緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Entries

思い出す洋楽

パセリ セージ ローズマリー と タイム

バーブの名前が出て来ると 今ではすっかり
NHKの番組 猫のしっぽ カエルの手 のベニシアさんを 思い浮かべるのですが


以前は  サイモン&ガーファンクルのスカボローフェアを思い出しました。



パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイムパセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
(2003/12/17)
サイモン&ガーファンクル

商品詳細を見る



優しく 少し切ない イントロ

Are you going to Scarborough Fair?
スカボローフェアに行くのか?

その後の パセリ セージ ローズマリー と タイム
ここに並ぶ ハーブの意味は何だろう。

英語が好きな同僚に聞いたことがあった
「私もね 詳しいことは わからないけれど
 この詩には 宗教的な意味合いもあって
 訳すのが とても 難しい」と 教えてもらった記憶があります。

She once was a true love of mine
昔 私の恋人だったんだ。

ラジオから流れて来る 外国の曲

明るい曲調に 元気になったり
気持ちが落ち着く曲だったり

でも 訳詩を知り 正反対の事を歌っていると知って
驚くことも よくあります

なにを歌っているか全然わからないところが 魅力

パセリ セージ ローズマリー と タイム
スカボローフェアの詩も どんな意味かわからないけれど
今も やっぱり 切なく聞こえます。



ベランダのボックセージの花が咲きました 
P1010430.jpg
ボックセージ     花言葉 ・・・・・・・永遠の友  



Are you going to Scarborough Fair?




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

Comment

びっくりしたあ 

以前ベニシアさんの講演会に行った時に
昔三人組のバンドをやってはったことを話しておられました。
その時に、
このサイモン&ガーファンクルのスカボローフェアを
自分たちのバンドとどっちが歌うか・・・
というところまで行って、
二人の方に決まったそうです。
もし自分たちになっていたら
全く違う人生になっていたんだろうというお話し。
その組み合わせがブログに書かれていてびっくりしたあ。

こちらは強い風と雨が昨日から続いています。
こういう日はベニシアさんは本を読んだり
何かを書かれると言ってましたよね。
わたしも真似しようっと。

  • posted by ゆるりんりん 
  • URL 
  • 2014.08/09 08:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ももんがさん こんにちは(*^_^*)

サイモン&ガーファンクル!!
懐かしくて ユーチューブで探して久しぶりに聴きました。

むか~し昔、中学生になりたての頃
『か・・かっこいい~❤』と
一目惚れした年上の人の自己紹介に
【好きな音楽・・サイモン&ガーファンクル】
と書いてあるのを見て、どうにかこうにか入手したのが
スカボロー・フェア と サウンド・オブ・サイレンス。

歌詞の意味など考えず、
更には 
サイモンとガーファンクルのことも考えず(笑)
カセットテープから流れる曲をひたすら聴いていました。

なので、この曲を聴くと
胸の奥が きゅぅ・・っとなる気がします。

今日は家族は皆それぞれの用事で出掛けたので
久しぶりに ゆっくり一人、
昔の思い出にひたりながら家事をしています。


追伸。。わたしも「暮らしの手帖」を毎号たのしみにしています(*^_^*)
    花森安治さんの絵が大好きです。
    今日の息子弁当は おにぎりにしました♪


  • posted by しず 
  • URL 
  • 2014.08/09 11:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

スカボロフェアー 

サイモンとガーファンクル、大好きで彼らの曲はよく聴きます。
Scarboroughって、英国の街じゃないですかね?
フェアーは、博覧会、だからステイトフェアー、ワールドフェアー、そしてスカボローフェアー・・・・
フェアーグラウンドをいろんな所で見かけます。家畜の品評会、作物の品評会、映画なんかにもよく出てきます。
ご自慢のパイやジャムで賞をとったりしてる・・・・そんな映像が目に浮かびます。

そんなフェアーにハーブを出展してるんですかね?

この頃の歌は日本の歌でもなんと言ってるのかわからない曲が多いけど、
サイモンの詩は割合聞き取れます。何度も聴いてるからかな?(笑)
彼等の曲は、映画のテーマソングになってるのも多いですよね。
  • posted by マコ 
  • URL 
  • 2014.08/10 00:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ビックリした!!!!! 

ゆるりんりんさん!!
え~~~ベニシアさんにそんな話があったのですね
しかも スカボローフェア!!
主人によく 「動物的感が鋭い」とほめられる(?)んですが
それか???と 思った瞬間です (笑)
ゆるりんりんさん 貴重な話 教えてくれてありがとう
もし ベニシアさんが スカボローフェアを歌っていたら
大原で庭を作って暮らしていなかったのでしょうね
と言うことは ベニシアさんを知らなかったことになるかも・・・。
そう思うと そのわかれ道で こちらの方に進んでくれて
感謝です。

ゆるりんりんさん 台風は大丈夫ですか?
今年は 次々と 大きな台風が来る夏ですね。
どうか 無理せず
そうです こういう日は 腹をくくって家でのんびり
本を読んだり 音楽を聴いたり
何かスケッチしたり
お茶の時間をゆっくり持ったり
そうして過ごしてください。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.08/10 06:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

一つ年上。 

しずさん 中学時代・・ 高校の頃・・
一つ年上だけでも ずいぶん “大人”と 感じましたよね
しかも その人が 洋楽を好きだなんて!!
みんなが 日本のアイドルにキャー キャー言っているなか
サイモン&ガーファンクル
これは もう ノックアウトですね
レコードを手に入れて 一生懸命聞く その気持ち
わかります。
「スカボロー・フェア」は何を歌っているのか
わからないけれど 聞いていると涙が出そうになります
そう そう キューンとなります
中学の頃だったと思うのですが 合唱コンクールで
自由曲にこの曲を選んでいる クラスがあって
輪唱で歌っていて とってもよかったのを思い出します。

でも・・・・しずさん 
歌っている サイモンとガーファンクルを始めてみた時
「えっ!彼らが この声の持ち主か??」と 驚きませんでしたか?
ニューヨーク・シティ・セレナーデを歌っている
クリストファー・クロスが来日して テレビで初めて見たときも
「えっ!!」と 思ったんですが・・・。
ここで 突然ですが
なにを歌っているかわからないけれど 
えぞももんがキュンとくる洋楽ベスト3
シカゴ・・・素直になれなくて
エア・サプライ・・・ロスト・イン・ラヴ
10cc・・・・アイム・ノット・イン・ラブ

もし 時間があった時 いつか聞いてみてください
とくに ・アイム・ノット・イン・ラブ
あ~~なんか 遠い 遠い 昔昔を思い出して
キュンとなって 若くなった気がする(笑)

しずさん 6番目の栄養素 十分取れましたか?
息子君 お盆休みなしで 塾でしょうか?
ガンバレ!!
とりとめのない話 たくさんして ゴメンナサイ
でも なんだか たのしい!!
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.08/10 06:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

マコさん おはようございます!! 

フェアーは、「博覧会」に意味なんですね
そういえば 映画で良く見ることがあります
家畜の品評会、作物の品評会のシーン
「ベイブ」という 子豚が活躍する楽しい映画が
あったのですが それにも パイや野菜を出店している
シーンがあった気がします

マコさん 「スカボローフェア」 いろいろ 検索してみたのですが
パセリ セージ ローズマリー タイム
この並んでいるハーブは魔よけの意味もあるとか。
少し 恐ろしい話もありました。

”この頃の歌は日本の歌でもなんと言ってるのかわからない曲が多い”
そうそう 思わず 読んでて 笑いました
私もです。母が 「最近の歌は何を歌ってるのかわからない。歌えない」とよく言っていましたが 私も めっきりそうなりました。
言葉がたくさん詰まってて 速いテンポで しかもラップが入ってて
そんな曲が多くて・・・英語を聞いているようです。(笑)

サイモンとガーファンクルは本当にたくさん良い曲がありますね
コンドルは飛んでいく
明日に架ける橋
冬の散歩道
サウンド・オブ・サイレンス・・・
そうですね 映画と共に思い出します どれも 懐かしいです。

  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.08/10 07:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

私の洋楽といえば・・ 

パセリは苦みを消し
セージは何千年もの耐久の象徴、
ローズマリーは貞節・愛・思い出を表す。
そしてタイムは度胸・・

二人の間の苦みを取り除く温和さ、
互いの隔たった時間を、辛抱強く待つ強さ、
孤独の間、彼を待つ貞操、
出来ないことを果たす、矛盾した度胸、
これらを具えた真の恋人は、
やがてお互いの元へ帰ってくるだろう。

私が検索したスカボローフェア、まるで・・
七夕伝説そのものだなぁと感動しました。

そして私の洋楽といえば なんといっても、
「夢のカリフォルニア」パパス&ママス
これは夏の海で聴くとサイコウです、大好きな曲。
あと「悲しき雨音」カスケーズ 
これはなんといっても雨の日にひとりで。

ああ そういえばカモミールの花言葉は
「逆境に負けない強さ」です。
  • posted by フィりフヨンカ 
  • URL 
  • 2014.08/10 08:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

フィリフョンカさん おはよう 

フィリフョンカさん 台風は大丈夫だったでしょうか?
雨 風 もうおさまりましたか?
それにしても 週末めがけてやってくる
大きな台風・・・・今年は こういう夏なのでしょうか。

フィリフョンカさんが 検索してたどり着いたスカボローフェア!!
本当に 七夕伝説のようです
私が 検索の旅をして 少しずつ 見えてきたスカボローフェアは
少し 恐ろしいものでした
なので これからは スカボローフェアが流れてきたら
七夕伝説のような この訳詞を思い浮かべながら聞くことにします

詞の一部に 「彼女に縫い目の無いシャツを針を使わずにつくってもらってほしい」とあります
私ね この部分 かぐや姫を 思い出しました
求婚してくる 男性陣に無理難題をいう
それに似ている・・・。

こうして聞いていると 本当に 不思議な曲ですね。

追伸・・・・・フィリフョンカさん 「夢のカリフォルニア」パパス&ママス !!大好き!でね この曲こそ 夏の歌だと思っていたら 冬の歌だった!! 寒い冬の日にカリフォルニアを夢見るよ~~♪っていう 北海道民には本当に気持ちがようわかる一曲です。

あと・・・・「悲しき雨音」 前にも言いましたが これはイントロの雨音と 稲妻の音で もう やられます。高校時代のフォークダンスの曲。いろんなことを思い出し過ぎてキュンとくる・・・・。もう もう セイラー服に戻ります (汗;)
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.08/11 05:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

衝撃の訳詞。 

ももんがさん
サイモン&ガーファンクルの歌で、「コンドルは飛んでいく」ってありますね。
あれの始めの部分の直訳したのを、ラジオで知ったんです。
まだ私が中学か高校の時かな?
「カタツムリになるよりスズメの方がいい〜
そりゃそうだ〜もっともだ〜…」
…こんな感じ(笑)
結構、衝撃が走りましたね(笑)

彼らの歌で何が好きかというと「冬の散歩道」です。
やっぱり、冬のシチュエーションにモロ合うと思いますしね。
単純に、カッコいいっつうだけかも(笑)
あの始まり方も、初めて聴いた時、新鮮だったかもしれません。

あ〜、今日は過ごしやすかったんです。
でも、こういう日が重なって、どんどん秋になるんですよね…。
やっぱり、寂しい…。
  • posted by くまはち 
  • URL 
  • 2014.08/12 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

くまはちさん おはよう 

さっき 天気予報で 本州は少し涼しい朝と言っていました
少し ホッとできますね。
こちらは 2,3日前から 朝夕の風が冷たいほどになりました。
そして 朝 いつの間にか 日の出が遅くなってきましたね
あ・あ・・・寂しい。
お盆が過ぎると 小学校や中学校 高校の夏休みも終わり
新学期が始まります。
秋の初めより 夏の終わりが やっぱり寂しですね。

くまはちさん 今 「コンドルは飛んでいく」の訳詞検索してきました
そうか~~ これまた ギャップがある!!
こうして 検索の旅に出るのも 面白いですよね

あと 昭和の洋楽のツボな 曲名
今は ほとんど 英語そのままだけれど
以前は 日本語訳の曲名がついていましたね

今日は 新しい「植物男子ベランダー」ありますね
しっかり録画予約しようと思います
お盆は どんなふうに過ごしますか?
過ごしやすい 気温だといいですね。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.08/13 07:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター