緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

初夏の詩

“ 五月の風にのって
 英語の朗読が聞こえてくる
 裏の家の大学生の声 ”

・・・・・・・・・・・・・・・ 茨城のり子 「この失敗にもかかわらず」  より


五月中旬になると 桜の花が散り 次にライラックが咲き始めます。
札幌は 今日から大通り公園で ライラック祭りが始まりました。
ライラックは 札幌に初夏が来たことを知らせてくれる花なのですが
つぼみが膨らんでくると 決まって 肌寒くなり
この寒さを 「リラ冷え」と呼んだりします

今日は雨。
これから 気温が下がって 明日はオホーツク方面では
雪が積もるかもしれない・・・・そんな ビックリする天気予報を聞きました。


茨城のり子さんの 「この失敗にもかかわらず」の詩にライラックが出てきます
なので この季節になると 図書館で この詩を読み返したくなります。





“ この失敗にもかかわらず・・・
  この失敗にもかかわらず・・・
  そこで はたりと 沈黙がきた
  どうしたの?その先は ”




この詩は 開けられた窓から入ってくる さわやかな風や
外の騒音に交じって 遠くに聞こえる 学生さんの朗読の声や
ライラックの甘い香りが 想像できる
とくに 最後の一節が いいと思う






“ 原文は知らないが
  あとは私が続けよう
  そう
  この失敗にもかかわらず
  私もまた生きてゆかねばならない
  なぜかは知らず
  生きている以上 生きものの味方をして  ”



  
SN3L005100010001_201405161617560e1.jpg
ライラック 紫・・・・・・・花言葉・・・・・・・初恋

ライラックの花弁は普通四枚なのですが
時折 五枚の花弁をつけたものがあります。
これが ハッピーライラック 幸運だそうです 





                      今日も ここに来てくれて ありがとう
                                ↓
                          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

 

Comment

ライラック
ひょっとして
たぶんそうだろうと思っているのですが
深緑さんの名前でよってくれたの
えぞももんがさんですよねっ。
ライラックのお話しが出てきてそう思ったのですが・・・
「リラ冷え」というのがあることを
初めて知りました。
春はどこの土地でも
のらりくらり、いやのんびりと
やって来るんでしょうね。
「ハッピーライラック」も初めて知りました。
今度お花屋さんとか公園に行ったら
じ~っと見つめてしまいそう、何枚?って。
少しでも気持ちよく過ごせるようにという
前向きな工夫のあらわれなのでしょうね。
2014.05.16 19:11 | URL | ゆるりんりん #- [edit]
ゆるりんりんさん おはよう
「リラ冷え」の朝です (笑)

ゆるりんりんさん 気がついてくれてありがとう!!
最近 テンプレートを変えてから 自分のブログでも
どこが タイトルを書くところか 名前を書くところか
ウロウロして 何度も 書き直ししています 汗

ライラック、色によって花言葉が違って
白は・・・・「青春の喜び」「若き日の思い出」だそうです。

花言葉 ハッピーライラック 4葉のクローバー
夜空の星座にまつわる神話
人々は こういうものを作って
暮らしに楽しい事をたくさん置いて
そう 「工夫」してきたんですね きっと。

ゆるりんりんさん いまさらですが
いにしえ・・・・という言葉・・・・古 と書くんですね
昨日 知りました (オソッ!!) 
2014.05.17 05:56 | URL | えぞももんが #- [edit]
のり子さんと、寺山。
ももんがさん、今日もリラ冷えの朝ですか?
夕べ、こちらは何か暑くて寝苦しく、途中で起きました。
それでも、暫くしたら眠れたって、帰ってきた息子1人分、
疲れているのかな(笑)

茨木さんの詩、凛としています。
初夏の風みたいに、何かを引きずることなく、潔い。
男前な空気をはらんでいるんですよね。
案外、寺山修司さんのほうがリリカルで、女性的。
茨木さんの詩は、暮らしに根ざす詩だからかしら。
寺山さんは、お芝居の延長上感がある…。
寺山さん、詩の体裁まで拘りがあるんですよ!
過激なパフォーマンスを仕掛ける人とは思えないくらい。


また寒くなると、ぬか漬け仕込むのは大変!
いいぬか床、見つかりましたか?
私もね…実は、やっちゃったんです…。
(「殺った」…なんて…ねぇ…汗)
また、新しいの、買わなきゃ…。

2014.05.18 06:07 | URL | くまはち #- [edit]
えぞももんがさん


おはようございます

意外なことに
ライラック、この目で見たことない。

近くになかったような?!

白い花と紫色の花が好き。
どんな花でも♪

だんだん夏に近づいてますね。
どんな季節もいろんなことに
気づく人でありたいなぁ。

うちには今
いただきたものやけど
芍薬(紫とピンク)
カラー(白)があります。

嬉しい!
2014.05.18 08:05 | URL | 寧楽 #- [edit]
借りてきました♪
昨日 図書館で 茨木のり子詩集を借りてきました。
エッセイも一緒に 借りたかったんだけど、残念ながら貸出し中でした。

『この失敗にもかかわらず』
英語の原文は、どんな文章だったんやろう?

In spite of this failure かな?笑

英語は、本当に苦手です。(;´д`)

この失敗にもかかわらずという、直訳がとても胸に響きます。

沈黙の後が気になります。

この詩を読みながら、おもいっきり ゆっくり深呼吸したら、ライラックの匂いがしてきたら いいのになぁ~。

ライラックの香りは知らないが
きっと やさしい匂いに違いない。

私もまた生きてゆかねばならない
生きものの一員として 生きもののともに
生かされていることに 感謝しながら。

by 弥生♪

私は『みずうみ』という詩も好きです。

ぢゃぁ、股☆こちらはニセアカシアがご機嫌に香ってます♪
2014.05.18 15:55 | URL | 弥生 #- [edit]
くまはちさん おはよう

金曜日から昨日まで 本当に寒い北海道でした

今朝は良い天気です。 窓を開けたら 空気がひんやり
今週は 良い天気が続きそうです
そちらは もう 「暖かい」から「暑い」なんですね
春と秋は 一番 日本の長さを感じますね

寺山修二さん いまだに いろんなところで
取り上げられて いろんな方が寺山修二さんの話をする
凄い方だったんですね
トックリのセーター姿 トレンチコートを着た姿
そんな写真が思い浮かぶんですが詳しくないんです・・・。
詩も作られたんですね 今度 借りてみます!!

くまはちさん 週末 ぬか床を見つけることができませんでした
今週頑張る
そうかぁ~~~そちらの 突拍子もない暑さは
ぬか床の管理 かなり大変そうです
あせらず 無理せず まあいいかぁ~の感じで 頑張りましょう。
2014.05.19 04:56 | URL | えぞももんが #- [edit]
寧楽さん おはよう

紫とピンクの芍薬!
芍薬や牡丹の花は 本当に華やかで
この花たちを見ると 「和装の麗人だなぁ~~」と
思います
カサブランカのようなユリはドレスを着た感じ
芍薬や牡丹は和服のイメージ…があります。

そちらでは ライラックあまり見かけないんですね
寒いところが好きな 花なのかもしれませんね。
ライラックは札幌市の花になっていて
家を新築したら 市から苗木をプレゼントさると
友人から聞いたことがあります
一戸建てのおうちの庭には たいていライラックが植えられていて
丁度 今頃 花が咲き始めて 甘い香りがします

こちらでは見かけない 秋のジャスミンみたいですね

寧楽さん 日本は四季があってよかった!
草花 食べ物 いろいろ 味わいたいね
2014.05.19 05:10 | URL | えぞももんが #- [edit]
〈だいたいお母さんてものはさ
 し い ん 
 としたところがなくちゃいけないんだ)


・・・・・・・・・・・・

教養や学歴とかなんの関係もないらしい
人間の魅力とか
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

・・・・・・・・・・・・

弥生さん うんうん「みずうみ」 いい詩
いま 読み返しました。

私は 自分に喝を入れたくなるとき
茨城のり子さんの 「自分の感受性くらい」を読み返したくなります

「自分の感受性くらい
 自分で守れ
 ばかものよ」・・・・喝!! そんな感じです。

詩集はめったに借りないのですが たまに ふと読みたくなります


弥生さん! ニセアカシア!!
天ぷらにしたら 美味しいんだって!!
私は まだ 試したことがありません
こちらで花が咲くのは もう少し先
北海道神宮祭という お祭りの前ごろかな??

甘い香りがして
天ぷら 天ぷらと思いながら 眺めます
2014.05.19 05:28 | URL | えぞももんが #- [edit]
札幌の市の花は ライラックなんですね。
リラの咲く街、札幌。
あ~~~、いい感じ(^-^)
わたしの住む街は、もうおわかりでしょうが、
スミレです。

昨日 京都 嵯峨野を歩いていたら、
愛宕・野宮神社の嵯峨祭というお祭りの
神様が降りていらっしゃる日でした。
神様の前を 邪気を払いながら歩くという
大きな刀を見せてもらいました。
鉦を鳴らしながら それを運ばれる後を
地元の人とついて歩きました。
「今日は練習で、本番は来週。
 来週またみにおいで」 と言われました。
18日は神幸祭、25日は還幸祭という
紫色のポスターが貼られていました。

夏が近いなぁと思った一日でした。
2014.05.19 14:16 | URL | のん #- [edit]
のんさん おはよう

札幌の花はライラック!!と 自分で言っておきながら
急に自信が亡くなって 今、札幌市のHPで確認してきました (笑)

そうしたら・・・・
札幌市の花は スズラン
札幌市の木は ライラック
札幌市の鳥は カッコウ
ごめん! ライラックは 札幌市の木でした。木なんですね!
それと 札幌市の鳥は カッコウ らしいのですが
めったに 本当に 聞かないです カッコウの声。
カッコウの声が大好きです。「あ・あ・・・夏が来たなぁ」と思える。

のんさん さっき 「愛宕・野宮神社の嵯峨祭」と検索して
お祭り風景を見てきました
なんだか 一緒に歩いた気がします。
珍しいものも 生き物も たくさん見た ワクワクが
実感できた!!

追伸・・・・・「昨日 京都 嵯峨野を歩いていたら」という 気軽さが なんとも うっとりします。
2014.05.20 05:15 | URL | えぞももんが #- [edit]
ももんがさん、私も図書館で 
茨木のり子さんの詩集を時々借ります。
「この失敗にもかかわらず」
「汲む」
「みずうみ」
どれもみんな心に響く詩です。

だけど私が一番すきなのは、
「歳月」
亡くなったご主人を想って書いた詩集、
公表しなかったラブレターでもあるこの詩集は、
どれもこれも詩集というより
彫刻のような作品だといつも思います。

好きで好きでたまらない

それを彫刻にしたら こうなるんだろうなぁ 
2014.05.20 22:15 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
フィリフョンカさん

本はほとんど図書館で借りてきます
自分で 買うことは めったにないんですが
この間 “茨木のり子詩集” 谷川俊太郎選 を買いました

今 「歳月」を 読み返しました。

その2つ前に (存在)という詩がありました
これも 心に響きます

(存在)

あなたは もしかしたら
存在しなかったのかもしれない
あなたという形をとって 何か
素敵な気がすうっと流れただけで

わたしも ほんとうは
存在していないのかもしれない
何か在りげに
息などしてはいるけれど
ただ透明な気と気が
触れあっただけのような
それはそれでよかったような
いきものはすべてそうして消え失せてゆくような


フィリフョンカさん 今日のお茶の時間に
珈琲を飲みながら 読んで ふ~~~と
ひといきついてください。
2014.05.21 07:52 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する