プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/06/24 21:07 えぞももんが

植物園へ

父が体調を崩して 入院してから 1年と6カ月。

もう一度 喋られるようになって よかった。
ご飯が もう一度 食べられるようになってよかった。
3歩ほど歩けるようになって よかった。

2時間ほど 外出しても 良いといわれて

北海道で一番いい季節 
先週までの長雨が うそのように晴れた今日
北大植物園 を散歩してきました。



帰ってきて 写した写真をチェックしたら
ずいぶん 枚数が少なくて  どうして???と 考えたら
P1010277.jpg
そうか・・・・車いすを おしていたんだった。 




父と母の小学生時代
この植物を干して 束にして
掃除用具にしていた
P1010275.jpg
70年ほど前の そんな話に 感心しながら 歩きました。
 



いい時間でした。
P1010283.jpg
ホームのスタッフさん ありがとうございます。
介護タクシーの運転手さん 助かりました。
植物園の職員さん お手数かけました。

前を見過ぎても 後ろを振り返りすぎても しんどくなる
だから まず 今日の事を 考えて 進む。
ひとりよがりにならないように ならないように
自分に 言い聞かせながら 車いすをおす。



                 
                     今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                               ↓
                          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






      
それぞれの 赤毛のアン | ホーム | 夏の野花
Comment
一年と六か月・・言葉にすれば とても短いのだけれど
それがどんなものか、私もわかるつもりです。

この間、母の病院に付き添ってました。
今年の新年にみんなでひいた おみくじ、
母は大吉で喜んでいたというのに、バトンリレーのように
次から次へと病気のバトンタッチ・・

母は、こんな時 お金がないとみじめやろなぁ と言います。
それはそうなんだけれど、
救われるって お金じゃなくて人になんだよと思う。
人の親切ほどありがたいものはないですね。

車いすのお父さんも、お母さんもとてもおしゃれ!
いい一日が過ごせてよかったね ももんがさん。







良い一日、いいえとっても貴重で惜しい程の大切な時間だったのでしょうね。
えぞももんがさんが幸せな時間を過ごせて良かったなぁ
と温かい気持ちになりながら読ませてもらいました。

えぞももんがさん、良かったですね(*^_^*)

ひとりよがりなんて。
いつも真っ直ぐに誠実に進まれるえぞももんがさんが、
そんなことになるわけない、と思いました。

沢山の人のことを想うお優しいえぞももんがさん。
えぞももんがさんに幸せな時間が訪れて良かった…♪

先ずは今日のこと。
今日を精一杯生きる。
私も同じくです・・・。

追伸
お父様の赤いシャツに帽子。とっても素敵☆
勝手ながら、紳士なお父様とお見受けしました!(笑)
お出かけを
お散歩を
スペシャルに感じられて
うんと楽しめて・・・
ええ日やったね、えぞももんがさん。
えぞももんがさん

おとうさま、回復されてますね。
一緒に外出されるまでに。

ゆっくりと植物園の散策
よかった。

今日のことを大切に
そうやね。

穏やかに病と過ごしておられる様子
いろんな気持ちを飲み込んで
おられるんやろうなぁと思いながら
写真を見ました。
フィリフョンカさん 札幌は今日も爽やかな天気です。

実家のあった 道北のことを 赤い三角屋根の事を
思い出すなぁ・・・と 思ったら
4年前の 丁度この季節 両親が札幌に引っ越してきたのでした。

故郷には母の姉、兄たちが 住んでいたのですが
皆、引っ越ししたり
施設のお世話になったりで  とうとう 今年 一軒を残すだけになってしまいました。
故郷も 姿を変えていきますね

フィリフョンカさん 父が入院してから たくさんの人の力を借りています。ソーシャルワーカーさん 看護師さん スタッフさん
昨日は 介護タクシーさんが 本当に親切で
どの方も 「仕事でしょ?」と言われれば そうなんですが
それでも 有り余る 熱心さです
そういう人たちに 助けられて私の「どうしよう・・・」は
いままで なんとかなっています。

追伸・・・・・フィリフョンカさんのお母さんの言葉 「お金がないとみじめやろなぁ」よく 私も 聞きます。そして 自分の老後を想像して 一瞬 身震いします。汗; 
 
ちぃさん ありがとう

今回の外出 車いすですが 外を歩くのは
一年半ぶりでした
外を歩けるようになるとは 思わなかったんです
あまり時間が長いと 風を引くのでは?
帰ってからは 疲れて熱を出していないか・
なんて ハラハラしました

今日できたことが 明日できるとは限らない

なので いつも ある覚悟を持って
行動している気がします

ちぃさん なかなか融通が利かない
そうなると ひとりよがりに 知らないうちになっていて
後で はっとすることが多々あります
そして 「なんだかなぁ・・・・バッカみたい」と
自分に言ったりしています (笑)

そちらは 雨は大丈夫ですか?
昨日の関東地方のひょう!! あれは 雪ですね ビックリしました。
お忙しいと思います
でも 無理せずね。
ゆるりんりんさん

実は 行く前まで いろんな心配していたんです
体に負担がないようにとか
疲れないかとか
行く前に くたくた ・・・・。
でも いろんな方にサポートをしてもらって
そして 車いすの人は けっこう多いことも
実感しました

今度は もっと静かに ゆっくり 車いすを押そう
家に帰って ひとり反省会でした。
寧楽さん この一年半 いろんなことがありました
転院が8回。 体調の善し悪しの波も 寄せたり返したり

テレビドラマのように
めでたしめでたしにはなかなかならない
ドラマは時間がくれば 話がまとまるのですが
心の奥で 常に 両親の心配をしている自分がいます

寧楽さんが教えてくれた
「穏やかに病む」を 言い聞かせています。

追伸・・・・・今年も 「夏越の祓」の日が近くなってきましたね。
      
ももんがさん
見守る者は、ああでもない、こうでもないと、心配するけど
見守られた者は、案外すんなりその場に溶け込んでいたり…。
私は、息子を見るとそう思うんですが。
でも、夫の方が心配が大きかったみたいです(笑)
今、実習中の息子…。
実習先の皆さんも温かく厳しく(笑)見守ってくださって、ありがたい限り。
息子が案外、楽しそうに通っていて良かったと思います。
私も、日々、得ることが多く、これからを大事にしていこうって思います。


ちょっと外の空気を吸って、お父様もリフレッシュされたんじゃないかな、と思います。
前に永六輔さんが、「新緑の中の風に当たっていると、身体の悪いところなんか、良くなってしまいそうな気がする」って仰っててね。
あ…そっか、ももんがさんとこは、うちらよりはちょっと季節が遅れているんだから、同じようなコトかな…と思って。
爽やかな風や空気が、お父様の御守りになるといいね♪


植物園 私も大好きな場所で初めて行った時は紅葉で素晴らしかった。
ご両親と素敵な時間を過ごせて良かったですね。
たとえ少しの時間でも自然の中で感じる緑や肌で感じる風は
いいものです。私自身、大病をした時、一番嬉しかったのは
病室から初めて出してもらった時に窓から入る風が嬉しかったから。
これからの季節、そんな素敵な時間がたくさんとれますように。
お父様もそして、ももんがさんも癒されますように祈っています。

私事ですが、明日はいよいよ北の大地へ。
そして、金曜日のお昼ころ 知事公館の庭に。
そう、あのベンチに素敵な老婆がいたら それは私。(笑)

くまはちさん ありがとう

実習中の息子さん 元気に通っているのですね

新しい何かを始める時 親は見守るしかなく
本人が自力で何とかするしかない
と、頭では分かっているけど その都度
その都度 心配ばかりして来たなぁ
これからも変わらずそうなんだろうなぁ
と 思うことが本当に多いです

でも くまはちさん お弁当とみかん2個
息子さんきっと お昼を楽しみにしているはずです

サラメシ!!の力だね

追伸・・・・昨日の 外出は 父もそうですが 私や母にも
いい空気の入れ替えになりました。
永さんの言うように もやもやした悪いもんが出て行く感じでした。
ふ~さん このコメント 見れているでしょうか?
とうとう 明日 旅行なんですね!!
明日 札幌は 最高気温が26℃くらいになるそうです
晴れです!!こちらにいる間 雨マークは付いてませんよ!!
よかった!

でも 朝夕は 肌寒いので羽織るものガるといいです
(ふ~さんは は十分 旅慣れしているので
 心配なしですね ごめんなさい)

金曜日・・・・残念ながら 反対方面の仕事なんです。
でも あのベンチ 右側のベンチの座る裏側に
小さなメッセージ 置いていきます
運が良ければ ふ~さんに届くかもしれない
もし無ければ エゾリスがくわえて行ったことにしましょう。

とにかく よい天気を
佳い旅を と 思っています。
お天気の良い日に外出できたのが お父様はもちろん お母様やももんがさんもどれだけうれしかったか!
どう書いていいのかわからないほどです。

2年前。担当医に頼みこみ病室の父を美術館に連れていったことを
思い出しました。
空の青さや木々の緑のありがたさをしみじみと感じた日でした。

ももんがさんに、そして、ご両親様に。
穏やかで優しい時間が沢山沢山もたらされますように・・。

追伸:赤毛のアンシリーズは(赤毛のアン~アンの娘リラ?まで)は
村岡花子訳で読みました。
私が読んだのは45年ほど前。ポプリやパッチワークという言葉が未知だった時代。
村岡訳も「ぼろつぎ?」とかじゃなかったですか?
そうそう「腹心の友」という語には「古っ!」と思っていましたよ(笑)
赤い靴さん そちらもいい天気ですか?
ようやく 今週から晴れましたね。
さっき見た 3カ月予報では 今まで「冷夏」だった予報が
「いつもの夏」に修正されていて 嬉しくなりました。

今 札幌の大通り公園では 花フェスタが開かれています
父の希望は 「大通り公園でとうきびを食べる」ことだったのですが
前の日に 下見に行ったら 人が多すぎて
ゆっくりできないようだったので 植物園に変更しました
本当は 1週間前の予定だったのですが あいにくの天気
介護タクシーの運転手さんが わざわざ電話をくれて
「せっかくの外出だから 体調を崩してもいけないし
 天気のいい時のほう良いのでは?」とアドバイスをしてくれて
本当に よかったです。

赤い靴さん 車いすを押すことは 座っている人の気持ちに
なる必要がありますね
今度は もっと 優しく押そうと思います 反省です。
植物園で 満開のハナミズキ (ヤマボウシともいうそうです)


追伸・・・・・「赤毛のアン」今の 女の子たちも読んでいるのでしょうか?アニメかもしれませんね。