緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Entries

親も想う春。

今年も 新聞に 予備校の大学合格者の顔写真がずらっと
並ぶ 季節になりました。


早いもので もう 1年になるのだなぁ・・・と、思います。

「予備校に行って もう一度 頑張ってみたい」と言って 臨んだ受験だったのですが
受けた大学すべて失敗した 次男。
二浪はないということで 慌てて探した二次募集の大学
昨年の今時分 やっと大学が 決まって ホッとした頃でした。

高校時代から 一緒に予備校生活まで共に 頑張ってきた友人が3人。
それぞれの進路が決まり 久しぶりに 会うと言うことで 喜々として出かけて行った。

・・・の、はずが・・・その夜 次男は 青い顔をして帰ってきました。

次男以外は希望の大学に合格。

「なにか 勘違いしているかもしれないけれど
 俺たちと おまえは 住む世界が違う」 そんなことを 遠まわしに言われたらしく

自分が情けなく
そして この短い間で 何が変わってしまったのか 理解できず

次男は オイオイ 泣きました。

マンガやドラマでは 見たことがあるけれど 
本当に 人はオイオイと泣くものなのだなと
主人と私は その姿を黙って 見ていました。

ひとしきり泣いてから
「わかった わかった もう いいから」子供の頃のように
背中をポンポンとたたき。


それ以来 次男は 友人はそんなにいらない
人と深く付き合うことはしない

そんなことを どこかで考えているようでした。

無理に 友人を増やすことはない

それでも 人は 人とかかわっていくものだから
縁がある人や 物や 事や 土地 さまざまなものを
受け入れる柔らかさを 持ってほしいと そう思います。


長男も 次男も 不器用なところがある。
まわりの若者が もっと楽々と 人生を過ごしているように見えるときがある。

そんな時
息子たちが 小さかったころに戻って できれば 子育てのやり直しができたら・・・
そんなことを 思ってしまうことも あったりします。
子育ての 難しさを思う。
ごめんねと 想う。



でも きっと 今朝の新聞に載っていた 予備校の若者一人一人
それぞれの 葛藤が あったのだろうと 眺めました。
001_20140315154252ca1.jpg
 

「すんなりなるよりずっとええように私は思いますけどな」

     NHK連続テレビ小説 「ちりとてちん」 小梅さんの言葉 より




                   今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                            ↓ 
                        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

Comment

そうやったんやあ 

何かとってもつらいことを言われたんですね。
うちは二浪したので
本人もわたしも嫌味を言われ、
何となく排他的に扱われた悲しさが
少しですが想像できます。

若さってこういう残酷さを含んでいる・・・
自分が信頼し、安心しているほど
まわりは優しくはないと体験することもいっぱい。

俺たちとお前ではなく、
誰もが最後は一人なんだってこと、
その俺たちって奴らもいつか思い知ると思います。
その時に仲間のはずだった人に
自分の投げかけた言葉が
どんなふうに相手に突き刺さったのか
そのことに気づける大人になれよと
心から望みます。

息子さんは一足先に
大人になったんでしょうね。
つらい思いをしたけれど
彼は他人に対して
決して同じことを言わない人になれたんだと思います。
浪人は社会人になってから学ぶことを
少し手前で学ぶことなんだろうな。
次男さんきっと出会いを大切に育てることができます。
子どものようにもうはしゃぐことはないでしょうが、
冷静にゆっくりと、ほっこりと。


  • posted by ゆるりんりん 
  • URL 
  • 2014.03/15 18:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

そんな立場じゃござんせん! 

ももんがさん
いくら遠まわしにでも、そんな事、言えた立場じゃないんです。
言っちゃいけない事を言っちゃったんです。
この3人…。
テメェのちからだけで乗り越えたんなら、何とでもお言いなさい。
いろんな人のお力があっての合格なはずです。
そんな事を言うなんて、お里がしれてしまいます。
恥ずかしいです。傍から読む私も。
私がこの3人の親のひとりなら、そんな話を聞いたら、家から
締め出しますよ。横っ面、引っ叩いて。
次男くんに対し、「しっかり、謝れ!馬鹿もん!」
一喝してしまうかもしれない。
正直、男として、残念な奴でしかない。



ももんがさん
今のうち、いろんな経験した子の方が、
良い出会いがあります。
まだ人生、半分も生きてない…って思ったら。

マツコ・デラックスさんとミッツ・マングローブさんの
ハタチ超えてからの腐れ縁(笑)てのもある。
華大さんみたいな出会いもあるし…。

出会いばかりは、宝物探しに近い。
私も、最近、そうした出会いがあるんです。
でも、それは自分の足で掴んだもの…と思う。
次男くん、失敗を恐れないで、素敵な宝物、
見つけてくれるといいですね。

正しく、正直にやっていれば、
それが貯金になって帰ってくる…。
そう思いません?


この3人だって、受かって早々で、のぼせてた…。
そう、信じたい。
若いうちは、過ちもあるだろうから。
これから、伸びた鼻はポキポキ、折られます。

次男くんは、泥水飲んじゃったかもしれないけど
デリカシー、というものを体験したんです。
大器晩成…焦ることないんです。
何せまだ、20ウン年(笑)
鼻たれ小僧ばい!(笑)

…羨ましいわ〜(⌒-⌒; )






  • posted by くまはち 
  • URL 
  • 2014.03/15 19:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

えぞももんがさん

次男くん、辛かったねぇ。
今の気持ち、どんなに重いやろう

育てかた、まちがえたんとちがうやろぅか?
何度、思ったことか(笑)私も。

たくさんの涙を流して
ふっ切れますように。

この節が次男くんを
つよくしてくれますように。




  • posted by 寧楽 
  • URL 
  • 2014.03/15 21:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは♪ 

スマホにして、初めてコメントを置きます(*^ー^)ノ♪
なかなか、慣れません(;´д`)

この記事は、何だか泣けちゃいました。

二人の息子たちの大学受験が終わり、真っ只中に居た時には見えなかった景色が見えるようになりました。

子育てのやり直しが出来るのなら、私もやり直してみたいなぁ~とかなり本気で思います。

仕事を理由に、ほったらかしてきたけれど、ほったらかしてきたわりには、合格です。
私みたいなお母ちゃんに育てられたわりには、しっかりしてます。笑

きっと、これからもすんなりではなく、進んでいくことになっても、すんなりなるよりずっとええと思うと言える、小梅さんのようなお母ちゃんを目指します。

私は、小梅さんより、糸子さんに近いかも?(*´ω`*)

ぢゃぁ、股☆遠藤、今日も勝ちましたね\(^o^)/
  • posted by 弥生 
  • URL 
  • 2014.03/15 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ももんがさんの教えて下さった映画

めがね  阪急電車

両方借りて見たので、ももんがさんに感想を! と思い
こちらにきましたが、ご次男様 そうでしたか。。

ももんがさんと ご主人様の前で 泣かれたのですね。
私も すぐにでも抱きしめに そちらへ行きたいです!

ご次男様 親御様の前で泣ける。なんて素敵な親子関係でしょう!

その失礼なことを言ったやつら 見栄の中でしか生きられない
小さな世界の人間に育ったんだね。

ももんがさんの ご次男様は つらい経験をされたと思いますが、
これから心が強くなるために、これから出会う人は、思いやりのある人か
そうではないか の感性が、ぐっと高くなられていかれると 思います。

ちゃんと傷ついた人は、みんな優しい思慮深い人になっていると思うのです。
そして 傷ついた人を励ませることの出来る お役目もあるのではないかと。

経験値が上がって 大人の仲間入り!!

ご次男様には、きっともうすぐ素敵な お友達が出来ますよ。
そのためにも起きたこと。

映画 阪急電車に出てくる みんなも つらい事言われて されて。
でも それは、今の状況は、あなたのためになりませんよ。と見えない力で
経験させてもらったんですよね。そして、前進されました。

同じ 同じ。 ももんがさん 大丈夫!

そうそう そのみんなに でかい石を心の中で投げといたから~。

  • posted by matumoto 
  • URL 
  • 2014.03/17 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆるりんりんさん おはよう 

返事が 遅くなってしまいました。
ごめんなさい v-436

いただいたコメントを 読み返し
そうだな・・・こうして 自分で感じて 痛みを知って
大人になるしかないんだな・・・と 想いました。
“もうはしゃぐことはない” この言葉が 少し切ないです
次男は 寅さんが好きで 「ふうてん」に憧れていた時がありました
私は それを けっこう 面白くそばで見ていたのですが
すこしずつ 少しずつ そんなことからも 卒業して行きました

ゆるりんりんさん
大人になるということは 楽しいことも 
途中に置いてこなければならない。残念ですね。

一年前 オイオイと泣いた次男は 
少し 慎重な男になりました。
それが 良いのか 悪いのか わからないけれど
そうか 人の縁 大切にしてほしいと 思います。
ゆるりんりんさん ありがとう i-260
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/17 04:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

くまはちさん おはよう 

返事が遅くなって ごめんね e-466

くまはちさんの コメント 読んでいて
私への 応援メッセージになりました。
子供の経験する いろんな痛みは
親にとっては1.5倍の痛みになる気がします
息子たちが悩むごとに 親も 子育てについて悩む
だから くまはちさんがくれたメッセージは 私にくれた気がします

もう 人生半分とうに過ぎてしまったけれど
年甲斐もなく・・・・ そうだよね!!
正しく 正直にやっていれば きっと道は開けていく
そう むくむく 元気が出てきました。

くまはちさん! 新しい出会いがあった!!
なんだか 嬉しくなりました。
くまはちさん 頑張っているものね。
卒業式も終わって 役員のイベント 無事終わりましたか?
くまはちさん 春だね
今年は 時間を作って 昨年行けなかった プチ登山
必ず行こうと思います

元気をもらった 朝です ありがとう i-260
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/17 05:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

寧楽さん おはよう 

返事が遅くなって しまって ごめんね v-436

あの 小さな子供のように大泣きした春から一年です。
深いため息を 何度も 耳にし
そのたびに きっと 自分のふがいなさへのタメイキなんだろうなと
そう 思いながら その姿を見ていました。
ふと 自分の二十歳頃のことを 思いだすこともたびたび
そう言えば 私も たくさんの劣等感を抱えていた
「田舎育ちの私の話は 面白くないんじゃないか?」とか
いま思えば そんなこと 関係ないと思うようなことで
悩んでいて・・・・(笑)

寧楽さん いつも 思う
息子たちが 良い縁にめぐり合えますようにと
人であったり 仕事であったり 場所であったり
それは さまざまな出会いだけれど
それには 自分の意思が いるね
ほんと 強くなって切り開いていってほしい
なんとも 親は 慾張りです v-356

寧楽さん ありがとう i-260
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/17 05:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

弥生さん ありがとう!! 

弥生さん スマホの調子はどうですか?
わたしには 使いこなすこと きっと無理だな~~
こんど 買い換えるときも ガラケイだなぁ~~きっと

弥生さん 私は思います
あなたの あの工場長としての働きっぷりが
何十何百の どんな母としての 言葉より
しっかり 息子さん達の教えになっている!!
他の母さんにできないことをやっているから
弥生さんの 息子さん達は しっかりもんだってわかります!!
間違いない!!

息子さん そろそろ 大学生活に出発ですか?
きのう 100均で、 洗濯物干しや 台所小物やそう言った
新生活のものを買う 親子を見かけました
とっても楽しそうだった
とくに 息子さんのテンションが 上がっていて
見ている 私は 二マ二マ

弥生さん 私も 糸子さんだなぁ・・・・。
正太郎ちゃんの 「人と塗箸はいっしょや」の言葉 大好きです

追伸・・・・昨日の相撲! 大砂嵐と遠藤でしたね 大砂嵐 おしかった!
勝ったかと思った。

弥生さん 頑張ろう!!i-175  
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/17 05:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

matumoto さん ありがとう 

matumoto さん 「阪急電車」は次男と一緒に
お昼ご飯を食べながら 見たように覚えています。

昨年の春 自分の 力のなさや 意志の弱さ
世間というもは きれいごとではないということを
身を持って お灸をすえられた 次男でした。
のんびりで どこかぼんやり気味で
そんな 次男が 少し 冷めた男になりつつあることに
少し 寂しく それが 成長というものかと思いながら
「人には優しく」とついつい 口にしてしまいます

matumotoさん 今日は暖かな札幌です。
雪解けが 進みそうです

「めがね」は 出演者 映画の雰囲気 やっぱり
「かもめ食堂」を意識してしまい 初めは少し抵抗もあったんですが
なんとなく 春になると 見たくなり
それを繰り返しているうちに 「めがね」は「めがね」の味を感じます。
いつか 南の島で たそがれる自分の姿を 思いながら ぼんやりします

いつ見ても かもめ食堂 も めがね も  ご飯が美味しそうですね!!!i-175


追伸・・・・・matumoto さん 3月のイベント 一段落しましたか?
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/17 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

忘れられない言葉 

忘れられない言葉ってあります。
嬉しくてありがたくて忘れられない言葉もあるのに・・。
そういう言葉だけで 人は人生を生きられない。

世の中にこんなにたくさんの「母」がいて
その子育てに失敗や後悔や懺悔のない母は
たぶん一人もいない。

たくさんの母が たくさんのやり方で 子供を育てたというのに
そのどれもが なにかしら後悔を残す。
だから何度やり直そうがやっぱり同じ。

うちの息子は大学時代、
一人暮らしの真っ暗な部屋で どんなふうに大泣きしたのだろう・・
それを思う時、胸がぎゅっと痛みます。


  • posted by フィりフヨンカ 
  • URL 
  • 2014.03/17 11:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

言葉にすくわれる。 

また 春がめぐってきて
一年前のことを 思い出す
あの時 息子は どんな思いで ともからはっせられた言葉を
受け止めたのかを思うと、胸がちくっとする。
でも こうして いただいたコメントを
読んでいると 気持ちがスッと軽くなって
いろんな思いをして みんな 暮らしていると
今更ながら 思います

フィリフョンカさんの
たくさんの母が たくさんのやり方で 子供を育てたというのに
そのどれもが なにかしら後悔を残す。
だから何度やり直そうがやっぱり同じ。

この言葉も どんない私を 勇気づけるものか
また 同じように 「ごめんね」と
つぶやきたくなった時 私は この言葉を思い出して
”ごめんね”を 消すことができそうです
考えてみれば “ごめんね”と 思われた息子たちにも
失礼か i-179

言葉によって 傷つくこともあり 
言葉によって 救われることもある

受け取る側が それを どう 消化していくかかもしれないですね
話してみれば まったく違う意味だったということも
あるかもしれない
フィリフョンカさん 今朝も 暖かな朝です(AM4時現在の気温+1℃)
春になったなぁ・・・と思います
ありがとう i-267
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/18 05:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

えぞももんがさん、おはようございます。
息子さん、辛かったでしょうね。子供の泣く姿を見るというのも、親としては辛いと思います。
思えば、わたしは中学時代の友達が今でも一番仲が良いかもしれません。
あの頃は友情なんて考えもせずに、ただ一緒に遊んで、バカな事もやりましたが
大人になってまた会うと、知らないうちに絆のようなものができていたのだと気づかされました。
きっと、お子さんたちもこれから何年か経って、色々なことを経験したあとに再会できれば、また違った想いで話ができるのではないかと思います。

札幌も少しずつ春めいてきているのでしょうか。
今年は雪が多かったみたいですね。冬が厳しいとその分春の喜びが増しますね。^-^

  • posted by yoyo 
  • URL 
  • 2014.03/18 08:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

yoyoさん ありがとうございます 

朝 東の空が明るくなるのが 本当に明るくなりました。
日の出の時間は6時台になり
5時台初めには もうあたりが 明るくなり始めるようになりました。
今、もう ずいぶん 明るいですよ
なんだか それだけで ホッとしますね
今朝も プラスの気温です。
この間 yoyoさんのところで 空気の汚れでかすんで見える
エッフェル塔をみて ビックリしました

札幌も 数年前まで 雪解けの今ごろの季節
冬用のスパイクタイヤ(タイヤに金属の滑り止めのついたものなんですが)が
道路を削り その粉じんで 空気が汚れて大変でした
その後 タイヤの改良や 規制があって
今ではずいぶんよくなりました

私のイメージでは すっきり青空にそびえたつ きれいなエッフェル塔!
早くそうなってほしいですね!!

幼馴染・・・
yoyoさん そうかもしれません。たとえば 気まずくなった 友とも
お互い いろんなことを経験して お互いのことを
何も言わなくても 察し合えたり いたわりあえる
幼馴染って そう言うところありますね

社会人になって 仕事の大変さが身にしみた頃
また いろんなことを 帳消しにできる
そんな間柄になっていたら いいな・・・と 思います。
そう言うこと 多いですね。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/19 05:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

涙の数だけ 強くなれるよ 

そう歌った歌があります。
本当に強くなれるのか・・・
涙なんか流さない人生の方が いいんじゃないか・・・
そう思ったこともありました。
でも、やっぱり 人はつらさを乗り切ると強くなる。
人生半分以上を生きてきて そう思います。

息子は 昨日卒業式でした。
そのまま同じ敷地内の高校へ上がるので、
そんなに感動もなく・・・のはずの卒業式でしたが、
仲のよかった友達が一人 他の高校に進むことを知らされ
突然 別れの春になりました。
今日は 友達と寄せ書きした色紙を持って帰り、
周りにサッカーのシールを貼って仕上げるようです。

息子は冬に ぽろぽろ涙をこぼし、ひっくひっく しゃくりあげながら
進む道を 親に語りました。
きっと 友達も涙を流しながら 進む道を決めたに違いない。
十五の春、
それぞれの道を 胸を張って進んでいってほしいと思います。

  • posted by のん 
  • URL 
  • 2014.03/19 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

アスファルトに咲く 花のように・・・。 

のんさん 台所で 後片付けをしながら
この歌を よく鼻歌で歌います
自分を励ましたり しながら i-179 
のんさん 返事が 遅くなってしまって ごめんなさい!!

息子さん 十五の春
ご卒業おめでとう

ホントですね 涙なんか流さない人生があれば
そちらの方がどれだけいいか。
苦労知らずに過ごせたら 大らかで明るくて 柔軟性のある
人にきっとなるんだろうなぁ・・・・
でも それは ありえない人生だなぁ

そう やっぱり 人は苦労すると 強くなる
のんびりで 世間知らずの私が
ここまで生きてきて 「もうダメかもしれない」
を何度か乗り越えているうちに
眠れない日が3日続いていたのが 次には 2日になり
そして その次には 1時間ごとに目が覚めるけれど
眠ることができてる・・・・そんな風に 強くなりました。

のんさん 悪くないね。

のんさんの息子さんが ぽろぽろ涙をこぼし、ひっくひっく しゃくりあげながら 語る その背中を 私は やっぱり
「わかったよ そう決めたんだね 
 応援するから どんな時も 応援する。辛かったね」
と 言って ポンポンと 叩いてあげたくなります。

右に行く若者 左に行く若者 まっすぐ進める若者
頑張れと 思いますね。
いつかの春 私たちも その一人だったんですね のんさん。i-267

追伸・・・・・桜 もうすぐ咲きますね v-344
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.03/21 05:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター