プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/01/28 21:07 えぞももんが

大好きなもの


父の入院生活が1年になります。

今は自分で 歩くことができなくなってしまいましたが
ずっと 点滴だったのが ここ2週間ほどで自分で食事ができるようになりました。

口からご飯を食べられることが
力になると思うので
本当にうれしい。

そんな父が 自力でベットから降りようとして転倒したと連絡があり・・・
今日 慌てて 病院へ

幸い 軽い打撲程度で 元気でした。

私 「お父さん 自分で ベットから降りようとしたんだって?」

父 「どうして知ってる?」

私 「風のうわさで聞いたよ。 危ないからね 看護士さんの言うこと聞いてね」


その後 ゆっくり 父のそばにいて いろんな話をしました。
長男が就活で 頑張っていること。
次男が大学の定期テストが試験が終わって そろそろ春休みになること。


父は車が大好きで いつもピカピカに磨いていました。
母はそんな様子を見て あんなに磨くと
かえって塗装がはげてしまうんじゃないかと心配するほどでした。


父 「今度な 新しい車を 買おうと思うんだ。新型のクラウンだ。
  でもな ほら もう免許を返してしまっただろ
  だから 新しい車を 運転したら 捕まってしまうと思うんだ」

私 「アハハハ~~~   ほんとだね それは困る
   車 好きだものね。
   私は とうとう 免許取らなかった」 

ゆらりゆらりと 夢と現実を 行ったり来たり
そんな会話をして

「また 来るからね」と 帰ってきました。

今日あたり、 田舎の道を ピカピカに磨いた大好きな車でドライブする そんな夢が見られるように・・・・。 




 

                 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                          ↓
                       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




ドスドス | ホーム | 日曜日の午後
Comment
ももんがさん
お父さん、何か意欲的に感じる!
何より、食べることができるって!
私まで嬉しくなります^ ^
穏やかなやり取りが手に取って見えます。

うちの夫のお父さん、最近までクルマを使っていました。
90近い人です。
もう、免許は返してしまいましたが。
毎日毎日、日記を付けている、律儀な人です。
今度は日記を見せて貰おうかって。


この位の歳の皆さんって、何か、軌道修正する力を
お持ちなのかもしれない。




そう、この前の記事で
ちょこっと私、ぶーたれました(笑)
ごめんなさい、そして、聞いてくださり、ありがと…。
ももんがさんのご主人も「ガンコちゃん」(笑)なのね!
何か仲間がいて、ちょっと嬉しい^ ^

でも、ももんがさん。
そういう時期、どうしてたの?
初女さんなんかは、そういう人に食を供した時「ほうっておく」て仰ってましたが。
大変だったのでは?


そう、でね、今日、うちの、お粥を作ってくれって言ってね。
やっぱり、佐藤初女さんが仰っていた「穀力」は偉大だね♫
「コメを侮るな〜!」(米騒動…??? 笑)
…な〜んて、「一揆」(この言葉、NHKの歴史番組でしか
聞かないし!)起こした…とか?


「めんたいぴりり」、いよいよ、関東上陸です!
ももんがさんの地域も、もうすぐかも。
何話かずつ、まとめて放送するんです、ネット遅れ局は。
本当は、関西でも「おかわり放送」して欲しい。
夏休みの昼間とか、子どもにも観て欲しいドラマです。



追伸
もし、目の前にちゃぶ台があったら…
星一徹ごっこがしたい(笑)
気持ちいいだろうな〜(笑)
…家族の事じゃ、そんな事ばっかです。
さて 米騒動の話。
くまはちさん 我が家では 「朝食にお米を食べない」
これが ぎりぎりの 私の譲歩案でした。
お米を食べないで どこから力出すんじゃ i-180・・と
常々そう思っているので
そして 内心 体調管理 体重管理は 「お酒の量」と 
強く 思っていたので
くまはちさん そうそう ちゃぶ台 ガランの心境 i-179
お酒を完全に飲まないというのは お酒大好きの主人にとっては
かなり 残念なことなので
お酒は金土日の週末にして 朝食はごはん無し・・・
長いことかかって この形になりました 

くまはちさん 私の周りには こんな昭和人間のご主人をもつ
主婦ばかり・・・。話を聞いていると もっと手強い i-282
フフフ・・・・・タメイキ だね。

くまはちさん ご主人のインフルエンザ落ち着きましたか? うつらなかった?
大事にしてね。

追伸・・・・・・めんたいぴりり アンテナはって待っています v-352
一年過ぎたのですね。
この穏やかな会話ができるようになるまで
ほんまにいくつもの山を越えられてきましたよね。
何よりもお父さんがリラックスされて良かったです。

人は年をとれば
皆穏やかになるのかなあと思っていましたが
そんなことないんです。
年齢とか育った時代とか
そういうことだけでは説明できないこと、
おそらく本人が人生で何を選んできたかで
その人の中身は作られていくんだなあ・・・
お父さんの体は少し病んだけど
心はきれいな方へきれいな方へと
人として成長を続けておられます。
そういうお年寄りがいてくださって
わたし救われています。

追伸
話しは全く変わりますが
スキージャンプの葛西選手が
飛んでる自分のことをモモンガって言うてるの知ってる?
お父様、食べらるようになられて よかった。
手術後も 早期に口から食べるようにすると回復が早いと
この間 TVで見ました。
先日 野菜の勉強会に参加しましたが、そこでも
体は食べたものでできていると 改めて強く感じました。
えぞももんがさんのスープも 再び飲んでもらえるといいね。

クラウン!  なつかしい!
うちの父は、ローレル → セドリック に乗っていました。
父の運転する車の助手席に一番座ったのは わたし。
のんびり優しい運転の仕方で、気持ちよかったなぁ。

くまはちさんとのやりとり、ニヤニヤしながら聞いてます。
うちも おんなじ!
妻のやることより、外で聞いてきた話に なんでそんなにノル?!
一番たちの悪いのが、糖質制限の食事でした。
(うちの場合ですよ。 それが必要な方もあるからね。)
なんやかんや言っても 聞かへんからね、
これはうちでは出来ないので、勝手にして下さいって感じでした。
でもね、秋に憩室炎という病気になって、
やっぱ奥さんの言う通りやなと 思ったみたいです。 (^-^)
おかず食いは直りませんが、油ものはぐっと控え
アルコールもちょっと我慢できるように。
世のご主人さま~~~、奥さんの言うこと聞かな あかんよ~!
勝手なものばかり食べたがると、病気になるよ~~~!

あ、盛り上がってしまって・・・ごめんなさい(笑)
お父様 お食事ができられるようになられて
本当に 良かったですね。

クラウンの新型に お父様が、乗れますように。
きっと乗れます!

ももんがさん 今から免許取得されませんか?
え? ダメ?

今日 お父様から とても元気を頂きました。

少し 気持ちが、後ろ向きだったので、やっと前にむきました。
ももんがさんの お父様のおかげです!





ゆるりんりんさん 

父は昨年 7回病院を替わりました
そのたびに いろいろな処置をして苦しむ姿を見ていると
何がいいのか 悪いのか 分からなくなります

気持ちも 体も 穏やかに過ごすことの困難さを痛感します。

ゆるりんりんさん 不思議です
子供が小さかった頃 町を歩いていると 他の小さな子に目が行って
今は 両親ぐらいの歳の人ばかり目につきます
そして その人の 暮らしを想像してみたりする 
いろんな表情をして みんな歩いています
高齢者観察をしている自分に気がついて はっとなります i-229

追伸・・・・・葛西選手のジャンプ!両手を羽根の様にして 手のひらを開いて飛ぶ姿 「えぞももんがみたいだ~~」と言っていたらほんとにモモンガなんですね。
なんか嬉しい!!ゆるりんりんさん 教えてくれて ありがとう!!葛西選手!ソチオリンピック 応援しています!!v-354

どいつもこいつも・・・・・・・・いや もとい・・・・・

どこのご主人も どうしてそう めんどくさいか
若い世代なら 「どうぞご勝手に それでは サヨナラ~~~」と
とっくのとうに 赤の他人になっているかも i-229

のんさん 憩室炎!! これで 一緒に語りたい。
この言葉の 前には 長い時間の暴飲暴食があり
傍にいる妻の なだめたりすかしたりして
食事をなんとか改善しょうとしている努力 タメイキ
舌打ちがあります。

せっかく 夫婦になったのだから
歳をとっても お互い 美味しいものを美味しく食べたいよね
「それがわからんか!!」
あっ i-201 ついつい 熱くなってきてしまいました

そう 主人も 憩室炎とかを経て 今ずいぶん 食事に気をつけるようになりました
(今は やたら 酢にこだわっています i-232 ) 

さあ のんさん 私たちも 美味しいものを美味しく食べられるように
頑張ろう!!
今月号の 暮らしの手帖 「甘いサンドイッチ」しゃ~~~i-175 
食べたい!!
matumotoさん 今日は30日 明日からイベントでしたね?
準備で大忙しなのではないですか?
風邪ひいてませんか?

matumotoさん 冬、とくに 寒さが一番厳しいこの時期
どうしても 気持ちが 前に進まず困ります
くるっと後ろを向いて 歩く・・・・私も そんな感じでした i-230

matumotoさん 今月号の 「暮らしの手帖」
編集長の松浦弥太郎さんが “編集の手帖”で

健全な進歩を考えますと
前に進むことだけではなく
時には少し戻ってみることも進歩のひとつではないでしょうか?
みなさんはどのようにお考えでしょうか?

って 書いています
「うん そう思います」返事がしたくなりました
進歩しているかどうか不明だけれど 進んだり 戻ったり
暮らしは そんな感じですね 
matumotoさん それで ダイジョウブですi-265
えぞももんがさん

おとうさま、穏やかな日ですか?!
そう、あってほしいなぁ。

痛みのないこと、願っています。

うちの父もずっとクラウンやった
最後はなぜかシーマという車になったけど

ももんがかあさんの
スープがまた食べることが
できたらいいねぇ!
えぞももんがさん、こんにちは!
お父様が入院されて、もう一年がたつんですね。
食事ができるようになったのは、嬉しいことですね。
退屈な入院生活での、食べる楽しみというのは大切なことだと思います。

車がお好きなんですか。私は運転するとすぐに眠くなってしまうたちだったので、運転は嫌いでした。
バイクに乗っていて、まぶたが閉じてしまうほど眠くなりました。^-^;
早く春になって、気持ちの良い外の空気を吸えるようになるといいですね。
寧楽さん おはよう

ここ最近 私は 父の食べっぷりを見て
帰ってきます

「おかずがすくない」とか
「醤油がないんだ」とか
まるで 家にいるときの様な 不満も口にするようになって
「こりゃすごい!!」と 私は 感心して帰ってきます (笑)

安定している時と 不安定な時が まるで 波のように
かわるがわるやってくるので 
“今に感謝”しています 
少しでも ものが食べられる状況になったことに 感謝
話ができるようになったことに 感謝
テレビが見られるようになったことに 感謝
です。

寧楽さん 10代後半から 20歳になりたての頃
コスモ とか セリカ とか言う車に乗っている男の人
みんな かっこよく見えなかった??違ったかな??
yoyoさん 私は自動車の免許を思っていないのですが
きっと  運転できるとしたら 間違いなく yoyoさんと同じく
運転中 うたた寝してしまいそうになると思います!
これ 間違いなしです

地下鉄でも 電車でも バスに乗っていても どんな時でも
眠ってしまいます
読みかけの本は かならず2度ほど 膝から落ち
この間は ケーキの箱を 落としてしまいました i-201

北海道の道は 空まで繋がっていそうな まっすぐな道路が多いので
ポカポカした日など 居眠り運転 かなり注意です。


追伸・・・・・点滴ではなく 口から 食事ができるようになった父は
「退屈だ」と言います。これが なかなか手ごわい 言葉です・・・。
最近、寝る前に読んでいる本があります。
これは娘が受験を終えてようやく一息ついたときに
私が娘のリクエストに応えてプレゼントしたものだそうです。
私は全然覚えてない 笑
そのころ話題になった本です。
著者はテリー・ケイ 兼武 進 訳。
「白い犬とワルツを」
娘は途中までしか読まないままに、ついに私に送ってきました。

娘がこの本を途中で読まなくなった気持ちがよくわかる。
私はこの本を今の年齢になってから手にできたことに感謝です。

年老いて一人暮らしをするようになった主人公サムと
それを心配しながらも複雑な心境の娘たちとの日々を
サムが書き綴る日記で、物語が進んでいきます。

サムと娘たち、どちらの気持ちもよくわかる。
今の私だから よくわかる・・

まだ途中ですが、毎晩寝る前のひととき
いろんなことを思いながら読んでいます。
フィリフョンカさん この本 知りませんでした。
今ね 検索して 来ました
優しい表情の大きな白い犬が表紙でした

図書館が2週間ほど 本の整理でおやすみ
その前に たくさん本をキープしました
ムーミン谷の冬・・・・ムーミンたちは一躍 脚光を浴びましたねi-189
再生・・・・・・寧楽さんお勧めの本
この世に恋して・・・・曽野綾子さんの本が読みたくなって以前予約したもの

これから 「白い犬とワルツを」を 予約します!
今の 私にも 読むべき本の様な気がします
いろんなところに 高齢者住宅や 特老の施設が
続々と建っています
4時半にはもう窓の明かりがついていたりします
「眠れなかったんだろうか?」そう思いながらその灯りを眺めます

今日はまず母のところへ行って それから一緒に父の病院へ

フィリフョンカさん 教えてくれて ありがとう。

明日は 立春
その響きだけでも 元気が出ます i-265
このコメントは管理人のみ閲覧できます