすために」

新しくなにかを始める時、
自分の生きてきた道のりや信念を
一度ばらばらに・・する。
ばらばらにするのは とても勇気が必要です。
ほんとうに元通りにできるという自信がなければ、
とてもできないことです。
でも、
ほんとうに大切なものを新しくしっかりと綴じ直すには
ばらばらにすることが必要なんだなァと。

そしてね、
綴じた本は、乾くまで待つんです。
長く待つこともまたムツカシイ。
けれど、
次の言葉に はっとさせられる。
「その間にすることがあるんだよ。」
「表紙の革と紙を選ばないとね」

次!を、楽しむ。
待っている時間の先にある未来への夢を持つことの楽しさ!

魔法の手は、みんながそれぞれに持っていますね。
ももんがさんの手を尊敬しています。
そして、私自身の手も。 笑
では まず一度本をばらばらにしよう、とじなおすために・・・・

手あかやシミが付いた本は
「こんなに読みたおしたんだ!」と どこか自分に力をくれる
それをバラバラにすることは
とっても 勇気がいります。 それに ちゃんともと通りになるだろうか・・と
不安にもなる

そして 歳を重ねるごとに 「待つ」ことが難しい
でも バラバラにする 勇気を持って
今までの 成功やら 実績やら プライドやらを捨てて待つ・・・。

そうしたら あんなに 素敵な表紙で
生まれ変わった、 けれど中身は愛すべき 何度も 何度も読んだ本
が これからもちゃんと読める状態になって 帰ってくる。

フィりフョンカさん この絵本は やっぱり 大人なための本ですね
フィりフョンカさんが コツコツと写している この本
いつか 「フィりフョンカのひとりごと」にチラッと
載せてくださいね。

そう言えば スヌーピーに出てくるライナスは
いつも 毛布を大事に抱えていたけれど
あの毛布を持っているかぎり たくさんの新しいことはできずにいる

きっと ライナスも いつか あの心休まる毛布を
そっと おく時があるんでしょうね。
なんだか 楽しみ i-189

フィりフョンカさん ちょっと 疲れているけれど 元気です。