プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/05/26 22:15 えぞももんが

思うこと。

天気の3カ月長期予報が出て
今年は エルニーニョ現象の影響で 北海道は冷夏かもしれない
先日 そんなちょっと残念なことを聞きました。

そのせいか ここのところ 曇りがちで 風が強く 肌寒い日が続いています。
それでも 週末になると
カヌーをつんだ車や自転車ツーリングの人々をよく見かけるようになりました。

風を切って 自転車に乗っている人とすれ違うと

一カ月ほど前に見た ドキュメンタリー番組が頭に浮かびます
9年前に起こった 福知山線の脱線事故
NHKとイギリスBBCが1年以上の時間をかけて 
事故がなぜ起こったのかを 探っていく番組でした。

そこに 大学生になったばかりの息子さんを亡くされた
お父さんが 出ていました。
長男を 赤ちゃんのころ亡くされ
二男が大学生になり ホッとした頃の事だったそうです。

9年がたち 三男の息子さんが 社会人になった。
「でも 心のどこかで ホッとしてはいけない」と いつも思う。
週末は 朝早くから 夕方まで 自転車を走らせると話されていました。
景色を見ながら 風を感じて ゆっくり走らせるのではなく
 猛スピードでペダルをこぐ。
「のんびりしてどうする!!」と自分に何かを課すように自転車を走らせると・・・。

その姿に 胸がいっぱいになりました。

悲しみの深さは 比べ物にならないけれど
「ホッとしてはいけない」と 心のどこかで自分に課す
その気持ちが 切なく わかる。

あのお父さんは この週末も 自転車を猛スピードで
走らせたのだろうか。

いつか 季節を感じながら 安心して ペダルがこげるように
なってほしい。

それぞれの人が
さまざまな気持ちを 抱えて 暮らしている。
あの日の番組を見てから
ずっと そんなことを 考えます。


P1010108.jpg



                      今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                                   ↓
                              にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村





 

初夏 | ホーム | 最近のこと。
Comment
ももんがさん
自転車だけでなく、ジョギングする方も多くなりましたね。
「走る人」の気持ち、わかります。
みんな、「ひとり脳内会議」の最中なんでしょう。

私も、栃木時代にジョギングしていた頃、ありました。
でも、あの時は、現実逃避していただけ。
ジョギングしていた時間、もっと現状に目を向けていたら、
と思うこと、あります。

今は今で、懸案事項があるわけですが…。
どれもこれも「動くのみ」ってわかっているからか、もう
現実逃避の必要がない(笑)
腹を括ったってヤツですね。

以前に比べたら、息子も自分で歩いてバス停に通えるように
なったり、留守番もできるようになった。
電話番号もうっすら(笑)できるようになってきて…。
その「一歩踏み込む」ことについて、心配がなくなって
きたのもあるかもしれないけど…。

きっと「走る人」の中には、止まった時を意識して走る…
そんな風に見つめながら、エールを送りたいなぁ…。


追伸
この場をお借りして…。
ふ〜さん、ありがとうございます!
お身体の調子、如何ですか?
季節の変わり目、お大事にお過ごしください。
娘さんにも素敵な出会いがありますように!

この福知山線は時々利用します。
妹の子どもたちのお友だちのお母さんが亡くなられました。
昔リフォームをお願いした方の息子さんの同級生
(大学生ななったばかり)が亡くなられました。
(ひょっとしたらこのお父さんの息子さんなんだろうか)
当日安否確認のメールが子どもから入りました。
なじみのある列車です。
だからあの日、たくさんの悲しみが生まれてしまったこと、
肌で感じます。
四月になると地元のニュース番組では
特別に取り上げられることがしばしばです。
命は助かったけれどリハビリが苦しくて
「あの時死んでおきたかった」と叫びながら
先生や親にしがみついている方がおられました。
救助に当たった方が携帯の呼び出し音を聞くと
息苦しくなるのがおさまらないとおっしゃってました。
事故当日現場では無残な光景のあちこちから
携帯が鳴りっぱなしだったそうです。
大切な人を思う大切な人からの電話だと思うと
震えが止まらなくなったそうです。
自転車を猛烈な勢いで乗られるお父さんも
人生は油断ならないと傷ついておられる。
えぞももんがさんも試練の中におられる。
のほほんとしていたら痛い目に合う。
少しでも叩きつけられた時の衝撃を少なくするには
身構えていなければ・・・
あっ、今のはわたしの気持ちでした。
悲しみや怒りの頂点にいる時は
もうそれを味わうしかない。
けれどほんの少し坂道を下りだした時に気がつきました。
頂点にしがみつこうとすると
今まで自分を大切にしてきてくれた方々や
これから出会う方々を全て
自分の不幸のオーラに巻込んでしまうと。
自分だけが傷つくなんて納得がいかない、
回りも傷つけばいいと
そう望んでいる自分に気がついた時に
ハッとしました。
でも、こんなことは起きてはいけないだろう、
そうとしか思えないことが起こっている中で、
はいずっている人は自分だけではないとわかった時、
ひとりぼっちではなくなります。
どうせ人間は一人と思ったままと
どうせ人間はひとりと思ってる者同士が
時々手をつないだり、肩を寄せ合う、寄りそうのとでは
世界が変わってきます。
大切な人を失った後は
苦しい方がその人を近くに感じたりします。
お父さんはだから倒れそうになるくらい
自分を痛めつけたいのだと思います。
傷だけを見つめる生活はまわりをまき込むことを
どこかで気がついて欲しい。
三男さんが自分の幸せにブレーキをかけないかと
よけいなことですが心配です。
生きていくのはきれいごとではないけれど、
きれなこともいっぱいあっていいじゃん、
やっとそう思えるようになりました。
きっとえぞももんがさんも
そう思っていらっしゃるのでは?
「いつか 季節を感じながら
 安心して ペダルがこげるようになってほしい。」
その言葉を読んだ時に
ああえぞももんがさんも、
何かを乗り越えられたんだなあと伝わってきました。

いいお話しをありがとう。






このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは
そして、大変長くご無沙汰していました。

お元気でお過ごしですか?
先ずはブログで日々が綴られていて、とても困ったり体調を崩されたりはされてはいないのかな良かったと少しホッとしながら読ませてもらいました。

私は元気にしております。
けれど日々のことに追われ、ちょっと気持ちが追い付かず、
ふと、う~ん…これでいいのかと考え、どうも今一つ
根っからやる気を出せずにいます。

どうにか今の状況を打破できないかと、あぁでもないこうでもないと言いながら、色々違うことをしてみて気持ちを変えています^^;

ふと立ち止まった時はいつも、えぞももんがさんの所に行ってみようか
な。そんな気持ちになります。
大変失礼でしたらごめんなさい(>_<)

何だかえぞももんがさんのブログに遊びに来ると癒されるんです(*^_^*)

追伸
北海道の緑を連想させるグリーンのテンプレート。
素敵ですね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
『ホッとしてはいけない』心のどこかで自分に課す。
切なくて、胸がいっぱいになりました。
比べることは、自信が無いからだと、本で読んだことがあります。
自分が少しでも上だとか、マシだと思えると安心出来るから。
比べるなら、前の自分とがいいそうです。
過去の自分と今の自分を比べて、成長出来たかどうかが大事なんだそうです。

昨日も今日も、庭の掃除をしました。
落ち葉を拾っていたら、蚊対策になるらしいので。
溝掃除も念入りに致しました。
毎日、バタバタしてるのに、やっぱり痩せて無かった(;´д`)

ぢゃぁ、股☆あのお父さんが立ち止まって、ゆっくり景色を眺められますよぅに。
くまはちさん おはよう

朝 カーテンを開けるのはだいたい4時台なんですが
その時間に もうウオーキングをされている人も
けっこう多いです。
たいてい 同じ人。
大きい歩幅で 黙々と歩く人
年配のご夫婦
少し 小走りの人
何を考えながら 歩いているのだろう・・・と 眺めます。

私は冬も森を歩きます。
凄くシバレた朝や 少し吹雪模様の日
こんな時のウオーキングは
自転車を走らせる あのお父さんの気持ちに似ています。
黙々と 「負けるもんか 負けるもんか」と
思いながら 歩く (笑)
何に 負けるもんか・・・なのかは わからないけれど。

緑が増えた今の季節は 緑だけを見て歩けます。

追伸・・・・・くまはちさん “腹を括る”という言葉 好きです。
ゆるりんりんさん 
まっすぐな気持ちを書いてくれて
ありがとう。

福知山線の事故は 遠くに住んでいるものにも
衝撃的なことで 立ちすくんでテレビの画面を見ていました。
その後 次から 次と 事件や事故 震災があり
もう9年の時間が流れていたのだと ・・・・思いました。
でも あの事故に巻き込まれた方たち そしてご家族にとっては
一日一日 一時間一時間 戦い 葛藤の積み重ねだった。
この番組 この電車に乗り合わせていた方も出ておられました
話を聞いていると 本当に9年の日々がどんなに苦しかったかと思います。
でも この自転車のお父さんも
出ている方も 優しい表情をされてました。
それは ゆるりんりんさんが ここに書いてくれた
気持ちにつながるものがある気が 読んでいてしました。

日々の生活は 絵空事でないだけに
苦しく 汚く つらい事が多い
だからこそ 「ホッとする時間」があっていいよ
と 言いたいです。
ちぃさん!! 
お元気ですか?? 
あ~~コメント 置いてくれて 本当にうれしいです。
季節が変わる時や 何が行事の日 母の日など
いつも ご家族やお友達 周りの方に
心配りを大切にしていたので
そういう日に ちぃさんを思い出していました
ケーキをみんなのために焼いているのかな・・・とか
きっと 優しい色合いのブーケを作っているかな?とか

母の気持ちになっています (笑)

お忙しい日々なんですね
そんな時 ここを思い出してくれたこと
私こそ 元気をもらえた朝です。
お話を聞いていて そうかぁ・・・きっと今
また 一段 ステップアップしているときなのかもしれないな
と 思いました。

「どうにか今の状況を打破できないかと、あぁでもないこうでもないと言いながら、色々違うことをしてみて気持ちを変えています」

この ちぃさんの言葉 とても頼もしい響きです
きっと 言い形につながっていきそうですね
だって 凄く 前向きです。
時には ゆっくりご主人と外食をする時間や
ひとりで お茶をする時間をもって 気持ちに栄養をつけて
そうしたら きっと また 新しい扉が開く そう思います。
う~~ん なんだか うらやましいです
北海道から 応援してます!!
弥生さん おはよう

「比べることは、自信が無いからだと、本で読んだことがあります。
 自分が少しでも上だとか、マシだと思えると安心出来るから。」

この言葉は まさに直球で ずしんときますね。
たとえば 「あの芸能人は今・・・」なんて言う番組があって
本当に可愛くって キラキラしていたアイドルが
私と同じように 歳をとっていてヨレヨレになっていて
同じように悩んでいたら どこか ホッとする。
人って 情けないくらい こういうところありますね。
頭を 床に打ちつけたくなるときがある・・・。

「比べるなら 過去の自分と」
今度 自分の中に むくむくと だめだめな気持ちが
湧いてきたら この言葉を思い出します

すごい 気持ちの切り替えになりそうです
弥生さんありがとう!!

追伸・・・・・長男を出産した次の夏 私は蚊に37か所刺されて
皮膚科に行きました。
それと・・・前にも言ったけれど 弥生さん まじ太ってないしょ(北海道弁)
またまたコメントしてしまいます。

母のようなえぞももんがさんに私を冷静に見てもらえて
何だか有難く嬉しい気持ちになりました。

ただ、私はとても後ろ向きな気がして、また、上手くいかないことを、人に求めてしまったりしてとてもマイナスな感情が大きくなっているように感じてました。
そして、その大きな負のエネルギーのはけ口を探していました。
なので、えぞももんがさんに「凄く前向きです」と言ってもらえ、驚きながらも、少しは前向きな気持ちもあったんだ!と嬉しかったです。

今日はここ一カ月の中でとても良い日でした。
昨日も同じことをしたのに、姉の「ありがとう」と言う言葉をいつも以上に嬉しく感じ、また、甥っ子はいつもよりお利口さんで。
仕事で上司(オーナー)とも上手く心の疎通ができて。

悪い時は悪いことばかり起こりがちで「どうしてこんなに上手くいかないの!」と思う。
でも、良いこともびっくりするぐらい連鎖して怖くなる程。
だからこそ、いつも機嫌よくしておこう♪人の心(姿)は自分の心(姿)の鏡と思え…と心に留めているのですが、人生なかなか辛い時は上手くいかないものですね。
でも今日のように、何かが弾けてフッと心が軽くなり、また歯車が揃って動き出す日もやって来る。
その「何か」を知りたいんですけどね、今回も分かりませんでした^^;

「新しい扉」…とても素敵な言葉ですね。
若いとその可能性は沢山なのかもしれませんが、
いくつであっても人生(命)がある限り、それはずっとありますよね♪

今日は夜お一人な様子でしたのでもしかしたらパソコンを開かれるかもと思いコメントしましたが、もうお休みかもしれませんね。

またお話しましょう。いつも想って下さりありがとうございます。
(今回の記事とは関係ないことばかり、ごめんなさい)
ちぃさん おはようございます!!
コメント! ありがとう!

今日は札幌も夏日になるらしいです。
気持ちのいい朝です。いつも朝は窓を全開にして居るので
遠くから ニワトリの コケコッコ~~~の声が聞こえます。
連続して鳴いているので もしかして 近くの住人は
かなり 早起きになっているかもです (笑)

ちぃさん
現状から 少しでもステップアップしたいと悩んで
おられる様子は (昨日もお話したのですが)
魔女の宅急便のキキを 思い出します。
修行中のキキ とっても一生懸命で ある時期 自信をなくして
ほうきで飛べなくなってしまった
でも その後 自分で なんとか 突破口を見つけた
ジブリの作品は 大人も元気になりますね。
ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の曲もいい!!
ちぃさん きっと 良い方向に 進んでいきますよ
あ~~やっぱり うらやましい!!
頑張ってね!!

昨日読んだ 「暮らしの手帳」最新号
“暮らしのヒント集”に書かれていた言葉

つらいことや大変なことは重なって起きるものです。
そんなときは、これから先に起こる、嬉しいことの
前ぶれと思うようにして乗り切りましょう。


う~~~ん 難しいけど そうしましょう!

追伸・・・・・昨日 主人の飲み会 予定変更で中止でした!
ビックリ! ポトフ作っておいてよかった。私だけなら
納豆ご飯とお味噌汁・・・・でした(笑)
えぞももんがさん

この事故をニュースで見たときの
衝撃は忘れません。

知人の息子さんが亡くなられました
かける言葉がありませんでした。

どんなに辛くても悲しくても
遺された人は生きている
生かされてるんかなぁ。

明日、何が起こるか
わからない、それは誰にでもいえること。

1日、1日を自分にできることを
精一杯。
主人が倒れて入院したとき
次男の病がわかったとき
何度も何度も自分に言い聞かせました。

そのお父さん、御家族
こころ旅のように
自転車で旅できるといいねぇ。

寧楽さん 

ゆるりんりんさんも 話されていましたが
この福知山線の事故は 寧楽さんも 本当に身近で起こった
忘れることができない 事だったのですね

平均寿命があって それを とりあえず 目安にして
いつの間にか 折り返しをずいぶん過ぎました。
その辺りから 心のどこかで 一日一日 大事にしょうと
そう思うようになりました。

他の人と比べる必要もなく
自分ができることを 一生懸命
それで いいと思う

風が気持ちいい季節ですね
あの お父さんは 明日もきっと自転車を走らせるのでしょうね
「もう 自分に優しくしてください」
そう 伝えたくなります。
ももんがさん こんばんは

福知山線事故は忘れかけていましたが思い出しました。
世の中嬉しいこともありますが悲しいことも沢山ありますね。

私の日記、読んで下さってありがとう。
孫と三男にだけ発信していましたがももんがさんが加わって嬉しいです。
アドレスは三男がお送りしましたので本文のみででした。

百年記念塔の写真懐かしく拝見しました。
近くの温泉にいらっしゃたことなど拝見するとももんがさんのお家がどの辺か想像できます。

いつも森を歩けていいですね。
最後に歩いたのはいつだったかしら?。
私達夫婦と帰省した長男と3人で歩き瑞穂の池からあの辺りを一周した思い出がありました。
友人とも何度も行っていますので辺りの景色が鮮明に思い出されます。

今日の西友行きは2度も休んだのですよ。
歩くには腿の筋肉を使うので何とか鍛えられたらいいのですが・・・・
明日は3人でいざという時の為に施設見学に行く日です。
昼食もお願いしたらカレーライスだそうです。

また今後とも宜しくお願いします。

山芍薬さん おはようございます

気持ちのいい天気が続いていますね。
空を見上げては「美瑛の丘に行きたいな」とか
「滝上町の芝桜は満開かな」とか「十勝の花畑めぐりしてみたい」と
とか思います。 毎年 思うだけですが (笑)

「僕が 代わりに読むよ」と話された お孫さんの言葉。
山芍薬さん 優しい いいお孫さんです。
北海道のおじいちゃん おばあちゃんの様子がわかる
山芍薬さんの ブログは
とても 大切な場所だと思います。

昨日は施設の見学 どうだったでしょうか?
私も 父の事で いろんな病院 施設を見学させていただきました。
山芍薬さんとご主人が 心落ち着ける ご縁があるといいですね。
何箇所か 見学も いいかもしれませんね