緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Entries

植物の形

スーパーで売られている普通の椎茸から
きのこの胞子がゆらゆら漂う映像を テレビで見て以来
これを撮影した 埴沙萌(はにしゃぼう)さんの事が気になって
毎日 埴さんのブログ 埴沙萌の植物記 を覗いています。

その埴さんが 今月号の 暮らしの手帖に特集されていました。


写真絵本で 椎茸の胞子の舞を紹介して以来
全国の子供たちから電話がかかって来るようになったそうです。

「あのねえ、みえたよ!」
「そうかあ」 親しい友人に返すように、埴さんも答える・・・・。
見るにはコツがあって たいてい 大人には見えないそうです。

まるで  「ユタとふしぎな仲間たち」のお話のようです。

P1010397.jpg

“ 私たちの身近にある草にも、
  こうでなければ
  生きていかれなかった形がある。
  どんなに見慣れた草にも
  自然の知恵やいのちの流れが
  ちゃんとあるはずなんだよ。”

と言う一文がありました。
何度か出て来る 「こうでなければ 生きていかれなった形」という言葉。

人も 同じと 思いました。
私も こうでなければ ならなかった形になっている。
少々 歪だったり バランスが悪かったり
でも それは なげくことではなくて
埴さんが言うように 
“ 進化の過程で、こうでなければ生きていかれなかった形 ” なのかもしれないなぁ。
 

暮しの手帖 2014年 08月号 [雑誌]暮しの手帖 2014年 08月号 [雑誌]
(2014/07/25)
暮しの手帖社

商品詳細を見る





 今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
       ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村






Comment

私もそのひと欠片だと… 

ももんがさん
私も、その息子もその一欠片。
いや、みんな、一欠片のひとつなのに、それをわかってない…
そんな気がします。

ちょっと欠けがあると、やれ、妊娠中のあれが足りなかっただと言いたがる…。
皆、身内でさえ、無責任にいろいろ言うの。
何様だ⁉︎って聞きたい…そんな奴には、

実家の母はそうした部分があります。
自分のしたコトに自信があり過ぎるのね。
でも、そうじゃいけない。
欠けがあると、認めている…
私は、そうでありたい。
今の総理大臣じゃないけど、自信があり過ぎるのは、ちょっと気持ちが悪い…。


埴さんのコトバ…
核心を突き、優しさがある。
緩いようで、実は厳しくもあり…。
「手帖」を読んでいて良かった…そう思うのは、こんな時です。
こんな方たちにお会いできること。
胸がすく位に素敵な方たちで。

胸を張って勧められるものがあるって、いいよね…ももんがさん(^_−)−☆


  • posted by くまはち 
  • URL 
  • 2014.07/30 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

くまはちさん おはよう 

埴さんの シャボテンの話の部分 読みましたか?
シャボテンはどれも不思議な形をしている
その形に進化したわけではなくて
進化の過程で こうでなければ生きていかれなかった形・・・
なんだか 深くうなずけますね
植物も 動物も 本当に不思議な形をしているものばかり
人間だって 目の上の眉毛は 不思議と言えば不思議
でも やっぱり 理由がある

くまはちさん もしかしたら (あくまでも もしかしたら)
くまはちさんのお母様も
今までしてきたことを 自信を持ってアピールしなければ
やってこれなかったのかもしれない・・。
でも それは お母さんの形。
くまはちさんは くまはちさんの形でいい
そこに気がついてほしいけど
人生70年も80年も生きていると なかなか 
気がつくことも 変わることも 難しくなって来て
「は~~~」っと タメ息をつく 
今ではすっかり大人になった 子供たちがたくさんいそうです・・・ね。
くまはちさん 今日も でこぼこでOK!!
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.07/31 05:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

時間を忘れ 新緑を眺めていたい 季節です。
紅葉の時期と同じく
緑にも 濃淡があり きれいです。
桜の次は ライラック。
季節は 春から 初夏に。 

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター