プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2013/02/23 22:02 えぞももんが

食べるということ

入院中の父は
少しずつ 少しずつ 体力がつき
少しずつ 少しずつ 以前の動きに戻りつつあります。

今は リハビリで 病院の廊下を歩く練習をしています。

ICUから 4人部屋のIUC に移ることができた時
久しぶりに 口から 食事をしました。

お粥を まるで お腹をすかせた子供のように ワシワシと食べる父
「久しぶりに 食べるのだから あわてず ゆっくり食べて」と言っても
ワシワシ 食べる父

「そんなに お腹がすいていたの?」と 尋ねると

「お腹は すいてはいないけど 力をつけんとな」と言う。

早く良くなりたいという気持ちが 痛いほどでした

生きることは 食べるということから

「美味しいね」と思う気持ちが きっと 生きる 源にもなりうる。

父の姿を見ながら そう思う。

だから 私は 今日も ちゃんと ご飯を作ろう
そんなことを あの日 考えました。


父が入院してから 1ヶ月
短かった・・・ 長かった・・・ そういう時間の感覚がなかった この1ヶ月


母も 私も また少し たくましくなった気がします。



 

P1000336.jpg    P1000334.jpg   P1000331.jpg   P1000330.jpg   P1000329.jpg   P1000327.jpg   P1000323.jpg   P1000322.jpg   P1000321.jpg   P1000320.jpg   P1000319.jpg
最近  おむすびが 多いな・・・反省。








                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                           ↓
                         にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村           




  
小型ラジオ | ホーム | 大雪でした
Comment
毎日の食事。
特別にこれを意識して、作ったり食べたりしているとは言い難い。
けれど今日は朝からちょっとしたことで腹を立てました。
仕事をして気分を立て直し
家に帰って、しっかりと昼ごはんを作りました。
昨日のうちに焼いてほぐしておいた鯵の干物。
これをゴマといっしょにゆっくり乾煎りする。
ご飯に混ぜて、なんとも美味しい。
春菊のおひたし、そしてほうれん草と豆腐の味噌汁。
玉子焼きと、もやしの卵とじ、
しっかり水切りした木綿豆腐を
木のしゃもじで丸くすくって、これに
オリーブオイルと塩をかけて食べると、わぁんの旨さ。
夜はこれらの残り物と、おかゆ。
お粥は米からゆっくり炊きました。

ももんがさん、私は料理は嫌いなんだけど
このお粥を食べると、
やっぱり女に生まれてよかったなぁと思いました。
自分で自分を、
そして自分以外の誰かにも
こんな美味しいチカラを与えられるっていいものです。

お父さん、少しずつ元気になっている!
ももんがさんとお母さんも たくましくなっている!
食べもののチカラは素晴らしいですね。

追伸

お弁当、いつ見ても感心する出来栄えです!!
料理が嫌いと言いきる フィりフョンカさん

「苦手」と言わないところが 大好きです
だって 苦手じゃないから

嫌いだけど ちゃんと作る
たまに「え~~~い」と手抜きしたり
ほっぽり出す勇気も持ち合せているところが
大好きです
だって・・・やる気のない時
どうにも疲れている時
そういう時に作る ご飯は 決まって失敗の味
疲れが 倍増の味です

今日 教えてくれた フィりフョンカさんのご飯
もう もう そちらの食卓に行って
一番先に 座っていたいほど!!
あ~~~~作ってくれ~~~です。

今日は これから 2級建築士の更新の講義が
6時間 その後 テスト・・・・・・・・・・
私は 隠れ 建築士。大昔 とった資格。
これをしないと 資格が無くなるらしいんです

あ・あ・・・仕方ない・・・行くか・・・・。
おむすび たくさん作って
寝ないように 瞼の上に目玉の絵を描いて
行きます

追伸・・・・そちらは 春ですか?
それってすごいことだと思う。
食べたいと思える。
かむ力がある、飲み込む力がある。
消化できる内臓がある、
栄養を吸収できる内臓がある。
それが生きようという力になる。
食べてもいい食べものが手に入る。
体に優しいように調理してもらえる。
食べ物を口にはこべる腕力がある…
どこまでも続くエネルギーの流れやね。

お弁当美味しそう!


えぞももんがさん

試験はどうでしたか?

そして
お父さま、少しずつ元気に
なられていて
よかったです!

食べることは大切。
でもいつも、いつも
きちんとはなかなかできへん。

適当なときもある(笑)

材料のそろってないとき
ちょっと凹む(笑)

考えて工夫するんやけど
その工夫から
美味しいものが生まれるときも
あるけど…

えぞももんがさん
こちらも寒いけど梅が咲き始めました
ほんと!
そうなんですよね。
食べたものがそのまま生きる力・源となる。
私もそれだからこそ、なるべく無農薬で手作りのものにこだわります。
美味しいかどうかは?ですが^^;

えぞももんがさんのオニギリ、おいしそう!
「頑張ってね」や「大丈夫」など思いが詰まっているからかな?

お父様、少しずつ少しずつ回復されて、早くお家に帰れる日が来ると良いですね☆
ももんがさん、
ここにお邪魔して、思わず
「あァ…みかん類をわしわし食べたい~~!!」
…あ、「ニ○シン」してる訳じゃないっすよ^^;
今日は、とにかく、いろいろ、気持ちがクサクサして…。
ここの、たくさんのオレンジさんを拝みたい気分です。

どんな時にも、食べなきゃ…。
食べる事はもとより、調理する事…。
それも、「ブレイクスル―」(突破する…ということ)のきっかけだったりもするんだよなァ…。


お父様、よかったです^^
その意気、その意気…ですね。
ももんがさんも、体調崩されたのですね。
ゆっくり、お休み、できましたか?

2月ももう少しで終わり!?
早いですね^^;
この時期、来年度の事も、ちょっとずつ、足を突っ込んでいます。
「次への覚悟」…。
すごく、上手くなった…気が…しないでもないです。
「強くなる」って、こういう事…ですね^^;
えぞももんがさん、こんにちは。お父様、ご自分で食べることができるまで回復されたということで一安心です。

多くの生き物が本来食べるという行為のために、一日の大半を費やしているのに、現代の人間はいつの間にか食べることをおろそかにして、余暇をどう楽しむかということばかりに目がいってるような気がします。
食べるということはどういうことなのか、家畜の命や自然の恵みの有り難さを、一人一人が真剣に考えたら、世の中のいろんなことが変わるような気がします。
そうなんです ゆるりんりんさん

普段 普通にしている食事
それが どれほど 凄いことか
かむ 消化する 吸収する
エネルギーになる
病院にいると それを 嫌と言うほど
思い知らされます。

食べのもを 自分の力で噛んで 味わうことが
幸せ・・・・できる限り そうありたい
そう思いますね

患者さんに合わせて 食事を考える
管理栄養士さんも
看護師さんなみに凄いです
梅の花が咲いたのですね

今日は こちら とてもすっきりした
晴天です
部屋の中にいると ポカポカした日差しが入ってきて 「もう春?]と 錯覚してしまいそう
でも まどを開けると 冷たい空気が入ってきて
「やっぱり 冬・・・」と
思い知らされますi-282

私の場合 時間に余裕がないと
本当に いいかげんな味になってしまいます
サササッと 美味しい ご飯を作れる人に会うと
本当に 羨ましくて ホレボレしてしまいます

いつかきっと・・・と 思いながら
作っているんだけれど
なかなか・・・です

追伸・・・・寧楽さん そちらも寒い、のですね
風邪気をつけてね    
私も術後2週間、水も飲めなかった時、一番心配したことは「このまま食欲が消えてしまったらどうしようか」でした。
なので、おも湯が出てた時、味はわからないままに必死で食べました。
それは「生きよう」という意欲からだった気がします。
お父様もその気概があれば、すぐに回復されるでしょう。
焦らず「日にち薬」に任せて下さい。

また、人間は口から入れるものだけでできています。たとえお料理が苦手でも嫌いでも、それを意識しているかどうかが大事なのですよねぇー。
ちぃさんは お元気かな?
お仕事 頑張っているかな?
そう思っていました。

そちらは もう随分 春の気配でしょうか?
こちらは 今年 ずいぶん雪の多い冬です
さっき ベランダに出たら
今夜も雪が シンシンと降っていました。

実家で畑を作っていた頃
取れたての 野菜を すぐ料理していました
それが どれほど 贅沢なことか
その頃は 気がつかず 今思い出すのは
濃い味の 野菜です

ちぃさん あなたのお料理、ケーキ
間違いなく 美味しい!!
自信を持って 作ってくださ i-189 
くまはちさん 今回の風邪は
かなり アッパーパンチを食らいました
くらっています・・・。

熱も下がり 頭痛も治まったんですが
喉、声が出ませんi-230
こんなにしっかり 風邪をひいたのは
何年ぶりかなぁ・・・と 

くまはちさん
来年度の覚悟をする
いつも 毎年 春になる少し前に
その覚悟を 心のどこかでするんですね
凄いなぁ・・・・強くなっていますね

たまに 誰かに ほんの少し
弱音を吐きたくなる時ありますね
自分の気持ちの中では 踏ん切りが
ついているし 答えも出ているけれど
ほんの少し タメイキを聞いてほしい時

ありますよ くまはちさん

追伸・・・・このオレンジのテンプレート
デザインは気に入っているのですが
文字が 読みにくくて 残念です
夕方になると 読めなくなります・・。
私も 詳しくはないのですが
今 問題になっているTPP導入で
また 私たちが口にする 野菜やお米
あらゆるものが 変わってしまいそうな気がします

本来であれば 曲がったキュウリもあれば
短い胡瓜もある
すっぱいトマトもあれば 完熟のトマトもある
それが 自然と言うものなのに
同じ味 同じ形 そういうものばかりが
店頭に並んでいる
それを求めたのは 消費者である 私たちなんだなぁ・・・と 思う時があります

食べるということはどういうことなのか
家畜の命や自然の恵みの有り難さを
みんなが 考える

今からでも そうしなければ なりませんね
きっと 少しずつ 変わっていくと
思います
どらさん そうなんです

IUCで治療を受けていた時
父は このままだと
歩けなくなったら困る
と 何度も言っていました

そして 足首の運動をしょうとしていたのです

おも湯が出てた時、味はわからないままに必死で食べた どらさんのように
「絶対に 前のように 歩けるようになる」
「食べられるようになる」そういう 意志が
主人や私や 母や 姉に 伝わってきました。

どらさん
「日にち薬」 「時薬」と言う言葉
には 優しさがありますね
ゆっくりだけれど
必ず 良い方に向かっている

そんな優しさと 力強さがある言葉ですね
食べることは 生きる力だと
初女さんもおっしゃっていました。
食べたものが 体も心も作るよね。
お父様の回復のご様子、とてもうれしく読ませてもらいました。
よかったね。  ほっとしたね、ももんがさん。

春休みに入った長女が
「予定のない日は おかずをひとつ作るわ」と言いました。
横に立ったむすめに あれこれ教えながら一緒に作る。
いつもわたしが作ってる中から 好きなメニューとか
ネットで探して来た 簡単でおいしそうなものとか。
昨日は コロコロに切った鶏肉と 斜め薄切りのセロリを
塩コショウで炒めただけやけど、おいしかった!
生きていく力 つけてもらわんとね。

えぞももんがさん、春は近付いてるけど
ほんとうに今年は寒い。
どうか あったまるもの食べてぐっすり寝て下さいね。
うちでは誰かが風邪気味だと すぐに「風邪退治鍋」を作ります。
あの ふみこさんのをね。

*今夜、台湾に行ってた次女が帰ってきます。
 台湾の飲茶、おいしかったやろうなぁ。
のんさん 私は少し ヘタレになっています・・・。
次男の受験 苦戦中。

今日は 声が出ないんですが
声が出なくて ちょうどいい感じです

でもね ちゃんと 食べなくては
ヘタレに浸っていられない。
のんさん この冬は 日本全国 寒い冬のようですね
さっき 札幌は 今年15回目の真冬日・・
そう言っていた気がします
でもね きっと 3月になると
一気に 春めいてくるはず そうなるはずです
間違いなく

のんさん 次女さん 台湾に行っていた!
屋台のご飯は美味しかったかな?
う~~~いいなあぁ・・・・。
そして ふたり並んで 食事の用意をする
のんさんの台所も
とっても 良いです!!
私だったら まず 何を伝授しょうかな?
豚丼 とり丼・・・。

今日は 旅の土産話で にぎやかな夜になりますねi-189