緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

タチアオイ

札幌の中心部の街路樹の根元に
タチアオイが勢いよく咲いています

この花を見ると 子供ころの夏を思い出します
花びらを取って 付け根を開くと
のりが付いているように ぺたぺたくっつく
これを顔につけて
ニワトリのトサカに見立てて ニワトリの真似をする
コケコッコーーーーーーー。

なので タチアオイは通称 コケコッコー花

大人になるまで (なっても)この花の名前は
コケコッコー花だとばかり思っていました。

母方の親戚に 同い年のユウコちゃんという いとこがいます。
夏休みになると お互いの家に 泊まりがけで遊びに行く
これが 楽しみで 楽しみで 仕方ありませんでした。
昼間は外を駆け回り 夜になったら花火をして ご馳走のカレーライスを食べて
枕を並べて眠るときには 決まって お化けの話をして
「キャ~~~」と 布団にもぐりこむ

ユウコちゃんは ケラケラケラと一度笑うと止まらない
色が白くて パーマをかけたクリンクリンの髪が似合う
かわいい女の子
私は 色が黒くて痩せていて ショートカットの女の子

二人で歩いていたら 後ろから おばさんが来て 
「ちょっと よけてね ぼくちゃん」と私に言った
「おばさん この子 男の子じゃないよ」とユウコちゃんが言ってくれたけど
「あら~~そうなの ごめんね ぼくちゃん」と 追い打ちをかけられた場面を
今でも 古いビデオを再生したように 思い出す時があります。

そういえば いとこの家の庭に 赤やピンクや白のタチアオイが
たくさん咲いていました。
毎年 恒例だと思っていた 夏のお泊まり会も
考えてみれば ほんの数年の事だったのだなぁ

中学生になり高校に入ると それぞれ自分の世界ができて 
いつの間にか すっかり疎遠になってしまった いとこ

あんなにケラケラ笑が止まらなかった 私たちも
ずいぶん 難しい顔や 怒った顔のほうが多くなってしまって
皺も増えちゃった。




タチアオイを見ると
いとこのユウコちゃんと遊んだ夏を思い出します。
P1010336_20140708081132d74.jpg
タチアオイ        花言葉・・・・・・・・大きな志

そういえば  実家にはタチアオイがなかった。
この花を見ると 父は たいへんだった 戦時中を思い出す
なので うちの庭には咲いていなかったと 母が教えてくれました。





 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






 




  

Comment

この年になって、
過ぎてきた日の思い出というものが
どれほど大切なものかよくわかるようになってきました。

欲しい物をなんでも買ってあげる
そう言われたら
物はいらない、大好きな友と旅に行きたいと思います。
会いたい人と過ごす時間、
形としてはなにも残らないのだけれど
物のように壊れたり無くしたり色あせたりしない、
楽しかった思い出は ずっと心に残りますね。

毎年恒例と思っていたことも
ほんとうは ほんの数年のこと・・

ああ そうだった と今さらながら思います。
2014.07.08 22:38 | URL | フィりフヨンカ #- [edit]
NoTitle
フィリフョンカさん おはよう

子供が生まれた時
ビデオを買おうかカメラを買おうか迷いました。
なにせ B 型の私の事だから ビデオテープを
撮って編集するなんてことはするはずがない
編集したとして それを テレビの前に座って
じっくり鑑賞する場面がどれほどあるか・・・・。

カメラも同様・・写真の整理だってままならないのだし・・・。

悩みに悩んで カメラにしました。
でもね フィリフョンカさん やっぱり アルバムを開いて眺めることの なんと少ないことか

懐かしく 楽しく いとおしい 日を思い出す時は
いつも ふとした瞬間
花を見た時だったり 訪れた場所のポスターを見かけた時だったり 風の匂いだったり コロッケだったり
写真より ビデオより その時の気持ちまで 
よみがえってくることが 多々あります
その時の 幸せな気持ち

私がいなくなると それらも 跡形もなくなる
この感じがいいなぁ。

フィリフョンカさん 友達が フィンランドを旅してきました。旅の話を たんまり聞かせてほしい!!と切望。いい旅だったみたいです。あ~~なんだか心は北欧です。

フィンランド 南の島 プリンスエドワード島
いつか きっとが増えて行く。

フィリフョンカさん そちらは雨ですか
札幌も 午後から雨になりそうです

そちらの雨が こちらに降るんだなぁと思いながら
過ごします  
2014.07.09 05:43 | URL | えぞももんが #- [edit]
えぞももんがさん、
雨が やんできました。
台風が過ぎていったら、暑い夏がやってきそうです。
昨日、蝉が鳴くのを聞きました。
あぁ、いよいよ夏が来る。

毎年恒例と思っていたことが
本当は数年のことだった・・・
えぇ そうでした。
あのころは、一日が長くて 夏休みも長くて、
従姉妹と蚊帳をくぐって 泊まる楽しさといったら!
お正月も 大勢集まって、
お兄ちゃんお姉ちゃんの中で、トランプや花札を
キャーキャー言って やっていました。

そのうちの一人、7つ上の従姉妹とは、
今も何年かに一度は会っています。
子どものいない従姉妹は、娘たちの成長を
遠くから見ていてくれています。
ありがたいこと。
そして、わたしの知らない 母の話もしてくれます。
昔の母や、幼い頃からのわたしを知っていてくれる
とても大事な存在。
雨のせいか、湿った空気に
田舎の夏を 思いだしました。

*春に植え付けた夏野菜が 順に収穫できるようになりました。
  研修中の畑で汗を流しながら、
  将来のあれこれを 思っています。

2014.07.10 15:57 | URL | のん #- [edit]
のんさん ありがとう!
のんさん 今朝の札幌は もう台風が過ぎて行ったような きれいな 空。
あ・あ・・・これは 夏の空だ・・・・と
深呼吸をしました。
空気も真夏の匂いがします。不思議ですね
雪が降る前に空気でわかるように
今朝の 空気も 真夏を感じます。 

直売所に並ぶ野菜を見ながら
のんさん 元気かな?どんな野菜作っているのかな?行ったり来たり きっと 忙しくしているのだろうなぁ?そう 毎回 思っています。

私の頭の中でしっかりイメージされた
のんさんが 頑張って 野菜を作っています 

台風の影響は大丈夫?

両親が田畑を作っていたころ
食べきれないほど野菜たちが一斉に収穫時期を迎える あのころを 思い出します。

いんげん豆 茄子 きゅうり トマト キャベツに
白菜。ピーマンは母が嫌いだったので作っていませんでした i-229

のんさん 暑さも厳しくなる
きっと とっても忙しい時期
しっかり水分補給して 栄養補給してくださいね

あ~~~~~手伝いたい!!!
心底思います。
いつか 雇ってください i-189
2014.07.11 05:48 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する