プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2013/06/16 16:00 えぞももんが

コロポックル

子供のころ・・・・昭和40年代
北海道の観光地は 今より ずいぶんにぎやかだった気がします

洞爺湖 阿寒 知床・・・・。
ユースホステルが各地にあって
荷物を積んだ バイクに乗った若者が 北海道中を旅していた
温泉地には 民芸品のお店が並び お客さんであふれていたのを覚えています

そのお店に必ずあった 木彫りの熊や
アイヌの神様 コロポックル

葺きの下に住んでいるといわれる コロポックルは
小学校のころ 教科書にも物語が載っていました

今 観光地はリゾート化されて すっかりオシャレになって
ユースホステルは姿を消し
バイクや自転車で旅する若者の姿も めっきり減りました

でも 私は今でも
木漏れ日が差し込む 森の中
大きくなった 葺きの葉の下に
コロポックルが 居そうな気がして そっと 眺めたりします
 
003_20130616063022.jpg








昨日は 野生のラン サイハイランを見かけました
006_20130616063031.jpg








森の花も 少しずつ 夏の花になりつつあります
オニシモツケ???・・・・・違ったら ごめんなさい 
008_20130616063048.jpg
 









エゾヤマアザミ
009_20130616063057.jpg









小さな 青々としたこの 桂の木の赤ちゃんも
秋には 甘い いい香りがするのだろうなぁ
007_20130616063040.jpg









                 
                  今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓                            
                      にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 

 
爽やかな日に・・・。 | ホーム | 初夏の始まり
Comment
こんばんは~。
ご無沙汰しています。

コロポックルの出てきそうな森の写真、いいですね!
いつも素敵な写真をありがとう!
忙しい日常、自然と触れ合う機会は庭の草取りぐらいしかないので、こちらのブログの写真で癒されます。

コロポックルといえば「誰も知らない小さな国」ですね。
子供の頃読んで、自分の子供にも、読み聞かせしました。
懐かしいです。
コロボックル。
子どもの頃は白雪姫の中に出てくる小人さんたちの
親戚だと思っていました。
最近の小さなおじさんっていう存在のルーツかな。

えそももんがさん
高橋真澄さんという写真家ご存知ですか。
imageっていうCDジャケットで
わたしは知ったんですけど、
東山魁夷さんのような写真を撮られます。
えぞももんがさんの写真とよく似てるんです、
森とかお花のとらえ方が。
最近この方が北海道出身で、
地元の写真を取られてることを知り
それで似ているんだと納得しました。
一度彼の世界をのぞいてみてください、
似てるから (^_-)
冬の白一色の世界もすてきですが、
初夏も華やかでいい!
牛くんの母さん!!
お久しぶりです お元気ですか?
コメント嬉しいです

少しの間 ブログを休んでいました
今も ずいぶん ゆっくりのペースで進めています・・・i-179

私の故郷は 道北の小さな町なので
周りは 山と川と田んぼと畑
コロポックルが安心して住める場所です
そこで いつも コロポックルのことを 思い浮かべて暮らしていました。
小学校のころ読んだお話…すっかり題名も忘れてしまっていたので
 「誰も知らない小さな国」!図書館から 借りてきてこの夏読みます!
ありがとう


追伸…・いま 「絵本作家のアトリエ」を読んでいます
あ・あ・・・こうして あの絵本ができたのか~と思うことが多くて面白いです
牛くんの母さん もう読んでいたら ごめんなさい v-436
ゆるりんりんさん おはよう!!

教えてもらって 今 高橋真澄さんのところに
飛んで行ってきました
ありがとう!!
上富良野町に住んでいる方なのですね
あ~~今の時期 これからが 一年で一番 にぎやかな季節の
上富良野!! ふらっと 行きたくなりました (ダジャレになってる 汗)

自宅の一部がギャラリーになっていると書かれていました
富良野線というローカル線があって
一両編成の電車が走っているんですが
それに乗って 訪ねてみたくなりました
その沿線には 美瑛の丘もあって そこには 前田真三さんの写真館もあるんです
時間を気にせず 写真館を訪ねる旅もいいかも!!

こうして 書いていると なんだか 少し旅した気分です
ゆるりんりんさん いい時間を ありがとう i-189
えぞももんがさん

おはよう。
雨の少ない梅雨です。

それはそれで心配。


コロボックル、聞いたことあります。
森の妖精?!かなと
葉っぱの下にいる様子
絵本で見たんかなぁ~?!

主人は若い頃
バイクで旅するのが趣味だったようで

北海道も何度も巡ったそうです。
テントや簡単な食器やなんかを
積んで、温泉にはいりながらの
安旅(笑)

楽しかったと今でも時々
話します。
ももんがさん、おはようございます^^
修学旅行で北海道に行った時、お土産品の中に「二ポポ」と「ウポポ」
(…だったと思うのですが^^;)という木のお人形がありました。
この子たちも、「コロポックル」のお仲間だったのかしら?
その小さな人形がいわゆる「矯正授産品」(刑務所などで作られているもの)と知ったのはこの時でした。

ところで…。
今も「木彫りの熊」は健在なのでしょうか?
あれ、私の実家にもあったような気がします…^^;



そういえば、ももんがさん。
岩手の花巻で、クマが出没しているようです。
そちらでは、今の所、大丈夫ですか?
(いつも言うのですが^^;)
今年は、大人しくしているといいねェ、クマさん…。


今週は、何かと忙しいです!
夫が帰って来るのもあるけど、息子の宿泊学習の準備もあって…。
持ち物に名前書いたりしなければなりません。
夫の部屋は、本当にもう少し…。
今日中にスパートかけたいです。

…でも、日常は大切にして。
慌て過ぎないように、慌ててます…^^;
そうです、昔は四国でも よく見かけました。
自転車で旅をする青年達。
今は もっとスマートに旅をするのでしょうね。
熱いのは あまり歓迎されない・・・ご時世でしょうか。

子どもたちが小さい頃、それこそ阿寒湖にも一泊し
お土産屋さんを見て回り、アイヌの方の踊りを見せてもらいました。
そう、これとそっくりの大きなふきの下で撮った娘たちの写真、
阿寒湖の資料館(?)を見た帰りの 元気に歩く1歳の息子の写真、
あ~~~、なつかしいなぁ。
北海道は広くて 次の目的地に着くまで
車の中で疲れるまで歌ったり、おやつを食べたり、お昼寝をしたり・・・。
次に来るときは 道北に行きたいなぁと言っていたのに
その機会は なかなか来ません。
でも、希望は捨てません!

長女は また今年も行くかもと言っていました。
そのかばんの中にもぐりこみたい・・・ のんです。

*ももんがさん、PCおかしんやろか・・・
  2枚目の写真は、エゾハルゼミの脱皮の姿です。
  記念塔は・・・ キタキツネは・・・ 見つけられない。

北海道、何度か旅したことあります。
そのどれをとっても、サイコウの旅でした。
雄大な自然の中で
こんなに空って広いんだなァと思いました。
私はいま函館に行きたいんです 笑
どうして急にそんな気になったのかって?
はるばる来たぜって言ってみたいから 笑

私は ももんがさんのこの写真を見ると
アリエッティーを探したくなります。
「床下の小人たち」 この本、大すきなんです。
ジブリの映画にもなったけれど、私はやっぱり本が好き。

ゆるりんりんさんのおすすめの写真家さん、
私も検索してみてきました!
あ~~ほんとうにいい写真です!
言葉はいらない、北海道!
寧楽さん おはよう 元気ですか?
いろんなことが 少しずつ 前に進んでいるでしょうか?
進んでいますように i-265

昨日も暑かった?
大阪に住む姉も 「どうなっているのか この暑さは?」と
言っています

から梅雨? それとも これから梅雨なのでしょうか?
梅雨はいやだけれど 降る時に 降らなければ
やっぱり困りますね

寧楽さんも 小さい頃 歌いませんでしたか?

森の木かげで どんじゃらほい
しゃんしゃん手拍子 足拍子
たいこたたいて 笛吹いて
今夜はお祭り 夢の国
小人さんがそろって にぎやかに
あほういほういよ どんじゃらほい  v-341

この曲の題名は 「森の小人」
昔から みんな 森の中では 想像力が膨らんだんですねきっと v-352



追伸・・・・私が 男だったら・・・いや・・・・まだ 若かったら
夏休みは 自転車に荷物をくくりつけて 旅したいな ぁ~i-228
くまはちさん

くまはちさんのおかげで アイヌ語をちょっと勉強してみました

あのね
二ポポは 木で作られた小さなもの(人)という意味だそうです
ウポポは 歌
そして 私が アイヌの神様だと思っていたのは
葺きの下に住む 小さな人なのだそうです

こうして知っていくと 面白い!

くまはちさん 丸山動物園には アイヌ語の名前の動物がたくさんいて
可愛い名前が付いています

木彫りのくま、店の片隅に 今でも見かけるのですが
めっきり少なくなってしまいました
その代わり とってもおしゃれな アイヌ柄の装飾品が並び
それは それで いい感じです 

追伸…・ご主人が帰ってくるのは 今週なのですね
そうか ラストスパート。あれこれ忙しくしているのですね
そう でもね どうか 何時も通りも大切に i-261 
のんさん 想像してみてください

十勝の方に 大人の背丈ほどになる
ラワン葺という葺きがあるんです
いつか のんさんの 北海道旅行が実現した時
二人で ラワン葺の下に立って 写真をとりましょう
もちろん ズームはいけません i-201

小人のように 引いて…引いて…表情がわからないくらい…引きで撮りましょう
そのあと
六花亭の「六花の森」を見に行って
そこから びゅ~~んと 飛んで (どう飛ぶ???)
美瑛の丘で ゆっくり 景色を眺め ラベンダー色のソフトクリームを食べ
富良野では 二ングルテラスをみて 森の時計という 喫茶店に入って
静かな 止まったような時間を過ごします
そして 風のガーデンを見に行く

あ~~~なんだか 無性に 旅をしたくなりました

長女さん 今年も 北海道!!
是非是非 いらっしゃ~~~~い!!


追伸・・・・のんさん そうなんです。パソコンがおかしいのではなく
ブログの細かな編集をすっかり忘れてしまって i-201
かなり苦戦しています。写真が 次々に 消えていく・・・怪奇現象
自分のせいなんですが・・・。
そうか …そうですよね…キタキツネ 見えない
よ~~~し 今度 もっと接近して 写真撮ってきますね!!
頑張ります v-91 
えぞももんがさん、こんにちは♪
コロポックルですか。昔子供の頃そんな名前の漫画がありましたね。
実際そんな伝説がある土地の森を眺めると、本当にそんな小人が
いそうな錯覚になりそうです。(^^)

こうして見ると森の雰囲気が少しこちらとは違うような。。
もっともあまり森の中に入ったことはありませんが、
この時期、動物達の姿も見かけるようになったのでしょうね。
鹿やイノシシも出てきますか?
フィリフョンカさん!! 函館!!

さっき 私は のんさんを 帯広・富良野方面に 
独断と偏見で ご案内しました
今度は フィリフョンカさんを 函館に!

さあ まず 「はぁ~~るばる来たぜ 函館ぇ~~~v-341」と歌いながら
北島三郎記念館に入って3Dのサブちゃんと デュエットしましょう
私は 「まつり」を歌います!

五島軒にいって カレーを食べて
ラッキーピエロに行って ハンバーガーを食べて

五稜郭タワーに登って 土方歳三に会いましょう

あ~~~言葉はいらない 北海道!
いい キャッチフレーズです
待ってるよ~~~って行ったら
もう 明日には 函館空港に フィリフョンカさんが
立っていそうな気がする v-356


追伸・・・・昨日 次男が 大学で転倒して 骨折・・・・・あ・あ・あ・・・・・。
yoyoさん

実は 北海道にはイノシシがいないんです
野生の日本ざるも きっと 東北が北限で北海道では見かけないんです

最近 森を歩いて見かけたのが
アオダイショウと呼ばれる 蛇と
キタキツネ。

エゾリス ヤチネズミなども会います
昨年は 念願の フクロウに会えて 感激でした

きっと もっといろんな 小動物がすんでいるのだろうな
そして・・・・コロポックルも i-179

さっき 「ダイエットしなければならない猫さんたちの 真ん丸な背中を見て
プッとふき出しました。

追伸…・あす 仕事がお休みなので 急なことがなければ・・・
冷やしても美味しいトマトソースにチャレンジしたいと思います!
北海道も トマトの季節になってきました。
えぞももんがさん おはようございます。

寒いですね~
寒がりな私はストーブをつけたい気分です。

コロポックルですか・・
苦笑いされるのを覚悟で言いますと、ワタシ、子供の頃から
今でも 『いるんじゃない?』 って思ってます^^;

普通にその辺に・・あぁ、でも 札幌の街中は住みにくそう・・・。

そんな話を子供としたくなって『だれも知らない小さな国』を
図書館に予約しました。
最新版は貸し出し中になっていたので順番待ちです。

ココで ももんがさんや皆さんが紹介された本を借りて読むのが楽しいです。
また教えてくださいね。

週末あたりからお天気も良くなりそうですね。
気持ち良い季節をもう少し楽しめそうでよかった(*^_^*)

二男君の骨折・・驚かれたでしょう・・
どうぞお大事になさってくださいv-22
しずさん おはよう!!

朝 起きて 空模様にかかわらず 窓を全開して部屋に新鮮な空気を入れるんですが
今朝も・・・・・うっ さむっi-201
今日は 夏至 早いですね!!
今日から また 日が少しずつ短くなってしまう・・・
ついこの前まで 冬だったのに・・・
もう 冬に向かってるなんて・・・

あ!!いかん いかん 
もっと ポジティブシンキングですね

コロポックル・・しずさん ここで ちょっとだけ怖くって ちょっとだけ不思議な話
あれは 私が中学1年のころ
野山を駆け回る 野性児だった私は その日も駆け回り
疲れて うとうと・・・
そうしたら 私の周りを誰か小さいものが走り回る音が・・・
あかない目を 無理やり開けたら
小さな人が 私をのぞきこんでいて i-282

あの小さい人は 誰なのか???
実は 金縛りなんですが
あのとき見た あの小さい人は コロポックルだと 私は思うんです i-229


追伸…・二男の 骨折。 もう もう あいた口がふさがらず 下あごが 床に付きました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(●^o^●)えぞももんがさん、コロボックルは私にとってもなんだか大切な存在。
さとうさとるさんの「コロボックル」本を読んで、
ぐわ~んと世界が広がったあの衝撃を今でも思い出します。

そういえば、去年出かけた富良野のホテル、まるでコロボックルが登場しそうな森が近くにありました。

マドレーヌさん おはようございます

6月もあっという間に 今日を入れて 3日ですね。
7月になると本格的な夏

マドレーヌさん 今年の梅雨は あまり雨が降らない・・・と
ニュースで よく耳にしますが どうでしょうか?

富良野 美瑛の丘では そろそろ ラベンダーが満開になる季節です
そうなると 私は 遠い目になって・・・
あ…旅がしたい と 思います

富良野 旭川 ちょっと飛んで 帯広
あたりの 庭めぐりをするのが 夢です
あちらこちらの森を 巡るのもいいですね
とうさとるさんが どんな姿の コロポックルをイメージしていたんだろう

7月になったら 図書館で コロボックル物語シリーズを借りようと思います
読み終わる頃には 季節が 変わっていますね

マドレーヌさん 「いくつかの水たまりを残して 梅雨が駆け抜けてしまえば v-341」 暑い夏 夏の尾道を 楽しみにしています i-189